がんを完全に治療できる新薬は未だにできない 基本法施行から10年経過しても
 ガン治療薬はみつからない がんを完璧に殺す薬は存在しない 膵臓ガンは恐ろしい5年以内に全員死ぬ
免疫療法などあるが がんになったらすべてガンを殺すという治療法もない
お金があってもガンになれば死んでいく がん治療は何をしてもガンには通用しないということである
お金あり 有名な人もすべて死んでいる がんを完璧に殺す治療する医師は世界中でも存在しない
ガンになれば必ず死ぬ 早いか遅いかかは病名による 
ラドンホルミシス近赤外線ラドンで 体の休息をしてみませんか??
最後の助け人 このサイトをみつけた人は奇跡をおこします
命が助かるかもしれません ガンの方は自宅で療養されるかホスピス入院か
 近赤外線治療法免疫療法 入院するか??? 信じられない方100% 体験満足100% 感動した
末期がん救った 脳梗塞なおった 全身アトピー克復 筋萎縮性側索硬化症は体験中
医師から見放されたらまず 近赤外線治療法をしてみてください
D-0-82 2017年6月現在ガンを殺す新薬はも未だに未開発 ほんの一部のがん患者には効果がある
しかし90%近くのがん患者は死んでいく
内臓疾患 手術できない 心臓 肺 肝臓 腎臓 膵臓 脳 喉頭などはほとんど死に至る
ガンが90%以上死滅させられる 製薬 抗がん剤はいまだに出来ていないわずか5%-10%しかない
 病院は新薬ができました モニターになりますか???いわいる人間モルモットです
 いままで医師 病院から新薬のモニターで助かった命はあるかといえばほぼ0に等しい
 新薬ができていて効果があれば ガンの特効薬がある まったくないのに等しい
 まずガンに効くがんを殺す薬はできないと思っていればいい 薬は毒薬で体の免疫を落とす
 ガンだけ死んで人間が生きられるほど がん細胞は弱くない ガンになれば何もしないこと
 助からない命に高額な薬を医師からすすめられ ガン細胞が死ぬとか一時的なことに救いを求めても
 どうせ死にます ステージⅣまできて命を救われた 完璧にガンが消えた人は誰もいない
  ステージⅣでも命がたすかるというニースが報道されたのはアメリカである
近赤外線治療法とは???近赤外線がん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す
近赤外線がん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す 近赤外線がん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す
http://www.kdd1.com/Pamphlet/037/ninnti1235.html

一度みてください
 
 2年前から近赤外線療法はあります
http://www.kdd1.com/Pamphlet/1485/kougannzai9999.html
一度みてください
 http://www.kdd1.com/kenko/199/sui4580.html 膵臓がん
この方法なら助かるかもしれない 2年間ステージⅣ 5人の命救うすべて女性です(信じた数5人)
 信じない女性 お金ない女性100%死亡
 男性は信じないからすべて拒否すてすべて死亡 近赤外線療法は180日 1日10時間治療
  だから命が助けられたが ほとんど6日以内に近赤外線療法をやめた人はすべて死亡した
ガンは180日間は近赤外線を体に照射しないとガンは死滅しないということなのです
  180日間まじめに実行された人は健康になり働いている ガンはすべてなくなったとの報告である
 ガンの治療体験 近赤外線治療体験 1日宿泊¥12000(からです 近赤外線施設10時間以上使用します
 崖プチに立たされたがん患者さん最後のチヤンスです このページをご覧いただいた人は
 神様がくれた最後の生きる2度とないチヤンスであると思ってください これも何かの縁です
 弊社は近赤外線の開発が主ですので がん患者さんを営利目的には一切ご案内しません
 非営利活動として心の悩み ホスピス療養するか 自宅療養 みとられるかのいずれかの選択をしなければ
 いけない 医師から見放された末期がんの患者さんを救ってあげたいのでHPにて公開しています

ガン治療に成功した 
 がん細胞を死滅さすにはがん細胞にくっつく抗体を作り 近赤外線を受けて熱を出すヨウ素水を製造すればいいじゃないか
   2年かけてヨウ素水を完成させた  10人以上の末期ステージⅣ患者にヨウ素水+近赤外線を受けて熱を出す 放射線230μsV/hを体内に照射
   すべての患者に完治しはじめた まで10数名の末期患者 命を救った 病院で断られ自宅看取り看護 ホスピス医療病院
   の選択をようぎなくされ絶望的だった命を救った ただすべての末期のガン患者に適用するとは限らないが 命を助けた ガンを死滅させたには
   事実であり 特に膵臓がん 臓器 最悪のガンを死滅させたのは感動した
   近赤外光線の開発者は無線技術がものづくりだけでなく 電波を使えば病気が克服できる 電波の周波数を知りつくすことで未来の医療に役立つだろう
   と思った結果がでた 感動した
                        
                         放射線物質 ヨウ素水を製造する2000μSV/h で製造する液体
                              ウラン鉱石 放射線量 2000μSV/h以上
  放射線物質 ヨウ素を吸引すると放射線体内へ取りこまれる放射線効果と医療での可能性

ホルミシス療法
活性酸素が現在の病気の原因の大きな部分を占めているという多くの研究発表がされています。
ホルミシス療法

 近赤外光線治療法 脳細胞に的確な命令を行う処置で命を救う 奇跡の治療である 
信じられないがほんとう病気が短日で快復できる 脱水症状 点滴処置の医師は寝たきりになるとの判断はま違っている
脳の命令ができないから病気になる 脳を正常にすれば病気は治る 近赤外光線治療法は命を救う
なぜ日本には施設がないのか ?? 北朝鮮ならできる ウラニウムがある 日本にはないからできないだけです
 
 白布地       鉱石シート
 ウラン原石400g使用
 
白布地       鉱石シート
上半身全体囲みます
睡眠をする
 
    白布地     放射線量237.6μSV/h
    体上半身包込んだ状態で生活する
   180日間(入浴 トイレのみ未使用)
外出  家庭では 近赤外光線は常時身につけること 180日必要  
 
内側 放射線量186.4μSV/h
 
     内側 放射線量186.4μSV/h
 
  裏側 ウラン原石350g使用
     
 表面 放射線量186.4μSV/h
   放射線量はルームに比べて少し低い値ですが ガンを眠らせるレベル値です
 近赤外光線開発研究 KDD(株) 520-2431 滋賀県野洲市木部930 077-589-2354 FAX 077-589-4892
施設利用申し込み 
メール 事前の予約以外の受付はさせていただけません
     
近赤外光線 放射線  ルーム放射線量286.4μSV/h-320μsV/h でのがん治療室 1日18時間以上入ります
がん細胞は冬眠します  最長30日間 最短7日間
 
 多額のお金を支払い 生命を延ばす方法なのかガン末期を受けてくれる病院(ホスピス)緩和ケア 終末期医療
自宅での延命治療の選択しか残されていません
  
  
 
 
会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2-7-1708    通販法   今までの納品先 
 
 近赤外線治療機器製造 滋賀県野洲市木部930  077-589-2354 077-589-2354  FAX 077-589-4892 
 
 
 
 
 

戻る