近赤外光線ドーム がん治療 免疫低下 風邪をよくひく人 病弱な人の細胞の修復

朝起きるのがつらい、体の疲れがとれない人 免疫力を上げます
体温をあげることで血液の循環がよくなり、元気な体をつくります。
もちろん体温が上昇することで、細胞も元気になります
家族に体調不良で困っている方にぜひお試しください。
今まで痛みで長い病気で悩んでいた人も近赤外光線ドームに入浴していただくと、
翌朝の体の快調にびっくりしていただけます。 何これ・・うそみたい
朝でも近赤外光線ドーム、その1日は快適な日がおくれることでしょう
免疫力をアップさせる方法としては最適です

B-25-39
ガン細胞を眠らせる近赤外光線簡易ルーム 長さ2m 幅70cm 高さ60cm
温度調整は40度-70度 タイマーは60分の設定ができます 近赤外線放射線10.6μSV/hを常時電波をだしています
 

人は37度の体温で全てが働く   35度でガンは繁殖する  
会社概要    KDD(株) 大阪市   通販法   今までの納品先 
医療事業   滋賀県野洲市木部930  TEL 077-589-2354  FAX 077-589-4892
がん治療 近赤外光線テラヘルツ波振動子  近赤外光線ドーム は自宅でガン治療ができます
体力不足 体温低い人 病気の人の原因は
免疫が落ちるからなのです
汗をかいて免疫力をつければ、病気にはならない
よく風邪をひく人は免疫が低下しているからです
だから 
近赤外光線ドーム 利用は寝る前に1時間 朝1時間が最適です
 近赤外光線をあびることでお顔、肌のしみ・くすみなどが改善できますから美容効果には最適です
お顔の美容整形 + 体の免疫  エステサロンの効果が体験できてきれいになれます 
 
 
 
遠赤ドームを近赤外線の加工しています

 
近赤外線放射線10.6μSV/h
近赤外光線ドーム¥69800(税別) 
裏地 ゲルマニウム貼り付けタイプ
 
 近赤外光線 レアアースシート
上からかぶせるか体に巻きつけることで
近赤外光線が体に浸透します
 
熱反射がいいです
 
遠赤ドームを近赤外線の加工しています
近赤外光線ドーム¥69800(税別)近赤外線放射線10.6μSV/h
免疫低下をなくします 体温37度で免疫が最大になります
元気な健康体 汗を出すと元気になれます 病気しなくなる
朝1時間 夜1時間入浴してください完売いたしました
 
反射シート貼り付けタイプ
 
床下クッションパット95cmx2m¥5800(税別)
 
近赤外線放射線10.6μSV/h
床敷きサイズ1mX2m
   温度タイマー
温度調整は40度-70度
タイマーは60分の設定ができます 
  体の具合にて温度調整してください
近赤外光線ドーム¥69800+
レアアーステラヘルツシート2m¥36000
床下クッションパット¥5800
(税別)
合計¥111600(税別)
 がん治療で使う近赤外光線テラヘルツ波振動子
は別売です。
 ガン細胞の体の位置
ステージⅣのレベルにはどうすべきかの相談
  のち決定させていただきます
病気の治療には最高のものです
 
熱風が漏れないために 保温維持のために
布団 毛布をかけてください
汗の 臭い消し用意してください

 風邪をよくひく人、かぜぎみと思ったら
すぐ近赤外光線ドームにはいること
体温を上げると免疫力が付きますので
病気にならない かからない
 痛みは翌朝に回復できます
 ご家庭に1台あれば病気しないです
 
免疫力をアップさせる方法としては最適です
 奇跡のように病院いらないです
 ガン細胞を冬眠させるには
放射線量1000μSV/h以上のものを
 体に巻きつけてガン治療を行います
 温度と放射線の融合でガン細胞は冬眠します
 生存期間は180日以上です
  
遠赤外線ドーム 低価格¥49800(税別)メール
 
30分寝るだけで簡単ラクラク
温度50-65度設定
 

遠赤外線ダイエットサウナー
¥62790(税別)完売
放射線ホルミシス繊維を床に敷き込みます
から効果があります
テラヘルツ加工しています(永久使用)可能
 テラヘルツ波とは、3から1000μmの波長を持つ10の12j乗の振動波を
持つ赤外線領域の量子波自然界や宇宙界に存在する
生命と物質は、すべてテラヘルツ波という生命振動波を放射しています

ポリエチレンナイロンカバー 
暖房ヒーター口

サロン様 アロママッサージ(リンパトレナージュー)
痩身施術様が業務用として使っていただいております
サイズ 横 60cm 縦150cm
エステーサロン様のベットサイズにピッタリ合います
 難病治療に岩盤浴が一番効果的 基礎体温を37度まで上げることです
+ 
遠赤外線ドーム 低価格¥49800(税別) サンドイッチで相乗効果
遠赤外線ヒーターマット¥41,500(税別)メール 

メールで申し込む
 
ガン治療に最適 ガンの人はウランパットを体に巻きつけてガン細胞を冬眠させます 

表面 放射線量186.μSV/h
 

内側 放射線量
274.4μSV/h
 
 近赤外光線
放射線量 300μSV/h以上
テラヘルツチョキ
本体+カバー付
 
近赤外光線テラヘルツチョキ
カバー付 前70cm V型からは55cmになります
 
   近赤外光線テラヘルツチョキ
    カバー付 背中70cm になります
 
 近赤外光線テラヘルツチョキ
カバーはロングタイプ背中70cm
V型からは55cmになります

近赤外光線テラヘルツチョキ
カバーは普通タイプ背中60cm
V型から45cmになります  
 
  左側ブルー系 Lサイズ 背中70cm
  モスグリーン系 Mサイズ 背中60cm
自宅で末期ガンの治療ができます 体温上げる 放射線でガン細胞を冬眠させる治療は180日で克服できる 
がん細胞を死滅させるのは近赤外光線のテラヘルツ振動子が効果的である
がん細胞を攻撃することではなく、がん細胞が気持ちよく安眠できる環境を作ることである
体内温度が37度近くなると気持ちよく眠たくなる環境を整えることで 、
ガンは冬眠する180日で栄養不足で餓死する

抗がん剤でガンを攻撃して死に至ることの反面
体力も衰え細胞も衰抵抗力がなくなるという状態になる
痛み 苦しみも 打撃もうけて治療に励まなければいけない、苦痛を感じることになる
抗がん剤をしてもがん細胞がすべてなくなるわけでもない
その時はがん細胞が消えてもまたがん細胞が生まれることが大半である

抗がん剤は胃とか大腸などには効果があるが、肝臓 腎臓 膵臓 脳細胞などには
効果のある抗がん剤や薬はほとんどないのが現実である
臓に効果的な抗がん剤がない限り 、がん細胞を死滅させるのは近赤外光線のテラヘルツ振動子が
ガン細胞に刺激を与え熱を出して餓死するか、冬眠するかの治療方法が良いとされている
ガンでいえばステージⅢまでなら近赤外光線のテラヘルツ振動子でガンは冬眠できる

病院、医師から「治療方法がない」と告知されたならば、
最後には近赤外光線のテラヘルツ振動子で治療をお進めます 

近赤外光線のテラヘルツ振動子の治療をしてください
奇跡の治療、最後の導きです
近赤外光線を体全体に浴びることで、傷ついて破壊している細胞を元の細胞に戻すことができます
それが近赤外光線なのです

①脳細胞のホルモンの分泌を正常な状態にすること
②がん細胞を眠らせるために近赤外光線テラヘルツ振動子を体全体に巻きつけることでがん細胞を冬眠させる
③首は甲状腺ホルモン 交感神経 複交感神経の通路
  分泌ホルモンが出やすいように助けるために首に近赤外光線テラヘルツ振動子を巻きつける
首から甲状腺の位置の近くに近赤外光線テラヘルツ振動子鉱石を首からぶらさげて体全体の体温をあげて
いくことと 血液の流れの改善をおこなう
体全体に体温をあげて 細胞に振動を与えることで がん細胞は熱をだして冬眠していく
180日でがん細胞は餓死する、がん治療方法である

疑う方100%である ガンが消えたら医者はいらん
病院もいらん 信じない人がすべてでしょう
でも、奇跡を信じて人の命が助かるならばだまされてもいいじゃないの
奇跡がおきたらいい 神様は見捨てなかったと思えばいい
何もしないで死んでしまえば 悔いは一生残る
やるだけやってがん細胞が餓死しなかったとしてもいいじゃない
何もしないで他界すれば悔いは残る
一度の命 最後まで挑戦する 神様は見捨てないと信じてほしい

5年前から近赤外光線テラヘルツ振動子をおこない
尊い命をたくさん救ってきました 奇跡がおこりました
ただ1ついえることは男性はほとんど助からない その訳とは、「医師しか信じない」からです
病院でガンが治らないのに、ほかの治療でガンが消えたらノーベル賞もんや
信じない男100% でも女性のほとんどは命が助かった

疑わない心が神様が見捨てなかったという結果だと思います
女性はまず疑わない生きようとする気持ちが尊い命を救った
我慢強いし、病気をなおしたいという思いががんを死滅させたことは間違いはなかった

5年間で末期ガンを何名も命救ってきました
これを信じる人もいれば、信じない人はすべて死に至る
これも事実である 奇跡は毎日おきます
医師から見放されたガン患者さん、信じていただける人の命は救います

メール
  生命の尊さ 最後まであきらめないこと だれかが 出会いがあれば 命を助けてくれる人がいるはずである
どんな形 方法であろうと 命をたすけてくれることを信じましょう 奇跡はおきる
病院で治る見込みがないと告知されても近赤外光線テラヘルツ振動子ならば生命を助けてくれるだろう
今までもうだめだと言われた人もずいぶん助かりました
このページをごらんいただいたことは、何かのタイミング出会いです
信じる人は救いの導きがございます
嘘、偽りと感じた人は御縁がなかったということになります
   田中いよ 闘病生活はいまどこに  
 奇跡の回復 田中いよさん95歳 2月28日風邪をこじらせ脱水症状になった
個人病院では点滴しかできないのと入院は必要ないと医師は判断
絶対絶命だった出来事 2017年2月27日入院

肺炎で水分とれない 点滴500ccで医師から病気は回復は無理と判断される
医師が判断を誤れば死にいたる 内科では治療は限界である 
       田中いよさん95歳 口から水分栄養補給をがでくいる手術
      手術をしないのであれば何もしないので退院してください 病院ではすることがない
自宅介護か延命病院をすすめられた 年が年だから今の状態でいるか
今以上はよくならない現状維持と医師は判断
誤った判断は死をまねくことでした
老人は内科だけではだめ脳を正常に戻せば病気も治ることです
誤った内科だけでの診察は死をまねきかねないです
 そこで 脳機能 痴呆症なので脳を正常にもどさないと食事がとれない  
脳細胞に的確な命令を行う処置をおこなった   お問い合わせ メール 近赤外光線免疫治療法】
  
 
 2017年2月27日入院
田中いよさん95歳 2月28日風邪をこじらせ脱水症状になった
個人病院では点滴しかできないのと入院は必要ないと医師は判断
絶対絶命だった出来事 いまは嘘みたい
  
医師の判断ミスは死に至る 内科医師の治療の知らなさ 医師の言う治療だと殺されていた
脳細胞を治療しないかぎり内科だけでは脱水症状を回復させるだけの治療では命を縮めることになりかねないと即感じた
医師の言うとおり94歳なのでいつ病態が悪化してもおかしくないと医師は明言した
判断未熟な医師もいる 立派な医師もいる
1人の医師にすべて頼るのは死にいたることも少なくない 」
  老人は老衰といわれるが脱水症状になったら死に至ることが多い
内科医では原因がみつけにくい 脳がすべてをコントロールしている
 内科医は脳外科医のことなど関係ない 部外のこと
老人は老衰といわれるが脱水症状なら脳外科医 脳神経科だ
 間違えば死に至る 殺される のどから管をいれられて 生涯を終える 植物人間にされる寸前だった
 
  これが近赤外光線治療法 脳細胞に的確な命令を行う処置で命を救う 奇跡の治療である
   この治療方法はアメリカで研究治療報告されている
絶対絶命を救う人がいてくれることを 入院してよくならない 悪くなっていく

これでは死に至る この病院では助からないとわかるはずなら
命を救う 奇跡の治療を見つけることである
  治療手段がみつからない医師 病院は退院すべきだ だれも治療してくれない 自信のない医師にすがるな 殺される
    
治療ができない病気なら自分で見つけ出すこと以外命はだれも助けてくれない 見つけ出すことだ
 方法はないだろうか??   
「近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移も治す」驚きのがん治療法を ...

近赤外光線免疫治療法】明るいお知らせ!がんの新しい治療法 - たべこ ...

近赤外線でがん細胞が死滅!日本人研究者が開発した
http://www.lifehacker.jp/2016/11/161121mugendai.html
 
 日本ではできない あと早くて5年-10年先のこと 
   
放射線物質 ガン治療ヨウ素水メール 支援します
 ガンだけではない
脳機能を正常に戻せば病気は治る以外に
奇跡がおこる
   細胞に熱を出させる鉱石が存在する
鉱石に近赤外光線(テラヘルツ波の光を照射する)をガンの表面にあてて、
熱をだすことでガン細胞を死滅させる方法でもある
その方法がこれです

奇跡ではないかとの疑問があるが結果としてガン細胞が縮小したとの結果報告を受けているが
すべての人に該当するわけではない 試してみる価値はある   
この世はしらないことばかり 病気なれば病院に行けば治ると信じる人100% 薬で病気をおさえるだけ
 
病気にならないようにまずすることです 年齢とともに病気する 活性酸素が体内にたまり病気する 
ならば活性酸素を即除去できるのが水素水とか??
それは間違い ヨウ素かウラン鉱石 
放射線濃度が高いと体内の活性酸素はなくなる 
 近赤外光線治療法 脳細胞に的確な命令を行う処置で命を救う 奇跡の治療である 
信じられないがほんとう病気が短日で快復できる 脱水症状 点滴処置の医師は寝たきりになるとの判断はま違っている
脳の命令ができないから病気になる 脳を正常にすれば病気は治る 近赤外光線治療法は命を救う
なぜ日本には施設がないのか?? 
北朝鮮ならできる ウラニウムがある 日本にはないからできないだけです 
    
 内側 放射線量274.4μSV/h
 
表面 放射線量186.μSV/h
   
3月7日奇跡の回復 
 
   
2017年6月9日(金)8:00ごろ
 
   記憶 正常に近く 健
  
おなかが空いたといつも言う
 
8:30ごろ 食事です
  
   いよさん95歳 相手91歳 会話
 
2018年10月10日撮影 96歳 健康
 
毎日 ウランシートで睡眠しています
放射線量800μSV/hを頭にあびているので
頭脳はしっかりしていますし
体全体に命令が正しく、 
若い脳にもどっていますので
記憶力はすごくいいです
今の出来事こと、
昔のことまで正しい言葉で話します
 
戻る