ガン治療 がんの治療の方法 がんの薬は多数存在するがガンを殺す薬はない 抗がん剤も全てのガンには効かない

 胃ガン 大腸がん などには効果があるかもしれないが 臓器のがんにはほとんど効果が低い
 手術すればガンの摘出はできても数年後のガンの再発の可能性は高い
 ガンを治療できるには延命治療のガンの薬はあるガンを死滅させる薬がない ガンになれば死ぬしかない 手の施しようがないからだ
 ガンと発見して病院治療していても 薬ではガンを死滅できないから 数年たてば余命宣告 薬は延命治療なのです
  がんの治療の方法で ステージⅣ 死の寸前 余命30日の宣告をうけながら
 近赤外光線治療180日でガンを死滅したガン患者さんを紹介している 最後まであきらめないこと 生きられる 病院でガンで死ぬわけにはいけない
  自宅でガン治療をしてガンを死滅させた人もいます 奇跡です 

近赤外光線治療のガン治療を自宅でおこない奇跡的に助けられたガン患者
  その治療方法を紹介させていただきます  奇跡は必ずおこることを信じてください 
 
 

病院で見放されたガン患者さん 延命治療 看取り医者看護 
 絶体絶命最後の生存のチャンス 与えてあげてください  
B-25-42                                                                       
奇跡はおこります  だれもが信じない100%こと してあげてください 医師が下した診察は正確です
でも生存の最後のチヤンスは神様から告げられたこと 助けてあげてください
信じなければそれまで 信じて命助かった人もいます まず連絡をしてくださいメール
無料相談近赤外光線治療  問い合わせ090-9711-7985 070-2282-3826

病名 各骨軟部腫瘍 肝臓がん 甲状腺がん 後腹膜腫瘍  骨転移 膵臓がん 精巣がん 子宮がん  食道がん
腎がん 腎 尿管がん 尿管がん 前立腺がん 大腸がん 胆道がん 乳がん 肺がん 副腎がん 膀胱がん 卵巣がん
     
     
  
近赤外線が体内の細胞を元気にする 病院入院中の方 万年病 医師から治療方法が見つからないと
通告された人に試してください
 
 
近赤外光線治療法 脳細胞に的確な命令を行う処置で命を救う 奇跡の治療である 
信じられないがほんとう病気が短日で快復できる 脱水症状 点滴処置の医師は寝たきりになるとの判断はま違っている
脳の命令ができないから病気になる 脳を正常にすれば病気は治る 近赤外光線治療法は命を救う
なぜ日本には施設がないのか ?? 北朝鮮ならできる ウラニウムがある 日本にはないからできないだけです 助かった命は多いです
   信じない人100% でも無料で8時間体験していただきます その時ガンの痛み解消したり 内臓に変化がおきます
 あとはこれからガン細胞と戦っていくご説明をさせていただきます 病院 医師から余命宣告 慰労 自宅看取り医師 ホスピス施設
    になるガン患者さんを助けてあげます 信じるご家族 身内の相談を承ります  近赤外光線免疫療法をしてみてください
   
お申込み 問い合わせ メール メールのみ対応させていただきます
 命を救う テラヘルツ分光治療法(近赤外線)は世界初 
体に負担なく.がんを効果的に攻撃し.副作用なく治すことができるかもしれない
体に無害な近赤外線(テラヘルツ振動子をいう)ガン細胞に対する体内の免疫機能を活性化させがんを殺すというもの末期ガンでも奇跡はおきます
   
近赤外光線治療法

施設 近赤外光線 放射線ルームに
滞在 末期ですと10日-30日入院 
ガン 皮膚炎 脳梗塞 肺炎 内臓疾患
免疫力の回復効果に良好
1日10時間-18時間 放射線を体全体受けます
破壊されている細胞を復元させる機能がございますので
10歳若い細胞を復元しますから
びっくりするほど効果が表れます
美容と健康には効果的です
宿泊 予約 メール

宿泊施設は無料 近赤外光線治療施設の使用料金
1時間-24時間 1室使用料 ¥14000(税別)
1人-5人宿泊できます
  近赤外光線治療法施設
    520-2431 滋賀県野洲市木部930 KDD(株) JR野洲駅から車で15分 施設  宿泊予約 メール
                      近赤外光線治療 問い合わせ090-9711-7985 070-2282-3826
 会社概要  KDD(株) 大阪市  通販法  今までの納品先 
医療事業 近赤外光線開発事業  滋賀県野洲市木部930  077-589-2354  FAX 077-589-4892
 
 白布地 鉱石シート
 ウラン原石400g使用 
  
白布地 鉱石シート
上半身全体囲みます睡眠をする 
 
    白布地 放射線量237.6μSV/h
    体上半身包込んだ状態で生活する
   180日間(入浴 トイレのみ未使用)
外出家庭では 近赤外光線は常時身につけること 180日必要    
 
内側 放射線量186.4μSV/h
 
     内側 放射線量186.4μSV/h 
 
  裏側 ウラン原石350g使用
 
 表面 放射線量186.4μSV/h
   
放射線量はルームに比べて少し低い値ですが
 ガンを眠らせるレベル値です
 
   
 内側 放射線量274.4μSV/h 
 
 
  表面 放射線量186.μSV/h
 
 近赤外光線
放射線量 300μSV/h以上
テラヘルツチョキ本体+カバー付
 
近赤外光線テラヘルツチョキ
カバー付 前70cm V型からは55cmになります

   近赤外光線テラヘルツチョキ
    カバー付 背中70cm になります 
 
 近赤外光線テラヘルツチョキ
カバーはロングタイプ背中70cm
  V型からは55cmになります

近赤外光線テラヘルツチョキ
カバーは普通タイプ背中60cm
  V型から45cmになります 
 
  左側ブルー系 Lサイズ 背中70cm
  モスグリーン系 Mサイズ 背中60cm
 
肌着用 ガン細胞を眠らせる
 放射線量320μSV/h
 
 外側 放射線量214.7μSV/h
 
 
チョッキ タイプ 
    
  
生活は通常体温37.2度を出来るだけ維持するために近赤外線温熱ルームで過ごすことです
汗を流し内臓体温を上げるとガン細胞はいつまでも冬眠して180日でガンは栄養不足で餓死します
ガン細胞を眠らせる近赤外光線簡易ルーム 長さ2m 幅70cm 高さ60cm
温度調整は40度-70度 タイマーは60分の設定ができます 近赤外線放射線10.6μSV/hを常時電波をだしています
 
人は37度の体温で全てが働く 35度でガンは繁殖する

近赤外光線ドーム がん治療 免疫低下 風邪をよくひく人 病弱な人の細胞の修復
朝おきがつらい、体のつかれがとれない人 免疫力を上げます
体温をあげることで血液の循環がよくなり元気な体をつくります、もちろん体温が上昇することで、細胞も元気になります
家族に体調不良で困っている方にぜひお試しください、いままで痛みで長い病気で悩んでいた人も
 近赤外光線ドーム 入浴していただいたあと
翌朝の体の快調にびっくりしていただけます 何これ・・うそみたい
朝でも近赤外光線ドーム、その1日は快適な日がおくれることでしょう 免疫力をアップさせる方法としては最適です

がん治療 近赤外光線テラヘルツ波振動子   近赤外光線ドーム は自宅でガン治療ができます
体力不足 体温低い人 病気の人の原因は
免疫が落ちるから なのです
汗をかいて免疫力をつければ 病気にはならない よく風邪をひく人は免疫が低下しているからです
だから 
近赤外光線ドーム 利用は寝る前に1時間 朝1時間が最適です
  
 
遠赤ドームを近赤外線の加工しています
  
     近赤外線放射線10.6μSV/h
近赤外光線ドーム¥69800(税別) 完売いたしました
裏地 ゲルマニウム貼り付けタイプ

 近赤外光線 レアアースシート
上からかぶせるか体に巻きつけることで
近赤外光線が体に浸透します 
 
熱反射がいいです 
 
遠赤ドームを近赤外線の加工しています
近赤外光線ドーム¥69800(税別)近赤外線放射線10.6μSV/h
免疫低下をなくします 体温37度で免疫が最大になります
元気な健康体 汗を出すと元気になれます 病気しなくなる
朝1時間 夜1時間入浴してください
 
反射シート貼り付けタイプ 
 
床下クッションパット95cmx2m¥5800(税別)

     近赤外線放射線10.6μSV/h 床敷きサイズ1mX2m 
 
温度タイマー  温度調整は40度-70度 
(タイマーは60分の設定ができます) 
体の具合にて温度調整してください

近赤外光線ドーム¥69800+レアアーステラヘルツシート2m¥36000
床下クッションパット¥5800(税別) 
合計¥111600(税別)

がん治療 近赤外光線テラヘルツ波振動子は別売で
ガン細胞の体の位置ステージⅣのレベルにはどうすべきかの
相談のち決定させていただきます 
病気の治療には最高のものです
  
熱風が漏れないために 保温維持のために
布団 毛布をかけてください
風邪をよくひく人 かぜぎみと思ったらすぐ
 近赤外光線ドームにはいること
体温を上げると免疫力が付きますので病気にならない
 かからない 痛みは翌朝に回復できます
 ご家庭に1台あれば病気しないです
 
免疫力をアップさせる方法としては最適です
 奇跡のように病院いらないです
 ガン細胞を冬眠させるには放射線量1000μSV/h以上のものを
 体に巻きつけてガン治療を行います
 温度と放射線の融合でガン細胞は冬眠します
 生存期間は180日以上です 

汗の 臭い消し用意してください
 
ガンの人はウランパットを体に巻きつけて
ガン細胞を冬眠させます 

内側 放射線量
274.4μSV/h 
自宅で末期ガンの治療ができます 体温上げる 放射線でガン細胞を冬眠させる治療は180日で克服できる