ガンを眠らせることができる抗体液を発見した ガン細胞が180日間活動を停止して
 冬眠することでガンは栄養不足で餓死する 抗体液は未来の近赤外光線 テラヘルツ波
 をガン細胞に攻撃することでガン細胞は眠る 人間の細胞は内臓体温が37.2度以上に
 なり 血糖値 ヘモグロビン 白血球などが 異常な数値に検知されるが 体には全く異常はない
 ガン細胞にヨウ素水を吸着させることで ガン細胞は発熱して眠ることができるガン細胞は怖くも恐ろしくもない
 冬眠状態になれば普通の健康人と同じく食欲もあり元気な姿に戻れる ただし危険なのは
 ガン細胞が目をさますと おなかが空いて何も食べていないので急激に暴れだす
 もうとまらない ブドウ糖と栄養剤を点滴しないと痛みはとまらない 麻薬 鎮痛剤も必要になる
 これが危険な状態をまねく そこでガンが目を覚まさないようにするには
 近赤外光線放射線量を体全体に300μSV/hを常時体にあたえることでガン細胞はいつまでも冬眠して餓死する
 この治療方法は原始的な方法だがガン死滅には信頼度が最も高い
 医師から見放され ホスピス医療か看取り医療かの選択かそのまま病院で短期滞在で一生涯をおえるか
 ここが判断が決まらないところ 現代医療か民間療法か命の分かれ道 どちらかわ本人の選択
 病院で通院してよくなったことがあったか???年数経過につれよくはならず悪くはなる
 抗がん剤はほとんど効果がない延命治療にすぎない 手術でがんを切除しても新しく誕生するガン細胞
 手術のできないガンにきく特効薬は見当たらない 覚悟を決めて検査 検査の日々 検査は治療ではない
 どこまでガンが進んでいるかの観察にすぎない がんを拡大をおくらせるためのガン薬させる薬はあるものの
 ガンを死に追い込む薬はない 特に臓器のガンにはほとんど効果なし  今命をたすけてほしい 死を待つ生活がどんなにつらいものなのか
       近赤外光線 テラヘルツ波しか命は救えない***
B-78-162
   
 
 がん細胞を死滅さすにはがん細胞にくっつく抗体を作り 近赤外線を受けて熱を出すヨウ素水を製造すればいいじゃないか
2年かけてヨウ素水を完成させた  10人以上の末期ステージⅣ患者にヨウ素水+近赤外線を受けて熱を出す
 放射線230μsV/hを体内に照射すべての患者に完治しはじめた まで10数名の末期患者 命を救った 
病院で断られ自宅看取り看護 ホスピス医療病院の選択をようぎなくされ絶望的だった命を救った ただすべての末期のガン患者に
適用するとは限らないが 命を助けた ガンを死滅させたには事実であり 特に膵臓がん 臓器 最悪のガンを死滅させたのは感動した
近赤外光線の開発者は無線技術がものづくりだけでなく 電波を使えば病気が克服できる 
電波の周波数を知りつくすことで未来の医療に役立つだろうと思った結果がでた 感動した
  
放射線物質 ヨウ素水を製造する2000μSV/h で製造する液体
ウラン鉱石 放射線量 2000μSV/h以上
ガンにくっつくヨウ素水 ガン細胞の表面で熱を出して細胞を破壊する 
  放射線物質 ヨウ素を吸引すると放射線体内へ取りこまれる放射線効果と医療での可能性

ホルミシス療法
活性酸素が現在の病気の原因の大きな部分を占めているという多くの研究発表がされています。
ホルミシス療法

放射線物質 ヨウ素を吸引するための医療機器 自宅でガン治療 脳機能の治療(脳梗塞.痴呆症.ARS 難病の治療)
 脳機能の細胞を修復
 
放射線物質 ヨウ素を
吸引すると体内から放射線が出る

   放射線物質 ヨウ素水
 
(放射線量30μsV/h以上) 
  煙状態で吸い込みます
1日3回程度でOK
体が軽くなります

 放射線物質 
ガン治療ヨウ素水

メール 支援します
1L¥12800(税別)約30日分 
 
放射線物質 ヨウ素水を製造する
2000μSV/h で製造する液体


外部測定(放射線量19.55μsV/h以上)  
 
容器の外部測定
(放射線量20.89μsV/h以上 
 近赤外光線治療法 脳細胞に的確な命令を行う処置で命を救う 奇跡の治療である 
信じられないがほんとう病気が短日で快復できる 脱水症状 点滴処置の医師は寝たきりになるとの判断はま違っている
脳の命令ができないから病気になる 脳を正常にすれば病気は治る 近赤外光線治療法は命を救う
なぜ日本には施設がないのか ?? 北朝鮮ならできる ウラニウムがある 日本にはないからできないだけです
 
 白布地 鉱石シート
 ウラン原石400g使用
 
白布地 鉱石シート
上半身全体囲みます
睡眠をする
 
    白布地放射線量237.6μSV/h
    体上半身包込んだ状態で生活する
   180日間(入浴 トイレのみ未使用)
外出  家庭では 近赤外光線は常時身につけること 180日必要  
 
内側 放射線量186.4μSV/h
 
     内側 放射線量186.4μSV/h
 
  裏側 ウラン原石350g使用
     
 表面 放射線量186.4μSV/h
放射線量はルームに比べて少し低い値ですが ガンを眠らせるレベル値です
   
 内側 放射線量274.4μSV/h
 
  表面 放射線量186.μSV/h
 近赤外光線開発研究 KDD(株) 520-2431 滋賀県野洲市木部930 077-589-2354 FAX 077-589-4892
施設利用申し込み 
メール 事前の予約以外の受付はさせていただけません
     
近赤外光線 放射線  ルーム放射線量286.4μSV/h-320μsV/h でのがん治療室 1日18時間以上入ります
がん細胞は冬眠します  最長30日間 最短7日間
  そこでがん免疫療法の歴史 最適な抗がん剤とは・? ガンの新薬 抗がん剤オプジーボを上回る超高額医薬品
  免疫療法(CSR T細胞)劇的効果??2018年10月2日 本庶氏 ノーベル賞 ガン免疫療法開発
  末期患者にも効果 がん免疫薬は世界の製薬大手が開発する 本庶氏ががん細胞が免疫から逃れられる仕組み
  を解明 小野薬品工業.米ブリストル マイヤーズスクイブがオブジーボを開発
  オブジーボがガンの急成王になれるのか??疑問がのこる
  本庶氏が発見したPD-1を活用したがん治療の仕組みとはなんだろう
  ガン細胞と免疫細胞を結合させない 結合すると免疫細胞が攻撃しなくなる
  開発された治療薬とは   ガン細胞と免疫細胞を結合をブロックさせる と免疫細胞が攻撃できるというものである
 別紙を見てみよう 新聞による報道 今ガンで死を直前にしている人にとっては間に合わない 
    何年後 未来のお話しであり希望はあるが 今の患者の命を救えるのかといえば 救えない 夢のようなものようです