肝臓病の悪化 よくもってあと14日間と医師に告げられた悲劇 肝臓の病気の施術のしょうがない
ほど悪化 定期的に腹水を抜く処置と投薬が続いていた 突然の死 小康状態が保ち元気な笑顔で夕食を取っていた
が翌朝容体が 急変 息をひきとった こんなお話はよくきくことだろう
  もうしばらく生かしてあげたかったと誰しもが思うだろう  
腹水を抜く処置と投薬が続いていた 治療方法はそれ以外なかったのか???
 奇跡の救済 こんな時に近赤外光線治療方法を試して肝臓病の悪化を改善したエピソードがあった
 絶体絶命の危機を救った治療とは
 体全体に近赤外光線の300μSV/h以上の光線で体全体を囲い込み 肝臓の死滅しつつある細胞を修復させる
 ことで生命を救うことができた実例もある
 体の破壊しつつある細胞をもとの元気な細胞を作ることができたら病気は治る
 一度体験 経験していただければ 奇跡はおこる 何もしないでいては死んでいく 死をまつより 生きることを考えよう
 患者は1日でも長く生きたいだろう 親族は生かしてあげたい 死をみとることはしたくない
 だめでもいいじゃないか やるだけのことを しょうよ それでだめならあきらめもつく 
 医師のいわれた 治療する方法がない と告げられたから あきらめることはしない
  そんな治療してあげたい熱意は神様が助けてくれる 助けてくれてもいいじゃないか
  信じられないけれど やらなければ結果は生まれない 最後にしてあげてほしい近赤外光線自然治療法
  見つけた 100%助かる希望をもつことが命を救う 何もしないで 死をみとることは残酷すぎる
  最後の手段はこれだ 目的効果は末期ガンだが肝硬変など肝臓にも効果あるのです
 病院で治療効果がないと判断した人は一度近赤外光線免疫療を体験してみてください
下記の病名効果を実感していただけます 自宅で治療方法  不安を取り除く最後の生きる奇跡を与えてあげてください 奇跡はおこります
何もしないで他界することより最前の努力を惜しまないことです 奇跡はおきる 神様は助けてくれると信じてください
B-78-153
  
奇跡の治療は放射線量300μ以上を体上半身に巻きつけることでがん細胞は酸素不足で抵抗する 近赤外光線は体内にあてると37.2度まで体温が上がる
 もちろん血糖値もあがる すごく汗がでるとがん細胞は冬眠するので180日後は餓死をする
 体上半身に巻きつけること 布地繊維にウラン鉱石を練りこんで放射線量300μ以上1mX1mの大きいもの
末期ガン がん細胞が破裂寸前 口から血 お尻から血をだしたのが3回  
奇跡の治療は放射線量300μ以上を体上半身に巻きつけること で一命をとめて10日後には元気になった すごい奇跡の瞬間を見た
見放された看取り医者による自宅介護 ホスピス看護医療 最後にしてあげることは 不安をなくすること 最後を看取る前に
嘘でもいい助けてあげたい命  奇跡の治療は放射線量300μ以上を体上半身に巻きつけてあげてください 奇跡を信じてください
 近赤外線は体全体を放射線が通過してDNA細胞をすこしづつ修復します
  内臓体温が42度でガン細胞は死滅しますが37.5度まで内臓体温があがりガン細胞は冬眠して180日でガンは死滅します
  ステージⅣの方 余命宣告を受けている方でもガンの死亡率90%以上です 180日X15時間以上が妥当なのです
 施設に宿泊 末期がんなら180日間宿泊すること おそろしいのは10日間 近赤外線を体にあびないと ガン細胞は眠りから
さめて 怒り狂いまくり 体が7日目からまったくうごかない 緊急病院治療室に運び込まれることがおこります
それは冬眠していたガンがおきて食事をたべる行動をするからおそろしい状態がおきます 
 ステージⅢの状態ですと60日間程度でガン細胞は消滅できます 2015年-2017年の治療報告です
 近赤外光線免疫療の目安としては近赤外線は異なりますが 難病に人も治療効果に驚かれています
 膵臓癌になれば100%ほど助からないですガンになれば10年経過すればほとんど死ぬということですね
 そこで近赤外光線免疫療をご案内します 近赤外光線免疫ルームで安眠していただきます 
 がん放射線物質を体内投与でガンにならないようにする方法
その1 体に無害な放射線を常時身に付ける放射線量は450μSV/h以上 
ウランニウム鉱石 北朝鮮 南アフリカ  ケニア産しか存在しないもの 
 放射線量 537μSV/h-2000μSV/h 首にかけて生活をする(体に無害)
体の老化細胞 破壊している細胞の程度 病名のレベルの値にて放射線量を設定する
ガンがステージⅡまでなら537μSV/h ステージⅢ-ステージⅣなら2000μSV/hを選択すべきです 
 体内にたまる活性酸素は瞬時に消すためまず疲れない 病気がしなくなる 毎日元気に過ごせる
被爆するというのは戦争につかう道具 爆弾になるから戦後言われてきました 危険のための伝説メール
  放射線物質 ヨウ素を吸引すると放射線体内へ取りこまれる放射線効果と医療での可能性
   近赤外光線開発研究 KDD(株) 520-2431 滋賀県野洲市木部930 077-589-2354 FAX 077-589-4892
  施設利用申し込み 
メール 事前の予約以外の受付はさせていただけません
 ホルミシス療法
活性酸素が現在の病気の原因の大きな部分を占めているという多くの研究発表がされています。
ホルミシス療法 高濃度
ラドンガスを吸い込む  
 
     放射線物質 ヨウ素を
 
吸引すると体内から放射線が出る
 
   放射線物質 ヨウ素水
 
(放射線量30μsV/h以上) 
  煙状態で吸い込みます
1日2回±3回程度で1回20分でOK
体が軽くなります 咳がとまる
  
 放射線物質 
ガン治療ヨウ素水

を自宅で作る
メール 支援します
気管支ぜんそく 肺 1か月以上空咳がとまらない
薬のんでも効果がない アトピーが治らない
皮膚病が治らない
難病とされている病気がまったくなおらない
難病に指定されているなどの治療に役立ててください
 
 放射線物質 ヨウ素水を製造する
   2000μSV/h で製造する液体
 

 外部測定(放射線量19.55μsV/h以上) 
  
    容器の外部測定
   (放射線量20.89μsV/h以上)
    ラドンセラミック                                                                                    
放射線ホルミシス(自然生物材料を加工したセラミックボール) ラジウムセラミックボール    ラジウム放射線放出  
   「ラドンは放射性物質の一種です。装置は、200万円という高額なもの。装置から発生するミスト状のラドンを口から吸い込み、血液を介して
全身に行き渡らせる。通常は、1日6回、1回10分を目安に吸入する
 ラドンを吸入することで免疫力が高まる、
天然鉱石の放射性物質を吸い込んでも一切害はないとのこと(人工鉱石はだめです)
 ラドンは岩盤や地下水から大気に放出される自然界の放射性物質である。これを水蒸気に付着させる形で吸入させ、血液を介して
  全身に循環させようとするのがラドン吸入器ですラドンを吸入することで免疫力が高まり、呼吸器疾患や肝障害や糖尿病への
  治癒効果が期待できる 
「本来は医療施設に販売する専門機器です。個人が購入する場合、1台100万円近くかかるのではないか」
と医療関係者は語る。副作用の心配がないとされるラドン吸入器に信頼よせている
 
     医療機器 ラドン吸入器
 放射性物質ラドンの吸入器

ラドン水の生成装置は200万以上 
ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 
10分間吸うと同濃度の
ラドンルームに10分間いたことになります


    ラドン生成セラミック30μSV/h
      4500ppm
 
ラドンガスを人工的に発生させ.充満させる
ラドン生成発生装置(ラドン水の生成)

ラジウムセラミックボール
8mm 500g¥17800(税別) 42.69μSV/h
100度で沸騰消毒してください
金属ポット ボトルに入れて飲用してください
高血圧  ひどい便秘症に
  
ラジウム セラミックボー8mm 42.69μSV/h
マイナスイオン12000ion/cm2
テラヘルツ加工品  ラドンのレベルが最高値
KD-TM-8-12000 1kg
 ¥34,500(税別)
8mm 500g¥17800(税別) 

メールで注文  ラドン温泉用
この子神の子不思議子
高濃度 ガスを発生させる
 連続永久放出
 608μSV/h以上 
 高濃度1500
μSV/h以上
この天然鉱石がないとラドン水の生成の
有効効力はない
 高濃度ほど効き目が早い
  近赤外光線治療法 脳細胞に的確な命令を行う処置で命を救う 奇跡の治療である 
信じられないがほんとう病気が短日で快復できる 脱水症状 点滴処置の医師は寝たきりになるとの判断はま違っている
脳の命令ができないから病気になる 脳を正常にすれば病気は治る 近赤外光線治療法は命を救う
なぜ日本には施設がないのか ?? 北朝鮮ならできる ウラニウムがあるからだ 日本にはないからできないだけです