多発性硬化症髄鞘が壊れて中の神経線がむき出しになる病気が脱髄疾患 病気が再発を繰り返すのが多発性硬化症(MS)です
 
B-78-78
   
 多発性硬化症
多発性硬化症は中枢神経系の脱髄疾患の一つ
、神経線も髄鞘というもので被われています。この髄鞘が壊れて中の神経線がむき出しになる病気が脱髄疾患です。
この脱髄が斑状にあちこちにでき(これを脱髄斑といいます)、病気が再発を繰り返すのが多発性硬化症(MS)です。
MS病変が多発し、古くなると少し硬く感じられるのでこの名があります。最近、抗アクアポリン4(AQP4)抗体という
自己抗体の発見により、これまで視神経脊髄型MSと言われた中に視神経脊髄炎(NMO)が含まれていると考えられるように
なってきています。一方、欧米人に多く、視神経や脊髄のみならず
大脳や小脳に病変が多発するMSは通常型MS呼ばれます。
 治療法
急性期には副腎皮質ホルモン(ステロイド)を使います。一般にソルメドロールという水溶性のステロイド剤を500mgないし1,000mgを
2~3時間かけて点滴静注します。これを毎日1回、3日から5日間行い1クールとして様子を見ます。本療法をパルス療法と言います。
まだ症状の改善が見られないときは数日おいて1~2クール追加したり、血液浄化療法を行うことがあります。ステロイドの長期連用には
糖尿病や易感染性・胃十二指腸潰瘍や大腿骨頭壊死などの副作用が出現する危険性が増すため、パルス療法後に経口ステロイド薬を
投与する場合でも(後療法と言います)、概ね2週間を超えないように投与計画がなされることが多くなっています。急性期が過ぎると
リハビリテーションを行います。対症療法として有痛性強直性痙攣に対しカルバマゼピンを、手足の突っ張り(痙縮)に対しては
バクロフェンなどの抗痙縮剤、排尿障害に対しては抗コリン薬など適切な薬剤を服用します。
MSの再発予防には、我が国ではインターフェロンβ-1b(ベタフェロン)とインターフェロンβ-1a(アボネックス)の注射薬が認可されています。
また、2011年9月、フィンゴリモド(イムセラ/ジレニア)内服薬が承認されました。活動性の高い患者さんに対して使用される、
モノクロール抗体点滴静注製剤ナタリズマブ(タイサブリ)は、2014年3月に製造販売が承認されました。一方、NMO病態を有する患者さんの
再発予防には、インターフェロンβやフィンゴリモドは必ずしも有効ではないと考えられています。
むしろ、経口ステロイド薬や免疫抑制薬の使用を優先した治療計画が推奨されています。
         ラドンホルミシス温湿治療法 自然鉱石放射線治療法 電波治療
ラドン吸入器 取り扱い説明書  がん克服  難病の治療
       がん治療には
ラドン療法 低線量の放射線治療で病気を克服 難病治療にも効果的治療法であります
ラドン吸入器は未来の医療機器である
潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)の悪化 効果的な治療法とはラドン療法
 ラドンとは.放射性物質の一種であるα線を放出する.これを体内に取り込めば細胞活動を活発化される働きがあるという
 ラドンの特徴は水に付着すること.湯気に付着してラドンを吸い込めば体によいとされています.
 もともとラドンルームというものがあって 
ラドンガスを人工的に発生させ.充満するラドンを体内に取り込り込んでいた。
この改良型が
高濃度ラドンルームですラドン療法は民間療法で、がん.リユウマチ.神経疾患.膠原病などに効果があるとされている
ラドンルームに入ると13ヶ月でしようが見事に消えたが重症な患者や忙しい人は高濃度のラドンルームに通えないそこでラドン吸入器を考えた
 
ラドン含有量
4000ベクレル/m3以上
内寸H1990mm L2305mm
床パネルW603mmL2305mm

低ホルシス放射線量 264.1μSV/h
ラドンパネル(テラヘルツ加工)
374mmX677mmX6枚
374mmX848mmX2枚

室内のラドン量の目安測定
 ホルミシス 専用のウオータージヤグに水道水を入れて.高濃度のラドン水を作るそれを吸入器にセットして、ミストにして吸入する
 頻度は症状にて異なりますが、1日数回 10分づつ吸入することが、一般的です
 ラドン水の生成装置は200万以上 ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度のラドンルームに10分間いたことになります
 10分間吸入した際の被爆量は、約0.014ミリシーベルト 胸部X線撮影で、1回当たり0.06ミリシーベルトです
 この治療法で被爆は問題ないレベルです ラドン治療は標準的な治療ではないので、自己責任が必要
 潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)に効果があるとか言えば.臨床試験がないので何もいえません
 多量では有害だけれど、少量なら有益な現象をホルミシスと言います放射線もその性質あると言うことを示すデーターはあります
 宇宙ステーションに一日入ると約1ミリシーベルト被爆する宇宙飛行士の古川聡さんは167日もいましたが いまでも元気です 病気していません
           潰瘍性大腸炎とは主に大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の非特異性炎症性疾患
 C-0-46                   ラドン水の生成装置           高度医療機器製造 kDD(株)kdd002@kdd1.com 
 ラドンガスの発生とラドン温泉そして体内接種の機序ホルミシス療法
●ラドンとは自然界にある86番目の元素
「放射性元素」のことです。・ラドン222 = ラドン   半減期 3.82日
・ラドン220 = トロン   半減期 55.6秒 ・ラドン129 = アクノチン半減期 3.92秒ラドン222以外は半減期が短く治療には不適です 
 ラジウム温泉のラドンン銭への変化とラドンの体内へ取りこまれるしくみラドンガス吸入による放射線ホルミシス効果と医療での可能性

ホルミシス療法

活性酸素が現在の病気の原因の大きな部分を占めているという多くの研究発表がされています。
ホルミシス療法
 
     医療機器 ラドン吸入器
  放射性物質ラドンの吸入器

ラドン水の生成装置は200万以上 
ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度の
ラドンルームに10分間いたことになります

ラドンガスを人工的に発生させ.充満させる
ラドン生成発生装置(ラドン水の生成)

この子神の子不思議子
高濃度 ガスを発生させる
 連続永久放出
 608μSV/h以上 
 高濃度1500μSV/h以上
  「ラドンは放射性物質の一種です。装置は、200万円という高額なもの。装置から発生するミスト状のラドンを口から吸い込み、血液を介して
全身に行き渡らせる。通常は、1日6回、1回10分を目安に吸入する
 ラドンを吸入することで免疫力が高まる、
天然鉱石の放射性物質を吸い込んでも一切害はないとのこと(人工放射線鉱は有害)
 ラドンは岩盤や地下水から大気に放出される自然界の放射性物質である。これを水蒸気に付着させる形で吸入させ、血液を介して
  全身に循環させようとするのがラドン吸入器ですラドンを吸入することで免疫力が高まり、呼吸器疾患や肝障害や糖尿病への
  治癒効果が期待できる 
「本来は医療施設に販売する専門機器です。個人が購入する場合、1台100万円近くかかるのではないか」
と医療関係者は語る。副作用の心配がないとされるラドン吸入器に信頼よせている

    ラドン生成セラミック30μSV/h
      4500ppm
 
ラドンガスを吸い込む
  ●活性酸素消去酵素の活性 ●癌抑制遺伝子P53の活性 ●DNAの修復 ●免疫バランスの向上
●細胞膜流動性の向上 ●ホルモンの増加 ●血中コレステロールの減少
●過酸化脂質の減少など様々な効果が明らかになりました。ラドン浴によるホルミシス効果について、世界中で数千の論文が発表されています