肝臓がんの最期の一ヶ月
B-78-132                                               
肝臓

ガンの終末期は痛みを伴わない場合が多い。肝臓ガン終末期の患者は腹水、腹の張った感じ、疲れやすい、食欲不振、貧血、黄疸などで苦しみます
かなり進行しないと症状がでず、症状が出たときは治療不能なぐらいになっている場合も少なくありません。
肝臓ガンと言うのは症状が出にくいガンであり、期 の一ヶ月ぐらいまで痛みもなく普段どおり生活できる場合もあります。
初期の肝臓ガンであれば放置してもかなり長い間(数年間無症状で過ごすこともありえます
最期の一ヶ月は肝臓の働きが不十分になり老廃物が溜まることで様々な症状を引き起こします。
老廃物が溜まるので疲れやすくなり、体がだるく感じるようにな るでしょう。
初めはちょっと疲れやすい程度ですが、臨終近くになると、なんともならない体だるさを訴える方が多いようです。
眠っても眠っても疲れが取れません。体を動かすとだるさが強くなるので、眠らず、ベッドの上で目を閉じたまま過ごすようになります。
会話することも苦痛であり、喋りたくなくなるでしょう。最 終的には体がだる過ぎてうめき声を上げ場合もあるぐらいです。
自分で体を動かすこと苦痛が増えるので、体の向きを変えたり、体を擦ったりすることで少し楽になります。
体のだるさは現代の医学ではコントロールが難しく、大変辛い症状の1つです。
肝臓ガンの終末期の辛い体のだるさに対し、有効な治療方法はない。
肝臓の働きが悪くなるとアンモニアなどの老廃物を処理することができなくなります。
アンモニアのような老廃物が体に溜まるようになると頭がおかしくなります。
専門的には「意識が悪くなるといいます。
肝臓癌により肝機能が著しく低下すれば手 が震えるようになり、意識も薄れ、幻覚が見えることもあります。
意識が薄れ、自制心がなくなり、幻覚が見えるようになると暴れたり暴言を 吐いたりすることもあるでしょう。
体のだるさも合併することが多く、「殺してほしい。終わりにしてほしい。」と懇願されることもあり、相当辛いのだと想像できます。
声をかければ目をあけるが、 すぐに目を閉じてしまう状態となり、最終的には眠ったままになります。
肝臓ガンと腹水腹水は肝臓ガンの辛い症状のひとつです。腹水が溜まると腹が張り、腹が張ると食欲がなくなります。
腸が圧迫され、吐き気が出てくることもあります。腹水が少しでも 減ると症状が改善することから、利尿剤を使って腹水を少なくするしたり、
痛み止めを使って張りを軽減するという治療をします。最終的には飲み食いできなくな り、体中の水分が減ってゆくと腹水は減り、腹の張りが楽になります
腹水があり、飲み食いができない段階になると点滴をしてあげたくなりますが、腹水が増えるだけ で苦しさが増してゆきます。
体のだるさ、意識障害、腹水など肝臓ガンの終末期になって出てくる症状は有効な治療がない場合が多い。

正常な肝臓が足らななったことが原因であり、複 雑な肝臓の機能を補充することは難しく
、医療者としてもできることが少なく、
心苦しく思うことも多い。 
多くの肝臓ガンの患者は
最期の数週間までは普段どおり生活できることが多いが、急激に元気がなくなり、最期の数週間は辛い症状と向き合うことになる
 

 肝臓ガンの奇跡の救命活動
 近赤外光線の治療