体の老化 体力の衰え 不健康 病院通院など加年齢になるとすべての人に起こります  奇跡の贈り物
 日ごろの活性酸素が原因 悩みのある人ほど老化はすすんでいます
 特に年齢より老けて見えるひとは悩みが人より多いためにおこります 年齢より加年齢に見えます人は不健康なのです
原因は人間の細胞の老化がすべてなのです ふけて見える 病気がちの人は内臓細胞が破壊されているのです
 すなわち筋肉が減少すると 歩行 体がしんどい 朝起きがつらい ねむれないなどのトラブル 
 病院にいっても活性酸素で傷ついた細胞は食事療法と運動以外なおらないのです
  筋肉運動不足です 睡眠中に筋肉運動ができる すごい奇跡の近光線をつかったシートをもので睡眠していただきます
  体全身に活性酸素を除去しつつ筋肉運動がおこなわれますと 手のしわ お顔のしわ 肌が若くなります
  寝ているだけで???それは近赤外光線テラヘルツ光線が体に照射され体内10cm以上という皮膚細胞を突き抜け
  内臓細胞まで通過します 体は近赤外光線をあびますと 老化している細胞が元気な細胞に瞬時にもどります
  よくガンは体の中に毎日うまれます がん細胞を死滅すればいいのですが 体力不足 遺伝子細胞でガンは作られていきます
  特に活性酸素が多い人  悩みのある人です ストレスを体内にため込む人 ダウン症 アルツハイマー 痴呆症はがんにならない
  悩みがないからです 悩みのない人ほどお肌はきれいです がんにならないためには 悩まないことです
  ストレスを体内にため込まない人です すなわち責任を負わないことです
   世の中なるしかならへん と考えるべきですね いつも笑顔でわらっている人はガンには絶対なりません すべてストレスが病気を発症します
   近赤外光線テラヘルツシートで寝ることとは いつたいどんなものなんでしょうか??
  微弱放射線量はからだにいい どのレベルがお顔 の肌 健康が持続出来る 年齢がわかくみられるようになるのでしょうか??
  近赤外光線放射線量は250μSV/h-300μSV/h です びっくりしたでしょう
   原発で放射線漏れ10μSV/hなら大騒ぎ これは化学物質 人工的に製造したものです
   ここが間違いです 自然の山から発掘したウラン鉱石は体に一切無害です
   美容と健康を取り戻すには毎日体に発生する 活性酸素 とがん細胞を阻止できるのが近赤外光線放射線量は250μSV/h-300μSV/h です 
   お顔の若い肌つくり 皮膚をきれいする 手のしわが消える お顔がきれい シワくすみ いぼ あざ しみ を素早く消します
   それを実行できるのは自然放射線 近赤外光線放射線量は250μSV/h-300μSV/hです
   理解していただけないものですが 近赤外光線放射線量は250μSV/h-300μSV/h まず見ていただき びっくりしてください
   悩みのお顔に 体の一部の痛いところに貼り付けるとびっくり 薬不要 体が10歳前にもどります
   こんな小さなシートの近赤外光線放射線量   250μSV/h-300μSV/h でも奇跡??

 お顔 痛み解消 数分効果 
 高額なために非買品 エステーサロンに予約が殺到(お顔にかぶせるだけでOK)
   布地ですと 近赤外線257μsv/H  ガンを発生させない 筋肉が常時振動するために がんにならないということです ガンのひとは体上半身全体に巻けて
  180日生活すればガンは冬眠して栄養不足で200日で餓死します
   誰でも悩みは違いますが女性は美しく若く見られたい欲望と病気しない体の維持は欠かせません
    毎日近赤外光線放射線量   250μSV/h-300μSV/h でお過ごしください
    とくにお顔がみちがえるほどきれいになります しかも翌日から鏡みて使用前 使用後を比較してください
     まわりからお顔が若く見える きれい 何にかしたの??と毎日言われます お顔の悩みが解消できて毎日朝起きがたのしくなります
     ぜひ体験してください お顔がきれい 体の痛みは瞬時でなくなる 近赤外光線放射線量   250μSV/h-300μSV/h で毎日お過ごしください
 近赤外光線テラヘルツ光線開発者 田中政好メール  世界でたった1つの贈り物です 類似品はございません 非売品です
  520-2431 滋賀県野洲市木部930  医師から見放されたガン患者 末期ガンの人 命救います 
         近赤外光線放射線量は250μSV/h-300μSV/hでがん細胞を冬眠させます 180日ガンは栄養不足で餓死します
 
B-78-158         難病を短い日数で治療効果の結果をだす 奇跡の治療があります 近赤外光線テラヘルツ振動子治療といいます              
末期の膵臓がんでも助けるのが近赤外光線の治療です 
   
病院で治療ができない 末期ガン 脳梗塞によるリハビリの効果 難病を救うのがレアース鉱石.ウラン鉱石自然の山にある鉱石は奇跡の鉱石と言います
レアアース鉱石はモンゴルと中国の山脈の存在する ふしぎな鉱石一度 体の治療を体験してみましょう
レアアース鉱石はテラヘルツ振動をおこない近赤外光線と言われ電子波を発信します放射線量50μSV/h程度の影響で弱った衰えた
体の細胞をもとの元気な細胞に戻してくれるという自然鉱石のエネルギーパワーなのです難病治療は薬を与えて治療するか 
点滴注射 などは応急手当にすぎないのです 病気とは本人の免疫力で治すものであって 薬などは病気の一時手当にすぎないのです 
そこで 難病といわれる病気ついて ガン細胞 脳梗塞 糖尿病などは一度かかると 病気は悪化していくばかり病院治療に何年かよい続けても
 いっこうに治らない 治るどころかだんだん病気が悪化していく薬を飲むほど細胞は老化しづける いま以上病気が悪化しないように守るのが薬なのですが
 難病といわれる病名は薬の効果がないので難病ともいえます難病といわれる病名も短い日数で治療結果をだす 奇跡の治療が
 近赤外光線テラヘルツ振動子といいます 悩みをなくしてくれるという治療ができます
放射線量は30μSV/h -50μSV/hの範囲で細胞を刺激させることで難病の一部でも治療ができます
 ガンとか脳梗塞になると放射線量が500μSV/h-2000μSV/hの値が必要であるため末期ガンの場合には体全体に300μSV/hを180日間あてる
ことでがん細胞が消えていく画期的な方法 信じられないことですが 日本では1つしかない存在しない独自の近赤外光線の施設ですあなたの
ガンに対する治療方法はございません 病院の医師から余命告知 ホスピス緩和医療か自宅緩和治療のいずれかを選択するしかございませんと言われました
           
 家族 親族 身内は本人が心無くこの世の人生を終える結末 どうしたらいいのかを話し合うことしかないのです
 そこで 本人がもっと生きたい と希望されるなら弊社で近赤外光線の治療をご選択いただければステージⅣ 余命30日以上以下であつても
ガンを眠らせる治療を受け入れます薬なし.点滴なし 近赤外光線ルームに入るだけでガンの増殖を閉じ込める免疫再生治療です
奇跡を信じ最後の手段は 

赤外光線ルーム個室の貸切1日の費用は¥12000-14000 
 体にがんが転移状態で末期ガンで15日-30日の治療 
ガンが冬眠すれば退院していただきます そのごの近赤外線療法は ガンが餓死するまで180日間近赤外光線治療を自宅でしていただきます
今まで末期ガン救った確率70%です 30%は医師から反対 家族から反対されて
自宅看取り介護医師と 病院医師に 近赤外光線はやめなさい 周りの人間が被ばくするとおどされやむえなく近赤外光線治療を中止すると
3日-4日 以内に ガンが目をさま暴れだしますそうすると緊急で入院 点滴(栄養剤.痛みどめ)がんは栄養不足なのでほしがり暴れまくり
 麻薬を打ちますと意識がもうろう 痛みにたえかねて モルヒネ点滴になります            

これが死をまねきます 医師言われ 家族の認識 常識はずれな治療は認められない認識だから
近赤外光線治療はやめなさい 被ばくするとおどされ医師の言葉を信じると 死に至た人100%です

近赤外光線治療をやめると10日以内100%死にます はじめから近赤外光線をしなくても死ぬことは
医師から通告されていて  周りの人が被ばくする被ばくに脅され死に至る
ガン検査では 近赤外光線という放射線量が体内に蓄積しているので 病院のガン検査が狂います
正確で測定できません もともと放射線量が体内に蓄積している患者はいませんので検査器は狂います
AICが基準値4.0が7.5になった 血糖値100 が230になった 体温37.5度 白血球が異常に高い
でもガン患者には影響なく元気 問題ない 普通 でも医師は解熱剤しましょう 薬やめましょうと必ずいいます
何もしなくていいのです ガンの検査器が測定できないだけです そのことは覚えておいてください
医師の助言で薬増やす ブドウ糖 など絶対やめてください 誤診で死が早まります すぐ死を迎えます非常に危険
放射線量が体内に蓄積していれば 生きられたのに 被ばくに脅され死に至ると医師におどされた
患者さんは7日以内に100%死にました この教訓は忘れたら死をむかえます

近赤外光線テラヘルツ振動子の治療をするなら180日は行いましょう ガンが餓死する日数180日忘れないでください
医師から見放された患者さんなら最後手段 命救うことをさせていただきます
弊社では救われたガン患者さんと情報のやりとりもしていただけます
真実こそが命を救います 疑問の人は最後まで病院治療しか選択はないです
 放射線の攻撃でがん細胞は眠くなり
活動を停止した後180日で栄養不足で餓死する末期ガンでも奇跡がおきます
 近赤外光線治療施設
520-2431 滋賀県野洲市木部930 KDD(株) 077-589-2354 FAX 077-589-4892
検査担当 TANAKA  090-9711-7985 緊急連絡 070-2282-3826  ラインできます
メール