ガンにならないためにはウラン鉱石を身につけること 体の保険と思ってください 免疫力が落ちないのです
 近赤外線を体に常時放射することで 毎日生まれるガン細胞を瞬時に死滅させますからガン細胞ができないのです 奇跡の鉱石 
 年齢をとることに免疫力が弱くなりいろんな病気が発症しやすい体になりガン細胞がうまれます そこでウラン鉱石で体の免疫をアップするのです
 ガンにならない生活術 がんは遺伝子 両親のいずれかがガンなら要注意 毎日がん細胞は生まれている 体内の免疫が低下すると
 体内にがん細胞が発生する そこで活性酸素を除去するには近赤外光線が有効である 近赤外光線を出すのがウラン鉱石
 ご家庭に1個は必要だろう 誰かがガンになったときはウラン鉱石を首からさげてがん細胞を攻撃させて死滅させるためのもの
細胞内がん抗原を標的とするT細胞受容体様抗体について 
 生きていくために ガンを死滅させるために 最後まであきらめないこと 180日でガンを死滅させる
    私が選択した最後の決断 死をまつことではない やれることはやろう 誰かが私をガンから救ってくれる人に
   探し求めたら必ず出会える 何もしないより 何でも調べる 探すことで 神様は出会いを道びいてくれる
    最後まであきらめない 出会いがあるまで探し続けること 神様は私をすてない 奇跡はおこる
     がん細胞を進行をとめるウラニウム鉱石を胸腺に充てる  がん細胞に攻撃が始まる
 がん放射線物質を体内投与でガンにならないようにする方法
その1 
体に無害な放射線を常時身に付ける放射線量は450μSV/h以上 
ウランニウム鉱石 北朝鮮 南アフリカ  ケニア産 コンゴ産しか存在しないもの 
 放射線量 537μSV/h 首にかけて生活をする(体に無害)
 体内にたまる活性酸素は瞬時に消すため
まず疲れない 病気がしなくなる 毎日元気に過ごせる
被爆するというのは戦争につかう道具 爆弾になるから戦後言われてきました 危険のための伝説 メール  
ガンと発覚したらステージ1-Ⅱなら(500μSV/h-800μSV/h)老化現象をなくしたい人のレベル値
末期ガン(ステージⅣなら1000μSV/h-2000μSV/h)
余命宣告あと3か月ならガン患部に2000μSV/hをあてガンを眠らせること
B-78-123
近赤外線治療法とは???近赤外線がん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す
近赤外線がん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す 近赤外線がん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す
http://www.kdd1.com/Pamphlet/037/ninnti1235.html
 
命を救う テラヘルツ分光治療法(近赤外線)は世界初 
体に負担なく.がんを効果的に攻撃し.副作用なく治すことができるかもしれない
体に無害な
近赤外線(テラヘルツ振動子をいう)ガン細胞に対する体内の免疫機能を活性化させがんを壊すというもの 

がん治療用抗体液の開発にてできたことは抗体液をがん細胞に注液をすることによって
がん細胞は主食したことで発熱を起こすことでガンは眠るように冬眠していきます
180日程度冬眠することによって栄養がとれないため餓死にいたります
 がん細胞の大きさ 形は委縮せず枯れた細胞になりガンのもつ抗体エネルギーはなくなります
 ガンは死に至ります 
体には全身近赤外光線というテラヘルツ振動子を与えます その放射線の数値は450μsVV/h
以上のものを連続あたえました この振動子はがん細胞にとって眠たくなる ここちよい体温であり
 永遠に眠る振動子でもあり長い日々 食事 栄養をたらないとガンは死にいたるのです
 ところが危険なのは がん細胞が永遠の眠りから目をさましますと おなかがすいているため
数倍の食事 栄養を取り始めますと 体の痛みは激痛がおこります
 ここでどうすべきかは 麻薬注射で痛みをごまかさないで またブドウ糖などの栄養分をあたえなく
 しなければいけません もしがんに栄養補給すれば 激怒しまくります 栄養を吸い上げてがんはさらに大きく拡大
 内臓に転移します
 そんな時は近赤外光線の施設にはいる 体上半身 近赤外光線をあびる(近赤外線シートを体に巻く
 数時間はガンは暴れますが その後は休憩時間に入り眠くなり再び冬眠します
 その繰り返しがある人もいますし 弱いがん細胞は冬眠したままになります
 がん細胞の強い人の年齢は50歳までで加年齢にてがん細胞が目をさます頻度が少なくなります
180日間という日々を体に全身近赤外光線というテラヘルツ振動子を与え続けることで生命が助かるなら
 辛抱は覚悟しなければいけない
 尊い命は一度だけでこの世にはもどれない
 後悔がないように全力で治療に励むことしか生きる道はございません
 医師から見放され あと残り少ない命の日数 残されら命をどう生きるか ホスピス支援での治療 自宅で親族
 と向いながら 見守れながら死に至ることは耐えられません 本人以上に両親 兄弟とのお別れ
 指で日を数えながら死の日々 耐えられません
 何とか命だけを救いたい 生きていてくれればいいとの願いは尊いものです
 今は近赤外光線という最後の治療に生命をかけて180日ガンと戦いましょう 目の前は明るい
 180日後には普通の体に戻り奇跡がおきます すぐリハビリなど行い 働くことができます
 生きる希望をもち180日後は普通の体に戻れ 今後の楽しい生活のスタートがきれる 楽しみを忘れずがんばりましょう

  お問い合わせ メール 余命宣告 ガン治療 ステージⅣ 医師から見放された患者 ホスピス支援治療 自宅療養しかないと選択され
     いきばをなくしたがん患者さん 残された日々 もっと生きたい もとに戻りたい人はご相談ください
          80日間という日々を体に全身近赤外光線というテラヘルツ振動子を与え続けることで生命が助かると信じたい人
           520-2431 滋賀県野洲市 木部930  近赤外光線研究 田中政好  特定非営利活動事業
 
近赤外光線350μSV/h室 生活する(ベット式)1日10時間
 
    近赤外光線350μSV/h室 生活する 1日10時間
 
   
 ガンになれば大半が死んでいく 生き残る人口割合は10%以下である
 まだまだガンの薬には一部の人しか効果がないようだ 毎年ガンの特効薬がでるがいまだに2人に1人は命が助かることはない
 ガンの特効薬は60年以上の歴史があるが2017年でもガンの薬はほとんど効果がない
  数年後は延命治療になる いまからでも遅くない 体全体に無害な放射線をあびてガン細胞が発症しないように準備しょう
 ガン 末期がんの受け入れてくれる病院は(死なれたら死神病院と呼ばれる)なかなかございません
医者からはもう手の施しようがないと言われました。
ガンと診断されたら抗がん剤  抗がん剤は危険がともなう( 毒ガン剤)
 抗がん剤をしない治療方法がある 放射能でガンは180日冬眠すればガン細胞は栄養不足で死ぬ
 がんになったら治らない 病院で多額のお金を使い 民間治療をさがし出してお金をつかい ガンの治療はどこにいっても 命は助からない
死んでいく これが最後の助け人ガンの治療をするのではなく ガン細胞を180日冬眠させる方法がある
ガン治療ではない ガンの睡眠薬であると考えてください  皮膚からウランシリコンパットを貼り付けるだけでOK
前 背中と両面に貼りつけば 仕事もできます 入院中の方も同じように貼り付けすればガン細胞は眠る
 ガンになれば必ず短命 医師はガンをみつけ抗がん剤を投与する この方法しか治療が見つからない
抗がん剤を投与すれば 免疫は落ちる ガンは100%死なない わずかな
1%であっても転移して拡大する
ガンになれば必ず死ぬ 年齢にて早いか遅いかである 保険適用の範囲なら早まるし多額の医療費を支払えば延命治療できる
いずれにせよガンになれば死ぬ 世界中ガンを治療できる名医もいない 薬もない 抗がん剤投与するしない
でも生きる長さはほぼ同じ 何も治療しないほうが長生きできることもある ガン細胞の性質にて生きる年月は異なる
   自宅で治すガン治療 どうすることが望ましいのでしょうか  自宅で治療 放射物質を吸い込むことがガンを破壊する  放射物質液 ヨウ素水
 ヨウ素液体
ラドンガスを人工的に発生させ.充満させる
ラドン生成発生装置(ラドン水の生成)  医療機器 ラドン吸入器 放射性物質ラドンの吸入器
ラドン水の生成装置は200万以上 1セット2点 ウラン鉱石含む
¥35万(税別)ラドン生成水は1年間製造できます
ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度のラドンルームに10分間いたことになります

濃度の高いラドン ヨウ素水は別売にて製造できます
 末期がん患者への抗がん剤投与について質問例
末期がんの患者は抗がん剤をいくら打ってもガンは治らないし非常に強い副作用で苦しむだけ苦しんで体力がどんどん弱り
最後は抗がん剤で命を失うし寿命も抗がん剤を打つことで短くなる

末期がん患者は一切抗がん剤を打たないでそのまま余生を送るのが良い、そうすると余生を抗がん剤で苦しまなくて良い
、抗がん剤打たないと寿命も延びるので家族と過ごしたり遣り残したことに取り組めてよいということです
医者、製薬会社、厚生省は抗がん剤を患者にたくさん使えば使うほど3者とも利益が得られるといってました
どう思いますかあなたが判断はすることです
  
 「弱放射線ホルミシス効果」
     ごく微量の放射線を浴びることで細胞が活性化し、免疫力が上がる

  天然ラジウム鉱石が出す微量の放射線には
発ガン抑制、抵抗力増進、細胞活性化などに非常に良いことが、各種の実験や臨床応用で解ってきました。
放射線の影響
   このように放射線による身体への影響とはどのようなことがあるのでしょうか。 放射線の障害については、急性効果と晩発効果とがあります。
   急性効果は、一度に大量の放射線を浴びたとき、数週間以内に現れてきます。 身体には通常、放射線に対する防護機構がそなわっており、
   少量の放射線では細胞レベルの破壊は修復されたり健康な細胞に置き換わられたりと保護されています。
 
 しかし、一度に大量の放射線を浴びると修復や防護機構が細胞の破壊に追いつかず、細胞組織や臓器等に障害が現れてきます。
   臨床記録では放射線量の障害は
50ミリシーベルトに達しない場合には障害はない
  しかし、この4~5倍の値である
1シーベルトでは、放射線障害の自覚症状が現れ、吐き気や倦怠感があり、死亡至るまでの症例は多くありませんでした。
  2~3シーベルトでは生殖器官が侵せれ、4シーベルト浴びると半数の人が死亡し、5シーベルト浴びると白内障にかかり、10シーベルト以上では
  ほとんどが死亡したとのことです。 しかしその反面、
現代医療では癌等の治療には放射線を局所に60シーベルトも照射し利用されているのです。
  
放射線を浴びてもしばらく症状が現れない、すなわち潜伏期間がある場合を晩発効果と呼んでいます。
  主な障害としては、不妊、癌、白内障、寿命短縮などがあります。 
発癌の潜伏期間は被曝にもよりますが、およそ10~30年といわれております。
放射線の効果
   大量の放射線が恐ろしいのは確かですが、放射線はどんなに微量でも危険であるという認識がありますが、私たちが生活する環境においては、
   太陽光、植物、鉱物等または体内の
カリウム40等(放射性核種)からも低線量の放射線が存在し、それを毎日無意識に浴びています。
   これらを浴び続けてもむろん悪影響もありませんし被曝しても問題ありません。 
むしろ健康になった良好になった等の症例がもっとも多く知られております。
 広島の原爆では数多くの犠牲者を出した一方、 爆心地より遠く離れて微量の放射線を浴びた方々は以前より健康で寿命も平均値を上回っているという調査結果もあります。

ラジウム元素
 ラジウム元素は稀有元素です
  純白色、無味無臭の金属で、
バリウム、ストロンチウム、カルチウムと同じくアルカリ土類金属に属し、元素のままでは空気中に変化するので、
  単一元素としては製造できない。 精製時には塩類(硫酸、臭化、塩化物など)の形体とされる。
内医療用には臭化ラジウムが使用されてます。

ラジウム放射線
  ラジウムが特殊な病気の治療に効果があることは広く知られてます。   特に癌や皮膚病、神経痛、血圧下降下など、白内障や肋膜炎にもよい。
   ラジウムは金属元素で色々な鉱物に含まれているが、その量は微量で希少です。
   ラジウム放射線は単一の光線ではなく、アルファ線、ベーター線、ガンマー線が放射されております。
  アルファ線の本体は陽性に帯電しているヘリウム粒子であり、ベーター線は単純な陰性電子であり、ガンマー線はX線やラジオのように高度の振動数を
  持つエーテル電磁波動 でその速度は太陽光線と同じ毎秒299000kmです。
 このガンマー線の超短波長は物質透過性が強大で約20cmの深さまで人体組織または、鉛版、遮板と穿通透過して電離を起こすもので、ベーター線の100倍、
 アルファ線の100万倍の透過力を持ってます。
  したがってガンマー線は深部治療法に絶大な価値があるものと広く認められ人体細胞に大いなる活力を与え、病菌を殺し難病を治し健康を増進するものです。