食道がん発症
食道がんは、初期には自覚症状がないことが多く、健康診断や人間ドックのときに内視鏡検査などで発見されることが20%近くあります。無症状で発見された食道がんは、早期であることが多く、最も治る確率が高くなります。食道がしみるような感覚
食べ物を飲み込んだときに胸の奥がチクチク痛んだり、熱いものを飲み込んだときにしみるように感じるといった症状は、がんの初期のころにみられるので、早期発見のために注意していただきたい症状です。軽く考えないで、内視鏡検査を受けることをお勧めします。
がんが少し大きくなると、このような感覚を感じなくなります。症状がなくなるので気にしなくなり、放っておかれてしまうことも少なくありません。
食物がつかえるような感覚
がんがさらに大きくなると、食道の内側が狭くなり、食べ物がつかえて気が付くことになります。特に丸のみしがちな食物(硬い肉、すしなど)を食べたとき、あるいはよくかまずに食べたときに突然生ずることが多い症状です。このような状態になっても軟らかいものは食べられるので、食事は続けられます。また、がんにより胸の中の食道が狭くなった場合にも、もっと上の喉がつかえるように感じることがあります。喉の検査で異常が見つからないときは、食道も検査しましょう。
がんがさらに大きくなると、食道をふさいで水も通らなくなり、唾液も飲み込めずにもどすようになります。がんがさらに大きくなると、食道をふさいで水も通らなくなり、唾液も飲み込めずにもどすようになります。体重減少一般に進行したがんでよくみられる症状ですが、食べ物がつかえると食事量が減り、低栄養となり体重が減少します。3ヵ月間に5~6kgの体重が減少したら、注意してください。胸痛・背部痛がんが食道の壁を貫いて外に出て、周りの肺や背骨、大動脈を圧迫するようになると、胸の奥や背中に痛みを感じるようになります。これらの症状は、肺や心臓などの病気でもみられますが、肺や心臓の検査だけでなく、食道も検査してもらうよう医師に相談してください。
咳(せき)食道がんがかなり進行して気管、気管支、肺へ及ぶと、むせるような咳(特に飲食物を摂取するとき)が出たり、血の混じった痰(たん)が出たりするようになります
声のかすれ
食道のすぐ脇に声を調節している神経があり、これががんで壊されると声がかすれます。声に変化があると、耳鼻咽喉(いんこう)科を受診する場合が多いのですが、喉頭そのものには腫瘍や炎症はないとして見すごされることもあります。声帯の動きだけが悪いときは、食道がんも疑って、食道の内視鏡やレントゲン検査をすることをお勧めします
B-78-129
   
  がん細胞が一番嫌がるものは近赤外光線です がんにならない予防
  体に近赤外光線を身につけることによって内臓体温が1度以上高くなる 近赤外線振動がでるためにがん細胞は 眠たくなる こころよい気持ちにさせて
  いみます 180日間眠ることで栄養不足で餓死します 近赤外光線の鉱石を胸の胸腺にあてることで がん予防 ガン治療に役立てることができます
   体験していただければ 活性酸素を取り除くために体温が10分程度であがり 疲労が回復していきます  奇跡の鉱石ですから 1個はいつも所持したいものです
   近赤外光線の鉱石を胸腺につけている人は元気な健康的な生活が毎日おくれます ぜひ体験してみてください
 体には一定微弱な放射線を保持すれば細胞は元気に生まれ変わる
どうすればいいのか??①
近赤外光線 鉱石(即効性に優れている) 自然放射線は怖くない 安全である(人工放射線は恐ろしい 原発だ)
 

鉱石とネックレス 日本国にはない アフリカ スリーランカーなどに宝石市場 ドイツの宝石展示会で販売されていた
 ガンは完璧に治療はできない大金つかっても治らないのがガンである
抗がん剤に大塚HDは70億を投下 抗がん剤の減薬をつくる??がんの免疫薬 ップジーポ は医療財政の大きな負担
ガンに効果的な薬はない 延命治療だけのもの ステージ1と判断されたガン患者は身近な年数でステージⅣになるこれが常識
ここまできたらほぼダメ 余命宣告 ホスピス医療 自宅医療になる すくわれない命の果ては悲劇が待っている
食道ガン発症 最後におすすめするのが 近赤外線でがん細胞が1日で消滅 移転も治す 治療法がアメリカで開発された
 米国立がん研究所の研究員が開発した新しいがん治療法です 現在臨床実験がすすめられており.2-3年後の治療である

そこまで待てない 近赤外線の治療は日本でできないものか
 近赤外線の治療について
 喉頭がん 甲状線がん 食道がん に 放射線量400μSV/h以上 180日間使用しることでガンを餓死させる方法   
  
 
放射線量
400μSV/h以
   
放射線量
400μSV/h以上 180日間使用すること
 
       放射線量
428μSV/h以上 180日間使用すること  
 今後の治療は180日 がんを眠らせる方法 180日でがんは死滅する 180日冬眠させる方法あります   通常の生活ができるようにしていきます 

近赤外光線350μSV/h室 生活する(ベット式)1日10時間 
 
    近赤外光線350μSV/h室 生活する 1日10時間
 医師からホスピス療法か自宅滞在療法しかないと宣告された最後の手段は 助かる可能性を信じて 近赤外光線の滞在治療 
 近赤外線でがん細胞に抗体液(ヨウ素)をがん細胞に食わせることでがん細胞は異常な発熱を発症することで
がん細胞を殺すというもの  がん細胞を発熱させる抗体液を煙のかえて吸い込む
がん細胞に近赤外光線を体全体に照射させることで がん細胞を冬眠させて 餓死させることができる その期間は180日
 日本では抗がん剤代用(電波振動子)テラヘルツ波 300μSV/h以上 ラドンホルミシス療法ともいわれ
   500μSV/h以上(電波振動子)テラヘルツ波を皮膚から照射するもの 体には一切無害
   末期ステージⅣ 医師から余命宣告 病院治療ができない 手の施しようがない患者に
   1日8時間以上 180日間 電波照射する  末期ステージⅣ 180日 滞在治療  通院可能
    メール  予約待ち
ご相談メールお問い合わせ メール 余命宣告 ガン治療 ステージⅣ 医師から見放された患者 ホスピス支援治療 自宅療養しかないと選択され
     いきばをなくしたがん患者さん 残された日々 もっと生きたい もとに戻りたい人はご相談ください
          80日間という日々を体に全身近赤外光線というテラヘルツ振動子を与え続けることで生命が助かると信じたい人に
           520-2431 滋賀県野洲市 木部930  近赤外光線研究 研究員  田中政好