ラジウム鉱石とガンの検査PET-CTの関係
近赤外光線鉱石を体につけると PET-CT 検査結果がよくない???不安
ガンの検査PET-CTでは数値が上がり検査結果が悪くなるという報告をうける事があります
その原因は近赤外光線放射線をしていると 鉱石をつけていて 体内に3日程度はつけなくなっても
体内には放射線量が滞在しています 3日以後は消えてしまいます
3日以内にガンの検査PET-CTをしますとAIC 7.6以上 血糖値 230以上 白血球が異常に上がる
結果がでます PET-CT検査を受ける日の3日前に近赤外光線鉱石をつけないことをしてください

B-25-37                                                                            

PET-CT検査機器は人間の正常値を検査するようになっていますので、放射線を体にあびていますと
正確なAIC 7.6以上 血糖値 230以上 白血球が上がることになります

これを見て医師は少し悪くなっていますと判断します 体温は37.2以上あり熱がでています
解熱剤を投与しましょうか??体がしんどくないですか??本人の体はいたって健康??
ふしぎな???ことに感じます こんなことがおこります
ガン患者は医師に言われて心配???になるかもしりませんが 検査機器が正常に検査できないのです

体に異常な数値の 近赤外光線放射線を出ている前提で検査機器はつくられていません 正常に機器は測定できないのです
これだけは知っていただきたい 心配しなくていいです 問題ございません 
PET-CT検査する日の4日前には近赤外光線鉱石を体に使用しなければ ガンの検査PET-CTは正確に測定できます
これを守っていただくようにお願いします
ご注意
末期ガン ステージⅣのガン患者さんに 近赤外光線治療を開始しますと がん細胞は早くて2日遅くて10日以内に
睡眠状態に入ります そのまま冬眠 餓死するには少なくても180日は必要です 
その期間はガン細胞は栄養もとれないために ガン細胞は栄養不足で餓死します ところが 安心 危険が伴ってなっています

今までの出来事です 危険なこと
ガンの患者さんの 身内からレラジウム鉱石を当てていると医師に言った瞬間医師からとんでもない誤解が死を招きます
医師はラジウム鉱石と聞いた途端激怒して やめてください 身の回りの人が被爆しますと強く注意します
たいへんな誤解がおきて ガンの患者のウランパットとかラジウム鉱石を体からとりますと
その数時間後 8時間程度で冬眠していたガンが 目を覚ますと おなかがすいているから 激しい活動を開始します
翌日からがん細胞は2倍のエネルギーを食べまくります
今まで元気に生活していたガン患者さんは医師が言った言葉を信じたために3日以内は必ず病院に緊急入院します
医師はそのことを知る余地もないため通常の医療行為をします
痛みを抑える麻薬 ブドウ糖を点滴 ガンの栄養をあたえる行為ががんを増殖させました
とんでもないことがおこりました その確率は今まで100%おきました すべてガン患者は14日以内には死に至りました
おおきな死の選択はだれがおこしたおか あやまちは戻らな
まさか ガン細胞が冬眠していたとは想像する想定外のことですからまったく知りません。
今まで 医師 身内 医療関係に関わった人から 身の看護していると被爆するとか聞かされ ラジウム鉱石を取りやめたことから悲劇は必ずおこりました がん患者の命が助かるためにしたことが わずかな知識(ラジウム鉱石は被爆する)という教えの間違った
考えによって何人も末期ガンの人の命を死にまねいた その時信じていれば命がたすかったのにと 親族から声がほとんど
まちがったことの医師 身内 医療知識 常識を信じたことが死にいたった
反省してもおそい 死んだんだから
医者は病気を見つけ薬を選択して患者に与える ガンを治療する方法をおしえるだけであり ガンになれば なおる薬はないと思えばいいガンは死ぬ ガンを殺す薬はない病院にいって よくなることは少ない 毎月検査してだんだん悪くなり数年後には死んでいる
ガンに一度なれば ほとんど10年以内には死んでいる ガンと判断されて ガンがよくなったといっても数年後は再発している
病院はガンにならば延命治療しか治療方法がない 薬で命のばしているだけである ガンは死なない
ガンは消えましたと言っても5年後には新しいがん細胞ができる 10年前にはほとんど死んでいる
ガン予防 がんにならない方法は近赤外光線(ラジウム鉱石)を首からぶらさげているだけで活性酸素がなくなるので
がん細胞はできない 自然にできた近赤外光線鉱石はすごい鉱石であるといえます