認知症治療にもっとも効果的な治療を見つけ出した 近赤外光線の電波による治療方法 電波は頭を突き抜けるから脳細胞の委縮を膨張させる 奇跡治療
認知症治療 認知症患者.資産200兆円に  高齢化の進展で認知症患者が保有する金融資産が増え続けている
 認知症になると資産活用の意思表示が難しくなりお金が社会に回りにくくなる
 やはり引き出しは難しいですか???都内の信用金庫で50代の男性会社員は困惑していた
80代の父親は認知症と診断され.老人ホームに入居している. 男性は父の入院治療費を支払うため.父名義の口座
から約60万円を引き出そうと相談に訪れていた  ご本人の意思確認ができない状況では支払いに応じられません
信金の担当者はこう伝えた 金融機関の立場では家族による横領を防ぐため当然の対応だが.本人のためでもお金が使えず
貯金が凍結状態になるケースが多い  65歳以上の認知症患者は15年に推計で約520万人 3年間で約50万人増えた
B-78-160
   
   
   
 認知症治療にはお金がかかる 保護者にお金の負担が増大 家庭生活が維持できにくい お金がなくなる
  認知症にならないように日ごろから考えた行動を維持しなければ認知は早まります
  家族に1人でも認知症になったら お金がでていく しかも毎月大金がなくなる 認知になる前に銀行にはご本人の意思確認ができる
  間にお金の払い出しできる手続きをしておくことです
 認知症になれば元には戻れない 悪くはなるけれど良くはならない なぜ 認知症を治す薬がないからである
 薬とは今以上に悪化しないように とめているのが薬と判断すべきです まず認知は治らないものです 
  認知症の頭の細胞 正常な細胞と比較してみましょう 絶体になりたくない認知症 ならないための方法 認知症治療は脳細胞を膨張させること
 
  認知症にならないように日ごろから体を使うこと 頭と口を使うことです
        近赤外光線治療 研究 520-2431 滋賀県野洲市木部930 KDD(株)近赤外光線テラヘルツ開発 問い合わせ 077-589-2354 メールkdd002@kdd1.com

 脳細胞を膨張させる脳細胞の運動とその方法と認知症 アルツハイマーのもっとも効果的な治療とは・・ 
 脳細胞を膨張させる近赤外光線放射線シート      体の活性酸素を常時取り除く 近赤外光線鉱石 で脳細胞を膨張させて正常な脳細胞に戻すことができます
   薬がない 運動 食べ物だけでは 長期により治療方法だが 治るという保証は1つもない 今以上病状が悪化しないように止めるだけの治療しか手はない
    今少しでも治るであろうと期待持たせる脳細胞を膨張させる近赤外光線放射線シート  近赤外光線鉱石を30日体験するだけで効果が表れる
    少なくとも6か月-12か月を目安に治療することができたら 認知症 アルツハイマーのもっとも効果的な治療であったと喜んでいただけます
    いまは脳細胞を膨張させる近赤外光線放射線シート 体の活性酸素を常時取り除く 近赤外光線鉱石 で脳細胞を膨張させて正常な脳細胞に戻すことしかないです