てんかんの治療方法 脳の病変が原因となる「症候性てんかん」「特発性てんかん」
脳細胞をコントロールできるようにする
 テラヘルツ振動子で衰えた脳細胞を修復させる技術革命テラヘルツ波(量子波電波で病気治療 脳の萎縮が原因
ノルアドレナリンの分泌をよくすれば 糖尿にもよい セロトニン.ドーパミンが改善できれば 病気はなくなる
そこで脳の悩み 脳からの命令が正しく伝達できないから病気にかかりやすく 治らない
 
 


近赤外光線はひここもりにも効果がございます
放射線量68.58μSV/h
¥95000(税別)
 
放射線量68.58μSV/h
 
放射線量315.2μSV/h
近赤外光線はてんかん治療
   ¥8800(税別)
 
放射線量315.2μSV/h
会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2-7-1708    通販法   今までの納品先   
テラヘルツ波分光技術開発   滋賀県野洲市木部930 077-589-2354  FAX 077-589-4892
B-78-124
 
てんかんは大脳の神経細胞が過剰に興奮することで発作が引き起こされるものです。そもそも大脳とは脳の表面を覆い、
複雑な思考などに深く関わっている部分になります。
脳内で情報を伝達しあうために働いているのが神経細胞(ニューロン)です。神経細胞は微弱な電流を流すことによって
、必要な機能にかかわる神経細胞にスイッチを入れていきます。
多数の神経細胞が繋がり合うことで脳の必要な部位が連携し、適切な行動を再現しています。
ところが、何らかの原因で大脳の神経細胞が過剰に興奮し、不要な神経細胞にスイッチが入ることがあります。
それによって神経細胞が異常に興奮した結果、けいれんなどの発作が引き起こされます。

国際抗てんかん連盟(ILAE)が発表しているてんかん発作型分類」によれば脳の病変が原因となる「症候性てんかん」
、神経細胞の微弱な電流に対しての過敏性の高さが原因となる
「特発性てんかん」
の2種類に分類されています。ですが、今のところ脳全体が過敏になる原因はまだ分かっていません
 
てんかん発作"は全身に発作症状が表れる「全般発作」と部分的に発作症状が表れる「部分発作」の大きく2つに分類されます。
■部分発作
部分発作は、脳の一部の神経細胞が異常興奮を起こし発作が始まるタイプのものです。発作時に意識障害がない場合は「単純部分発作」といい、意識障害を伴っている場合は「複雑部分発作」といいます。