ガンステージⅣ は膵臓は5% 100人に5人の生存率 
  最後は自宅で看取り医師の看護  緩和ケアーホスピス 心よく緩和しながら亡くなっていく
   病期 1期 2期 3期 で最後が4期 
   近赤外光線治療は早めに受けましょう  ガンは主治医以外の医師に意見を聞くことができる
 セカンド.ピニオンという制度があります  上手に活用して病気の治療や緩和に役立てましょう
   B-78-150                                                                             
 
抗体に近赤外光線でがんへの攻撃を促す 治療 滋賀県 KDD
近赤外光線は鉱石でテラヘルツ波を出しながらがん治療をする がん細胞には抗体液(ヨウ素水)をガス いわいる煙の状態
で吸引器で吸い込みがん細胞に吸着させることによってがん細胞は発熱してがん細胞を冬眠させて破壊する
2017年から 抗体に近赤外光線でがんへの攻撃を促すことで治療して数人の生命を助けている
下記の近赤外光線治療方法とは少し違うようだがガンの死滅方法はそれほど食い違ってはいないようだ
考え方は近赤外光線でがんへの攻撃を促すことはよく似ている
 
  抗体に近赤外光線でがんへの攻撃を促す 体験を受けられたい人 末期ガンでホスピス医療または自宅医療 看取り看護を
  選択しなければいけない患者さん 最後のチヤンス 抗体に近赤外光線でがんへの攻撃を促す体験をご検討ください
  520-2431 滋賀県野洲市木部930 KDD(株)近赤外光線開発事業 077-589-2354 メール
1日宿泊費用+近赤外光線ラドンルーム使用料金¥14000 (一室四名)予約制 よく病気する人 難病の方に適合します
 予約メール 電話での予約はできません すべてメールになります