日本の医学 ガン治療 オプジーボ キイトル-ダが国内で承認されている
抗がん剤は延命治療効果はあるが完全になおることはほとんどない 進行がんの患者にこうがん剤をつかっても延命効果は長くて1年半ほど
がんの免疫薬が効けば3年以上という例もある アメリカメルクのがん免疫薬キートルダー年1400万
 ガンになれば多額のお金をつかっても治らないということです がんを完全に治療できる病院は世界中でもないと言うことである
 近赤外線治療法があるhttp://www.mugendai-web.jp/archives/6080 参考にしていただきたい
近赤外線治療法http://www.kdd1.com/kenko/199/sui4580.html 日本には1社しかない 世界にはないもの
  •         http://www.kdd1.com/kenko/161/ganbilyouto100.html 
  • がんの消滅を研究 余命宣告 ホスピス 自宅介護と宣告を受けた人のみラドン施設がつかえます
  •   命を助けるためのボランテア活動なので 面談の上施設利用できある すべて予約制で順番待ちです

B-78-102
 
 
ガン発見治療方法
 自然鉱石をつかった近赤外線放射線治療の方法だから 体に無害
ガン細胞が餓死させるには
180日自然放射線を体に照射することでガンは栄養不足で死ぬ
     
 
      体の細胞検査機器
  ガン細胞を眠らすのに体全体に 
500μSV/h以上を自然放射線を体に照射しながら ラドンホルミシスのガスを吸い込みながら
 1日10時間以上睡眠すること
      2号棟   1F 車椅子専用  重病人施設 リハビリ可能 メール 
     
     ステージ3
ステージIII
がんの腫瘍が浸潤しており、リンパ節転移もみられる
  今後の治療は180日 がんを眠らせる方法 180日でがんは死滅する 180日冬眠させる方法あります 通常の生活ができます
 
ウランシート 350μsV/h
  
 背中にもウランシート 350μsV/h
 
     前 後から放射線350μsV/hで
    がん細胞を眠らせますと食欲がでれば
    がんは大きくならない 命助けます 
    ステージ4
 ステージIV
がんがはじめにできた原発部位を超えて、離れた他の臓器へ転移している 
  がん細胞を眠らすとがん細胞は死滅します 180日間放射線350μsV/h 連続照射 
免疫細胞は元気になりがん細胞は冬眠します この方法はウラン鉱石がないとできません
 ウラン鉱石は日本にはない ケニア 北朝鮮 アフガニスタン 戦争の武器に使います
 ので輸入ができません ウランは被爆するほど効果がある
 反面 体の細胞を修復する効果もあります ウラン鉱石はDNA細胞をつよくしますので
 病気の治療 健康維持にも期待できます ウラン鉱石は被爆しません 核兵器をつくる 原料なのです
 
残念ですが日本にはウランはないですあれば 末期がんでも命は助かります 
 自宅でガン治療はどうすべきか??
がん細胞のある位置にウラン鉱石の放射線シートを貼り付けて.ガンを冬眠させれば.180日でがん細胞は栄養不足で餓死します この方法の治療はだれもが否定します.100%嘘話しと思う
 想定外のことでもありウラン鉱石が日本にもない 輸入できないから判らないことで.被爆する100%の思い込み
 末期がんで命を助かった人に聞けば 被爆はしない元気になりましたと答えます????.被爆する100%嘘話しです
 ラドン吸入器 取り扱い説明書  公邸に持ち込みラドン吸入 認めたラドン吸入器は手放せない
がん治療には
ラドン療法をやってみてはどうだろう 。低線量の放射線治療 難病の奇跡治療法
(DNA細胞を修復させる)   元気がない 病気がある 持病がある すべて免疫力の低下 抵抗力が衰える 
そんな方は「ラドン吸入器」 の治療効果をお試しください 翌朝元気 なんでなの??活性酸素 DNA細胞修復作用をおこなったのです.毎日人間は活性酸素 ヘドロキシラジカルで細胞が傷つけられて年をとるにつれ.免疫力が衰えるから 元気 根気 病気になるのです.だから 夕方になると疲れる 健康食品 医薬品飲んでも一時的で効果が少ないのです. ラドン吸入器で元気な体をとりもどしてください
A-56-24   週刊新潮 2013.3.28 記事内容 
持病が悪化か「ラドン吸入器」 1日6回、1回10分 ...
持病を抱える、いま頼っているのが「ラドン吸入器」という特殊な健康装置。2年前使うようになった。
3月下旬に
「ラドン吸入器」..ラドン水の生成装置は200万円以上とのこと.
潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)の悪化 効果的な治療法とはラドン療法
 ラドンとは.放射性物質の一種であるα線を放出する.これを体内に取り込めば細胞活動を活発化される働きがあるという
ラドンの特徴は水に付着すること.湯気に付着してラドンを吸い込めば体によいとされています.
もともとラドンルームというものがあって 
ラドンガスを人工的に発生させ.充満するラドンを体内に取り込り込んで
いた。この改良型が
高濃度ラドンルームですラドン療法は民間療法で、がん.リユウマチ.神経疾患.膠原病などに効果があるとされている
ラドンルームに入ると13ヶ月でしようが見事に消えたが重症な患者や忙しい人は高濃度のラドンルームに通えないそこでラドン吸入器を考えた
 
ラドン含有量
4000ベクレル/m3以上
内寸H1990mm L2305mm
床パネルW603mmL2305mm
 
低ホルシス放射線量 264.1μSV/h
ラドンパネル(テラヘルツ加工)
374mmX677mmX6枚
374mmX848mmX2枚
 
室内のラドン量の目安測定
 ホルミシス 専用のウオータージヤグに水道水を入れて.高濃度のラドン水を作るそれを吸入器にセットして、ミストにして吸入する
頻度は症状にて異なりますが、1日数回 10分づつ吸入することが、一般的です
ラドン水の生成装置は200万円以上 ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度のラドンルームに10分間いたことになります
10分間吸入した際の被爆量は、約0.014ミリシーベルト 胸部X線撮影で、1回当たり0.06ミリシーベルトです
この治療法で被爆は問題ないレベルです ラドン治療は標準的な治療ではないので、自己責任が必要
潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)に効果があるとか言えば.臨床試験がないので何もいえません
多量では有害だけれど、少量なら有益な現象をホルミシスと言います放射線もその性質あると言うことを示すデーターはあります
宇宙ステーションに一日入ると約1ミリシーベルト被爆する宇宙飛行士の古川聡さんは167日もいましたが いまでも元気です 病気していません
 潰瘍性大腸炎とは主に大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の非特異性炎症性疾患  がん克服
末期がんをみごとに克服された報告とは??
               ラドン水の生成装置           高度医療機器販売 kDD(株)メール  
 ラドンガスの発生とラドン温泉そして体内接種の機序ホルミシス療法
●ラドンとは自然界にある86番目の元素
「放射性元素」のことです。・ラドン222 = ラドン   半減期 3.82日
・ラドン220 = トロン   半減期 55.6秒 ・ラドン129 = アクノチン半減期 3.92秒ラドン222以外は半減期が短く治療には不適です 
 ラジウム温泉のラドンン銭への変化とラドンの体内へ取りこまれるしくみラドンガス吸入による放射線ホルミシス効果と医療での可能性

ホルミシス療法

 活性酸素が現在の病気の原因の大きな部分を占めているという多くの研究発表がされています。
ホルミシス療法
 
     医療機器 ラドン吸入器

 放射性物質ラドンの吸入器

ラドン水の生成装置は200万以上 
ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度の
ラドンルームに10分間いたことになります
 
ラドンガスを人工的に発生させ.充満させる
ラドン生成発生装置(ラドン水の生成)
 
この子神の子不思議子
高濃度 ガスを発生させる
 連続永久放出
 608μSV/h以上 
 高濃度1500
μSV/h以上
この天然鉱石がないとラドン水の生成の
有効効力はない

 高濃度ほど効き目が早い
  「ラドンは放射性物質の一種です。装置は、200万円という高額なもの。装置から発生するミスト状のラドンを口から吸い込み、血液を介して
全身に行き渡らせる。通常は、1日6回、1回10分を目安に吸入する
 ラドンを吸入することで免疫力が高まる、
天然鉱石の放射性物質を吸い込んでも一切害はないとのこと(人工鉱石はだめです)
 ラドンは岩盤や地下水から大気に放出される自然界の放射性物質である。これを水蒸気に付着させる形で吸入させ、血液を介して
  全身に循環させようとするのがラドン吸入器ですラドンを吸入することで免疫力が高まり、呼吸器疾患や肝障害や糖尿病への
  治癒効果が期待できる 
「本来は医療施設に販売する専門機器です。個人が購入する場合、1台100万円近くかかるのではないか」
と医療関係者は語る。副作用の心配がないとされるラドン吸入器に信頼よせている
 
    ラドン生成セラミック30μSV/h
      4500ppm
 
ラドンガスを吸い込む
この子神の子不思議子
高濃度 ガスを発生させる
  ●活性酸素消去酵素の活性 ●癌抑制遺伝子P53の活性 ●DNAの修復 ●免疫バランスの向上
●細胞膜流動性の向上 ●ホルモンの増加 ●血中コレステロールの減少
●過酸化脂質の減少など様々な効果が明らかになりました。ラドン浴によるホルミシス効果について、世界中で数千の論文が発表されています
 末期がん患者への抗がん剤投与について質問例
慶応大医の近藤誠医師が
末期がんの患者は抗がん剤をいくら打ってもガンは治らないし非常に強い副作用で苦しむだけ苦しんで体力がどんどん弱り最後は抗がん剤で命を失うし寿命も抗がん剤を打つことで短くなるということを言ってました。
彼は末期がん患者は一切抗がん剤を打たないでそのまま余生を送るのが良い、そうすると余生を抗がん剤で苦しまなくて良い、抗がん剤打たないと寿命も延びるので家族と過ごしたり遣り残したことに取り組めてよいということを言ってました。
また
医者、製薬会社、厚生省は抗がん剤を患者にたくさん使えば使うほど3者とも利益が得られるといってました。
どう思いますか判断はあなたがすることです
 奇跡の石 ラウリス村  世界一位のラジウム鉱石 奇跡の石 バドガシュタイン ラウリス村 鉱石  難病治療に役立ててください
    
DVDでご覧ください 
   
                                             (別売) バドガシュタイン鉱石
オーストリアのハイルシュトレン ラドン治療坑道
バドガシュタイン鉱石とはオーストリアのザルツブルグ州バドガシュタイン産出の ラジウム鉱石です。
温泉鉱石として有名なラジウムを含有 ...
多くのホテルは共通の ラドン温泉源から湧き出る500万リットルの温泉を引いて、
ラドン温泉プール、ラドン温泉浴治療 ...
ラジウム塗料  ラジウムタイルの製造自宅もラドン温泉ができる

ラドンガスの効能
 糖尿病.じんま疹. 自律神経失調症.関節リューマチ関節炎.むち打ち症候群. 
夜尿症
.骨折後後遺  悩み対策  打撲捻挫.椎間板ヘルニア.腹痛.痛風.
 「弱放射線ホルミシス効果」
 ごく微量の放射線を浴びることで細胞が活性化し、免疫力が上がる

 天然ラジウム鉱石が出す微量の放射線には
発ガン抑制、抵抗力増進、細胞活性化などに非常に良いことが、各種の実験や臨床応用で解ってきました。
放射線の影響
   このように放射線による身体への影響とはどのようなことがあるのでしょうか。 放射線の障害については、急性効果と晩発効果とがあります。
   急性効果は、一度に大量の放射線を浴びたとき、数週間以内に現れてきます。 身体には通常、放射線に対する防護機構がそなわっており、
   少量の放射線では細胞レベルの破壊は修復されたり健康な細胞に置き換わられたりと保護されています。
 
 しかし、一度に大量の放射線を浴びると修復や防護機構が細胞の破壊に追いつかず、細胞組織や臓器等に障害が現れてきます。
   臨床記録では放射線量の障害は
50ミリシーベルトに達しない場合には障害はない
  しかし、この4~5倍の値である
1シーベルトでは、放射線障害の自覚症状が現れ、吐き気や倦怠感があり、死亡至るまでの症例は多くありませんでした。
  2~3シーベルトでは生殖器官が侵せれ、4シーベルト浴びると半数の人が死亡し、5シーベルト浴びると白内障にかかり、10シーベルト以上では
  ほとんどが死亡したとのことです。 しかしその反面、
現代医療では癌等の治療には放射線を局所に60シーベルトも照射し利用されているのです。
  
放射線を浴びてもしばらく症状が現れない、すなわち潜伏期間がある場合を晩発効果と呼んでいます。
  主な障害としては、不妊、癌、白内障、寿命短縮などがあります。 
発癌の潜伏期間は被曝にもよりますが、およそ10~30年といわれております。
放射線の効果
   大量の放射線が恐ろしいのは確かですが、放射線はどんなに微量でも危険であるという認識がありますが、私たちが生活する環境においては、
   太陽光、植物、鉱物等または体内の
カリウム40等(放射性核種)からも低線量の放射線が存在し、それを毎日無意識に浴びています。
   これらを浴び続けてもむろん悪影響もありませんし被曝しても問題ありません。
 
むしろ健康になった良好になった等の症例がもっとも多く知られております。
 広島の原爆では数多くの犠牲者を出した一方、 爆心地より遠く離れて微量の放射線を浴びた方々は以前より健康で寿命も平均値を上回っている
という調査結果もあります。

ラジウム元素
 ラジウム元素は稀有元素です
  純白色、無味無臭の金属で、
バリウム、ストロンチウム、カルチウムと同じくアルカリ土類金属に属し、元素のままでは空気中に変化するので、
  単一元素としては製造できない。 精製時には塩類(硫酸、臭化、塩化物など)の形体とされる。
内医療用には臭化ラジウムが使用されてます。
ラジウム放射線
  ラジウムが特殊な病気の治療に効果があることは広く知られてます。
   特に癌や皮膚病、神経痛、血圧下降下など、白内障や肋膜炎にもよい。

   ラジウムは金属元素で色々な鉱物に含まれているが、その量は微量で希少です。
   ラジウム放射線は単一の光線ではなく、アルファ線、ベーター線、ガンマー線が放射されております。
   アルファ線の本体は陽性に帯電しているヘリウム粒子であり、ベーター線は単純な陰性電子であり、ガンマー線はX線やラジオのように
   高度の振動数を持つエーテル電磁波動 でその速度は太陽光線と同じ毎秒299000kmです。
   このガンマー線の超短波長は物質透過性が強大で約20cmの深さまで人体組織または、鉛版、遮板と穿通透過して
   電離を起こすもので、ベーター線の  100倍、 アルファ線の100万倍の透過力を持ってます。
   したがってガンマー線は深部治療法に絶大な価値があるものと広く認められ人体細胞に大いなる活力を与え
、  病菌を殺し難病を治し健康を増進するものです。

ラドンについて
 ラドンとは一般的には温泉等で知られてますが元素の名前です。
  ラドンは大気中に含まれ自然放射性元素であり、
ラジウムから生まれます。
  種類としてはラジウム226から生まれるラドン
222とラジウム220から生まれるラドン220の二種類がございます。
  ラドン222は半減期が3.8日と短く崩壊してポロニウム218、ポロニウム214、鉛214、ビスマス214など半減期の短い放射性核種を次々とつくります。
  これらの核種は固体ですが微粒子として大気中に存在します。
  また、ラドン
220は半減期が56秒で別名トロンと呼ばれています。
  ラドン220も同様に半減期の短い放射性核種を次々とつくりこれらも微粒子として大気中に存在します。


ラジウムの病的細胞に関する作用
 人間の身体は約400兆からの細胞から成り立っております。
  いろいろな病気にかかるのは細胞の衰弱等から起こり色々な症状となって現れます。
 、病的変調にかかっている細胞や繁殖しつつある病原菌は健康な組織細胞に較べ
ラジウムが持つ特殊な有効成分が敏感に作用して3倍量も吸収します。
 
 患部にラジウムを放射すると他の健康な組織に影響を与えず、炎症性のものは炎症を抑制し、激痛のあるものは激痛を鎮静し、腫脹を消退し、潰瘍
  、萎縮部位を掃滅して、その他の治病作用を迅速に発揮致します。

   すなわち、
その病気を細胞の根本から治す特徴があります。これをラジウムの特異的感受性といって著名な事実です。

 世界的著名専門家によるラジウム放射療法の臨床実験類別
 ○代替療法応用「根本正男教授など」
 〇結核性諸疾患「ケイド博士、ノルセイ博士、トマネック博士など」 
 〇気管支炎、肺病、喘息「ストラーセル博士、ブリング博士など」 
 〇胃腸病諸症「チンメル博士、ゴットリーブ博士など」 
 〇神経癌諸症「フェルステンベルグ博士、ヘルナウ博士など」 
 〇リュウマチ関節炎「コールラウシュ博士、ストラスセ博士,キュセラ博士など」 
 〇神経麻痺、知覚異常「ボンギオパニー博士、ノイマン博士など」 
 〇脳神経衰弱、習慣性頭痛、偏頭痛「フェルステンベルグ博士、ゾンメル博士など」 
 〇動脈硬化症、血圧亢進および血管諸症「ビグデレー博士、ステルン博士など」 
 〇脊髄労および骨膜炎「ストラーセル博士、チンメル博士など」 
 〇貧血、慢性的血液疾患、衰弱、リンパ管およびリンパ液の疾患
               「キュセラ博士、エーレ博士、ホッホジンゲル博士など」 
 〇膀胱炎、摂護腺炎など「エルツビショフ博士、ハウブト博士など」 
 〇心臓病「ケメン博士、ゾンメル博士など」 
 〇胸腺、甲状腺、扁桃腺の肥大および腫脹など「ホルツクネヒト博士、ホルラード博士など」 
 〇耳鼻咽喉の疾患「クラウス博士、ウイリアム博士、フロイデンタール博士など」 
 〇皮膚病および粘膜の侵食性潰瘍「アボランド博士、ゴルトベック博士など」 
 〇肛門病「ウイックハイム博士、デグレー博士など」 
 〇眼疾「アーダリール博士、ハンケ博士など」

代表されるラジウム鉱石 
 オーストリアの中央部、アルプスに近い場所にあるガシュタイン温泉(バートガシュタインまたはバドガシュタイン、バドガスタインとも読まれてます。)は
 世界的に有名な観光地であるとともに、ラドン温泉の発祥地としても大変有名です。

 ガシュタインのヴィルデンブルク山腹には
「奇跡を生む岩盤浴」といわれている放射能泉「ハイルシュトーレン坑道浴」があり、
その温熱とラジウム鉱石内から 浸出するラドンを利用したサウナ式施設にて
放射線ホルミシス効果によるリウマチや循環器系統の病気を
治療するために毎年世界中からたくさんの人々が訪れています。
 インスブルック大医学部付属病院によると、この放射能泉での対象疾患は、
リウマチ、糖尿病、心臓病、高血圧、痛風、悪性腫瘍などがあり、
 薬では満たされない良好な治療成績をあげている。
 死を待つだけの患者がこの放射能泉に運び込まれると、目に見えて元気が回復し自力で歩行できるようになる。数年もの延命効果など、
 そこでは一般的な医学常識は通用しなくなる。
 この「奇跡を生む岩盤浴」の地でで放射線ホルミシス効果の源といわれる非常に珍しく貴重なラジウム鉱石(薬石)が
日本の研究家によって発見され、
 また後にドイツのチロルでも発見されました。
 この鉱石が発見されたヨーロッパのこのエリアは宇宙船から見た場合、青白い不思議な光を放っているそうです。この地球自身が放つ希望の光が
 天然ラジウム鉱石
「ガイアライト」なのです。

                                
                                
バドガシュタイン産・ガイアライト
     天然ラジウムの放射線量は北投石の約8倍  マイナスイオンはトルマリンの約150倍以上  ラジウムの半減寿命はおよそ1620年と半永久的です
■ラジウム鉱石の放射線分析結果
バドガシュタイン産・ガイアライトの放射線分析結果
「ガンマー線核種分析の結果、トリウム系列放射能が0.42ベクレル毎グラム、ウラン系列放射能が3.5ベクレル毎グラム、カリウム元素(放射性同位元素)
K-40(半減期は19億年)が1.9ベクレル毎グラム検出されたが、他の放射性核種は検出されず、すべて自然放射能であることが確認できた。全放射能としては
トリウム系列1.5ベクレル毎グラム、ウラン系列12ベクレル毎グラム、合計15ベクレル毎グラムと評価できる。この放射線濃度は
法律的に放射性物質としての扱いを受けない
と考える。」という結果がでております

放射線の法令等
◆「放射線を放出する同位元素の数量等を定める件」(科学技術庁告示9号)
濃度については74ベクレル毎グラムとする。ただし、自然に附存する放射線を放出する同位元素及び化合物並びにこれらの含有物で固体状のものに係る
濃度については、370ベクレル毎グラムとする。(一部抜粋)
◆「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律施行規則」(総理府令第8号)
使用施設には、次の線量当量をそれぞれについて長官が定める線量当量限度以下とするために必要なしゃへい壁その他のしゃへい物を設けること。ロ 工場
または事業所の境界(工場または事業所の境界に隣接する区域に人がみだりに立入らないような措置を講じた場合には、工場または事業所及び当該区域から
成る区域の境界)及び工場または事業所内の人が居住する区域における線量当量(一部抜粋)
◆「放射線を放出する同位元素の数量等を定める件」(科学技術庁告示第9号)
規則第14条の6第1項第3号に規定する同号ロに掲げる線量当量に係る線量当量限度については次のとおりとする。
(1)1線量当量が3月間につき250マイクロシーベルト(0.11μsv/h)以下(一部抜粋)

日本においては残念ながらラジウム含有量の豊富な鉱石は産出されず、わずかにラジウムエマナチオン含有量10億分の1程度の鉱石や温泉が存在するのみです。
 私が推薦するバドガシュタイン産「ガイアライト」は世界でもトップクラスの含有量を誇るラジウム鉱石です。
 人類の数百年の研究と実績で身体に良いとされるラジウム鉱石ですが、まだまだ未知の部分が多い鉱石です。
 現在日本において代替療法へのラジウム鉱石の応用につきましては多くの学者によって研究され、難病克服への驚くほどの成果をあげておられます
 腹水はこうすべき””細い管をお腹に刺して直接腹水を抜くことは短命になる してはいけない
            腹水を抜くとくせになる よくない
  進行期、もしくは末期の肝臓がんの症状に腹水(ふくすい)があります。お腹の中に水が漏れだすもので、
         お腹が張ったり体重が増加したりします
 
腹水にガーゼをあてて  サランラップで体を巻きつけて汗を出して腹水を止めます
 肝臓がんで腹水がたまる理由

肝臓がんと腹水 腹水とは、お腹の臓器と臓器の隙間である「腹腔」の中にたまる水のことです。

ただの水ではなく患者さんの血管やリンパから染み出したもので、タンパク質や電解質といった栄養分が含まれています。

健康な人でも、常に数十ミリリットルの腹水はたまっており、主に腸が動く際に潤滑油のような役割を果たしています。

通常は再び吸収されて一定の量を維持しているのですが、病気など何らかの原因によって吸収される分よりたまる分の
ほうが多くなると、腹腔内臓器や肺などが圧迫されて苦しい症状が出てきます。

肝臓がんの腹水の場合、もっとも多いのは血中の「アルブミン」というタンパク質が少なくなることで起こるものです。

アルブミンは肝臓で作られ、血中の水分を一定に保つ作用があるのですが、肝機能が低下することによって
吸収する力が弱まり、腹水がたまりやすくなります。

もう1つは、がんが肝臓の門脈という血管を圧迫することで、血中の水分の流れが妨げられることです。
これによっても腹水の吸収が悪くなり、大量にたまることにつながります。

肝臓がんで腹水がたまった時の治療法

 腹水がたまると、腹部膨満感息苦しさ体重増加尿量の減少などが見られるようになります。

多い場合には数リットルもたまることがあり、放置すると細菌が繁殖して腹膜炎につながる恐れもあります。

ただし腹水にはもともと血中に含まれていた栄養素が含まれているため、一気に抜くと体力の低下やショック状態を
引き起こしかねません。ですから慎重に様子を見ながら、利尿剤を使うなどして少しずつ抜くことが大切です。

薬でも改善されない場合は、細い管をお腹に刺して直接腹水を抜く方法が行われることもあります。

ただし原因が肝機能の低下にあるため、腹水を抜いてもまた溜ってしまうことが多く、症状緩和のための
対症療法と
いう側面が強くなります。実際、腹水がたまるということは肝臓がんの病期もかなり進んでいることが一般的です。

         注意 直接腹水を抜く方法を繰り返すことで効果がなくなり命の危険性が高くなります
 民間療法 腹水を取り除く方法  すぎな+そば粉+ガーゼをつかい皮膚から水分を取り出す方法
 
すぎな
   
 
ミキサーで粉砕+水 混ぜます

保存冷凍 

   ガーゼにしみ込ませます 
抗がん剤は不要 ラドンホルミシス温湿ルームで自然治療をする(体に無害)強い免疫治療法である B-79-046
 抗がん剤。。。何度も言いますが癌を縮小させることはできても消滅はしません。
治らないのに副作用が大きくリスクが大きすぎます
 髪の毛は抜ける、激しい嘔吐下痢、凄まじい副作用の数々
そして、なによりも危険なのは、一番大切な免疫をぶっ壊してしまう毒を体中に流し込んでいるという事。

ガン患者の8割が、抗がん剤などの副作用死と判明
「抗がん剤で殺される 」「ガン検診は受けてはいけない?!」
「ガンで死んだら110番」等の本によると、年間ガンによる死者が30万人以上、
そのうち25万人近くが、がん治療で殺されてるとのことです。
入院すると強制的に施される抗がん剤、そして放射線療法、手術の3つです
抗がん剤に関しては、増がん剤というのは、医師、医薬品業界、そしてなんと厚生労働省の役人達の間では、常識だそうです。
世界で最も権威あると言われる研究機関、アメリカ国立ガン研究所(NCI)の1988年の報告書によると「抗がん剤は、ガンに無力なだけでなく、
強い発がん性で他の臓器などに新た
なガンを発生させる増ガン剤でしかない」と抗がん剤の効果をはっきりと否定、更に増がん剤
とまで言い切っています。
医者達は、どうせガン(特に末期)は治らない、役所も認めてるし、みんな使っているから、
どうせ死ぬなら、抗がん剤で儲けてやれ、という感じで、使ってるのでしょう。
岡山大学医学部付属病院で1年間に亡くなったガン患者のカルテを徹底精査したら、80%はガンではなく、抗がん剤や放射線など
ガン治療の副作用で死亡していたことが判明。

ところが、その事実を博士論文で発表しようとした若手医師は、目の前で学部長に論文を破り捨てられたとのことです。
99%の医師が抗がん剤を拒否、自らは代替療法で延命
本によると、271人の医師に「自分自身に抗がん剤を打つか?」質問すると270人が断固NO
東大医学部4人の教授は、何千人もの患者に抗がん剤を投与して殺害し
、自分達がガンにかかると「抗がん剤拒否」で食事療法でガンを治した。
彼らは、自らのがん患者たちが「食事療法でなんとか治したいんですが・・・」と懇願すると「ああ、あれは迷信、インチキ、だまされちゃダメですよ」
抗がん剤を何百、何千と打ち続け、その猛毒性で、苦悶のうちに「毒殺」し、膨大利益を得てきたはず
それが自分がガンになったとたん、抗がん剤拒否、代替療法で生き延びるとは・・・。
水に放射線照射の抗がん剤、注射器1本700万円以上
増がん剤と呼ばれる抗がん剤は、注射器1本分で、700万円~1900万円です。
しかも原価はほとんどただ、水に放射線を照射して作るそうですが、ただの水の方がはるかにマシ。
抗がん剤は、最初の4週間だけガンが縮小するのですが(それも10人に1人)、その後は逆にどんどんガンを増殖させてゆくのです。
というのも抗がん剤で、免疫に関係した腸内細菌やNK(ナチュラルキラー)細胞等の免疫細胞である白血球が根絶
やしにされ免疫システムがずたずたにされてしまうからです。抗がん剤の投与によって、その間にどうなるか?
髪の毛は抜ける、激しい嘔吐下痢、凄まじい副作用の数々免疫細胞はズタズタがん細胞だけが凶暴化して
患者を毒で蝕む。そして、やがて他の感染症などにかかり衰弱して死んでゆくと
年間30万人もの人々がこのような形で殺害されています。
厚労省も認める抗がん剤は、増ガン剤
船瀬俊介氏著書「ガン検診は受けてはいけない?!」の中に船瀬氏と厚生労働省のK技官とのやり取りが書かれています。
大変興味深い内容なので以下、転載させて頂きます。
船瀬氏「抗がん剤はガンを治せるのか?」
厚労省「抗がん剤がガンを治せないのは常識です。」「大変な猛毒物で、その毒性のため亡くなる方が大勢いる。」
船瀬氏が絶句しつつ、抗がん剤の発がん性を訊くと、
厚労省「大変な発ガン物質です。」に船瀬氏さらに唖然。
船瀬氏「ええっ!ガン患者に強烈な発ガン物質を打っているのですか?」
厚労省「そうです・・・。」
船瀬氏「その発がん性で新しいガンが出来るのでは?」
厚労省「そういう方が、大勢いらっしゃる。」
船瀬氏「そんな猛毒物質をなんで抗がん剤(医薬品)に認可した?」
厚労省「10人に1人くらい腫瘍縮小効果が見られたからです。」
船瀬氏「10人に9人はまったく変化無いのに認可はムチャクチャだ。」
厚労省「今のガン治療には、問題がおおいのです。」
以上が船瀬さんと厚労省の技官とのやりとりです。
船瀬さんは若い技官は正直だった、と続けて書いていますが、たまたま出てきた技官が、正義感の強い人間で船瀬さんを通して
内部告発したように受け取れます。
忌野清志朗、児玉清も抗がん剤による副作用死
昨年、ロック歌手の忌野清志朗さんが一応ガンということで亡くなりましたが、抗がん剤を打たれて免疫システムを破壊され
、感染症に冒され無菌室で最期をむかえたそうです。
また、今年、5月にやはりガンということで俳優の児玉清さんが亡くなられましたが、ガンが発覚してからわずか2ヶ月で死んでしまいました。
ちょっと体調が悪い、ということで検査をうけたことが運の尽き、命とりでした。
最近の研究によると赤ん坊から老人まで平均して毎日ガン細胞が約5000個体内で生まれていて、
成人の健康体でも数百万、数億個のがん細胞が存在しているそうです。

しかし、多くの方が、ガン細胞が悪性化して病気にならないのは、ガン細胞を攻撃して食べてしまう
マクロファージやNK(ナチュラル・キラー)細胞などの血液中の白血球の働きのお陰と言われています。

この白血球の働きを高めてあげれば、病気になりずらい体になるというわけです
また、前述のように誰でもガン細胞があって当たり前、悪性化して暴れて肉体を蝕んでゆかなければ問題ないのです。
そして常にガン細胞は増減しているのです。
心身にストレスが溜まれば増えるし、食事量を減らす、宿便を取り除く、乳酸菌等で善玉腸内細菌を増やす、瞑想やディクシャでストレスの
無い状態になれば減ると。要するにガン細胞の増減は、免疫力の増減と関係しているということです。
ガン検診、受けた人ほどガンで死ぬ!
ところが、ちょっと体調が悪い、例えば肺の調子が悪い、ということで医者に行ってガン検診でも受ければ、しかも精密検査で顕微鏡で
細胞レベルまで精査されれば、それこそ誰にでもガン細胞が発見されるのです。
そこで医者に「ガンが発見されました。」とでも言われれば、それだけでショックで免疫力が落ち、一気にガンが増大、悪性化してしまう
また検査の時のX線の放射線被曝で更にガン細胞が増えるのです。名著と言われる「医者が患者をだますとき」(PHP文庫)という
本を書いたロバート・メンデルソン医師は、真っ先に止めるべきはレントゲン検査で、それを殺人兵器と呼び、医療機器の中で
最も普及していて危険度においてこれに勝るものは無い、と言っています。
例えば、小児白血病は胎児の時のX線検査による被曝との深い関連は実証されている。
甲状腺機能低下症は20~30年前にレントゲン検査した人に何千、何万人と発病。甲状腺ガンは、歯科医の停低線量の
X線検査10回以下でも発病の危険がある。X線被曝が原因で米国では年間4000人以上が死亡している等。
更に慶大医学部近藤医師によると、CTスキャンは検査する医師次第で普通のレントゲンの100倍~1000倍の
X線被曝になるとのこと。
病気は医師が作り出す
1973年、イスラエルで病院ストが1ヶ月間決行され、その結果、なんと死亡率が半減!
ところが、病院が再開されると死亡率は元に戻ったとのことです。
米国で「民衆のための医者」と呼ばれ30万部を超えるベストセラー「医者が患者をだますとき」を書いた
メンデルソン医師は「病気は医師が作りだす」と言っています。
またこのようにも。「健康診断で実際には異常が無いのに異常あり、と判断してしまう傾向がある。」
 「健康と病気は医者の思惑でと都合でいかようにも解釈することができる。さじ加減は医者次第なのだ。
この手を使えば、病人の数も思うがまま・・・。」
「更に、元をただせば、入院患者の多くは、通院の段階で医者から処方された薬を服用して、その副作用が原因で
入院するはめに陥ったということである。」
ガンにかかると、一人の患者から7~800万円(米国1000万円)の収益を上げられるそうです。
ですから、この医療・医薬品業界にとって、ガンは無茶苦茶もうかるビジネスになっていると。
特に抗がん剤は原価ただ同然ですから。多くのがん患者(にされた人)たちが何も知らないで、先生、宜しくお願いします、
などと言って喜んで何百万円というお金を差し出し、抗がん剤の副作用で苦しみながら殺されていっています。
他に治る薬や方法があるというのに。どんなに生きている時に栄華を極めようが、ガンで入院したら人生の最期は惨めです。
人生の最期に、それまで蓄積したバッド・カルマを解消している?と言えなくも無いですが・・・。
良心的医師の独白「医療行為、その本質は<死の儀式>」
セントマーガレット病院の酒匂(さこう)猛医師は苦渋を込めてこのように語っています。
「内科医として35年間、約800人の患者さんに抗がん剤投与、手術の治療を施してきました。
はっきり申し上げます。今この方々は誰一人生きておられません・・・。
だからこれらガン治療は完全に間違っていると断言できます。」
また前述のメンデルソン医師は、以下の言葉を残してこの世を去ったそうです。
「医者の労力のかなりの部分が、人を死に至らしめる行為に費やされている。現代人は、この由々しき事実から目をそらせてはならない。」
「現代医学に限っては、人の死は成長産業である。医学雑誌を開けば、避妊、中絶、不妊手術、遺伝子診断、羊水診断、
人口ゼロ成長、尊厳死、安楽死など、必ず目にするのがこれらの最新情報である。
こうした医療行為が目指しているのは、生命の管理と終結である。」
「深く考えもせずにこんなことを礼賛している世の中は、宗教的狂乱に陥っているとしか言いようが無い。」
「人々は科学的な正当性が欠落していることに気がつかないように情報操作されている。」
「どの医療行為も、その本質は「死の儀式」にほかならない・・・。」