脳梗塞を乗り越えるために。後遺症とリハビリ
脳梗塞は脳細胞を膨張させ正常な脳機能にするために
近赤外光線を使った治療方法も効果的な手段

通常のリハビリを行いプラスしたいのが脳をコントロールする分泌ホルモンを多くだすことで リハビリ効果は急促に現れる
日々のリハビリに合わせて併用していくことが大切と考えています 病院でできない治療方法 近赤外線療法と言っています 
 脳梗塞は25万人の人に発症しているひとごとではない病気です。その脳梗塞になってしまったら、どのような治療が行われるのでしょうか。
また、後遺症が残った場合に行われるリハビリとその予後について 急性期治療を行っても後遺症が残る場合がある
一旦死んでしまった脳細胞は再生しません。脳梗塞の急性期治療を行ったとしても、完全に機能が回復しない場合もあります
脳梗塞が一度起こったという事は、脳梗塞の再発リスクは高いという事を意識して、その後の再発予防のための薬剤投与や生活習慣の改善が重要です
もう治ったからと自己判断で服薬を中断したりする事のないようにしなければなりません
   
片麻痺(手、足)
右に脳梗塞が起こった時には、左側に麻痺が起こります。左の脳梗塞の場合は右側に麻痺が起こります。力が入らない、痺れる、感覚がないなどの障害が残ります。
 
嚥下障害
食べ物を飲み込む筋肉にも麻痺が起こり、飲み込む力が弱くなったりします。

 
言語障害
脳の言語を司る部分にダメージがある場合、言葉が出にくくなったり理解できなくなったりします。
精神症状 精神活動が低下し鬱っぽくなったり、不安が強くなったり、感情がコントロールできなくなったりします。
   
リハビリ

脳梗塞に対するリハビリはその患者さんの機能障害に合わせて、早期から開始します入院中のベッドサイドに理学療法士や作業療法士がきて
、ベッド上でできるリハビリを開始します。まずは体の向きを変えたり、麻痺のある手や足の屈曲運動をしたり関節を伸ばしたりする事で、
手足が屈曲し固まる事を防ぎます。

手足の関節が固まってしまわないようにリハビリを続けながら、ベッドサイドに座ったり立ったりする練習を開始します。
立てるようになれば、歩行練習を開始します。平行棒や手すりを使って立つ練習、立てれば歩く練習を繰り返します。
病院の平行棒や手すりで歩けるようになれば、外で歩くために杖歩行の練習が始まります。
その他、箸を使って物を掴む練習や、右麻痺の患者さんに対しては左で生活ができるよう左手の訓練も行います。
リハビリの期間は患者さんの障害の箇所や度合いによって異なります。麻痺の軽い人はリハビリテーション病院に入院する事なく退院する場合もありますが
、麻痺が重く、退院しても生活に支障がある場合はリハビリテーション病院へ転院して更に訓練を行います。
B-78-125
脳機能 痴呆症なので脳を正常にもどさないと食事がとれない  
脳細胞に的確な命令を行う処置をおこなった お問い合わせ メール 近赤外光線免疫治療法】 奇跡の治療方法です
KDD  近赤外光線研究事業   077-589-2354 滋賀県野洲市木部930 
   
     頭の下に近赤外光線シートにて脳細胞を膨張させます
     正常なホルモンが分泌されて頸椎から背骨に電波をおくり
     リハビリ効果が急速に回復させます
 
帽子の中に近赤外光線シートにて脳細胞を膨張させます
 
帽子の中に近赤外光線シートにて脳細胞を膨張させます
   
 
脳梗塞が起こり一度死滅した細胞は元には戻りません。治療は一刻も早く開始する事がその後の後遺症の程度に関係してきます。
運悪く後遺症が残ってしまった場合でも、早期のリハビリテーションで元の状態近くまで回復させる事も可能です。