ガンになったらなぜ死ぬのか?? 病院でも体全身にガンを死滅させる薬がないからです 
 たしかに胃とか大腸に効く抗がん剤はございますが膵臓ガン肝臓ガン 肺がん 脳のガン に効く薬はない
 ガン細胞を手術すればガン細胞はなくなるのですが 数年後には再発をします 再発したのが
 臓のガンなら抗がん剤を投与するしかガンは死滅させれないが それには体の細胞までが免疫低下する
 痛みが出れば麻酔を打つ それでもガンが暴れていれば痛みに我慢できなくなり モルヒネを打つと2日程度で死ぬ
 ガンを発見して病院でがん治療を開始する数年後にはガンは大きくなり ステージⅢ それでも 薬でガンは死なないから
 ガンが移転し始める ここでもがん患者は同じ病院で治療しているつもり 少しすればステージⅣになり
 余命宣告の説明を医師から受ける なんで病院に数年もかかって治療するもなにもガンは大きくなるばかり
 ガンは死なない そこで抗がん剤を医師からすすめられ 痛い つらい えらい しんどい ことを我慢しても
  数年後に死にいたる 抗がん剤をしてもしなくても生きる年数は同じことであるという説も多くある
  常識がわからなくなる ステージ1でガンが発見されて 薬を飲んで医師の指導を受けまもっていても 
  ガンは大きくなるばかり ステージⅣになる はじめからガン治療はしていても何の効果もない と思うだろう
  ならば薬を使わなければ 同じステージⅣになる ならばお金つかってムダ 何もしないでも同じこと
  胃 大腸などはガンは死滅できても臓に関する 膵臓 腎臓 肝臓 脳細胞 喉頭ガン 子宮ガン などは
  手術しない限りガンは死なない手術できなければ死んでいく 
   臓のつくガンにはガンを殺す薬がないのです 何人に1人はガンに効果があるがすべての人にガンの薬は効くことはない
  いくら有名なガン医師でも臓のつくガンは治療できない お金持ちの人でも いくらお金をだしても ガンには負けて死んでい
  お金があれば高額な薬 有名医師をつかっても 死んでいく  それはガンに有効な薬がないからである
  すなわち 臓のつくガンになれば短命である ガンは死なない成長して大きくなる
   それでも病院を信じてがん治療に行く ガンの生存率
B-78-149
       
 ガンを殺すのには近赤外光線による治療方法がある 自宅で治療ができる夢のような治療方法でもある
    近赤外光線を180日がん細胞に電波を照射することで がん細胞は冬眠して栄養不足で餓死させるというものである
        信じがたいことだが ガンと判断した場合には短期間でがん細胞が餓死する
    末期ガンステージⅣとなると180日の治療期間が必要になる
 
近赤外光線を使う
  こんな有名な人 お金持ちの人も不幸の死にいたる 小林麻央さん 34歳 2017年6月22日夜自宅で死去
     2014年10月 乳がんの告知を受け闘病中だった 21日に容態が急変したという
ガンすべて死滅させられる薬 医師 とか病院は日本にもない 世界中どこにもないと憶測するしかない
   豪華なお金持ちなら何十億つかっても ガンを死滅させられるだろう でも数十億使ったとしても 今の医療では
 ガンは死滅させられないでしょう 今ご不幸な事が報告されました なんということでしょう
 ガン患者とその親族は命だけは助けていただけると 長い日々医者を信じて希望をもってきましたが
 その夢もなくしました もとから乳がん程度で死亡するなんで考えのもまったくなかったでしょう
 医師を信じ切って最後のステージⅣで自宅で延命療養して死んでいく姿は気のどくでたまらない
 いたい目 抗がん剤を服用してもガンが消えることなく 新しいガンが生まれることが死になった
 当たり前のことだが なんで気がつかないのか ステージ1-2でガンが死滅しない治療をして
  ステージⅣでガン細胞が消えるなんてまず99%ない 子供でも判断できるだろうね
  なぜ大人は医師病院にたよるのか ガンになれば死にいてる 長いか短いかのいのち 
  どうせ時期がくれば延命治療になる なぜ国民は病院 医師にたよるのか 検査は必要だが 抗がん剤は不要
  抗がん剤の効果のない内臓 心臓 肝臓 腎臓 膵臓など臓のつくものは治療方法がないということだ
  切除すればガン細胞は消えるが数年後またあたらしいガン細胞がうまれ内臓に転移する
   ガンの生存率で判断したほうが正しい みきわめることです 
   医師 病院にたよらないガン治療の方法を患者が見つけることだ 
  がんを1日で死滅させられる近赤外線療法がアメリカガン国立センターで成功したとのことです
  確かめてみたいものですね ガンはなおらないと判りながら病院生活 ガンは臓器のつくものは治らないということ
  いまどうすべきか 選択するのはガン患者本人 死をまっている闘病生活 医師は助かると助言するだろう
  助かるなら 豪華なお金持ちなら何十億つかっても ガンを死滅させられたか すべて死んだ
   がんになれば死を覚悟するしかない 助かりたければ近赤外線療法がアメリカガン国立センターで成功したとのことです 
    こんな有名な人 お金持ちの人も不幸の死にいたる 小林麻央さん 34歳 2017年6月22日夜自宅で死去
2014年10月 乳がんの告知を受け闘病中だった 21日に容態が急変したという

     この文面でも判るように 乳がんですら日本のガン専門病院でもガンは死滅できなかった
      ガンの名医はたくさん日本にいるが世界中でもガンを死滅させられた病院 医師は存在しない
      豪華なお金持ちなら何十億つかっても ガンを死滅させられるだろうと思うがだれもいないのが現実である
     ガンはなおらないと判りながら病院生活 患者を苦しめるだけなら 何もしなくても同じ寿命です
      ガンがなくなるなら手術もいい がんがなくならないと判っていても抗がん剤をつかうのが現代医療
     ガンの薬は開発されていても すべてのガンを殺す薬は世界中では存在しないということです 
 
   お金をかけなくて ガン細胞を抑えられるものがある
がんを1日で死滅させられる近赤外線療法がアメリカガン国立センターで成功  
近赤外線療法にもっとも近い方法で
治療すてみることも いいのではないか?? なにもしなければ死ぬ
末期がん治療方法
末期がんをみごとに克服された報告とは??
 
放射線物質を体内に投与する  内用療法放射線物質をがん周辺に送り込み.その
放射線でガンを倒す 飲んだり 吸引する ガンの患部に近赤外光線を直接照射することでガンを破壊させる
放射線物質にはヨウ素がたくさん含まれています 難病の膵臓 内経内分腫瘍をに効果がある
メール    
   
  膵臓癌になれば100%ほど助からないですガンになれば10年経過すればほとんど死ぬということですね
 そこで
近赤外光線免疫療をご案内します 近赤外光線免疫ルームで安眠していただきます   
がん放射線物質を体内投与でガンにならないようにする方法
その1 
体に無害な放射線を常時身に付ける放射線量は450μSV/h以上 
ウランニウム鉱石 北朝鮮 南アフリカ  ケニア産しか存在しないもの 


 放射線量 537μSV/h 首にかけて生活をする(体に無害)
 体内にたまる活性酸素は瞬時に消すため
まず疲れない 病気がしなくなる 毎日元気に過ごせる
被爆するというのは戦争につかう道具 爆弾になるから戦後言われてきました 危険のための伝説
メール
    
 
放射線物質 ヨウ素を
 
吸引すると体内から放射線が出る 
 
   
放射線物質 ヨウ素水
 
(放射線量30μsV/h以上) 
  煙状態で吸い込みます
1日3回程度でOK
体が軽くなります
  
 放射線物質 18μsV/h水
ガン治療ヨウ素水
 非売品メール
 
 放射線物質 ヨウ素水を製造する
   2000μSV/h で製造する液体


 外部測定(放射線量19.55μsV/h以上
   
 
容器の外部測定
   (放射線量20.89μsV/h以上)
   
 がん細胞 参考例    ラドン水の生成装置   高度医療機器販売 kDD(株) メール    
ラドンガスの発生とラドン温泉そして体内接種の機序ホルミシス療法
●ラドンとは自然界にある86番目の元素 「放射性元素」のことです。・ラドン222 = ラドン   半減期 3.82日
・ラドン220 = トロン   半減期 55.6秒 ・ラドン129 = アクノチン半減期 3.92秒ラドン222以外は半減期が短く治療には不適で
  
ラジウム温泉のラドンン銭への変化とラドンの体内へ取りこまれるしくみラドンガス吸入による放射線ホルミシス効果と医療での可能性

ホルミシス療法

 
 
      この子 神の子 ふしぎな子 300mmX235mm 
厚み平均0.5mm
  皮膚にあてれば10分で.痛みがうそのように消えていく治療法である
表 ブラック 231μsV/h ガン細胞を眠らせます
 裏側 60μSVH 痛みを10分程度でなくします DNA細胞細胞を修復します
体験者 100% おどろき ガンの縮小にビックリ30日で結果だします
ガンの痛み止めます 非売品 末期がん患者さん用に製造
 

    ホルミシス放射線 231.1μSV/h以上