自宅で治すガン治療がある 抗がん剤の代用治療(テラヘルツ振動子光照射)
高額な医療費をかけてもがん細胞は死なない 高額な医療を使えばお金のない人に比べれば
長く生きられる がんが消えることではない お金がある人は命がほしいから 高額医療費を
何千万もつかつた人も数年の延命しかない 元の元気な体には戻れないです 
  自宅 病院でラドンホルミシス療法 抗がん剤の代用治療があります 奇跡の治療
  テラヘルツ電波 振動子 皮膚に連続的に体全体を放射線で照射することで がん細胞は睡眠
 180日で栄養不足で餓死する方法を世界ではじめて発見 ステージⅣ 余命30日以内の患者も生命を延長できる
 治療効果がよければ180日でがん細胞が消えることも少なくはないのです  
 入院中 自宅治療で動けない方はご家族 親戚にあたる方に弊社にて
抗がん剤の代用治療説明とご利用していただける施設のご案内をせせていただきます
 余命宣告30日以内の方も1年間で何人もの命を救い奇跡がおこりました  メール ご連絡ください
  お金がないので 高額医療(実費負担)が受けられない 1人でも助けあげたいための
  NPO非営利活動運営で行っています そのために抗がん剤の代用治療施設の利用の拡大をしております
B-78-80   がんになったら最後の手段 免疫細胞を強くする方法しかない
 ガンの治療 がんになったらお金がかかる がんになれば何もしない.方法も選択の1つである
お金かけて ガン細胞が死滅すればいいが90%以上の人が長くて10年までに死んでいく ガンになって
何もしなくて10年生きた人もいる
 お金かけてガン治療するには医師がすすめるガン治療とは
     がん患者は病院がもうかる仕組み 多額の高額医療費が生まれる
 多額のお金を支払って命が助かる保障はごく数%セント10人に1人の割合
お金をつかわない治療は絶対ない 
がん治療は『お金の切れ目が命の切れ目 多額のお金を払えば命は伸びる これには間違いないといえる
   
 お金があってもガンになれば死んでいく 早いか遅いかはお金次第 どうせ死ぬなら苦しまないで楽に死にたい
  経済財閥人 有名人 財産 遺産があっても がん細胞は殺せない 死んでいく 長く生きたいのなら
 数億年前から山の宝 ウラン鉱石は数億年も放射線を出し続けられる 
 放射線を体に適量に常時与えることで細胞が元気になり免疫力を作り出すのである
 病気 難病 老化も ウラン放射線をテラヘルツ波振動子を与えれば病気難病老化などすべての免疫細胞が改善
されるため おどどくほどの成果がでている 首にウラン振動子鉱石をつければ健康にもどれます
 今までつかわれた人100%(健康な人は比較しにくく分かりづらい)奇跡の宝石です
 ⑬民間療法 ラドンホルミシス療法 抗がん剤代用(電波振動子)テラヘルツ波 300μSV/h以上 
   500μSV/h以上(電波振動子)テラヘルツ波を皮膚から照射する 体には一切無害
   末期ステージⅣ 医師から余命宣告 病院治療ができない 手の施しようがない患者
主に最後の手段で利用する
   テラヘルツ電波 振動子で照射する方法  1日8時間以上 180日間(自宅療法)
   末期ステージⅣの費用 上半身側 80万以上-  体前後全面180万以上
   メール ご相談メール 180日でがん細胞を全身餓死させる方法

抗がん剤の代用治療

末期Ⅳ 余命30日以内なら
     前後から放射線6000μsV/hをあてた状態で
10日-20日程度でがん細胞が眠りますと食欲がでます 
がんが冬眠すればその後がんは大きくならないために餓死します

抗がん剤の代用治療
首にウラン振動子鉱石をつければ健康にもどれます
がん 自宅療養にはもっとも効果がございます 
  
 
ラドンガスを人工的に発生させ.充満させる
ラドン生成発生装置(ラドン水の生成)  医療機器 ラドン吸入器 放射性物質ラドンの吸入器
ラドン水の生成装置は200万以上 
ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度のラドンルームに10分間いたことになります
 末期がん患者への抗がん剤投与について質問例
末期がんの患者は抗がん剤をいくら打ってもガンは治らないし非常に強い副作用で苦しむだけ苦しんで体力がどんどん弱り
最後は抗がん剤で命を失うし寿命も抗がん剤を打つことで短くなる

末期がん患者は一切抗がん剤を打たないでそのまま余生を送るのが良い、そうすると余生を抗がん剤で苦しまなくて良い
、抗がん剤打たないと寿命も延びるので家族と過ごしたり遣り残したことに取り組めてよいということです
医者、製薬会社、厚生省は抗がん剤を患者にたくさん使えば使うほど3者とも利益が得られるといってました
どう思いますかあなたが判断はすることです
末期がん ステージⅣ 医師から手のほどこしょうがない 余命1年と通告された
 標準.治療( 外科治療 化学治療 放射線治療)
抗がん剤.も効果なし 免疫治療(NK活性療法.リンパ球療法.樹状細胞療法)ビタミンC治療
ハイパーサーミヤー治療(がん温熱療法) 温熱治療 漢方治療  なにをしても
がん治療に効果がない 医師から手のほどこしょうがない
がん細胞が増大しないように安静にしているしかない 一度がん細胞におかされたら.逃れられない命ある限り いつかその日が来る 早いか遅いかだけ
ホルミシスラドン温湿ルーム施設  医師から見放された末期ガンの方 外国人の受け入れ

 がんのステージ・病期・進行度
 ステージ0  ステージ0

がん細胞が粘膜内(上皮細胞内)にとどまっており、
リンパ節に転移はしていない
ステージ1  ステージI

がんの腫瘍が少し広がっているが筋肉の層まででとどまっており、
リンパ節に転移はしていない 
 ステージ2  ステージII

リンパ節に転移はしていないが、筋肉の層を超えて
少し浸潤(広がること)している。または、がんの腫瘍は広がっていないが、
リンパ節に少し転移している
 ステージ3  ステージIII

がんの腫瘍が浸潤しており、リンパ節転移もみられる
 ステージ4 ステージIV

がんがはじめにできた原発部位を超えて、離れた他の
臓器へ転移している 
がん細胞の破壊  テラヘルツ波(THz波)は、1秒間に1兆回(=テラ)の分子振動をし透過波長でありテラヘルツ波は、
様々な物質の通過が可能
             テラヘルツ波(量子波)が癌細胞増殖抑制の本体遠赤外線の内、
ある波長領域が癌細胞の増殖を抑制する
、この波長領域こそがDNAを修復する21世紀のエネルギーであるテラヘルツ波である

テラヘルツ波の帯域をテラヘルツ振動子 照射 掛布 敷布にしますと永久的に継続した放射線が常時1.44μsV/h~ 
放射線3μsV/h程度
放出されます
この新エネルギーは弊社が(KDD)世界初の開発したもので類はございません
がん細胞はテラヘル
 ツ振動子波長は眠たくなる睡眠薬である 
 抗がん剤の痛み止め飲めば 体になんらかの被害がでます-
 抗がん剤 代用には
 レアアーステラヘルツクリームは10cm深く細胞にテラヘルツ振動を与え
 痛みをおさえ壊れた細胞元気な細胞につくりかえてなおかつ活性酸素をなくす働きをします
 残された治療法とは  日本には2台しかないラドン温湿ルーム
免疫細胞を元気な細胞を作るのが
 ラドンホルミシス温湿ルームです 高濃度なラドンホルミシス
体全体に強い放射線と
ラドンガスを口の中に入れることで がん細胞が眠くさせます
がん細胞が長期に活動を停止することで.ガンエネルギーがなくなり少しづつ餓死していきます
末期がん 余命宣告 医師から治療ができない難病 難病治療 世界の名医 施設 滋賀県 1箇所
難病患者 命を助けている 神の手と呼んでいるメール  
ホルミシスとアンチエイジング施設
自然鉱石をつかった電波のテラヘルツエネルギー治療(2014年8月開発)(オースラリア.中国 韓国 モンゴルからやってくる.)
施設利用1泊
¥12000-50000
自然鉱石をつかった電波のテラヘルツエネルギー治療は破壊されたDNA細胞を即座に修復しますので
1時間程度で体が軽い 痛み消えた 気持ちいい さわやかなどの反応がでます 回復力100%以上になり感動していただいています
入浴後は体内細胞が暖かい37度以上あります 皮膚体温36度これがふしぎといわれます
            (オーストリア鉱山洞窟以上)湿度75% 空気温度42度  
 病気回復力90%
放射線ホルミシス療法     ラドンルームの製造
ホルミシスとアンチエイジングしていただけるラドンルームの開発と製造 
 ラドンミスト発生装置 吸入装置 低線量放射線による損傷は修復が可能である  鍵は活性酸素を抑制する 抗酸化酵素である
がんの3大発生原因の1つは活性酸素  DNA遺伝子細胞を傷つける  修復には水素水が非常によいとされている
低線量放射線は免疫を強化します だからDNA修復にはラドン治療がいいのです
ラドンのアルファ線なのです 50ミリシーベルトから500ミリシーベルトが有効範囲と言えます
オーストラリアのバドガシュタインのラドン坑道は湿度70%から100% 
濃度4万4000ベクレル/m2のラドンを効果的に吸引しています
ラドンによる肺がん発生リスクは現在ではございません危険ということにしておけば安全である
100みりシーベルト以下の放射線による発ガンリスクは非常に低い 飲酒.タバコによるリスクは1.6倍にもなります
どんな微量でも放射線は危険としているのですがまったく根拠が証明できないまま人体についての影響ついてはよくわからい
万全を期して危険であると予防的な防衛基準なのです手術不能の場合 ホルミシスは最先端の統合療法です
 
ラドンルーム治療法 放射線ホルミシス ラドン温湿浴 
バドガシュタイン並のラドン濃度を実現した施設がラドンルームなんです  施設利用1泊¥12000
            バドガシュタイン並のラドン濃度を実現   
             ラドン温湿浴施設(放射線ホルミシス ラドンルームの製造 難病治療  手術不能のガン治療.難病の技術研究開発)  
 
          KDD(株)滋賀県野洲市木部930   077-589-2354  モデルルーム JR京都駅から新快速25分   メール メール
     
温度湿度管理
     ラドンホルミシスルームは末期ステージⅣ 以上の方 医師から見放された方のみ受付させていただきます 
     
1階 細胞を活性させ難病の方  末期ステージⅣ ALS 膠原病 皮膚病の方 医師から見放された方のみ限定の受付させていただきます 
     
     
医師から治療を断られた難病患者さん  元気な細胞に修復したい方に  ラドン生成水にての治療法 細胞を元気にしましょう
  ラドンガスの発生とラドン温泉そして体内接種の機序ホルミシス療法
●ラドンとは自然界にある86番目の元素
「放射性元素」のことです。・ラドン222 = ラドン   半減期 3.82日
・ラドン220 = トロン   半減期 55.6秒 ・ラドン129 = アクノチン半減期 3.92秒ラドン222以外は半減期が短く治療には不適です
       ラジウム温泉のラドンン銭への変化とラドンの体内へ取りこまれるしくみラドンガス吸入による放射線ホルミシス効果と医療での可能性

ホルミシス療法

   活性酸素が現在の病気の原因の大きな部分を占めているという多くの研究発表がされています。
ホルミシス療法
 
     医療機器 ラドン吸入器
 放射性物質ラドンの吸入器

ラドン水の生成装置は200万以上 
ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度のラドンルームに10分間いたことになります
 
ラドンガスを人工的に発生させ.充満させる
ラドン生成発生装置(ラドン水の生成)
 

この子神の子不思議子
高濃度 ガスを発生させる
 連続永久放出
 608μSV/h以上 
高濃度1500μSV/h以上
この天然鉱石がないとラドン水の生成の
 有効効力はない
高濃度ほど効き目が早い 
  「ラドンは放射性物質の一種です。装置は、200万円という高額なもの。装置から発生するミスト状のラドンを口から吸い込み、血液を介して
全身に行き渡らせる。通常は、1日6回、1回10分を目安に吸入する
 ラドンを吸入することで免疫力が高まる、
天然鉱石の放射性物質を吸い込んでも一切害はないとのこと(人工鉱石はだめです)
 ラドンは岩盤や地下水から大気に放出される自然界の放射性物質である。これを水蒸気に付着させる形で吸入させ、血液を介して
  全身に循環させようとするのがラドン吸入器ですラドンを吸入することで免疫力が高まり、呼吸器疾患や肝障害や糖尿病への
  治癒効果が期待できる 
「本来は医療施設に販売する専門機器です。個人が購入する場合、1台100万円近くかかるのではないか」
と医療関係者は語る。副作用の心配がないとされるラドン吸入器に信頼よせている
 
 
    ラドン生成セラミック30μSV/h
      4500ppm 
 
ラドンガスを吸い込む
この子神の子不思議子
高濃度 ガスを発生させる
  
 
●活性酸素消去酵素の活性 ●癌抑制遺伝子P53の活性 ●DNAの修復 ●免疫バランスの向上
●細胞膜流動性の向上 ●ホルモンの増加 ●血中コレステロールの減少
●過酸化脂質の減少など様々な効果が明らかになりました。ラドン浴によるホルミシス効果について、世界中で数千の論文が発表されています
  
ラドン温湿浴 放射線ホルミシス療法   活性酸素を抑制 する抗酸化酵素
  X線全身照射することでSOD. GPX .活性されますとDNA細胞が修復されます.さらに低線量放射線は免疫を強化する治療効果が生まれます 

  体の傷ついた老化細胞を修復すると体は元気な細胞に戻ります 難病による破壊された細胞をきれいな細胞にします
  医師から見放された末期がん 膠原病 慢性皮膚炎 大人の喘息など あらいる病気の改善ができます
  
 それが世界ではじめてのホルミシス温湿ルームで免疫療法が奇跡を起こします癌は免疫のもつれた病気・
  腸がん 胃がん 食道がん 盲腸がん 膵臓がん 胆管がん 胆のうがん 肝臓がん 肺がん 乳がん 卵巣がん 子宮がん
  口腔がん 咽頭がん 舌がん 甲状腺がん 腎臓がん 膀胱がん 尿管がん 前立腺がん 脳腫瘍 メラノーマ 平滑筋肉腫その他の肉腫

  放射線ホルミシス ラドンルームの製造  難病治療  手術不能のガン治療.難病の技術研究開発  
 
ウランシート 350μsV/h
 
 背中にもウランシート 350μsV/h
 
 
     前 後から放射線350μsV/hで
    がん細胞を眠らせますと食欲がでれば
    がんは大きくならない 命助けます
 
がん 
自宅療養には効果がございます  
がん細胞を眠らすとがん細胞は死滅します
 180日間放射線350μsV/h以上 連続照射
 免疫細胞は元気になりがん細胞は冬眠します
 この方法はウラン鉱石がないとできません
 ウラン鉱石は日本にはない ケニア 北朝鮮
 アフガニスタン 戦争の武器に使います
 ので輸入ができません
 ウランは被爆するほど効果がある
 反面 体の細胞を修復する効果もあります
 ウラン鉱石はDNA細胞をつよくしますので
 病気の治療 健康維持にも期待できます
 ウラン鉱石は被爆しません 核兵器をつくる
 原料なのです

 残念ですが日本にはウランは実在しません
あれば 末期がんでも命は助かります 
 腹水はこうすべき””細い管をお腹に刺して直接腹水を抜くことは短命になる してはいけない
            腹水を抜くとくせになる よくない
  進行期、もしくは末期の肝臓がんの症状に腹水(ふくすい)があります。お腹の中に水が漏れだすもので、
         お腹が張ったり体重が増加したりします
 
腹水にガーゼをあてて  サランラップで体を巻きつけて汗を出して腹水を止めます
 肝臓がんで腹水がたまる理由

肝臓がんと腹水 腹水とは、お腹の臓器と臓器の隙間である「腹腔」の中にたまる水のことです。

ただの水ではなく患者さんの血管やリンパから染み出したもので、タンパク質や電解質といった栄養分が含まれています。

健康な人でも、常に数十ミリリットルの腹水はたまっており、主に腸が動く際に潤滑油のような役割を果たしています。

通常は再び吸収されて一定の量を維持しているのですが、病気など何らかの原因によって吸収される分よりたまる分の
ほうが多くなると、腹腔内臓器や肺などが圧迫されて苦しい症状が出てきます。

肝臓がんの腹水の場合、もっとも多いのは血中の「アルブミン」というタンパク質が少なくなることで起こるものです。

アルブミンは肝臓で作られ、血中の水分を一定に保つ作用があるのですが、肝機能が低下することによって
吸収する力が弱まり、腹水がたまりやすくなります。

もう1つは、がんが肝臓の門脈という血管を圧迫することで、血中の水分の流れが妨げられることです。
これによっても腹水の吸収が悪くなり、大量にたまることにつながります。

肝臓がんで腹水がたまった時の治療法

 腹水がたまると、腹部膨満感息苦しさ体重増加尿量の減少などが見られるようになります。

多い場合には数リットルもたまることがあり、放置すると細菌が繁殖して腹膜炎につながる恐れもあります。

ただし腹水にはもともと血中に含まれていた栄養素が含まれているため、一気に抜くと体力の低下やショック状態を
引き起こしかねません。ですから慎重に様子を見ながら、利尿剤を使うなどして少しずつ抜くことが大切です。

薬でも改善されない場合は、細い管をお腹に刺して直接腹水を抜く方法が行われることもあります。

ただし原因が肝機能の低下にあるため、腹水を抜いてもまた溜ってしまうことが多く、症状緩和のための
対症療法と
いう側面が強くなります。実際、腹水がたまるということは肝臓がんの病期もかなり進んでいることが一般的です。

         注意 直接腹水を抜く方法を繰り返すことで効果がなくなり命の危険性が高くなります
 民間療法 腹水を取り除く方法  すぎな+そば粉+ガーゼをつかい皮膚から水分を取り出す方法
 
すぎな
   
 
ミキサーで粉砕+水 混ぜます

保存冷凍 

   ガーゼにしみ込ませます