放射線物質を体内に投与しその放射線でがんを治療する 医療 
がん細胞にくっつく抗体 近赤外線を受けて熱を出す 放射線230μsV/hを体内に照射方法と化学物質を与えるか
化学物質(ヨウ素) ヨウ素を製造する方法を見つけ出した男がいた  これなら末期ガン患者を助けられると思った
自宅でガン治療ができる(ガンにくっつくヨウ素水 ガン細胞の表面で熱を出して細胞を破壊する) 
B-78-110                                                                                                    
 放射線物質 ガン治療ヨウ素水 メール 支援します 
 
膵臓癌になれば100%ほど助からないですガンになれば10年経過すればほとんど死ぬということですね
 そこで近赤外光線免疫療をご案内します 近赤外光線免疫ルームで安眠していただきます 
がん放射線物質を体内投与でガンにならないようにする方法
その1 体に無害な放射線を常時身に付ける放射線量は450μSV/h以上 
ウランニウム鉱石 北朝鮮 南アフリカ  ケニア産しか存在しないもの 
 放射線量 537μSV/h 首にかけて生活をする(体に無害)
 体内にたまる活性酸素は瞬時に消すためまず疲れない 病気がしなくなる 毎日元気に過ごせる
被爆するというのは戦争につかう道具 爆弾になるから戦後言われてきました 危険のための伝説メール
  
                         放射線物質 ヨウ素水を製造する2000μSV/h で製造する液体
                              ウラン鉱石 放射線量 2000μSV/h以上
ガンにくっつくヨウ素水 ガン細胞の表面で熱を出して細胞を破壊する 
 
放射線物質 ヨウ素を
吸引すると体内から放射線が出る
 
   放射線物質 ヨウ素水
 
(放射線量30μsV/h以上) 
  煙状態で吸い込みます
1日3回程度でOK
体が軽くなります
 
 放射線物質 
ガン治療ヨウ素水

メール 支援します
1L¥12800(税別)約30日分
 
放射線物質 ヨウ素水を製造する
2000μSV/h で製造する液体
 

外部測定(放射線量19.55μsV/h以上) 
 
容器の外部測定
(放射線量20.89μsV/h以上)
  放射線物質 ヨウ素を吸引すると放射線体内へ取りこまれる放射線効果と医療での可能性

ホルミシス療法
活性酸素が現在の病気の原因の大きな部分を占めているという多くの研究発表がされています。
ホルミシス療法

近赤外光線開発研究 KDD(株) 520-2431 滋賀県野洲市木部930 077-589-2354 FAX 077-589-4892
施設利用申し込み 
メール 事前の予約以外の受付はさせていただけません
 近赤外光線治療法 脳細胞に的確な命令を行う処置で命を救う 奇跡の治療である 
信じられないがほんとう病気が短日で快復できる 脱水症状 点滴処置の医師は寝たきりになるとの判断はま違っている
脳の命令ができないから病気になる 脳を正常にすれば病気は治る 近赤外光線治療法は命を救う
なぜ日本には施設がないのか ?? 北朝鮮ならできる ウラニウムがあるからだ 日本にはないからできないだけです
  近赤外線は体全体を放射線が通過してDNA細胞をすこしづつ修復します
内臓体温が42度でガン細胞は死滅しますが37.5度まで内臓体温があがりガン細胞は冬眠して180日でガンは死滅します
ステージⅣの方 余命宣告を受けている方でもガンの死亡率90%以上です 180日X15時間以上が妥当なのです
施設に宿泊 末期がんなら180日間宿泊すること おそろしいのは10日間 近赤外線を体にあびないと ガン細胞は眠りから
さめて 怒り狂いまくり 体が7日目からまったくうごかない 緊急病院治療室に運び込まれることがおこります
それは冬眠していたガンがおきて食事をたべる行動をするからおそろしい状態がおきます 
ステージⅢの状態ですと60日間程度でガン細胞は消滅できます 2015年-2017年の治療報告です
近赤外光線免疫療の目安としては近赤外線は異なりますが 難病に人も治療効果に驚かれています
 近赤外光線免疫ルーム1日宿泊使用料金 ¥12000-14000(税別) 2人-4人宿泊できます
 予約が必要になります 1日宿泊から7日 14日 30日とさまざまです
 医師から治療方法がないと通告受けた方の奇跡の治療と思ってください難病に人も治療効果に驚かれていますご安心ください
病院で治療効果がないと判断した人は一度近赤外光線免疫療を体験してみてください
下記の病名効果を実感していただけます
 自律神経失調症、更年期障害、パニック障害、過換気症候群、過敏性腸症候群、脳卒中後遺症、
不眠症(睡眠障害)、睡眠時無呼吸症候群、偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、月経異常、
月経前緊張症、月経困難症、自己免疫性疾患、多汗症、ニキビ、帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、
反射性交感神経萎縮症(カウザルギー、幻肢痛、断端痛)、円形脱毛症、抜歯後痛、
末梢神経性顔面麻痺、緑内障、飛蚊症、ドライアイ、アレルギー全般、突発性難聴、
メニエール病、良性発作性頭位めまい、いびき、口内炎、歯肉炎、口内乾燥症、
上肢血行障害(レイノー病、レイノー症候群)、頸肩腕症候群、胸郭出口症候群、
不整脈、慢性気管支炎、気管支ぜんそく、胃炎、逆流性食道炎、痔核、便秘、下痢、
子宮内膜症、膀胱炎、不妊症、神経性頻尿、夜尿症、ある種の高血圧、冷え症、など あらいる病名に近赤外線は
体全体を放射すれば効果がでますが医師から治療方法がみつからないと通告された人を優先近赤外光線免疫療をおすめしています  
難病検査測定 血糖値 乳酸値測定 波動測定 血液検査測定などしていただけます
生体エネルギー測定  ロシアの最先端技術   音セラピーでアンチエィジングなど 
 超低周波を身体にながし悪い部分を簡単に発見できる、スーパー検査機械。今世界各国で注目を集めている検査機械です。
レーザーパルス 診断機器は世界初の開発機器です。 診断機器の開発にあたり
内科医師の指導のもとに開発。
人体全身健康診断機器 診断方法はレーザーによって人体細胞値のレベルを測定し健康体と細胞破壊の比較を行い
、1~6までのレベル値にて病状の箇所判断をするための機器なのです 

音セラピーでアンチエィジング 生体エネルギー測定 ロシアの最先端技術 
軍人や宇宙飛行士の健康管理のために開発されました 生体エネルギー測定 カウンセリング&セラピー
音によるセラピーなので副作用などの心配がございません
 
生体エネルギー測定は無料にて体験していただけます 予約制です メール
 
 夢のような未来のこと 2017年では何もできない 5年後には治療がはじまることでしょう
なんとかガンを死滅させたい 近赤外線治療なら命は助かる。>>よくにたまさにその通りかもしれない方法がある
ホスピス看護 自宅看護まできた末期 余命数カ月 手のほどこしようがまったくない方に
一度最後の命綱 探すも最後になる あきらめるのは男性 女性はあきらめない
すぐ嘘といいだす 病院で治らないガンがわからないところでガンは治るか 詐欺だ お金もうけだと決めつける
女性はいつて確かめてみて だめなら断ればいい お金がわずかしかいらなければ最後の決断をする
その結果ガンステージⅣ余命6か月以内 近赤外線治療で90%女性が命がすくわれた
男性は疑い病院で100%死んだ 女性には福の神 男性には死神しかないのだと思える
いままで男性はまず病院を信じ医師を信じる 信じて疑いもしない 名医なら助けてくれる 助からなければあきらめる
女性はちがう 我慢強い 疑いつつも 新しい治療を模索して行動する
助ける神様もいます 死人に口なしという 死んだらおしまい なさけないのは男性かもしれない
疑うことしかしらない 世の中には神様から命を助けてあげなさいと命令された人がこの世にいても不思議ではない
神様を信じる人もいれば はじめから疑う人もいる 疑い出したら前には進めないから死んでいく
神様が命のとうとさを導いてくれても 疑う人は命は助からない ガンになれば必ず死ぬが
長くいきてほしいなら信じるべきであろう 大金がいることもない 1日¥12000で近赤外線治療ができるならば
安いものである 180日入院して216万がかかっても命がたすかればいいだろう 
 2015年-2016年2年間でステージⅣの女性生存率90%以上はすごいといえる 
世界中でここしかできないことも確かである 疑えばわかるだろう 病院で末期がんが克復した人は0人である
がん5年10年の生存率をみればわかる ガンになれば死ぬことしかない残酷なことだ
 
 近赤外光線治療法 脳細胞に的確な命令を行う処置で命を救う 奇跡の治療である北朝鮮ならできる ウラニウムがあるからできる
奇跡の回復 田中いよさん95歳 2月28日風邪をこじらせ脱水症状になった 個人病院では
点滴しかできないのと入院は必要ないと医師は判断 絶対絶命だった出来事
肺炎で水分とれない 点滴500ccで医師から病気は回復は無理と判断される
医師が判断をあやめれば死にいたる 内科では治療は限界である 
田中いよさん95歳 口から水分栄養補給をがでくいる手術
手術をしないのであれば何もしないので退院してください 病院ではすることがない
自宅介護か延命病院をすすめられた 年が年だから今の状態でいるか 今以上はよくならない現状維持と医師は判断
A-0-93            内科医は型にはまった治療しかできない きめられた以外 治療j方法がわからない
                 ので内科ではこれが限界であるといいきる 親族はこの病院では治療はできない すべて型にはまった治療
                薬 点滴治療しかできない 今の病院は体の検査して だめです手術できないなら病院を掘り出すしか考えない
                長くて10日で退院してください 点滴と薬だけなので 出てくださいという ベッドだけの宿泊施設でないとのこと
                   手術もしないのなら出ていってくださいという結論になった 治る見込みないとのこと医師は言い切った
4日後 高額な特別室のあいている医療病院をみつけ入院した 内科であった 
この悲惨なことが幸運をもたらし 元気な体をすぐ取り戻す奇跡が始まったのである
 奇跡の回復 田中いよさん95歳 2017年2月28日風邪をこじらせ脱水症状になった 個人病院では
点滴しかできないのと入院は必要ないと医師は判断
緊急にて病院に入院して集中治療室にて点滴と健康検査にて緊急入院を2月28日した
ところが 風邪の後遺症にて肺炎をおこして点滴を10日間おこなっても水分が補給できることができない
口から食事がとれない状態であった そこで内科医師なので脳外科でないため治療ができない
 そこで 脳機能 痴呆症なので脳を正常にもどさないと食事がとれない  
脳細胞に的確な命令を行う処置をおこなった それがです
内科医は何もわからないので 脳を正常に戻すための処置をしますと申し出をすると拒否された
当病院の治療にしたがっていただかない場合はすぐ退院してくださいと告げられた
が 医師に頭に敷物を付けさせてほしいと強く要望した そうしたら医師からOKをいただいた
のが3月6日である 3月6日午後から脳細胞修復を実施しましたら2時間後に記憶が少しづつもどり始めました
そして 点滴をなくしました 3月9日に病院を移動しまして 3月13日から普通の食事をとることができました
脳細胞を治療しないかぎり内科だけでは脱水症状を回復させるだけの治療では命をちじめることに
なりかねないとそく感じた 医師の言うとおり94歳なのでいつ病態が悪化してもおかしくないと医師は明言した
内科医は内科のことしか考えない 患者のことはほとんど考えてくれない ビジネスが病院患者を死にもたらす
判断未熟な医師もいる 立派な医師もいる 1人の医師にすべて頼るのは死にいたることも少なくない
たくさんの医師みみてもらうことで正しい治療が受けられる 医師の判断ミスで死にいたることも少なくない
誓約書に親族名 保証人記入することで医師の責任がなくなる誓約書である 医師のミスは一切責任なし
である いやなら病院は入院していただけません 患者は医師の選択できず きめられた路線をゆだねる
弱い立場の患者さん 主張しないと医師のいいなりで死んでいくことも少なくはない
だめと判断すれば退院して 命をあづけれる すご腕の医師をみつけることも1つの手段 医師のいいなりで死んでいく人も
少なくない 運命 病院入院が命の別れ目 命がおしいならいい病院を選ぶことである  経験豊富な医師 未熟な医師では
支払い金額はおなじでも 診察能力が全く違う 医師を選ぶことをよく考えても損はない
あやまった判断は死をまねくことでした 老人は内科だけではだめ脳を正常に戻せば病気もなおることです
あやまった内科だけでの診察は死をまねきかねないです
     
     
月6日午後から脳細胞修復を実施しましたら2時間後に記憶が少しづつもどり始めました
そして 点滴をなくしました 3月9日に病院を移動しまして 3月13日から普通の食事をとることができました
脳細胞を治療しないかぎり内科だけでは脱水症状を回復させるだけの治療では命をちじめることに
なりかねないとそく感じた 医師の言うとおり94歳なのでいつ病態が悪化してもおかしくないと医師は明言した