ガンになれば
日本人全体の0.01%の命が今年は助かる予定ですこの薬の名をオプジーボ

この薬のおかげで0.01%もの命が助かることに喜びを感じる反面、懸念されることが1つあります

窓口で支払う医療費の金額が3割となる国民皆保険、単月で支払う医療費の上限金額が定められた高額療養費のおかげで
、日本ではどんな金持ちであっても年間1人当たり3459万6874円もする薬をわずか207万3278円で使えるのです。

ガンになったら薬でガンがなくなるということはまったくないということになります
がんに効果のない薬を医師はなぜあたえるのか?? ガンは消えないけれど 延命治療にはなるからです がんを死滅させる薬は存在しない
すなわちガンになれば早いか長く生きられるかだけです 長く生きるには大金がいる 大金つかっても死んでいくしかない
                      
【オプジーボ】あなたは3ヶ月の命に3000万円支払いますか?【がん免疫療法】
                      
最後のかけに出ますか???末期がんを維持する 改善するには筋力を高める栄養素必要 たんぱく質 アミノ酸 糖質の摂取が重要です
すなわち筋力を高める栄養素は覚えておいてくださいではガンはどうして退治するか??
新しいガン治療方法が世界で見つかりました
近赤外線を受けて熱を出す化学物質 がん細胞にくっつく抗体  ヨウ素水をがん細胞の表面で熱を出して細胞を破壊する治療です
日本も規制緩和をするべきです 内用療法を外来で受ける場合の放射線物質の制限は国に」よって異なる日本は治療後に帰宅できる基準を110メガベクレル以下としているが米国は5倍5550メガベクレルまで外来で治療が可能なんです
それをすれば入院も必要なし自宅でガン治療できるのです 日本には規制緩和を願いたいものです
それなら放射線物質の制限を超えた近赤外光線のテラヘルツウラン鉱石 2000μSV/h程度をがん細胞に照射する ラドンガスで吸引する
個人の治療なら問題なく180日でがん細胞gは死滅するということになります ヨウ素水でラドンガスを毎日3回ごとに30分吸い込む
それに体にテラヘルツウラン鉱石 2000μSV/hを身につけておく180日間 これで末期がん退治も実現できる
それがこれだ
B-78-135
 近赤外線治療法とは???近赤外線がん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す
近赤外線がん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す 近赤外線がん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す
http://www.kdd1.com/Pamphlet/037/ninnti1235.html
  がん放射線物質を体内投与でガンにならないようにする方法
その1 
体に無害な放射線を常時身に付ける放射線量は450μSV/h以上 
ウランニウム鉱石 北朝鮮 南アフリカ  ケニア産 コンゴ産しか存在しないもの 
 放射線量 537μSV/h 首にかけて生活をする(体に無害)
 体内にたまる活性酸素は瞬時に消すため
まず疲れない 病気がしなくなる 毎日元気に過ごせる
被爆するというのは戦争につかう道具 爆弾になるから戦後言われてきました 危険のための伝説 メール 
ガンと発覚したらステージ1-Ⅱなら(500μSV/h-800μSV/h)老化現象をなくしたい人のレベル値
末期ガン(ステージⅣなら1000μSV/h-2000μSV/h)
余命宣告あと3か月ならガン患部に2000μSV/hをあてガンを眠らせること
近赤外放射線を180日間体の皮膚にあてて.がん細胞を眠らせる
末期ガン場合には1200μSV/h 以上
 自宅治療 がん細胞を眠らせます ケニア ウクライナー アメリカ ロシア 北朝鮮などにある 
日本にはなにもない  世界のものしり発見 戦争 爆弾鉱石も人命救助に役に立つのですよ
ウランの合言葉 ウラン鉱石を体に近づけると被爆する それは40年後であり それまで私は死にますよ
体に常時つけていたら 活性酸素が除去でき疲れない健康な体になりましたまたこれが不思議な出来事
 ガン 末期 絶対絶命 命を救う 奇跡の鉱石 なんと2000μsV/h コンゴのウラン鉱石 純度99% を発見
これならどんな難病も細胞の修復させられるという免疫パワー 体につけるとわずか30秒で体の血流加速が
急激にスピードをあげ肩がポカポカ 筋肉に刺激 筋肉がもりあがり力がでる不思議なことがおきます
このような重さでガイガーカウンターで計測できないという 55g 61g でおそらく2000μSV/h近くでている
このようなパワーなら皮膚から放射線あてたら10cmの内臓まで500μSV/hまで到達して体を突き抜けた数値がなんと
100μSV/h以上を計測させた ガンのようなまったく治療方法がない 抗がん剤薬がきかない 延命治療薬しかできない
薬 抗がん剤で死んでいく 放射線治療2000μSV/h近くでガンは180日あてれば死ぬと言います いままで初期ガンは
800μSV/hならほとんどの人はガンは ステージは進行しない ガンは死んだ だが末期ステージⅣならがんを死滅さえられない
患者さんもいた 余命宣告30日と医師から判断
されたとき どうするか 自宅で死をホスピス治療を受けながら延命治療するかしか選択はない 
そこで奇跡の鉱石 なんど2000μsV/h コンゴのウラン鉱石 純度99% なら命が救える がんを殺すという道もある
こんなすごい奇跡鉱石はだれも知られていない がん患者なら瞬時にイタイイタイとわめく声がきこえる それだけではない
コンゴのウラン鉱石 をからだにあてれば同じ部位に30秒以内にイタイイタイとかなにか動くとおもえばガンであることがわかる
がん細胞がいないと 何も感じないのである すなわちガン初期発見も瞬時に確認できる優れものだ 1個あれば家内安全に暮らせる
病気は免疫の低下すなわち細胞が死んでいくし毎日新しい細胞がうまれるそれの繰り返しだ
毎日体にはがん細胞が発生しているが 細胞の低下 免疫低下にとガンは毎日生まれていることを忘れてはいけない
免疫が低下すれば病気を発生させる それをともるのがウラン鉱石 と毎日適度な運動以外なにもない
命より前に大切なものはウラン鉱石といっても誤解はない ウラン鉱石を体にあたえれば即座に元気を取り戻せる 試せばすぐ結果がでる
それがこれです 
命を救う テラヘルツ分光治療法(近赤外線)は世界初 
体に負担なく.がんを効果的に攻撃し.副作用なく治すことができるかもしれない

体に無害な
近赤外線(テラヘルツ振動子をいう)ガン細胞に対する体内の免疫機能を活性化させがんを壊すというもの  
背中にもウランシート 350μsV/h前 後から放射線350μsV/hでがん細胞を眠らせますと食欲がでれば がんは大きくならない 命助けます ステージIV

がんがはじめにできた原発部位を超えて、離れた他の臓器へ転移している 
 
この記事は、命の重みについてお金で考えるためにあえて具体的な数値を記載しております。あくまでも仮の話であることをご了承いただけますと幸いです。

日本には1億2616万3576人の人が生きています。そのうちの0.1%にあたる13万3500人が毎年新たに肺癌になり、0.06%にあたる7万7200人が毎年肺癌で亡くなります。

しかし、この亡くなった7万7200人のうちの2万3005人、つまりは日本人全体の0.01%の命が今年は助かる予定です。なぜなら、
日本の製薬メーカー小野薬品工業が夢の薬の開発に成功したからです。この薬の名をオプジーボといいます。

opdivo

 opdivo

この薬により、肺癌で亡くなる日本人は7万7200人から2万3005人減った5万4195人、つまりは東京ドーム1個分に収まる予定です。
この薬のおかげで0.01%もの命が助かることに喜びを感じる反面、懸念されることが1つあります。

それは、この0.01%の命を助けるために2兆2702億4687万1880円ものお金を支払わなければいけないことです。
2014年度の総医療費が39兆9556億円ですので、6%もの医療費をたった0.01%の人のために充てる計算です。

さらに驚くべきことは、薬を使わない99%の人がこの薬の費用94%を負担しなければいけないことです。
このような不平等が生まれるのは、日本が相互扶助の精神に基いた医療制度を採用する国だからです。

窓口で支払う医療費の金額が3割となる国民皆保険、単月で支払う医療費の上限金額が定められた高額療養費のおかげで
、日本ではどんな金持ちであっても年間1人当たり3459万6874円もする薬をわずか207万3278円で使えるのです。

ただし、他人のお金だからといえなり振りかまわずこの薬による治療を希望するのは遺憾です。なぜなら、
どれだけ莫大な金を積んで買った薬であっても命までは買えないからです。

世間では夢の薬と騒がれているオプジーボですが、それは既存治療と比較した意味での夢です。
他の薬と比べてわずか3ヶ月命を長く伸ばしたに過ぎず、肺癌を完治させたわけではありません。
オプジーボで今年助かった0.01%の命が、来年には亡くなっているのです。

命の重みはけっしてお金で計れません。しかし、患者、その家族、医師だけでなく国民皆がこの薬の当事者です。
日本人の0.01%にあたる2万3005人全員の命を昨年よりも3ヶ月長く延ばすために
2兆2702億4687万1880円もの大金を支払うべきかどうか?当事者として真剣に考えるべきです