子宮体がん(子宮内膜がん)

 子宮は妊娠した時に胎児を育てる部分と分娩の時に産道の一部となる部分に分けることができ、それぞれを子宮体部、子宮頸部といいます。
子宮体部に発生するがんが子宮体がんで、最近我が国の成人女性に増えてきているがんのひとつです。
そのほとんどは、子宮体部の内側にあり卵巣から分泌される卵胞ホルモンの作用をうけて月経をおこす子宮内膜という組織から発生し、子宮内膜がんとも呼ばれています。

B-78-131

子宮体がん説明図

どのような方が子宮体がんになりやすい?

 多くの子宮体がんの発生には、卵胞ホルモン(エストロゲン)という女性ホルモンが深く関わっています
卵胞ホルモンには子宮内膜の発育を促す作用がありますので、卵胞ホルモンの値が高い方では子宮内膜増殖症という
前段階を経て子宮体がん(子宮内膜がん)が発生することが知られています。
出産したことがない、肥満、月経不順(無排卵性月経周期)がある、卵胞ホルモン製剤だけのホルモン療法を受けている方などがこれにあたります。
一方、このような卵胞ホルモンの刺激と関連なく生じるものもあります。このようなタイプの子宮体がんはがん関連遺伝子の異常にって発生するとされ、
比較的高齢者に多くみられます。
そのほかにも高血圧、糖尿病、近親者に乳がん・大腸がんを患った方がいることなども危険因子として知られています

子宮摘出手術
 単純子宮全摘術、広汎子宮全摘術などがあります。 〔単純子宮全摘術〕
 子宮を丸ごと切除する手術です。腹部からメスを入れて手術を行う方法と開腹しないで腟の方から手術を行う方法があります。
時には、卵巣や卵管を一緒に切除することもあります。 おもにIa期までの人が対象になります。
子宮体がん 手術、放射線、抗がん剤に加え、子宮体がんはホルモン療法が有効な場合もあります。基本は、やはり手術です。
外科治療 単純子宮全摘術と附属器の切除
 腹部を切開して、子宮と卵巣、卵管を切除する手術です。0期と診断された場合には、この手術が行われますが、
・期より進んでいると、この手術に加えて周囲のリンパ節を切除します。
広汎子宮全摘術
 子宮と卵管、卵巣、腟、さらに子宮周囲の組織を広く切除する手術です。周囲のリンパ節も一緒に切除します。準広汎子宮全摘術といって、
子宮頸がんより少し狭い範囲で切除する手術もよく行われます。 II期を中心にIII期の一部の人にも行われます。
放射線療法 基本的には子宮頸がんと同じです。
手術によって、リンパ節転移が発見されたり、がんが子宮の壁に深く食い込んでいることがわかった場合に、手術後放射線療法を行うこともあります。
抗がん剤による治療 基本的に、頸がんと同じです 
ホルモン療法
 子宮体がんは、女性ホルモンと関係が深いので、ホルモン療法が有効なことがあり、注目されています。
 基本的には黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きをする薬を飲みます。0期、もしくは・期の段階の若い女性で、子宮を残すことを強く希望する場合に
行われることがあります。この場合は子宮の内側をおおう内膜を全てかきとることが必要です。
 この他、再発の危険が高い場合や抗がん剤で十分な効果を得られない場合などに補助的に使われることもあります。
〔後遺症などの心配〕
   
 子宮摘出手術してもがん細胞がまったくなくなったことではございません 数年後にガンが再発しないということではないのです
がん細胞が一度できた体の細胞はガンのできやすい体質と環境でもありますから 病院で数か月ごとにガン診察検査を受ける必要があります
一度あったことは2度あるといいます必ずガンの定期検査をうけましょう
がん予防には近赤外光線を体に常時照射する 胸に鉱石をつけて がん細胞には近赤外線マットをあてる 夜は近赤外線にでる寝具ねること
  がん細胞が一番嫌がるものは近赤外光線です がんにならない予防
  体に近赤外光線を身につけることによって内臓体温が1度以上高くなる 近赤外線振動がでるためにがん細胞は 眠たくなる こころよい気持ちにさせて
  いみます 180日間眠ることで栄養不足で餓死します 近赤外光線の鉱石を胸の胸腺にあてることで がん予防 ガン治療に役立てることができます
   体験していただければ 活性酸素を取り除くために体温が10分程度であがり 疲労が回復していきます  奇跡の鉱石ですから 1個はいつも所持したいものです
   近赤外光線の鉱石を胸腺につけている人は元気な健康的な生活が毎日おくれます ぜひ体験してみてください
 体には一定微弱な放射線を保持すれば細胞は元気に生まれ変わる
どうすればいいのか??①
近赤外光線 鉱石(即効性に優れている) 自然放射線は怖くない 安全である(人工放射線は恐ろしい 原発だ)
 

鉱石とネックレス 日本国にはない アフリカ スリーランカーなどに宝石市場 ドイツの宝石展示会で販売されていた
ガン 末期 絶対絶命 命を救う 奇跡の鉱石 なんと2000μsV/h コンゴのウラン鉱石 純度99% を発見
 これならどんな難病も細胞の修復させられるという免疫パワー 体につけるとわずか30秒で体の血流加速が
 急激にスピードをあげ肩がポカポカ 筋肉に刺激 筋肉がもりあがり力がでる不思議なことがおきます
 このような重さでガイガーカウンターで計測できないという 55g 61g でおそらく2000μSV/h近くでている
 このようなパワーなら皮膚から放射線あてたら10cmの内臓まで500μSV/hまで到達して体を突き抜けた数値がなんと
 100μSV/h以上を計測させた ガンのようなまったく治療方法がない 抗がん剤薬がきかない 延命治療薬しかできない
 薬 抗がん剤で死んでいく 放射線治療2000μSV/h近くでガンは180日あてれば死ぬと言います いままで初期ガンは
 800μSV/hならほとんどの人はガンは ステージは進行しない ガンは死んだ だが末期ステージⅣならがんを死滅さえられない
 患者さんもいた 余命宣告30日と医師から判断
 されたとき どうするか 自宅で死をホスピス治療を受けながら延命治療するかしか選択はない 
そこで奇跡の鉱石 なんど2000μsV/h コンゴのウラン鉱石 純度99% なら命が救える がんを殺すという道もある
  こんなすごい奇跡鉱石はだれも知られていない がん患者なら瞬時にイタイイタイとわめく声がきこえる それだけではない
  コンゴのウラン鉱石 をからだにあてれば同じ部位に30秒以内にイタイイタイとかなにか動くとおもえばガンであることがわかる
  がん細胞がいないと 何も感じないのである すなわちガン初期発見も瞬時に確認できる優れものだ 1個あれば家内安全に暮らせる
  病気は免疫の低下すなわち細胞が死んでいくし毎日新しい細胞がうまれるそれの繰り返しだ
  毎日体にはがん細胞が発生しているが 細胞の低下 免疫低下にとガンは毎日生まれていることを忘れてはいけない
   免疫が低下すれば病気を発生させる それをともるのがウラン鉱石 と毎日適度な運動以外なにもない
  命より前に大切なものはウラン鉱石といっても誤解はない ウラン鉱石を体にあたえれば即座に元気を取り戻せる 試せばすぐ結果がでる
    それがこれです  
 ガンは完璧に治療はできない大金つかっても治らないのがガンである
抗がん剤に大塚HDは70億を投下 抗がん剤の減薬をつくる??がんの免疫薬 ップジーポ は医療財政の大きな負担
ガンに効果的な薬はない 延命治療だけのもの ステージ1と判断されたガン患者は身近な年数でステージⅣになるこれが常識
ここまできたらほぼダメ 余命宣告 ホスピス医療 自宅医療になる すくわれない命の果ては悲劇が待っている
食道ガン発症 最後におすすめするのが 近赤外線でがん細胞が1日で消滅 移転も治す 治療法がアメリカで開発された
 米国立がん研究所の研究員が開発した新しいがん治療法です 現在臨床実験がすすめられており.2-3年後の治療である

そこまで待てない 近赤外線の治療は日本でできないものか
 近赤外線の治療について
 
       放射線量
428μSV/h以上 180日間使用すること  子宮ガンに常時あてておくこと
 子宮ガン に 放射線量400μSV/h以上 180日間使用しることでガンを餓死させる方法   
 今後の治療は180日 がんを眠らせる方法 180日でがんは死滅する 180日冬眠させる方法あります   通常の生活ができるようにしていきます 

近赤外光線350μSV/h室 生活する(ベット式)1日10時間 
 
    近赤外光線350μSV/h室 生活する 1日10時間
 医師からホスピス療法か自宅滞在療法しかないと宣告された最後の手段は 助かる可能性を信じて 近赤外光線の滞在治療 
 近赤外線でがん細胞に抗体液(ヨウ素)をがん細胞に食わせることでがん細胞は異常な発熱を発症することで
がん細胞を殺すというもの  がん細胞を発熱させる抗体液を煙のかえて吸い込む
がん細胞に近赤外光線を体全体に照射させることで がん細胞を冬眠させて 餓死させることができる その期間は180日
 日本では抗がん剤代用(電波振動子)テラヘルツ波 300μSV/h以上 ラドンホルミシス療法ともいわれ
   500μSV/h以上(電波振動子)テラヘルツ波を皮膚から照射するもの 体には一切無害
   末期ステージⅣ 医師から余命宣告 病院治療ができない 手の施しようがない患者に
   1日8時間以上 180日間 電波照射する  末期ステージⅣ 180日 滞在治療  通院可能
   
 メール  予約待ち

ご相談メールお問い合わせ メール 余命宣告 ガン治療 ステージⅣ 医師から見放された患者 ホスピス支援治療 自宅療養しかないと選択され
     いきばをなくしたがん患者さん 残された日々 もっと生きたい もとに戻りたい人はご相談ください
          80日間という日々を体に全身近赤外光線というテラヘルツ振動子を与え続けることで生命が助かると信じたい人に
           520-2431 滋賀県野洲市 木部930  近赤外光線研究 研究員  田中政好