がんにならないための生活 ガンはなぜ生まれるのか?? 親の遺伝子もある
体に近赤外光線のシートを上半身巻きつけてガンと戦うこと これほど効果がある治療方法はない 
ガンを死滅し命助けます
メール  に連絡する
 生活の悩み が活性酸素を体内に発生させやすくしている 何も悩み不安もない人
 ダウン症 痴呆症 アルツハイマ という病気の人は悩みがわからないのでほとんど病気も少ないし ガンにはなりにくい
 身近にいたらそう言われたらそう思うね?? 免疫力が衰えるとガンが発生しやすい環境になる
 特に体の低体温の人はがん細胞が生まれやすい環境である 平均体温36.7度もあればがんになる値は低い
  ところがガン患者さんは体温が36度以下の人が多い そして悩みを持ち込む人
  お金 生活 家族の悩みなど考え込む人ほどガンは発症しやすい

             ガンにならない人は近赤外光線を常時首に鉱石をつけるといい 放射線は体内に微弱振動を与えるからガンができない             
 あなたにはガンが見つかりました ガンレベルでいいますとステージ2です 悪い人でステージⅣです
 医師から告知されて びっくり 悲劇 ご安心ください 今から抗がん剤でガンを死滅させましょう
  と必ず医師は言います 薬を使ったがん治療を進めます 抗がん剤をするのを断れば 病院では治療方法がございません
  ので申し訳ないですと言われます それならガンの検査だけお願いできませんか??いいですよ検査しましょう
   と言ってくれる病院は親切な病院ですが ほとんど抗がん剤を断るとこの病院では治療ができませんので
   他の病院に行ってくださいとあっさりと医師は言います
   治療方法にはいろいろありますが ほとんど抗がん剤を進められ 一番弱い抗がん剤をつかいましょう
  そうして様子みていきましょうといいます ところが 日が経過するたびにガンは大きくなっていきます
   薬をのんでいても全く効果がなく 手術しましょう 手術できないと抗がん剤をもう少し強くしましよう
    その後経過がよくなくステージⅢまできました 抗がん剤を変えましょう 痛みどめ麻薬の薬もだしましょう
そして様子をみましょう それでも病院を信じて通院 その後は入院になる

  
 落ち着いて考えてみれば ステージⅡでガンが死なない 薬の効果がない ステージⅢになっていく その後ステージⅣ
   ステージⅡでガンが死なないのにステージⅣになったことは 薬ではがんが死なないということ

   10%-50%の確率で抗がん剤が効果がでたならいいだろうが 膵臓 肝臓 腎臓 肺 脳など手術ができない
   薬が効果がない ためす薬をかえても だんだん良くなることはない 延命治療の薬しか効果がないと死を寸前にわかる
   それなら医師に訪ねてください あなたがガンになれば抗がん剤は使わない 自然治療するでしょう
    患者さんが自然治療希望されれば病院はいらない 薬が売れない ベットの貸し出しでは病院でなくなる
     薬を与えることで病院は成り立つ 検査 検査で費用をつかい 検査ではガンは死なない
     検査すれば少しづつがん細胞は拡大していく 医師は薬を交互に変えて様子みましょうとしか言えない
  膵臓 肝臓 腎臓 肺 脳など手術ができないガン患者はほとんど死を迎える 助かるなら手術してガンをとってください
  手術できなければ 胃癌 大腸がんなどは効果がある薬もあるが
  膵臓 肝臓 腎臓 肺 脳などの治療できる薬はまったくないに等しい 効果がないということである
  お金もちでも 膵臓 肝臓 腎臓 肺 脳 のガンは死んでいる 大金をつかってガンを殺す薬がないからだ
   高額ながん治療も延命の治療にすぎない ガンになればがんにはだれも勝てない 10年以内には死を迎える
  がん細胞の弱点は近赤外光線である がん細胞に近赤外光線を攻撃して熱を出さす治療をすれば
   がん細胞の環境は暖かく心よい振動と温度で睡眠する これしかないがんの冬眠術である
   どうすればいいか??
520-2431 滋賀県野洲市木部930 
近赤外光線開発ルーム 077-589-2354 fax 077-589-4892 JR 野洲駅 北口 タクシー10分 予約必要 宿泊にて治療する
 B-78-157                                                                     
  体に近赤外光線のシートを上半身巻きつけて日常生活をする 
   がん細胞は抵抗するが時間がたてば眠りに入る なにもしなくてもガンが180日冬眠してくれれば栄養不足で餓死する
   ガンのステージが低い人ほどがん細胞は早く餓死する 危険な状態のステージⅣでも命助かる確率は高い
  最後の手段は病院入院していても体に近赤外光線のシートを上半身巻きつけてガンと戦うこと これほど効果がある治療方法はない
   メール  に連絡する  近赤外光線のシートのご相談をさせていただきます 
   病院治療は最後には抗がん剤から麻薬からモルヒネになります 
   ガンになればがんは消えないと覚悟しておくべきです くすりは延命治療とお考えください ガンは消えることはないです
   筋肉がなくなる寸前 足がたたない 歩行できない 体が動かない 口から物が食べられない 胃腸が動かない
   便秘 腹水がたまってきた このような動作が順番にきます
   おかしな言葉を言い出します 体が腐敗してきますと生臭い臭い.魚の腐った臭い バナナの腐った臭い 肉の腐った臭いなどを
   感じたらもう身近だと判断してください 
 ところが日本は医療としては難関 問題がいろいろあり国が認められていない治療である 
  ガンが180日冬眠してくれれば栄養不足で餓死する 冬眠方法を見つけ出せばガンは死滅できることがわかっていても
 ガン治療には抗がん剤を使用しなければ医療報酬が少ないという現状でありガン検査 入院 抗がん剤投与が基本でもある
  医師ががんになれば抗がん剤を打ちますかと聞いてみましたらほとんどの医師は抗がん剤は使わないという実態もあきらかになっております
  
 余命宣告  医療としてほどこしようがないと宣告通知 残り30日の命を救うものがある 奇跡がおこる 医師も判断つかない
  A1Cが7.6以上 血糖値230以上 白血球が以上に増えている 内臓体温は37.2度 検査した医師はからだ大丈夫??解熱剤打ちますか??抗がん剤をすくなくしましょう
  といいます ガン患者は大丈夫 体内には放射線が多く蓄積しているので検査機器が異常状態になります でも判断がつかないから医師はふしぎがります???
  のこり少ない命 助ける奇跡をおこします
 体に近赤外光線のシートを上半身巻きつける  体全身かぶるタイプ1mX1mもの  上半身チョキのものを体に巻きつけるとがん細胞は熱を出して暴れます
 ガンは近赤外光線をいやがり抵抗します 痛みもでますが 少しの時間でがん細胞は眠ります ガンが眠れば 痛みもなくなります
  この状態を180日経過すればがん細胞はすべて餓死します 体も元気に戻ります 奇跡がおきます 命助かります 最後の医療とお考えください
   ガン患者に最後にしてあげること 悔いのない人生をおくること 家族に看取られ他界する 絶体死なさない体に近赤外光線のシートを上半身巻きつけること 
   が最後にしてあげることです   近赤外光線のシートを作るにはウラン鉱石1KG-1.2KG 使います
 ウラン鉱石
粉末 1000μsv/H 1KG-1.3KG 使います 非常に高額なものですし まず手にはいるものではないです
 日本国には存在しません 原産国 コンゴ アフリカ 北朝鮮 ロシア アメリカ ドイツなどがああります
  
がん細胞を眠らせる奇跡の
近赤外光線シート
素裸ほど効果があります
 
上半身に巻きつけます
抗がん剤の併用もできます
 
上半身が裸ほど
ガンに攻撃します
末期ガン緊急用
  
      表面 近赤外線136μsv/H
 
    内側ですと近赤外線186μsv/H
 
   布地ですと 近赤外線257μsv/H
 
このような状態のものです
 
病院入院 ベッドの中で使用する
近赤外光線シート
ガンの攻撃をおさめる
がん細胞を眠らせる奇跡のシート
 
  体にあてる表面(中は近赤外光線シート)
サイズ100cmx100cm厚み2cm程度
近赤外線257μsv/H
 素裸ほど効果があります
抗がん剤の併用もできます末期ガン緊急用

近赤外光線 テラヘルツ振動子
上半身チヨッキ
入浴以外は常時体に着てください 
 
 内側 放射線 277.6μSV/h
常時連続 体10cm以上
放射線はガンに攻撃します 
 
背中内側 

表面 放射線量 116.7μSV/h 
 
放射線の攻撃でがん細胞は眠くなり
活動を停止した後180日で栄養不足で餓死する 
 
背中の外側