万年皮膚病は病院にかよって薬を飲んでいるが まったく治らない 
 病院では治らない難病(薬を飲んでいるうちはだめ)症状の悪化を防ぐだけで治療できていない
 
 病院にかよって薬のんでいるが まったく治らない 膠原病になって3年 いや10年いや30年の人も少なくない 
  は来てください
 近赤外線テラヘルツ振動子をつかって10日間で皮膚病を治療(内臓疾患を治療します)
 皮膚ではない内臓疾患が原因なのです ホルモンの分泌がわるいため皮膚病は発生します
 薬では治らない ホルモン分泌がうまくできない ステロイドしますか??しても皮膚病は治らない
 まず脳機能を正常化することです ド-パミン.セロトニン ノルアドレナリンを刺激させて分泌を良くしますと病気はすばやく回復します
 脳機能が正常化されていないと病気を発生させるのですから内臓 外科治療をしても脳の免疫治療が良くなければ病気は長引きます
B-78-105
 万年皮膚病は薬では治らない病気 自然免疫力をあげること以外治療は不可能です
 どうすればいいのか 免疫を体内細胞につければいいのです
 その方法がないかぎり膠原病は克服できません 
 病院では治らない難病(薬を飲んでいるうちはだめ)症状の悪化を防ぐだけで治療できていない
 テラヘルツ振動子で衰えた脳細胞を修復させる技術革命(テラヘルツ波(量子波))電波で病気治療
ノルアドレナリンの分泌をよくすれば 糖尿にもよい セロトニン.ドーパミンが改善できれば 病気はなくなる
そこで脳の悩み 脳からの命令が正しく伝達できないから病気にかかりやすく 
治らない方は
近赤外線テラヘルツ振動子のラドンルーム入浴できます
 近赤外線は万病に効果がございます 医者いらず 薬いらず いままで破壊した免疫細胞 幹細胞を瞬時に修復しますので
8時間程度で傷ついた免疫細胞を修復しますので 体がビックリ 体が軽いと実感 はだがキレイになったとビックリされます
難病の人は7日1回 普通の人は月1回程度でいつまでも若く元気よくいられます まず
近赤外線テラヘルツ振動子のラドンルーム
に入浴してください
医師から病気が治らないと判断された病気でも一度試してください 奇跡がおこることを信じてください
  病気で入院されている 余命宣告 医師から見放された患者 最後の手段 奇跡を信じるかいなかは本人しだい
あらいる病気は脳細胞を正常にすること 脳細胞の機能が衰えたから病気になったのです
重症患者 放射線量315.2μSV/h以上  軽症患者 放射線量68.58μSV/h以上
効能 脳梗塞のリハビリ がん患者 ALS難病 膠原病など 脳機能のおくれ 物覚えができない 痴呆 アルツハイマなど
即効性にすぐれ がんで余命宣告をうけている人でも克服がもてます 実例もございます 困ったらテラヘルツ振動子パット
 
放射線量315.2μSV/h

     放射線量68.58μSV/h 
  テラヘルツ波(量子波)が癌細胞増殖抑制の本体遠赤外線の内、ある波長領域が癌細胞の増殖を抑制する
の波長領域こそがDNAを修復する21世紀のエネルギーであるテラヘルツ波である 
 
 会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2-7-1708    通販法   今までの納品先 
 
近赤外線治療研究機器製造 滋賀県野洲市木部930  077-589-2354 077-589-2354  FAX 077-589-4892
   
   
 テラヘルツ振動子 で脳の萎縮を拡大することで 脳機能を正常に戻す働きがあります  脳機能の遅れ 学力不足 記憶わすれ 
体のすべては脳からの命令ができないと病気になる 
注文後 製造 納期20日 メールで問い合わせメール   奇跡がおきます 電波の自然の力の応用はすごいことなんです
 万年皮膚病 病院にかよって薬のんでいるが まったく治らない 皮膚病になって3年 いや10年
いや30年の人も少なくない なぜアトピーなどは治らない
 近赤外線テラヘルツ振動子をつかって10日間で皮膚病を治療(内臓疾患を治療します)
近赤外線の治療を行えば 10日程度 できれいなお肌に戻ることが出来ます奇跡がおきます
毎日肌が見ている間にきれいになってきます かゆみ かさかさ じとじとの肌 とくにお顔は時間がかかります 肌は3日程度で回復
 近赤外線テラヘルツ振動子のラドンルームに入ること10日間 1日6時間 60時間にて肌はもとの肌に戻ります
病気は頭から治療することが大切なのです
まず脳機能を正常化することです ド-パミン.セロトニン ノルアドレナリンを刺激させて分泌を良くしますと病気はすばやく回復します
       
 ラドンを利用した治療やリハビリ、治療には、気管支喘息・肺気腫などの呼吸器疾患、関節リウマチ等の骨関節疾患
、糖尿病等の代謝性疾患の治療に多大な効果を上げられることが医療機関において報告されている
低放射能ラドンは無色無味無臭の気体。放射線を出す壊変の過程で出来るラジウムが
アルファ線を出しながら半減期の短いラドン(半減期3.8日)に壊変し、さらに短いポロニウムに壊変する。
このラドンは、不活性ガスで、温泉では皮膚から吸収されるが、むしろ気体として呼吸により体内に運ばれる
肺に入ったラドンは、温熱との相乗効果もあって、容易に気道上皮から吸収されて組織に移行する。
呼吸によって体内に吸収された低線量のラドンは、
アルファ波を出す。放射線は一般に有害とされているが、
低線量であればむしろ生体に有利な作用がある。ラドンによる低線量の放射能の効果の一つに、抗酸化作用があり、
炎症を抑え加齢を抑制する効果があるとの研究もあり、これはラドン温泉の効果を説明するものの一つである。
ラドン温泉の適応は、慢性閉塞性呼吸器疾患、関節リュウマチ、関節炎などの慢性疼痛性疾患などであり、
適切なリハビリテーション等のもとで利用すれば有効とされている。

末期ガンの がんの進行を遅らせるという方法はごく微量の放射線を浴びることで細胞が活性化し、免疫力が上がる 免疫力を高めることで
す、
  現在、我が国では年間で60万人~70万人ががんと診断され約34万人ががんで亡くなって います。つまり、1日に1,000人が、がんで亡くなっているのです。
「がんペプチドワクチン」で1/3のがん患者の再発を遅らせることができれば、数万人~ 10万人単位で患者を再発とがんの苦痛から救うことができるのです。
現在は1回の皮下注射が
10万円程度で、1クール50万円~60万円程度 の費用です。これを何クールかやる訳ですから決して安い費用ではありません。
しかし、実用化された場合はワクチンの費用は下がりますし保険適用されるかもしれませ んから、庶民が払えない金額ではありません。
また、「
がんペプチドワクチン」治療は原則として1週間に1回、皮下注射を打つだけの簡 単な治療ですから入院の必要はありません。
一方、現在の末期がん患者が末期に至るまでに入院や手術や放射線や抗がん剤で掛かる費 用は、保険適用の治療の自己負担分だけでも
年間100万円程度と言われています。
末期がんの場合は、その様な治療を数年間続けている訳です。従って、がん患者が「がんペプチドワクチン」治療に寄せる期待と希望の大きさは計り知れ ないことが解ります

手術や抗がん剤、放射線などで効果がなく、もう治療法がないと言われた患者にはペプチドワクチン療法があるが ワクチンはまだ承認されていないのが現状
 ラドンを発生させる部屋で4時間以上入浴 温度42度 湿度72 快適  汗は内臓からどんどん出しますから 内臓がポカポカします
 内臓のDNA細胞を短時間で修復しますので 治療後は10歳わかがえる気と体がすごく楽になる(体のたまった活性酸素が除去できる)
この体験はいままでないはじめてとの言葉をよく聞きますまるで夢みているような気がするとよく言われます 活性酸素がからだになくなるとすぐ元気になれます
 
   放射線量は
 325.8μSV/h
   ラジウム226 半減期1600年
 
     ラドンを発生させる部屋で4時間以上
 
 ラジウム226 半減期1600年
 
    効果
は2日1回1時間 
180回程度でガン完全消失を期待してください

     アフリカ  ケニア ウラン 100g
   放射線量 
15000μSV/h以上  
放射能の半減期 ウラン238 45億年
 
 
 ラドン含有量30000ベクレル/m3 ~
       50000ベクレル/m3