ガンになったら治らないて知っていますか 特に内臓のガン 膵臓 腎臓 肝臓 肺がん 脳のがん などは手術できないガンは死を意味する 絶体ガンは死なないからである
亡数が多い部位は順に  1位   2位   3位   4位   5位
男性  肺    胃    大腸  肝臓  膵臓
女性  大腸   肺    胃    膵臓  乳房
男女  肺    胃    大腸  肝臓  膵臓どの部位のがん死亡が多いかはこうなっています  御存じでしたか
がんになれば 抗がん剤 ですね ところが大変なことがおこりました   抗がん剤は効かない』国立がんセンター認めたのであります
食べ物でガンを治すゲルソン療法という治療 免疫療法は日数が必要る 近赤外光線テラヘルツ療法がガンを死滅させる
がん細胞に近赤外光線 放射線量300μSV/hを上半身に180日放射線を与えれば 体温は37.2度以上
でがん細胞は眠たくなり冬眠し餓死する 末期ステージⅣでも余命宣告30日以内でも 近赤外光線 放射線量300μSV/hで餓死する事もできる
 B-78-159             抗がん剤は効かない』国立がんセンター認める ~中村獅童を使った第二次がん戦争~                   
「抗ガン剤は効かない!死期を早めるだけだ!」と散々叩かれてきました。

ですから、現在抗ガン剤治療を受けている方やこれから治療を受ける方は、
ガンが治らずに死期を早めた場合には損害賠償を病院へ請求することが可能となるのです。
裁判を起こして遺族は損害賠償を請求すべきなのです。

このようなこともあって、やっと重たい腰を上げて国立がんセンターは抗ガン剤治療の無意味さを認めたのであります 

 

上の写真は4月27日の産経新聞の記事である。 

国立がんセンターが抗ガン剤は効かないことをようやく認めた 

記事には「効果少なく」と「高齢患者」と書かれておりますが、これはオブラートに包んだ柔らかい表現なのです。

 ダイレクトに言うと抗ガン剤は全く効かないということになるのであります 

それもそのハズで皆さんの身内やご友人、あるいは有名人はこの抗ガン剤治療で亡くなった方が大勢いることでしょう

ネットの世界でさんざん「抗ガン剤は効かない!死期を早めるだけだ!」と散々叩かれてきました。

今では抗ガン剤が効かないということは世間では常識的に認知されています

このようなこともあって、やっと重たい腰を上げて国立がんセンターは抗ガン剤治療の無意味さを認めたのであります 

ですから、現在抗ガン剤治療を受けている方やこれから治療を受ける方は、
ガンが治らずに死期を早めた場合には損害賠償を病院へ請求することが可能となるのです。

裁判を起こして遺族は損害賠償を請求すべきなのです。

効果が無いのに高い治療費を支払ったあげく死に至らしめたのですから病院が損害賠償を支払うことは当然なのであります。
死ぬと分かっていて抗ガン剤を打つのですから殺人罪が適用されるのです。

これでついに『抗ガン剤治療』が終わりを告げたのであります。

今までにネットで抗ガン剤が効かないという私の記事に対して攻撃をしてきた医者達はこれから先はどうするのでしょうか?

それでも痩せ我慢をして抗ガン剤治療を続けるのでしょうか?

病院を自主廃業するのでしょうか?

はたまた多額の損害賠償を支払って罪を償うのでしょうか?

いずれにせよ、もう終わりなのであります。

ところで、抗ガン剤治療がやっと日本から消えますが私達はまだまだ安心できないのです。

これから第二次がん戦争が始まるのであります。


上の写真は故 安保徹(あぼとおる)新潟大学名誉教授です

私自身も安保先生の講演を何度か聞きに行ったことがあります。

ある機会があって私は安保先生と一度だけ食事を共にすることがありましたが、二度目が無く残念です。

その後2ヶ月後位に先生は他界しましたが、新聞にその記事が載ることもなく、知人の知らせで気づかされました。

安保先生が主張していたことは、あまりにも正論過ぎて医療業界の利益を損なう可能性がありました。

医者の9割は必要ないと言われておりますが、本当に医者の9割が失業寸前になりかねなかったのです。

また、製薬会社も大打撃を受ける寸前でした。

この理由により医療マフィアに暗殺された可能性が非常に高いのであります。

第二次がん戦争では、従来の抗ガン剤に替わり新たな抗ガン剤であるオプジーボがガン治療の主役になります。

舞伎俳優の中村獅童さんが初期の肺腺ガンと診断されたとマスコミでは報道されています。 

獅童さんはオプジーボの広告塔にされております。

昨年の12月6日に突然お亡くなりになりました。
結果としては中村獅童さんの肺腺ガンが完治して「やっぱり新薬のオプジーボは凄い!」と宣伝するシナリオなのであります。
ガン治療がペテンだということは多くの人達が主張しておりますが、私が一番分かり易い説明をさせて頂きます。
 なにも時間をかけて一冊の本を読む必要はないのです

獅童さんが本当に初期の肺腺ガンであるかどうかは非常に怪しいものです。

こういうことになります。医療も年金も同じ厚生労働省が管轄省庁となっています。

現在、厚生労働省では年金の財源が非常に乏しく年金受給年齢を70歳とか75歳に引き上げようとしております。

ところが新薬オプジーボで簡単にガンが治ってしまうと年金受給年齢を引き上げた意味が全く無くなってしまうのであります。
ですから、年金問題の観点から考えれば、私達国民に長生きして欲しいとは厚生労働省はサラサラ思ってはいないのです。

むしろ、早く死んで欲しいというところが本音なのです。
このような理由から通常の病院で行われているガン治療はペテンなのであります。また、ガンという病気は食べ物で改善すべきなのです。
市販の添加物が大量に混じった食べ物ではなく、無農薬野菜を食べれば良いのであります。

 レンタル農園とかで自家栽培した無農薬野菜を毎日食べれば良いのです。

そして、暖かいお風呂に入って体を温めれば良いのです。これで3ヶ月位でガンは治りますとはいえない。??不安 

食べ物でガンを治すゲルソン療法という治療方法がありますが一般的に日本では知られていないかもしれません。
正しい情報がこの日本では隠蔽されているのであります。
なぜならば、こんなにも簡単にガンが治ってしまったのでは医者も製薬会社も「おまんまの食い上げ」になってしまうのでからまた、
ガンという病気は食べ物で改善すべきなのです
レンタル農園とかで自家栽培した無農薬野菜を毎日食べれば良いのです。
市販の添加物が大量に混じった食べ物ではなく、無農薬野菜を食べれば良いのであります
これで3ヶ月位でガンは治ります。食べ物でガンを治すゲルソン療法という治療方法がありますが

一般的に日本では知られていないかもしれません。なぜならば、こんなにも簡単にガンが治ってしまったのでは
医者も製薬会社も「おまんまの食い上げ」になってしまうの
ですから。
 
   
放射線物質 ガン治療ヨウ素水
メール 支援します
ガンだけではない 脳機能を正常に戻せば病気は治る 以外に奇跡がおこる
 
鉱石を使った 近赤外光線でガン細胞の誕生を止める予防を今からしてみませんか
6ケ月に1回程度でガン細胞の誕生を止めるかもしれないのが近赤外光線と言われています

がん放射線物質を体内投与でガンにならないようにする方法
その1 
体に無害な放射線を常時身に付ける放射線量は450μSV/h以上 
ウランニウム鉱石 北朝鮮 南アフリカ  ケニア産 コンゴ産しか存在しないもの 

 放射線量 537μSV/h 首にかけて生活をする(体に無害)
 体内にたまる活性酸素は瞬時に消すため
まず疲れない 病気がしなくなる 毎日元気に過ごせる
被爆するというのは戦争につかう道具 爆弾になるから戦後言われてきました 危険のための伝説 メール  
ガンと発覚したらステージ1-Ⅱなら(500μSV/h-800μSV/h)老化現象をなくしたい人のレベル値
末期ガン(ステージⅣなら1000μSV/h-2000μSV/h)

そこでガンの遺伝子をもっていませんか ???とくに親の遺伝子 
 難病も奇跡のように嘘みたいことがおきます
 細胞に熱を出させる鉱石が存在する
鉱石に近赤外光線(テラヘルツ波の光を照射する)をガンの表面にあてて熱をだすことでガン細胞を死滅させる方法でもある
その方法がこれです 奇跡ではないかとの疑問があるが結果としてガン細胞が縮小したとの結果報告を受けているが
すべての人に該当するわけではない 試してみる価値はある   
この世はしらないことばかり 病気なれば病院に行けば治ると信じる人100% 薬で病気をおさえるだけ
 病気にならないようにまずすることです 年齢とともに病気する 活性酸素が体内にたまり病気する 
ならば活性酸素を即除去できるのが水素水とか??それは間違い ヨウ素かウラン鉱石 放射線濃度が高いと体内の活性酸素はなくなる   
 近赤外光線治療法 脳細胞に的確な命令を行う処置で命を救う 奇跡の治療である 
信じられないがほんとう病気が短日で快復できる 脱水症状 点滴処置の医師は寝たきりになるとの判断はま違っている
脳の命令ができないから病気になる 脳を正常にすれば病気は治る 近赤外光線治療法は命を救う
なぜ日本には施設がないのか ?? 北朝鮮ならできる ウラニウムがある 日本にはないからできないだけです 
  
内側 放射線量274.4μSV/h
 
表面 放射線量186.μSV/h
 
 
病院入院 ベッドの中で使用する
近赤外光線シート
ガンの攻撃をおさめる
がん細胞を眠らせる奇跡のシート
 
  体にあてる表面(中は近赤外光線シート)
サイズ100cmx100cm厚み2cm程度
近赤外線257μsv/H
 素裸ほど効果があります
抗がん剤の併用もできます末期ガン緊急用 
ガンを冬眠させる方法
がん細胞が熱をだすことで眠たくなり
180日眠らすことで栄養不足で餓死する治療方法
ガンは眠ると栄養がとれないので
ガンの痛みもまったくなく普通に仕事生活ができます
ガンがもっとも危険なのが
がん細胞が目を覚まさせないこと
目をさますとおなかが減りつくしているので
急に暴れだしますともうとまらない危険状態に入ります
目を覚ますと3日間以内に病院に駆け込む状態になり麻薬 栄養剤 悪ければモルヒネ点滴になり
筋肉が減少して足が立たない 足に腹水がたまり口から物が食べられなくなり
10日以内に死を迎えますので
絶体に 近赤外光線シートはお風呂以外は外さないようにすること
180日 近赤外光線シートを体につけていれば
ガンは栄養不足で餓死します
食べ物でガンを治すゲルソン療法という治療 免疫療法は日数が必要る 近赤外光線テラヘルツ療法がガンを死滅させる
がん細胞に近赤外光線 放射線量300μSV/hを上半身に180日放射線を与えれば 体温は37.2度以上
でがん細胞は眠たくなり冬眠し餓死する 末期ステージⅣでも余命宣告30日以内でも 近赤外光線 放射線量300μSV/hで餓死する事もできる

赤外線がひらく ガンの未来メール

近赤外光線テラヘルツ振動子の開発 田中政好 520-2431 滋賀県野洲市木部930 077-589-2354
 がん細胞に近赤外光線 放射線量300μSV/hを上半身に180日放射線で何人もの命を助けてきました 
 最も恐ろしいことは危険は途中で
近赤外光線シートを体に付けないと死に至ることです これだけは絶対守ってください