黄色靱帯骨化症の治療 靭帯の骨化を取り除く手術及び脊髄(神経)の後ろにある黄色靱帯に近赤外光線を常時照射する
 細胞免疫治療と靭帯免疫治療 いわいる自然放射線で治療する 黄色靱帯という靭帯が今以上拡大を止めるための
   放射線を体に常時あびる方法 
B-25-50
 黄色靱帯骨化症は脊髄(神経)の後ろにある黄色靱帯という靭帯が、骨になってだんだん大きくなってしまい
神経を圧迫して、おもに足の麻痺を起こす病気です。足のしびれや、歩きにくさ、膀胱の働きが悪くなります。
 
黄色靭帯の骨化
 患者さんの多い胸椎の黄色靱帯骨化症では、足のしびれ、締めつけられるような感じ、脱力感、歩きにくさ、
排尿の障害(頻尿・尿漏れなど)がでます。症状が軽い場合には、お薬で様子を見ることがあります。
神経の麻痺が進む場合には、神経を圧迫している靭帯の骨化を取り除く手術をします
骨になった靭帯は、だんだん大きくなることがあり、神経を圧迫して麻痺が強くなることがあります。また、転んだりすると急に麻痺が進むことがあるので
、注意が必要です。定期的な医療機関への受診をお勧めします。 転ばないように注意しましょう。また、定期的に医療機関へ受診しましょう。
 
ラジウム鉱石シリコンパット140mmX110mm
細胞免疫治療と靭帯免疫治療 いわいる自然放射線で治療する 黄色靱帯という靭帯が今以上拡大を止めるための
   放射線を体に常時あびる方法
血流が多く流れ体温をおしあげ 細胞の治療しますから元気になれます 奇跡がおこります 
体に変化がおきます
  KDD(株)  メール   077-589-2354 FAX077-589-4892