ガン 脳梗塞の予防は自宅で出きる  ガンになりにくい 脳梗塞になりにくくするのが近赤外光線
常から近赤外線を体に放射しているだけで細胞が活性化 疲労がたまらない体づくりができます
常時体内細胞にくっつく抗体で内臓体温をあげますと内臓体温が37.2度になります
高体温と血液の循環がよく 血管にヘドロがたまらない 内臓の温度が高いので病気しない
寒さにつよく 暑さにも防衛する免疫が高いのでいつも健康が維持できます
今から紹介させていただくガン 脳梗塞の免疫予防は近赤外光線を体に放射し体の免疫を形成するもので
今病院入院中 難病患者が元の元気な細胞つくるお手伝いをします
奇跡がおこるもので まず試していただければ 即座に体が軽い 疲れがとれたという結果になります
 
常時帽子の中に入れた生活
帽子の中に入れる 
脳細胞のリハビリ効果 奇跡がおこる
糖尿病 アセチコリンの分泌がよくなる
B-78-115
  お悩み 健康な体でない方に 体験していただけます 元の元気な健康な体にしてあげたい
それがかなうのが近赤外光線療法といいます 世界ではじめての治療健康法なんです
そんなもの世の中にはない100%思います そんなもんで病気がなおったら病院 医者が必要ない
みんな嘘や と思われる人は 何をいっても無駄です
電波でなんでもできる世の中 電波で病気治療できることが可能ではないか??との原点で開発
電波が体内細胞に侵入し熱を出したらガン細胞は死にますね 他の細胞にはくっつかない抗体なら
問題ない この原理考えれば病気は治ると思いませんか??それを成し遂げたのが
体内細胞に元気を出させる抗体の電波を常時照射するだけなのです 理解していただけたと思います
 そこで結論として抗体の電波を常時照射するものを製造いたしました そして重病患者数名に使用 その結果
難病 老人ならおこりやすい脱水症状 生命の危険寸前の数名の生命を救うことができました
医師から治療する方法がないと判断 管から栄養 点滴生活をほんの1日で治療した 奇跡は
誰にでも同じ治療なら生命を救えると判断 担当医は頭を疑いました なんで・? わけわからない??
医師の判断では想定外の治療 近赤外光線を体に放射し細胞にくっつく抗体はまるでわかるものではない
アメリカ合衆国ガン国立センター研究所が開発した治療方法をオリジナルで応用したものなんです
そこで 下の段で紹介いたします
 ガン 脳梗塞 糖尿病 にならないための予防はどうすべきか 親の遺伝子は子に引き継がれ
うまれたときにきまる 両親のいづれかが ガン 脳梗塞 糖尿病ならその子は同じ病気になりやすい
両親が早死にはその子も平均に短命なのか そうならないためには どうすべきか 
その1つには遺伝子 長老でいるなら 細胞が破壊されにくい体質 体温が高い人ほど
生命は長生きできる 内臓体温が37.2度 皮膚体温36.5度あればほとんど病気なしで健康でいられる
すなわち長生きできるが低体温36度以下はガンにかかりやすく 脳梗塞が発生しやすいといわれています
ではどうすれば 病気にかかりにくくなるのか 今病気の人はどうすべきなのか??
病院で薬 注射はその時だけの治療方 臨時治療 健康はすべて細胞が元気でなければいけない
薬 注射では細胞は一時的なもの疲労を回復させるサーチ遺伝子がおおきな関係にあたる
 ガンにならないための予防検診 病院で検診 その後近赤外光線でガン細胞の誕生を止める予防
亡数が多い部位は順に  1位   2位   3位   4位   5位
男性  肺    胃    大腸  肝臓  膵臓
女性  大腸   肺    胃    膵臓  乳房
男女  肺    胃    大腸  肝臓  膵臓どの部位のがん死亡が多いかはこうなっています
 そこでガンの遺伝子をもっていませんか ???とくに親の遺伝子  難病も奇跡のように嘘みたいことがおきます
    
内臓体温が常時37.2度になれば病気はしない 病気は治る あたらいい細胞ができる
ガンがある人 がんにならないために いまから近赤外光線テラヘルツシートで安眠してください
   近赤外光線で細胞を刺激 内臓体温37.2度であればガン細胞は酸欠不足で発症しません
1日で体感していただけます 比較ができます 翌朝がスッキリします 元気 元気 不思議 
奇跡は近赤外光線テラヘルツ効果なんです」 体に無害
近赤外光線治療法のできる製品がこれです 

  近赤外光線(テラヘルツ)宇宙シーツ
  サテントライブベージューXレアアース
 サイズ 100cmX200cm  
重さ 1.3kg  厚み2.8mm
    上代¥75000(税別)
サイズ 150cmX200cm  
重さ 1.8kg  厚み2.8mm
上代¥85000(税別
 
受注文 納期5日 メール 
 
   近赤外光線 放射線量
 表面
11.08μSV/h 

近赤外光線 放射線量
裏面2重にすれば
15.36μSV/h  
  
近赤外光線 放射線量
裏面3重にすれば21.36μSV/h
難病に効果

  
脳機能を刺激して脳細胞を
  修復治療するには最適
  脳の細胞が活性酸素で破壊してくると
  難病を発生させるので
  難病治療 アルツハイマ 痴呆などに
  脳梗塞 内臓疾患の治療に使ってください
  近赤外光線は細胞まで届く治療をします  

シルクコットンパフケットルレアアース入り
150cmX200cm 掛け用 \15万(税別) 
 睡眠していない時におこる活性酸素が
体内に蓄積され瞬時に活性酸素が体内から排出できないと細胞に影響を及ぼ体が疲れた 体がだるい
疲労がとれない元気な時がない 疲れやす体質である その原因は??細胞を修復させる体力がないからです
老人になれば疲労は蓄積してしまい 若いころの元気の影もない そこで薬では効果なし 運動つらい 食事療法しても効果がでない
人は近赤外線という体の細胞を瞬時に回復させる(若いころの細胞ができる)ものがあります
奇跡の鉱石 100%嘘とだれもが判断します その思い込みの常識が崩れた
常識では考えられない 若い細胞に戻るという非常識がほんとうになった まず体験してください 2時間で疲れ回復させます

奇跡の鉱石 常時 近赤外線 放射線量579.8μSV/h 体に無害であり体内細胞を活性させる光振動子
が体内細胞に反応させて元気な細胞を形成させる アフリカケニア原産地 ウラニウム鉱石 25g 1g当たり¥5000程度
アメリカドルで$1042 
 近赤外光線治療法(難病を救う) 脳細胞に的確な命令を行う処置で命を救う 奇跡の治療である
   医師 病院で治療ができない 脳を正常にすれば病気は短期間治る方法が見つかった 
「近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移も治す」驚きのがん治療法を アイデアが ヒントとなったのである
 奇跡の回復 田中いよさん95歳 2月28日風邪をこじらせ脱水症状になった 個人病院では
 点滴しかできないのと入院は必要ないと医師は判断 絶対絶命だった出来事 2017年2月27日入院

肺炎で水分とれない 点滴500ccで医師から病気は回復は無理と判断される
      医師が判断をあやめれば死にいたる 内科では治療は限界である 
田中いよさん95歳 口から水分栄養補給をがでくいる手術
              手術をしないのであれば何もしないので退院してください 病院ではすることがない
           自宅介護か延命病院をすすめられた 年が年だから今の状態でいるか 今以上はよくならない現状維持と医師は判断
A-0-93     内科医は型にはまった治療しかできない きめられた以外 治療j方法がわからない
         ので内科ではこれが限界であるといいきる 親族はこの病院では治療はできない すべて型にはまった治療
         薬、点滴治療しかできない 今の病院は体の検査して だめです手術できないなら病院を掘り出すしか考えない
         長くて10日で退院してください 点滴と薬だけなので 出てくださいという ベッドだけの宿泊施設でないとのこと
        手術もしないのなら出ていってくださいという結論になった 治る見込みないとのこと医師は言い切った
            4日後 高額な特別室のあいている医療病院をみつけ入院した 内科であった 
           この悲惨なことが幸運をもたらし 元気な体をすぐ取り戻す奇跡が始まったのである
 奇跡の回復 田中いよさん95歳 2017年2月28日風邪をこじらせ脱水症状になった 個人病院では
点滴しかできないのと入院は必要ないと医師は判断
緊急にて病院に入院して集中治療室にて点滴と健康検査にて緊急入院を2月28日した
ところが 風邪の後遺症にて肺炎をおこして点滴を10日間おこなっても水分が補給できることができない
口から食事がとれない状態であった そこで内科医師なので脳外科でないため治療ができない
               
そこで 脳機能 痴呆症なので脳を正常にもどさないと食事がとれない 

 脳細胞に的確な命令を行う処置をおこなった それがです
 内科医は何もわからないので 脳を正常に戻すための処置をしますと申し出をすると拒否された
 当病院の治療にしたがっていただかない場合はすぐ退院してくださいと告げられた
 が 医師に頭に敷物を付けさせてほしいと強く要望した そうしたら医師からOKをいただいた
 のが3月6日である 3月6日午後から脳細胞修復を実施しましたら2時間後に記憶が少しづつもどり始めました
 そして 点滴をなくしました 3月9日に病院を移動しまして 3月13日から普通の食事をとることができました
 脳細胞を治療しないかぎり内科だけでは脱水症状を回復させるだけの治療では命をちじめることに
 なりかねないとそく感じた 医師の言うとおり94歳なのでいつ病態が悪化してもおかしくないと医師は明言した
   内科医は内科のことしか考えない 患者のことはほとんど考えてくれない ビジネスが病院患者を死にもたらす
 判断未熟な医師もいる 立派な医師もいる 1人の医師にすべて頼るのは死にいたることも少なくない
 たくさんの医師みみてもらうことで正しい治療が受けられる 医師の判断ミスで死にいたることも少なくない
 誓約書に親族名 保証人記入することで医師の責任がなくなる誓約書である 医師のミスは一切責任なし
 である いやなら病院は入院していただけません 患者は医師の選択できず きめられた路線をゆだねる
 弱い立場の患者さん 主張しないと医師のいいなりで死んでいくことも少なくはない
 だめと判断すれば退院して 命をあづけれる すご腕の医師をみつけることも1つの手段 医師のいいなりで死んでいく人も
 少なくない 運命 病院入院が命の別れ目 命がおしいならいい病院を選ぶことである  経験豊富な医師 未熟な医師では
 支払い金額はおなじでも 診察能力が全く違う 医師を選ぶことをよく考えても損はない
   あやまった判断は死をまねくことでした 老人は内科だけではだめ脳を正常に戻せば病気もなおることです
 あやまった内科だけでの診察は死をまねきかねないです
     
     
  月6日午後から脳細胞修復を実施しましたら2時間後に記憶が少しづつもどり始めました
  そして 点滴をなくしました 3月9日に病院を移動しまして 3月13日から普通の食事をとることができました
   脳細胞を治療しないかぎり内科だけでは脱水症状を回復させるだけの治療では命をちじめることに
   なりかねないとそく感じた 医師の言うとおり94歳なのでいつ病態が悪化してもおかしくないと医師は明言した
 
 2017年2月27日入院
田中いよさん95歳 2月28日風邪をこじらせ脱水症状になった 個人病院では
点滴しかできないのと入院は必要ないと医師は判断 絶対絶命だった出来事 いまは嘘みたい
医師の判断ミスは死に至る 内科医師の治療の知らなさ 医師の言う治療だと殺されていた
脳細胞を治療しないかぎり内科だけでは脱水症状を回復させるだけの治療では命をちじめることに
なりかねないとそく感じた 医師の言うとおり94歳なのでいつ病態が悪化してもおかしくないと医師は明言した
判断未熟な医師もいる 立派な医師もいる 1人の医師にすべて頼るのは死にいたることも少なくない 」
  老人は老衰といわれるが脱水症状になったら死に至ることが多い 内科医では原因がみつけにくい 脳がすべてをコントロールしている
内科医は脳外科医のことなど関係ない 部外のこと 老人は老衰といわれるが脱水症状なら脳外科医 脳神経科だ
間違えば死に至る 殺される のどから管をいれられて 生涯をおえる 植物人間にされる寸前だった
 これが近赤外光線治療法 脳細胞に的確な命令を行う処置で命を救う 奇跡の治療である
この治療方法はアメリカで研究治療報告されている  絶対絶命を救う人がいてくれることを 入院してよくならない 悪くなっていく
これでは死に至る この病院では助からないとわかるはず なら命を救う 奇跡の治療を見つけることである
治療手段がみつからない医師 病院は退院すべきだ だれも治療してくれない 自信のない医師にすがるな 殺される
治療ができない病気なら自分で見つけ出すこと以外命はだれも助けてくれない 見つけ出すことだ
 方法はないだろうか??   
「近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移も治す」驚きのがん治療法を ...

近赤外光線免疫治療法】明るいお知らせ!がんの新しい治療法 - たべこ ...

近赤外線でがん細胞が死滅!日本人研究者が開発した
http://www.lifehacker.jp/2016/11/161121mugendai.html