高額抗がん剤「オプジーボ」効果 (膵臓がんにはまったく効果なし)ガンを死滅させる方法がみあたらない現実である
業は22日、抗がん剤オプジーボについて、化学療法後に悪化した切除不能な進行・再発の胃がんの治療に使うことが認められたと発表した。
これまでは、肺がんなどの治療向けだった。胃がんの免疫療法剤としての承認は世界で初めて。(2017/09/22-17:01 高額抗がん剤「オプジーボ」、2割超値下げ28万円に=厚労省 3/5(月) 10:05配信

厚生労働省は5日、医薬品の公定価格(薬価)について、2018年度の個別品目の改定額を官報で告示した。
肺がんなどの治療に用いられる高額抗がん剤「オプジーボ」(小野薬品工業)は、現行の100ミリグラム当たり約36万5000円から、
制度改革の影響で23.8%減の同27万8000円に下がる。14年に皮膚がん限定の薬として保険適用された当時の約73万円と比べると、6割超安くなる。
薬価は2年に1度の診療報酬改定時に、実勢価格などに合わせて見直す仕組み。18年度の実勢価格を反映した改定率は全体で1.36%減となった。
オプジーボは、がん細胞に対する免疫細胞の攻撃にブレーキがかからないようにする薬
保険適用の対象が肺がん治療にも広がり、利用者が急増した。

1人当たり年3500万円掛かり、保険財政を圧迫するため、政府が17年2月に特例で半額に下げた経緯がある。 
抗がん剤は1回¥15万程度 高額医療申請すれば¥37000程度 1ク-ル 3週  ¥37000X3回=111000程度の個人負担
4週目休み しかし臓器によって異なるが高額抗がん剤「オプジーボ」効果(膵臓がんにはまったく効果なし)ガンを死滅させる方法がみあたらない現実である

残された治療方法は近赤外光線テラヘルツ治療はアメリカ合衆国 がん医療センターでおこなっているようです
日本では認められた医療でないために使用できないということである残された命 余命宣告うけた患者と身内はどうしても命を助けたい でも何も方法がみつからない 死を待つだけ 看取り医者かホスピス治療そこで ダメでもいい なんとか命たすけたい思いの人は 近赤外光線テラヘルツ療法をお知らせします 
一度体験してからどうするかは判断すればいい 何もしないことはがん患者にとって 死んでくださいといっているに過ぎない 情けないことだ。ガンになれば助けてくれる病院 医師はいない 死んでいくしかないのが現実でありお金もちは大金支払えば命は伸びるが死ぬことには間違いではない
    
  抗がん剤の副作用と闘う日々 手術のできないガン治療はどうすべきか 死を待つのか??
ガンの初期発見 病院 医師で治療するも次はステージⅡ ステージⅢ ステージⅣになる
なぜか ガンを殺す薬がないからである 抗がん剤は延命治療をしているだけ

まぜ100%ガンを殺す薬は絶対できない 10%もないのが現状である
ガン発見=死を覚悟 あと何年生きられるかである 臓器のガンはほとんどガンは殺せない
がんで余命1年の男性 抗がん剤治療やめ普通の生活戻る NEWSポスト ...
抗がん剤をやめる=死の宣告?|みんなの介護Q&Aコミュニティなど

10年程の癌治療(放射線、手術、抗ガン剤)の末に末期を迎え他界した母の最期の半年は、凄惨の一言でした
特に抗ガン剤が始まってからの数年は、副作用による苦しみや合併症も酷く。 痛み止めが効かない激痛と出血に
苛まれる中、治療不可診断と退院勧告をされると同時に、 緩和ケア科への移籍提案をされました。 余命診断は、
あまりアテにはならないと思われます。
大抵は、短め期間の宣告をしているのが現状の様です。 (宣告期間より長く保てば、感謝される事もあり。)
ガン剤に限らず癌 .はなおらない
.抗がん剤をすすめられたら 恐怖 痛い 苦しみの日々 不安 抗がん剤を打たなければ ガンが大きくなり死に至るかも・?
ガン細胞を殺すのには抗がん剤しかないのですといわれると 
少しでも長く生きるためには抗がん剤を選択せざるをえない 抗がん剤はしたくなかったら病院では必要ない 
治療方法がないので.他にいってくださいとなる・・ 不安 
抗がん剤は絶体しない 抗がん剤をしなくても いま以上にがん細胞が増大しなく 痛みもない よければがん細胞がなくなってくれる
ようなものはないのか??飲み薬は毒になるかも???不安 塗り薬ではまずない???
近赤外放射線で皮膚から10cm放射線でがん細胞を眠らせてくれる よければがん細胞を殺してくれそうなものはないのか??と
ガン患者は思うだろうそんな嘘のようなことはまずないだろう あれば 医師いらない 病院いらない
薬いらないのじやあるわけない と100%思うだろう
そこで モンゴルと中国にはレアアースという鉱石が存在する まさしく放射線物質である 放射線なら体を突き抜ける
体に有害だと誰しもが思う しかし天然鉱石は有害なものはほとんどない
ならば レアアースという鉱石を粉砕して近赤外線というテラヘルツという電波を与えて体に入っていく近赤外線放射線を
作ればがん細胞は微弱振動子にて がん細胞は眠ってくれるということを発見した
それがこれだ
レアアーステラヘルツクリームの誕生なのです がん細胞に攻撃して がん細胞が気持ちいい体温になり眠くなり冬眠させる
嘘のようなことだとだれもが思う でも使ってみれば以外に効果があると答えた人90%以上なのです
長く継続しなくても 乳がんとか以外に皮膚から浅いシコリとかがん細胞は15日程度で消えるとよく言われました
抗がん剤されている方も 今ガンで悩んでいる方も一度試してください
がんと判断された人 親の遺伝子でガンになるかもと不安の方は一度お試しください

ちよと待ってください 明朗なことです ガン治療だけではございません 打撲 炎症 あざ 痛みにも速攻 30分で結果だでます
お顔の皮膚の再生 若返りが起こります(睡眠中に美肌が改善)とにかく皮膚の炎症にもっとも反応します
ただ一般のクリームとして使ってください まず試していただければ結果がでます
B-78-145
 
     製造 KDD.CO.LTD メール TEL077-589-2354
最後のがん治療方法である
 

“腫瘍マーカー”にはどのような種類があるのか

現在、実際の臨床現場では、多くの“腫瘍マーカー”が、がんの可能性を示す根拠として使われています。1つの“腫瘍マーカー”が複数のがんの可能性を
示すことがありますが、一方で、複数の“腫瘍マーカー”を作り出すがんも存在していることが分かっています。一例を挙げてみましょう。

 
 

<NSE(神経特異エノラーゼ)>
肺小細胞がん、神経芽細胞腫、褐色細胞腫、甲状腺髄様がん、などで高値となる。病状が進行すると上昇するといわれており、
臨床的な経過観察に利用される。肺小細胞がんで60~80%、小児の神経芽細胞腫で70~80%の陽性率を示すことがある。

<SCC(扁平上皮がん関連抗原)>
各種扁平上皮がん(食道がん、子宮頚がん、皮膚がん 、肺がん、頭頚部がん)などで高値となる。がんを発症していない人
(正常者)の血液中にもわずかに存在するが、正常な扁平上皮組織と扁平上皮がん組織の、SCC抗原を作り出す能力には、
明らかな違いがあるため、扁平上皮がん患者の血液中からは、高濃度で検出される。

<CA 125>
卵巣がん、膵臓がん、胆道がんなどで、高値となり、特に卵巣がんの腫瘍マーカーとしての有用性が高い。卵巣がんでは約80%、
膵臓がんでは50%の陽性率を示す。ただし、CA125を作り出す能力は、エストロゲンにより亢進するため、性周期に伴って変動する
(月経時や妊娠初期で上昇、閉経後は低下する)。

<CA 15-3>
乳がんなどで高値となる。「乳がんの代表的腫瘍マーカー」である。原発性乳がんと比較すると、転移性乳がんや進行性乳がんでの
陽性率の高いため、再発の予知や治療効果の判定に利用されている。再発乳がんは、肝肝臓や骨へ転移するケースが多くみられるため、
CEA、NCC-ST-439などと組合せることがある。

<CA19-9>
膵臓がん、胆道がん、胃がん、大腸がん、卵巣がん、前立腺がんなどで、高値となる。糖鎖抗原の一種であり、がんを発症していない人
(正常者)でも、微量に検出される。特に膵管、胆嚢や胆管、胃、唾液腺、結腸、前立腺などの上皮細胞に多くみられ、
これらの組織ががん化することで、大量に作り出されるため、血液中の検出値が上昇する。

<CEA(がん胎児性抗原)>
胃がん、膵臓がん、胆道がん、肺がん、乳がん、大腸がんなどで、高値となる。CEAは、分子量18~20万の糖蛋白で、
皮膚、食道、胃、大腸、胆嚢、胆管、膵、乳腺などの正常な組織にも、若干のCEAが認められる。しかし、がん細胞での
CEA産生力は高くなり、血液中のCEA値は進行度によって上昇する。

<AFP(α-フェトプロテイン)>
肝細胞がんなどで、高値となるが、成人の慢性肝炎、肝硬変、急性肝炎、劇症肝炎の回復期、卵黄嚢腫などでも上昇する。
腫瘍マーカーとしては、肝細胞がん、肝芽腫、転移性肝がんなどで、診断や治療効果の評価に利用されている。

<CYFRA(サイトケラチン19フラグメント)>
肺がん(特に扁平上皮がん)などで高値となる。肺非小細胞がんでは特異的に検出されることが分かっており、特に扁平上皮がんでは、
SCC抗原よりも高い陽性率を示す。腺がんではCEAと同程度、かつSCC抗原よりも高い陽性率を示すことなどから、
治療効果のモニターとして利用されている。

<SLX(シアリルLex-i抗原)>
肺がん(特に腺がん)、膵臓がん、胆道がん、卵巣がん 大腸がんなどで、高値となる。各種がんの診断、経過観察、
治療効果の指標として利用されている。

<ProGRP(ガストリン放出ペプチド前駆体)>
肺がん(肺小細胞がん)などで高値となる。肺小細胞がん細胞が作り出す物質で、がん細胞の破壊により血中に出てくるNSEよりも、
進行度が早い時期に、血液中に放出される。

<NCC-ST-439 >
膵臓がん、大腸がん、乳がんなどで、高値となる。膵臓がんで60%、胆道がんで50%、大腸癌で30~40%、肝臓がんで30%など、
主に消化器系のがんで高値となるほか、乳がんで40%以上が陽性となる。また、慢性膵炎、肝硬変、慢性肝炎などでは、疑陽性となることもある。

<STN(シアリルTn抗原)>
肺がん、胃がん、膵臓がん、卵巣がん、大腸がんなどで高値となる。卵巣がんでは血液中に多くみられる一方で、対応する
産婦人科系の非悪性腫瘍の偽陽性率が低いため、がん特異性が高いといわれており、卵巣がんではCA125 と併用することで、診断効率が高くなる。

<hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)>
卵巣がん、精巣腫瘍などで高値となる。もともと、正常な絨毛組織(受精卵が着床して発育する組織)分泌される物質で、
妊娠初期に高値になることから、妊娠の判定に利用される。しかし、上記のでも高値となることが分かっており、がんの進行度や治療効果判定に利用される。

<PSA(前立腺特異抗原)>
前立腺がんで高値となる。“腫瘍マーカー”の中では、もっとも優れた組織特異性を持ち、前立腺がんの早期発見や再発の発見に利用される。
ただし、前立腺肥大や前立腺炎、尿道刺激(内視鏡カテーテルなど)後24時間以内に軽度上昇することもある。


腫瘍マーカー”の値が高いからといって、必ずしも特定のがんを発症しているとは限りません。一方で、ある程度がんが進行していても
“腫瘍マーカー”が高値を示さないことがあります。“腫瘍マーカー”は、体液(血液)中にわずかに含まれる成分を調べる検査ですので、
がん以外の疾患や身体の状態、例えば、生活習慣や食生活、ストレスの有無や強さなどに影響を受けることがあるのです。