肺腺ガンは近赤外線治療でガン細胞が破壊できるとアメリカのガン開発研究センターが発表しています
 日本ではガンの薬はまだまだ未開発で 肺腺ガン99%を殺す効果的な薬はございません
   ガンの進行を抑制することはできても ガンが増大しないことはまったくありません
    外科手術や放射線治療しても100%ガンは取りきれないために数年後にはガンは拡大し体全体に転移します
    
 肺腺ガン患者にたいして医師がガンを死滅させ増すと断言できる医師はいない
 高額医療費を払って必ずいいます言葉 すべて様子をみましよう 先生治るのでしょうか 心配しないでください
   任せてください 治療に専念しましょうの言葉 肺腺ガンなんてガンが全滅した実例はない
   治療ができていれば死ぬ人いない ガンを殺す薬はないのです
 ガン細胞の増殖をおさえるだけで 数年たったらガンは必ず繁殖します 早いか 遅いかの違い
ガンに100%効果のある薬は世界中でもないのです だから抗がん剤しかないから 医師は抗がん剤をすすめるのです
医師の言うこと信じて死んでいきます ガンを殺す免疫はないからです お金もち 有名人も死んでいきます
  お金と権力をつかってもガンは殺せません みなさんはみんなガンになればなおらないと判っていても医師に頼るのです
  
きつい抗がん剤をつかっても 少しでも長く生きたいために病院を選びます 
 もしかしてガンがなくなるかもしれないとの 望みをいだくのです ガン患者には絶対抗がん剤を打たない人も多くいます
  

生命の長さは若い年代は抗がん剤 老人は抗がん剤してもしなくても生きる年数は同じなんです
 B-78-113                                                                                                         
      そこで近赤外線治療方法を選択してみてはどうでしょう  関心があればご覧ください
 肺腺ガンは、主に抗がん剤、場合によって外科手術や放射線治療、という三大療法が標準治療
免疫細胞療法は、活性化リンパ球療法や樹状細胞療法、ワクチン療法など多くの治療方法があります
肺腺ガンは、非小細胞肺がんの一種で日本人は特に多く、肺がんの半数以上が肺腺がんです。
肺腺ガンは、非常に進行のスピードが早く、発見された時には既に転移していることが多いのも特徴
体中に転移しますが、特にもう片方の肺、肝臓、腎臓に転移しやすいのです
肺腺ガンは、肺の末梢部分に発生することが多く、 初期段階ではあまり自覚症状がありません。
進行すると、空咳、たん、胸の痛みのほか、胸水が溜まるケースも多い
肺腺ガンはリンパ節や他の器官に転移が起きやすいため、 身体全体に酷い倦怠感や激痛を感じることもあります。
5年生存率は早期の肺腺がんで高いといえますが、進行肺腺がんでは低くなっており、非常に治療の難しいガン
肺ガンの中でも、肺腺ガンは喫煙との因果関係が薄く、非喫煙者の方にも多く発症します
肺腺がんに対しては、NK細胞療法が有効とのことですがガンが消えることはまずないです
しかし、肺腺がんは進行、転移しやすく、標準治療だけでは対応できません
がん治療には薬いらない 摘出手術もいらない 簡単な方法 ガン細胞が永久に眠れば餓死する
その方法が見つかった 
がん細胞はテラヘルツ振動子は眠たくなる睡眠薬である
  病院の高額治療費 
がん治療費   参考例 胃がん一期
      内視鏡(胃カメラ)の先からワイヤーを出し、がんの病変部分を焼き切る治療。
初期治療 内視鏡的粘膜切除手術(EMR)治療費総額759,890円
 内視鏡(胃カメラ)の先からワイヤーを出し、がん病変と周りの一部粘膜をはぎ取る治療。
 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)928,050円
 縮小手術胃の3分の2未満を切除し、同時に胃の近くのリンパ節の一部を切除する治療
(定型手術未満)1,613,222円
 腹部に数箇所穴をあけ、そこから小さなカメラとメスを入れてがん病変を切除する治療。
腹腔鏡手術治療費    総額1,626,182円
 胃の3分の2以上と胃の近くのリンパ節を切除する治療
定型手術
[胃2/3以上(全部あるいは2/3)切除]1,686,278円
がん治療  がん細胞は眠らせて餓死させれば いいのです 可能性の高いのはラドン温湿療法 自然放射線療法がいい
    がん細胞が眠るためにはテラヘルツ振動子が適切であると考えております 
   簡単な実験結果  レアアースを使ったクリームにテラヘルツ振動子を照射してガン患部の皮膚に塗ると
   ガンの痛みがやわらぐという結果がでた テラヘルツ振動子は皮膚から10cm深く ガンにとって気持ちのいい
   安らぐ 眠りたくなる振動子であることもわかってきた
   ガンが眠る 冬眠すると ガン細胞の繁殖が収まり 痛みも消える でも たまには目をさますので 
   高濃度のテラヘルツ放射線1000μsVhを数ヶ月連続照射すると 餓死をする
   ガンが冬眠すると 食欲がでてきますと体の体重が増えてくるので ガンの活動がないことが判断の目安となります
   一度体験していただければ 判断ができます 末期がんであっても 同じことがいえます
   
医師から手術できない がん細胞の治療方法がない告知されても ラドン温湿療法 自然放射線療法がある
    ①常時体に放射線500μsV/hネックレスを身につける ②1.日に2回程度 ラドンガスを吸い込む
    ③ 睡眠中は15μsV/h程度の敷布 掛布で睡眠をとる
    ④ ガンの患部にレアアーステラヘルツクリームを湿布する
      
 内蔵体温が37度になる    がん細胞は体温の高い37度では活動できなくなり 酸欠不足栄養不足で餓死する
      30日程度のレントゲンの結果で ハッキリ がん細胞は小さくなっていますと言われます
おためしてください
        今まで何人もがガンから克服されています 数日後から痛みもなくなります
 
会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2番7-1708    通販法   今までの納品先 
 高度 医療事業   滋賀県野洲市木部930  077-589-2354  FAX 077-589-4892
 
放射線物質 ガン治療ヨウ素水 メール 支援します 
放射線物質を体内に投与する  内用療法放射線物質をがん周辺に送り込み.その
放射線でガンを倒す 飲んだり 吸引する ガンの患部に近赤外光線を直接照射することでガンを破壊させる
放射線物質にはヨウ素がたくさん含まれています 難病の膵臓 内経内分腫瘍をに効果がある メール  
   
 膵臓癌になれば100%ほど助からないですガンになれば10年経過すればほとんど死ぬということですね
 そこで
近赤外光線免疫療をご案内します 近赤外光線免疫ルームで安眠していただきます   
がん放射線物質を体内投与でガンにならないようにする方法
その1 
体に無害な放射線を常時身に付ける放射線量は450μSV/h以上 
ウランニウム鉱石 北朝鮮 南アフリカ  ケニア産しか存在しないもの 
 放射線量 537μSV/h 首にかけて生活をする(体に無害)
 体内にたまる活性酸素は瞬時に消すため
まず疲れない 病気がしなくなる 毎日元気に過ごせる
被爆するというのは戦争につかう道具 爆弾になるから戦後言われてきました 危険のための伝説 メール 
 
     放射線物質 ヨウ素を
 
吸引すると体内から放射線が出る 
 
   
放射線物質 ヨウ素水
 
(放射線量30μsV/h以上) 
  煙状態で吸い込みます
1日3回程度でOK
  

 放射線物質 
ガン治療ヨウ素水

メール 支援します
 
 
 放射線物質 ヨウ素水を製造する
   2000μSV/h で製造する液体


 外部測定(放射線量19.55μsV/h以上
   
  
    容器の外部測定
   (放射線量20.89μsV/h以上)
ラドン水の生成装置   高度医療機器製造 kDD(株)メール   
体の衰え翌朝克服 快調の毎日すごせます 健康なDNA細胞を再生させます 疲れません   
 ラドンガスの発生とラドン温泉そして体内接種の機序ホルミシス療法
●ラドンとは自然界にある86番目の元素
「放射性元素」のことです。・ラドン222 = ラドン   半減期 3.82日
・ラドン220 = トロン   半減期 55.6秒 ・ラドン129 = アクノチン半減期 3.92秒ラドン222以外は半減期が短く治療には不適です
 
ラジウム温泉のラドンン銭への変化とラドンの体内へ取りこまれるしくみラドンガス吸入による放射線ホルミシス効果と医療での可能性

ホルミシス療法

 
 活性酸素が現在の病気の原因の大きな部分を占めているという多くの研究発表がされています。
ホルミシス療法 
 
 
主にがん細胞に存在するたんぱく質と結びつく性質を持った「抗体」に注目している。
この抗体に、近赤外光の特定の波長(0・7マイクロメートル)で発熱する
近赤外光を使う新しい方法では、抗体がわずかに正常細胞に結びついても、光の強さを調節することでがん細胞だけ破壊できる
また、光自体が無害なため繰り返し照射でき、体表から5~10センチ程度の深さまで届くという。
抗体は、肺、乳、前立腺、大腸、卵巣、白血病、悪性リンパ腫などさまざまながんに使えるものが承認されており
がん細胞が血中を移動する転移がんでも、それに結びつく抗体が見つかれば応用できる 
 がん細胞の破壊  テラヘルツ波(THz波)は、1秒間に1兆回(=テラ)の分子振動をし透過波長でありテラヘルツ波は、様々な物質の通過が可能
             テラヘルツ波(量子波)が癌細胞増殖抑制の本体遠赤外線の内、ある波長領域が癌細胞の増殖を抑制する
、この波長領域こそがDNAを修復する21世紀のエネルギーであるテラヘルツ波である

テラヘルツ波の帯域をテラヘルツ振動子 照射 掛布 敷布にしますと永久的に継続した放射線が常時1.44μsV/h~ 放射線3μsV/h程度放出されます
この新エネルギーは弊社が(KDD)世界初の開発したもので類はございません
がん細胞はテラヘルツ振動子波長は眠たくなる睡眠薬である