ガンに効く抗がん剤はないのか 命が助かる抗がん剤がなぜ作れないのか
ガンになれば早く死ぬ とくに 手術ができない 心臓 肺 膵臓 肝臓 腎臓 脳
首 のど などのがんは救いようがない がん細胞は消えることなく
生きつづける 抗がん剤は延命治療しか方法がないのか
ガンの進行度合いはステージⅡですと言われ こうがん剤 治療でがんの増殖をおさえても
数年たてばステージⅣ あと数年の命と医師から告知されホスピスしますか
自宅療養しますかの選択を決断しなければいけない
 なんとかもとの体に戻りたい 治療してあげたい親族の願い どうすることもできない
持って生まれた運命なのか 病気のいたずらなのか 神様命だけはたすけてあげたい願望は実らない 今のままでは死んでいく 
そこで 残された1つの方法がみつかった
近赤外光線治療 アメリカ国立病院 がんセンター の新聞情報
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170315/dms1703151130007-n1.htm
テレビのリモコンなどに使われている人体に無害な近赤外線を当て、がん細胞を壊す新たな治療法が世界の注目を浴びている。
治療に要する期間はわずか2日で、がん細胞を短時間のうちに消滅させ、転移がんも治すというから驚きだ。実は開発したのは
日本人研究者。実用化に向け、陣頭指揮を執る米国立がん研究所(NCI)の小林久隆・主任研究員が画期的治療法の全容を語った。
 驚異の治療法の名は、「近赤外光線免疫療法」(光免疫療法)と呼ぶ。
 免疫療法に用いるのは、がん細胞にくっつく性質を持つ抗体だ。これに、近赤外線で化学反応を起こす「IR700」という色素を付け、
体内に送り込むと、がん細胞に届いて結合。そこに近赤外線を浴びせると光化学反応が起こり、がん細胞が破壊される-という仕組みだ。
B-78-116 脳細胞委縮して起こる原因が病気のすべて だから脳細胞を膨張させれば命令すべて脳機能だから治療が早まる
       脳をコントロール(正常に戻すこと)で難病は治る 脳から必要な甲状腺ホルモンなどが正常にでなと病気になる
 近赤外光線免疫療法」(光免疫療法)が日本でできないのか
 
 
    日本人のがんによる死因ノトップである肺がん たばこを吸わない人でも発症する
肺がんは男性が27.0% 女性が43.2%と命を救うことが難しいがんの1つ 手術は胸腔鏡の活用手術が普及してきた(切開部分は3cm程度)
肺がんの薬物治療は腺がんなどの非小細胞肺がんでは 免疫薬が登場し薬物治療の進化が著しい
非小細胞肺がんでは全体15-20% 抗がん剤の効き目が高いとされている
 
オプジーポはがん細胞が持つ特殊な免疫抑制能力を解除し 異物を排除する力を呼び起こす仕組み
    近赤外光線免疫療法の研究をおこなっている KDD.CO.LTD   近赤外光線を使い末期がん患者さんを引き受ける
     近赤外光線をつかい がんの患者さんが   近赤外光線ルームで長くて180日 短期間30日 入院することができる
    非営利活動なので お問い合わせ メールのみ メール  いつも多忙のために電話応対はできない
    520-2431 滋賀県野洲市木部930 JR野洲駅で降りる タクシー10分程度
  近赤外光線免疫治療法】にて  ガンに効く抗がん剤はないのか 命が助かる抗がん剤がなぜ作れないのか
     近赤外光線でがん治療に成功 脱水症状 アルツハイマー 痴呆症状 脳梗塞  脳細胞委縮して起こる原因が病気のすべて
    田中いよ 闘病生活はいまどこに
    奇跡の回復 田中いよさん95歳 2月28日風邪をこじらせ脱水症状になった 個人病院では
         点滴しかできないのと入院は必要ないと医師は判断 絶対絶命だった出来事 2017年2月27日入院
     肺炎で水分とれない 点滴500ccで医師から病気は回復は無理と判断される
      医師が判断をあやめれば死にいたる 内科では治療は限界である 
      田中いよさん95歳 口から水分栄養補給をがでくいる手術
      手術をしないのであれば何もしないので退院してください 病院ではすることがない
      自宅介護か延命病院をすすめられた 年が年だから今の状態でいるか 今以上はよくならない現状維持と医師は判断
 あやまった判断は死をまねくことでした 老人は内科だけではだめ脳を正常に戻せば病気もなおることです
   あやまった内科だけでの診察は死をまねきかねないです
 そこで 脳機能 痴呆症なので脳を正常にもどさないと食事がとれない  
 脳細胞に的確な命令を行う処置をおこなった   お問い合わせ メール 近赤外光線免疫治療法】
  1日で結果がでる奇跡治療法
2017年2月27日入院
田中いよさん95歳 2月28日風邪をこじらせ脱水症状になった 個人病院では
 点滴しかできないのと入院は必要ないと医師は判断 絶対絶命だった出来事 いまは嘘みたい
  医師の判断ミスは死に至る 内科医師の治療の知らなさ 医師の言う治療だと殺されていた
脳細胞を治療しないかぎり内科だけでは脱水症状を回復させるだけの治療では命をちじめることに
   なりかねないとそく感じた 医師の言うとおり94歳なのでいつ病態が悪化してもおかしくないと医師は明言した
判断未熟な医師もいる 立派な医師もいる 1人の医師にすべて頼るのは死にいたることも少なくない 」
  老人は老衰といわれるが脱水症状になったら死に至ることが多い 内科医では原因がみつけにくい 脳がすべてをコントロールしている
 内科医は脳外科医のことなど関係ない 部外のこと 老人は老衰といわれるが脱水症状なら脳外科医 脳神経科だ
 間違えば死に至る 殺される のどから管をいれられて 生涯をおえる 植物人間にされる寸前だった 
 これが近赤外光線治療法 脳細胞に的確な命令を行う処置で命を救う 奇跡の治療である
   この治療方法はアメリカで研究治療報告されている  絶対絶命を救う人がいてくれることを 入院してよくならない 悪くなっていく
 これでは死に至る この病院では助からないとわかるはず なら命を救う 奇跡の治療を見つけることである
  治療手段がみつからない医師 病院は退院すべきだ だれも治療してくれない 自信のない医師にすがるな 殺される
    
治療ができない病気なら自分で見つけ出すこと以外命はだれも助けてくれない 見つけ出すことだ
方法はないだろうか??   
「近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移も治す」驚きのがん治療法を ...

近赤外光線免疫治療法】明るいお知らせ!がんの新しい治療法 - たべこ ...

近赤外線でがん細胞が死滅!日本人研究者が開発した
http://www.lifehacker.jp/2016/11/161121mugendai.html
 
日本ではできない あと早くて5年-10年先のこと    
  
放射線物質 ガン治療ヨウ素水
メール 支援します
ガンだけではない 脳機能を正常に戻せば病気は治る 以外に奇跡がおこる
  細胞に熱を出させる鉱石が存在する
鉱石に近赤外光線(テラヘルツ波の光を照射する)をガンの表面にあてて熱をだす
ことでガン細胞を死滅させる方法でもある
その方法がこれです 奇跡ではないかとの疑問があるが結果としてガン細胞が縮小したとの結果報告を受けているが
すべての人に該当するわけではない 試してみる価値はある   
この世はしらないことばかり 病気なれば病院に行けば治ると信じる人100% 薬で病気をおさえるだけ
 病気にならないようにまずすることです 年齢とともに病気する 活性酸素が体内にたまり病気する 
ならば活性酸素を即除去できるのが水素水とか??それは間違い ヨウ素かウラン鉱石 放射線濃度が高いと体内の活性酸素はなくなる 
   
3月7日奇跡の回復 
 
     
 
2017年6月9日(金)8:00ごろ
   
   記憶 正常に近く 健康
 
おなかが空いたといつも言う
   
8:030ごろ 食事です
 
   いよさん95歳 相手91歳 会話