脳梗塞のリハビリ速攻方法はあるのか  病院でリハビリ治療がもっともいいとされています
もとの体に戻るのは5年10年かもしれない でも歩行しないと 体の筋肉が衰え歩けなくなる 手も動かなくなるので毎日時間を定め
リハビリに励むことしかない足の動きが悪い 足が動かない 方側 右側麻痺 左側麻痺 と難儀な病気
自律神経失調症は基本的に自分の意志ではコントロール出来ない体の機能が正常に働かなる症状
足だけでも「足のしびれ、足のひえ、足の痛み、足がふらつく、力が入らない」等の症状
リハビリ治療と併用していただければ 回復の度合いが早い
それは脳細胞に近赤外光線を連続照射することと 睡眠中に体全体に近赤外光線を照射する方法が
からだの筋肉まで届き、筋肉が収縮して関節を動かせるというものが働きかけることが判明しました
B-78-117
   
   
 
  脳細胞に直接に強い近赤外光線 放射線600μSV/h程度を常時照射すること 体全体に近赤外光線 放射線20μSV/h程度を常時照射することで
体に酸素が増え血流れがよくなることで 体全体の体温が1度以上上げることができます
血流改善されると手足の冷たいことがなくなり お顔は赤くなり健康顔になります
もちろん リハビリと併用していただければ 早くもとの体に回復できるという結果ができてきました 自分の免疫だけでなく 近赤外光線テラヘルツ波の
電波の応用すれば 早期の回復が望めます ではその方法とは??? 装着後2時間で体の体温は1度あがり 手足 脳機能が奇跡のごとく変化しますので
医師 親族の方に回復とリハビリ効果の安心を見ていただけます 近赤外光線という応用技術 テラヘルツ波という電波の振動子は奇跡をおこします
近赤外光線 開発応用研究 体験したい人は メールまで申し込み希望してください 
 脳細胞に近赤外光線を照射する波長をあてることで 脳細胞が命令しますと 簡単に下半身の動作が伝わり リハビリが進み すぐ回復していきます
どうすればいいのかは 画像みて判断してください いままで脳梗塞を何人も治療 奇跡を起こしました
参考画像 脳を治せば病気は快復する 病気 けが なんでも脳の命令 脳が命令できないから病気は治らない
当前のことがわからない 内科は治療できても脳外科は治療できなければ なかなか病気はなおらない
薬は今以上悪くならないための薬 病気治療薬はほとんど少ない
 近赤外光線治療法 脳細胞に的確な命令を行う処置で命を救う 奇跡の治療である 事実である この方法をためせば病気は快復する 奇跡は起こる
 奇跡の回復 田中いよさん95歳 2月28日風邪をこじらせ脱水症状になった 個人病院では
点滴しかできないのと入院は必要ないと医師は判断 絶対絶命だった出来事

肺炎で水分とれない 点滴500ccで医師から病気は回復は無理と判断される
                            医師が判断をあやめれば死にいたる 内科では治療は限界である 田中いよさん95歳 口から水分栄養補給をがでくいる手術
手術をしないのであれば何もしないので退院してください 病院ではすることがない
                     自宅介護か延命病院をすすめられた 年が年だから今の状態でいるか 今以上はよくならない現状維持と医師は判断
  内科医は型にはまった治療しかできない きめられた以外 治療j方法がわからない
        ので内科ではこれが限界であるといいきる 親族はこの病院では治療はできない すべて型にはまった治療
       薬 点滴治療しかできない 今の病院は体の検査して だめです手術できないなら病院を掘り出すしか考えない
        長くて10日で退院してください 点滴と薬だけなので 出てくださいという ベッドだけの宿泊施設でないとのこと
        手術もしないのなら出ていってくださいという結論になった 治る見込みないとのこと医師は言い切った
   4日後 高額な特別室のあいている医療病院をみつけ入院した 内科であった 
                 この悲惨なことが幸運をもたらし 元気な体をすぐ取り戻す奇跡が始まったのである
 奇跡の回復 田中いよさん95歳 2017年2月28日風邪をこじらせ脱水症状になった 個人病院では
 点滴しかできないのと入院は必要ないと医師は判断
  緊急にて病院に入院して集中治療室にて点滴と健康検査にて緊急入院を2月28日した
 ところが 風邪の後遺症にて肺炎をおこして点滴を10日間おこなっても水分が補給できることができない
 口から食事がとれない状態であった そこで内科医師なので脳外科でないため治療ができない
 そこで 脳機能 痴呆症なので脳を正常にもどさないと食事がとれない  
 脳細胞に的確な命令を行う処置をおこなった それがです
 内科医は何もわからないので 脳を正常に戻すための処置をしますと申し出をすると拒否された
 当病院の治療にしたがっていただかない場合はすぐ退院してくださいと告げられた が 医師に頭に敷物を付けさせてほしいと強く要望した
 そうしたら医師からOKをいただいた
 のが3月6日である 3月6日午後から脳細胞修復を実施しましたら2時間後に記憶が少しづつもどり始めました
 そして 点滴をなくしました 3月9日に病院を移動しまして 3月13日から普通の食事をとることができました
 脳細胞を治療しないかぎり内科だけでは脱水症状を回復させるだけの治療では命をちじめることに
 なりかねないとそく感じた 医師の言うとおり94歳なのでいつ病態が悪化してもおかしくないと医師は明言した
 内科医は内科のことしか考えない 患者のことはほとんど考えてくれない ビジネスが病院患者を死にもたらす
 判断未熟な医師もいる 立派な医師もいる 1人の医師にすべて頼るのは死にいたることも少なくない
 たくさんの医師みみてもらうことで正しい治療が受けられる 医師の判断ミスで死にいたることも少なくない
 誓約書に親族名 保証人記入することで医師の責任がなくなる誓約書である 医師のミスは一切責任なし
 である いやなら病院は入院していただけません 患者は医師の選択できず きめられた路線をゆだねる
 弱い立場の患者さん 主張しないと医師のいいなりで死んでいくことも少なくはない
 だめと判断すれば退院して 命をあづけれる すご腕の医師をみつけることも1つの手段 医師のいいなりで死んでいく人も
 少なくない 運命 病院入院が命の別れ目 命がおしいならいい病院を選ぶことである  経験豊富な医師 未熟な医師では
 支払い金額はおなじでも 診察能力が全く違う 医師を選ぶことをよく考えても損はない
  あやまった判断は死をまねくことでした 老人は内科だけではだめ脳を正常に戻せば病気もなおることです
 あやまった内科だけでの診察は死をまねきかねないです
     
   
   3月6日午後から脳細胞修復を実施しましたら2時間後に記憶が少しづつもどり始めました
 そして 点滴をなくしました 3月9日に病院を移動しまして 3月13日から普通の食事をとることができました
 脳細胞を治療しないかぎり内科だけでは脱水症状を回復させるだけの治療では命をちじめることに
 なりかねないとそく感じた 医師の言うとおり94歳なのでいつ病態が悪化してもおかしくないと医師は明言した
  近赤外光線治療法 脳細胞に的確な命令を行う処置をすれば 正常に戻る

脳細胞に近赤外光線 放射線量800μシートを睡眠中に枕にすればいい どんな難病でも奇跡が起きます
人生の最後の手段はウラン鉱石シートにかけてください 命たすかります
 
                                  病院でもなかかか治療方法がない
 

手足が動かない

手足が動かないについて解説します。

執筆者:

身体は、脳が出した指令が脊髄から末梢神経を通って筋肉まで届き、筋肉が収縮して関節を動かすという一連の流れによって動いています。
その道筋のどこが悪くなっても、手足は動きにくくなります

神経が原因で手足が動かなくなった場合を「麻痺(まひ)」といいます。麻痺は、脳、脊髄、末梢神経のいずれかの神経が傷んだり、圧迫されたりすることで現れます

麻痺の出かたには、病気によって特徴があります。急に麻痺が出る(脳卒中(のうそっちゅう)など)、徐々に進む(頸椎(けいつい)症性脊髄症、腰部脊柱間狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)など)。左右対称に生じる(頸椎症性脊髄症など)、片側に強く現れる(腰部脊柱間狭窄症など)、片側だけに現れる(脳卒中、末梢神経障害など)。以下に、それぞれの麻痺の特徴を説明します。

(1)脳の障害

脳の障害で多いのが、一般的に脳卒中といわれる脳血管障害(のうけっかんしょうがい)です。これには脳の血管が詰まる脳梗塞(のうこうそく)と、脳の血管が破れて出血する脳出血(のうしゅっけつ)とがあります。脳血管障害の特徴は、急に起きること、意識障害が出やすいこと、麻痺が片側の上下肢に起きることです。これらの症状の強さは、障害を受けた部位の大きさによりさまざまで、後遺症も麻痺を残さないものから、まったく手足が動かなくなるものまでいろいろです。いずれにしても、できるだけ早期の治療が必要です。

脳血管障害以外にも脳腫瘍(のうしゅよう)やほかの神経疾患でも麻痺が起きることがありますが、この場合の麻痺は一般的にゆっくりと症状が進みます。

いずれにしても脳の障害が心配される時は、脳外科か神経内科を早めに受診してください。MRI検査では極めて早期から病変を確認することができますし、できるだけ早く治療を開始したほうが、後遺症が少なくてすみます。

(2)脊髄の障害

脊髄は、脊柱管という背骨のなかのトンネルを通る直径約1㎝のひも状の神経組織で、脳の刺激を体幹や四肢に伝えます。腰椎では、脊髄から馬尾(ばび)と呼ばれる馬のしっぽのような神経の束になって脊柱管を通っています。

頸椎レベルで脊髄が障害を受けると、手がしびれる、細かな手の動きがうまくできない、歩く時にふらつくなどの症状が出ます。ひどくなると手足の筋力が落ち、場合によっては完全麻痺や膀胱や直腸の障害を来すこともあります。原因としては、頸椎の変形による頸椎症性脊髄症、脊柱管のなかの靭帯(じんたい)が骨化して大きくなって脊髄を圧迫する後縦靭帯骨化症(こうじゅうじんたいこつかしょう)、脊髄腫瘍(せきずいしゅよう)があります。

胸椎(きょうつい)のレベルでの脊髄の圧迫でも、下肢のしびれや筋力の低下が生じます。原因は頸椎の場合と似ていますが、黄色靭帯骨化症(おうしょくじんたいこっかしょう)、脊髄腫瘍が考えられます。

腰椎(ようつい)のレベルでは、馬尾神経の圧迫が起きやすく、椎間板(ついかんばん)が出っ張ったり、飛び出したりして神経を圧迫するものを椎間板ヘルニア、腰椎自体の変形によるものを腰部脊柱管狭窄症と呼びます。前者は若い人に多く、後者は中高年以上に多い病気です。

腰椎レベルで神経が圧迫されると、脚のしびれや痛み、筋力の低下、膀胱の障害などが起こります。もちろん、圧迫の強さや部位により症状はさまざまです。徐々に、膝に力が入らなくなってきた、足首や足の指が反りにくくなってきた、足のしびれや痛みが出てきたといった症状の場合、腰部脊柱管狭窄症が疑われます。この病気による麻痺は比較的ゆっくり進行します。

脊髄の病気が心配される時は整形外科を受診してください。症状や神経学的所見、X線・MRI検査などで、どこに原因があるかがわかります。

(3)末梢神経の障害

末梢神経の障害で手足が動かなくなる病気はいくつかありますが、通常、しびれや知覚の低下を伴います。神経の通り道が狭くなったり、神経そのものや周囲に腫瘍ができて、神経が圧迫される場合に起きます。また、特別な病気がなくても神経は長時間圧迫を受けると、その神経が支配する筋肉や知覚が麻痺する場合があります。

中高年に多い末梢神経障害は、手根管(しゅこんかん)症候群と肘部管(ちゅうぶかん)症候群です。

手根管症候群は、手首で正中神経という神経が圧迫されて手のひらや親指から薬指のはら側の知覚の鈍さ、しびれや痛みが出る病気です。女性に多く、手を使うことの多い人に多く起きます。手の安静保持、内服薬や注射、手術などで治療します。

肘部管症候群は、小指の知覚の鈍さや、しびれや痛みが特徴で、進行すると薬指、中指がまっすぐ伸びなくなります。肘(ひじ)の変形などのために尺骨(しゃっこつ)神経が圧迫されることが原因です。

末梢神経の病気が心配な場合は、整形外科を受診してください。

*    *    *

以上のように麻痺の原因はたくさんあります。麻痺が起きた場合は、必ず何らかの病気が潜んでいると疑ってみます。脊髄と末梢神経が原因のようであれば整形外科または神経内科に、脳の問題のようであれば神経内科または脳外科にかかってください