認知症 アルツハイマー病の治療に効果  若年性アルツハイマー病を防ぐにはどうすべきか??
近赤外光線治療が最適です
 カギは早期対応にあり
このまま認知症とその予備群の人たちが膨れあがれば、深刻な状況になることが懸念される。
ところが、財源は限られている上、圧倒的に介護人材も足りない。
こうした中、手立てとして注目されるのが、認知症の予備群とされる軽度認知障害の人に
アプローチすること。それを個人の努力に頼るのではなく、
社会全体として取り組んでいくことで対応できないかという方策だ。

認知機能は、軽度認知障害から段階を経て低下し、本格的な認知症に移行していく。実は、この初期の段階では
、外部からの助けがなくても多くの人が穏やかに生活できることがわかっている。もし、この状態を長く保つことができれば、
深刻な認知症患者の発生数を抑えられ、「認知症社会」の問題をかなり軽減できるはずだ

B-78-107
  アルツハイマー病の治療に効果  若年性アルツハイマー病 認知症
  脳細胞の萎縮 病気の進行を遅らせる


ウラン鉱石 南アフリカ  ケニア産 ウラン鉱石で治療   放射線量282μSV/h 脳細胞を修復することができるもの
 1300万人以上が認知症およびその予備群に
いまから8年後の2025年。団塊世代のすべての人が75歳以上の後期高齢者に達するこの年を皮切りに、
日本は未曾有の「認知症社会」へと突入する。厚生労働省は、認知症の人が2025年に最大730万人にのぼると発表しているが
、その予備群とされる軽度認知障害(MCI)の人数は明らかにしていない。
そこで今回、すでに発表されている軽度認知障害の有病率と、複数の専門家への取材を重ね合わせ、独自に数値を算出した。
その結果、2025年に軽度認知障害の人は580万人を超える見込みがあることがわかった。認知症高齢者の数と合計すると、
総数は1300万人に達する。国民の9人に1人、65歳以上に限れば、実に3人に1人が認知症あるいは
その予備群の人になるという「認知症1300万人時代」が来る可能性が浮かび上がってきた。
 
 今から 認知症 アルツハイマー病のの治療を少しづち対応してみてはどうですか 70歳から多い認知症
 脳の病気 脳機能の遅れ 学力不足 記憶わすれ 
脳の働きについて 脳の萎縮にて年齢とともに 機能が衰えていきます
DNA遺伝子が年齢にて少しづつ破壊していきますと いろんな病気を発生しやすく
なります そこで テラヘルツ振動子で脳細胞を元気にしましよう
足の麻痺 下半身の命令ができないときに活用したり手の動き 体の動作の加減に適用します

頭帽子 脳の刺激 細胞の若返りをさせて 脳機能を正常化させましょう
  奇跡をおこします 脳機能の命令を改善します
難病もすべて治療は脳細胞なんです 脳が正常に動作すれば病気は治療できます 
 テラヘルツ振動子で衰えた脳細胞を修復させる技術革命(テラヘルツ波(量子波))電波で病気治療
 ノルアドレナリンの分泌をよくすれば 糖尿にもよい セロトニン.ドーパミンが改善できれば 病気はなくなる
 そこで脳の悩み 脳からの命令が正しく伝達できないから病気にかかりやすく 治らない
病気で入院されている 余命宣告 医師から見放された患者 最後の手段 奇跡を信じるかいなかは本人しだい
あらいる病気は脳細胞を正常にすること 脳細胞の機能が衰えたから病気になったのです
重症患者 放射線量315.2μSV/h以上  軽症患者 放射線量68.58μSV/h以上
効能 脳梗塞のリハビリ がん患者 ALS難病 膠原病など 脳機能のおくれ 物覚えができない 痴呆 アルツハイマなど
即効性にすぐれ がんで余命宣告をうけている人でも克服がもてます 実例もございます 困ったらテラヘルツ振動子パット
 
放射線量315.2μSV/h
 
     放射線量68.58μSV/h
 認知症 アルツハイマー病の治療に効果  若年性アルツハイマー病を防ぐにはどうすべきか??
近赤外光線治療が最適です
  テラヘルツ波(量子波)が癌細胞増殖抑制の本体遠赤外線の内、ある波長領域が癌細胞の増殖を抑制する
、この波長領域こそがDNAを修復する21世紀のエネルギーであるテラヘルツ波である 
 
 近赤外線を使うがん治療は、従来の医学の常識からすると全く予想外の方法だと思います
その仕組みや特徴について、分かりやすく説明していただけますか。

小林 この治療法は、がん細胞だけに特異的に結合する抗体を利用します。その抗体に、近赤外線によって
化学反応を起こす物質(IR700)を付け、静脈注射で体内に入れます。抗体はがん細胞に届いて結合するので、
そこに近赤外線の光を照射すると、化学反応を起こしてがん細胞を破壊します。

近赤外線は、波長が可視光と赤外線の中間に位置する光です。治療には近赤外線のうち、波長がもっとも
短く(700ナノメートル:nm、1nmは10億分の1メートル)エネルギーが高い光を使います。IR700はフタロシアニンという色素で、
波長700nmの近赤外線のエネルギーを吸収する性質を持っています。その化学反応で変化したIR700ががん細胞の膜にある
抗体の結合したたんぱく質を変性させ、細胞膜の機能を失わせることによって1~2分という極めて短時間でがん細胞を破壊します。
その様子を顕微鏡で見ると、近赤外線の当たったがん細胞だけが風船がはじけるようにポンポンと破裂していく感じです

図1:近赤外線を使った新しいがん治療法のイメージ

図1:近赤外線を使ったがん新しい治療法

これほどがん細胞の選択性が高い治療方法は過去になかった