がんで余命宣告をうけた患者さん あと幾日生きられるのか ホスピス療養か
  自宅療養かのいずれかの選択をするしか道はない なぜ病院にかかりつけ何年後には死の宣告
  がんが発見してがんをなくするために病院の医師にかかりつけ病院にも入院するもがんは死なない
  拡大し転移までした がん細胞を切除できない患者にとって抗がん剤治療で延命をさせていることしかできない
  がんの細胞にすべて効く薬もなく 胃腸 大腸などの切除できるがんは切り取れても 肝臓 腎臓 膵臓 肺 喉頭がん
  食堂癌 膀胱がん 胆嚢がん などは手術ができないため 薬 点滴でがんを今以上拡大しないようにおさえるしか方法がみつからない
  毎日がんに効く抗生物質などの新薬はできているが ほとんどといって効果もなく がんの患者のモルモット試験での結果を期待をよせている
  尊い命 だれか私を助けてほしい なんとか生きたい でも治療方法がない がんでいつまで入院してもがんは消えてくれない
  延命治療しているのが病院 なおるように願っていても いつかは死にいたる 早いか遅いか 
  がん細胞が切除しても数年後は違った内臓に転移する なんとかがんを殺す方法は一向に見つからないのが現状
  病院以外にがん細胞を死滅に追い込む治療方法はないのか??? 方法は1つある
  がん細胞の活動を停止させる方法である
  がん細胞はタンパク質とブドウ糖が大好きだ 人間に必要な栄養はなくせない ならば ガンは42度で死滅する
  高体温には弱いのである 内臓細胞の体温が37.2度まで維持できれば がんは酸欠不足になり活動を緩めてくる
  人間の体温を37.2度にできればいい 体温の高い人ほどがんにはなりにくく 体温の低い人ほど がん細胞が活動しやすい環境をつくっているからだ
  そうだ がん細胞を眠らせる環境を体内で製造できればいいのだ”” がん細胞にくっつくための発熱する栄養を与えて 食べると異常に熱をだす
  物質があれば がん細胞が発熱して冬眠に入れば180日経過すればがん細胞は栄養をたべてない 食事してないと必ず餓死する
   その方法を見つければいい 何か方法はないだろうか 薬 注射は不要ながん細胞を発熱させる退治方法を見つけ出すか??
  どこかにはできる人が世の中にはいるはずだ 誰かが私を助けてくれる人がいる でも見つからない????
  どうすればいいのか 近赤外光線という電波の振動子の施設があればがんは死滅させられるということである
B-78-122    近赤外光線線の設備施設
 ガンと宣告されましたら抗がん剤を打ちますか?? ガンと友達になること ガンを睡眠させることが大切です
薬も注射も不要 近赤外線放射線のクリームでガンを睡眠させましょう

人体に無害な近赤外線を照射してがん細胞を消滅させる新しい治療法の開発が、世界の注目を集めている。見てください
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/077539f382b93d2cf4d21c63c646e2e2
近赤外光線免疫療法はガンを殺すことができる
 
ここで注目すべき点について ガンになれば今病期ステージⅣの生存率を見てください 臓のつくところのガンは危険度がきわめて高いこと
       日ごろから放射光線を体にあびていることで ガンが治る 毎日体内にはガンが発症します 免疫が低下するとがん細胞が体内に発症します
        そこで 微弱な放射線を常に体にあびることが大切と考えられます ラドン温泉にいくとか ウラン鉱石を体に身につけるなどの方法もございます
 ガンは1/3人は最後はガンにて死ぬといわれています日ごろからガンにならないように心がけましょう
ウラン鉱石 南アフリカ  ケニア産 18g  放射率 537μSV/h 
 近赤外光線免疫療法   効果が期待できるもの ガンが主です    
早く効果が出やすいもの、時間がかかるものなどあります。また、効果には個体差があります。
 自律神経失調症、更年期障害、パニック障害、過換気症候群、過敏性腸症候群、脳卒中後遺症、不眠症(睡眠障害)、睡眠時無呼吸症候群、
偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、月経異常、月経前緊張症、月経困難症、自己免疫性疾患、多汗症、ニキビ、帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛
、反射性交感神経萎縮症(カウザルギー、幻肢痛、断端痛)、円形脱毛症、抜歯後痛、末梢神経性顔面麻痺、緑内障、飛蚊症、ドライアイ、アレルギー全般、
突発性難聴、メニエール病、良性発作性頭位めまい、いびき、口内炎、歯肉炎、口内乾燥症、上肢血行障害(レイノー病、レイノー症候群)、頸肩腕症候群、
胸郭出口症候群、不整脈、慢性気管支炎、気管支ぜんそく、胃炎、逆流性食道炎、痔核、便秘、下痢、子宮内膜症、膀胱炎、不妊症、神経性頻尿、夜尿症、ある種の高血圧、冷え症、など
 ホルミシス療法
ラドンホルミシスルームは健康になりたい いつまでも健康を維持したい方 ガン末期ステージⅣですと入院 20日以上 
早期発見がんで入院10日 その他の難病は30日 150時間以上入浴必要
 
近赤外線が体内の細胞を元気にする
                      
 病院入院中の方 万年病 医師から治療方法が見つからないと通告された人に試してください
テラヘルツ分光治療法は一般には公開していません 信じて治るやいなかはあなた自身のことなのです あなたがきめることなのです
使用された体験者は90%以上の方が感動した 元気になった 癌が小さくなったのご報告をいただいています
問い合わせにては 全国 世界からの情報の相談が多いために もうしわけございません
メール以外応対させていただけません
症状内容は出来るだけ詳しく書いていただき 添付画像 など 
メール  までおねがいします  滋賀県野洲市木部930 近赤外光線開発施設
 テラヘルツ分光治療法 開発者 田中政好 090-9711-7985 病院 医師から見放された患者さんに限り命が助かるように支援します
     入院患者さんでがん治療ステージⅣで生命の助かる見込みのない人にはできる限りの治療の支援します
   メールの返事は問い合わせが多くあるために6日以内には返事させていただきます よろしくお願いします