がん治療 命が助かるために CAR-T細胞免疫療法 新しいガンの治療点滴1回で済む治らない患者8割ほぼ治った 2017年12月8日 日本経済新聞に掲載
病院から残り90日の命と宣告を受けました 近赤外光線の治療で180日でガンを全滅させた実例がどんどん報告されている
入院10日 仕事をしながら自宅治療で180日でガンを全滅させてたのが近赤外線テラヘルツ波の治療なのである
ホスピス緩和治療か在宅看取り医師治療なのか 悩みを和らげて延命治療をするのかは親族の判断しだい どこで最後を看取るのかである
だめでもともと 最後の治療に近赤外線テラヘルツ波の治療をさせてあげてください 
ガンを治療して餓死させる薬はない すべて延命治療とかがん細胞が大きくならないように止めるための薬である
臓のつく内臓ガン 腎臓 膵臓 肝臓などは手術できないものは脳 食道 肺などはガンは消えない
また手術してもまた数年後ガンが発症3回目でほぼ命はなくなる ガンになれば助からないと思う がんを殺す薬にはほとんど効果がない
薬があればがんで死ぬ人はいないです ガンになれば1/3人は死ぬ ガンの予備群は1/2である
おそろしいことである
ガンになっている人もがんでない人も毎日ガンは発生するためにがんを殺す近赤外線(ウラン鉱石)1個は常時首からぶら下げておくと安心
ガン細胞は主に遺伝子であり両親のいずれかがガンならその子はガンの予備軍にあたるから注意すること
がんを死滅させるのにはウラン鉱石 2000μSV/hあればがんにはならない それば放射線が常時体に振動をあたえるために
活性酸素がうまれても即退治するからがん細胞はできない がん細胞ができた人も180日ウラン鉱石をしておけば 近赤外線振動子でガンは死滅する
この研究は3年前になる2014年の頃からガン細胞を死滅させてきたのは奇跡といわれている
内臓にくっついたがん細胞も切り離し尿から排出するという出来事が現れてびっくりしています これが事実なのですから
すごい研究結果であること 世界でもはじめてな出来事が最近誕生している まさにがん治療に最適である
 B-78-141                       がん治療に関心のある方はメール  まで 質問 回答させていただきます                                            赤外光線治療機器開発促進事業   少しでも長生きしていただけるためのお助けします
 緩和ケア残り少ない日々緩和ケア病棟(ホスピス)在宅緩和ケア
近赤外光線放射線治療で末期ガンを救うことができる  CAR-T免疫細胞療法で1回の点滴で7-9割の患者でがん細胞がなくなるという
結果が生まれたことにビックリ なんと価格5000万円で話題になった 米国では承認 日本ではできない
血液のがん7-9割効果

日本での発明エピソード 体験の実用化
がん細胞に近赤外光線2mmシーベルトをがん細胞に照射すること180日間でがん細胞は全滅に近く餓死する
信じられない奇跡のような結果が生まれている
大腸がんの軌跡 医師からあと2か月と宣告を受けた  大腸にガンがくっついていて
ポリープが5cm手術できない 管の外までくっついている
2016年9月に宣告あと2か月 そこで自宅でガン治療をはじめた すべて野菜が主 たんぱく質はほとんど食べない生活
ウラン鉱石パットとウラン鉱石を体につけて18か月以上 肛門から出血しながらガンと戦う 2017年12月に
肛門からがんが出てきた びっくりした 病院検査でガンが小さくなりエネルギーもない 腐ったガンの後である
それの画像がこれです 肛門排出したがん細胞なのだ 黒いのががん細胞である うんこにくっついて 血にそまり
出てきたのにはびっくりした 2017年12月18日の出来事である 患者さん 伊豆の方で年齢48歳男性
1年間自宅で治療していた こんな奇跡がおこった ウランパットとウラン鉱石だけでガンを死滅させた



  ウラン鉱石で作った ウランパット



ウラン鉱石
   

大腸がん出来ていた
  それの画像がこれです 肛門排出したがん細胞なのだ 黒いのががん細胞である うんこにくっついて 血にそまり
     出てきたのにはびっくりした
 がんには、様々な種類があります。それぞれのがんによって症状や検査、進行度、治療などが違います。
医師からの 突然の告知  あなたはがんです どうされますか・・ 病院入院
切除できないです  どうしますか 医師から放射線治療しますが 完全治療はできません
数年後再発はありえます 放射線治療した後の経過をみましょう 3年後 5年後 8年後
 主にがん患者を対象に、「心身のつらさを和らげ、自分らしく生きることを支援する」ケア。体の痛みを薬物で和らげたり、心理士が精神的ケアを行ったりする。
従来は「積極的治療」を終えた終末期の患者が対象とされたが、近年は、告知直後から必要に応じてケアを行うことが推奨される。ただし現状では、
その必要性が医療者に浸透しているとはいえない。今後は「緩和ケア外来」「緩和ケア病棟(ホスピス)」に加え、「在宅緩和ケア」の充実がますます求められる。
 CAR-T細胞免疫療法 新しいガンの治療点滴1回で済む治らない患者8割ほぼ治った 
 新しいがんの治療法点滴1回で済む 治らなかった患者8割がほぼ治った
米国で承認された 遺伝子改変T細胞療法が今注目を集めている
血液のがんの一種を対象にした治療では1回の点滴で7-9割の患者で体内からがん細胞がなくなり専門家らを驚かせた価格を5000万円に定めたことも話題になった
効果も価格も常識破りのがん治療はに日本でも近く実用化される見通しだ
 CAR-T免疫細胞療法 血液のがん7-9割効果 米で承認 日本にも コスト消滅難しく
患者ごとに生産する 京都大学ではそれぞれのIPS細胞の技術を使ってがん細胞を攻撃する  T細胞を大量に生産する技術を開発中です
価格は5000万 点滴1回で済む 治らなかった患者の8割がほぼ治った   がん細胞を180日冬眠させれば80%以上助かる命 近赤外光線治療が100万以下でほぼガンが消えた
再発はしない治療方法もある  
 
 近赤外光線治療がん細胞にくっつく抗体を作り出すことで近赤外線を受けたがん細胞は熱を出して細胞を破壊するという治療である
近赤外光線治療は比較的治療費が100万程度 180日自宅でも働くこともできるが180日間は近赤外光線を常時あびることでがん細胞は眠りつづけて栄養不足で餓死させる
簡単でありガンを死滅させる方法がいちばんいいとされている しかしアメリカ合衆国ガン国立センターでの治療であり日本の病院ではできないものである
末期ガン 余命宣告 ホスピス治療 看取り医者 ここまで来たら3か月の命 1日でも早いがん治療は近赤外光線治療方法
日本で1つ 滋賀県野洲市木部930 近赤外光線治療ルーム開発及び製造のモデルルーム体験 宿泊 1日-30日 がん細胞が冬眠すれば治療終了
あとは180日自宅でも勤務先でも 近赤外光線治療鉱石を付けながら生活する 180日後にがん細胞は餓死させる 奇跡の治療である 
申し込みメール 多忙のため メールしか受け取らない ガンに関する内容を記載していただければ治療方法をご説明します
ただし末期ガン 余命宣告 ホスピス治療 看取り医者 ここまで来たら3か月の命の該当されている以外は治療体験はできません 
   
ラドン含有量4000ベクレル/m3以上
内寸H1990mm L2305mm
床パネルW603mmL2305mm 
入浴体験できます 無料 メール末期ガン場合には1200μSV/h 以上
自宅治療 がん細胞を眠らせます
ケニア ウクライナー アメリカ ロシア などにある 
日本にはない