ハイパーサーミア(がん温熱治療)とは
がん細胞だけをやっつける、患者様に優しい治療法

がん細胞が熱に弱いのではないか、ということが、古くから考えられてきました。
別の病気で高熱を出した患者のがんが小さくなったといった報告が世界各地の医師や研究者からあがっていたのです。
問題はがん細胞だけをどうやって加熱するのか?ということです。がんは身体の奥深くにあることも多く、また、
身体中のあちらこちらに広がっていることもあります。身体を表面から温めるだけの方法では効果は期待できません。
特に肺がん、肝臓がん、膀胱がんなどといった身体の深部にあるがんにはほとんど効果がありませんでした。
そこで注目されたのが、
高周波の電波による加熱です。赤外線や紫外線が身体の表面しか温めることができないのに対し
、高周波は身体の奥深くにまで浸透して、がん組織を狙うことができる特長を持っています。研究の結果、

8MHzという周波数帯の電波が最も適していることが分かりました。

ハイパーサーミア装置「サーモトロン-RF8 EX Edition」は、8MHzを採用しています。
幾年にもわたる研究開発を経て1984年に、 山本ビニターが世界で始めて高周波加温による
ハイパーサーミア装置"サーモトロン-RF8"を実用化、 厚生省の医療用具の製造承認を取得しました
サーモトロン-RF8は、8MHzの高周波を使ったがん温熱治療装置で、対向した1対の電極で
がん患部を中心に挟み、
その間に高周波を通電し、コンピュータ制御により正確に
42~44℃に加温(ガン細胞)します。
治療時間は30分~60分です。
がん患部のみを選択的に加温するため
患者様の負担は小さく、テレビを見ながらや音楽を聴きながら、また家族と会話しながら、リラックスして受けることができるので、
精神的な負担も大きくありません。切除手術に比べて身体的な負担もなく、副作用もほとんどありません。

42~44℃に加温(ガン細胞)
今では外科的手術、抗がん剤、免疫療法など他の治療と組み合わせて
がん温熱治療を行い、それぞれの良いところを生かし効果を高める併用治療が広がっています。
B-78-77
近赤外線放射治療方法があります 日本ではできない あと早くて5年-10年先のこと
方法はないだろうか??   
「近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移も治す」驚きのがん治療法を ...

近赤外光線免疫治療法】明るいお知らせ!がんの新しい治療法 - たべこ ...

近赤外線でがん細胞が死滅!日本人研究者が開発した アメリカです
http://www.lifehacker.jp/2016/11/161121mugendai.html
 
  
放射線物質 ガン治療ヨウ素水
メール がんにくっつく抗体液は熱を出しガン細胞を破壊する(アメリカ合衆国)
 細胞に熱を出させる鉱石が存在する
鉱石に近赤外光線(テラヘルツ波の光を照射する)をガンの表面にあてて熱をだす
ことでガン細胞を死滅させる方法でもある
その方法がこれです 奇跡ではないかとの疑問があるが結果としてガン細胞が縮小したとの結果報告を受けているがすべての人に該当するわけではない 試してみる価値はある 
治療 がんを眠らせる方法 180日でがんは死滅する 180日冬眠させる方法あります
   通常の生活ができます
 奇跡はおこる 余命宣告60日前なら遅くはない 命助ける方法はこれしかない
「近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移も治す」驚きのがん治療法を
5年先の治療より今が危ない 同じ近赤外光線ならがんを殺す ガンが死滅する日は180日が目安です
お問い合わせはメール 問い合わせは電話ではしていません 
ハイパーサーミア(がん温熱治療)厚生省の医療用具の製造承認であるから安心???
余命3ヶ月の末期がんがなくなるは100%ない
 多額の治療費支払ってもガン患者は死ぬしかないの??? 薬もない 治療方法は
 延命はできるが ガン細胞は切除しないかぎり死なない
がんが死滅させられる病院は世界中でもない
臓のつくもののガンはほとんどガンは死なない
テラヘルツ波高濃度近赤外線放射線をつかった治療 アメリカ ドイツ フランスにある
身体全体を突き抜ける電波で治療する 治療時間100時間以上)
300μsV/h-2000μSV/h 副作用はまったくない 体は快適 寝ているだけの治療なのです
 ガンの治療にはお金がかかる おかねがないとがん治療はできない 死んでいくしかない世の中
がんになれば誰も助けてくれない 多額のお金が必要なのです 健康保険の使える範囲ないでの治療しかない
入院費用 検査費用 高額な薬代金など 高額な医療費を永久に払い続けることが必要
 ガンになれば5年ごとに検査 再発90%以上 死ぬまで医療費が必要
ガン細胞を冬眠し餓死さすには50万-100万がかかります ガンの治療にはお金がかかることを知っておいてください  
 すべてのガンに効く薬はない いまだにオプジーボ効果予測
薬 抗がん剤でガンが死ぬはずがない しない限りガンは体で繁殖する
薬はきやすめ 次はこの薬 次はこの薬 いつまでもガンに効果がでない薬を飲んでいる
ガンを死滅させる方法は切除しかないからと言える お金もちなら ガンはなおる
お金あってもすべてのガン患者死んでいます 延命治療しているだけで 健康体にはもどれない
 
 
 なぜ病院は抗がん剤をすすめるのか?? 
 アメリカ政府から押し付けられた抗がん剤は日本は過剰在庫
厚生省は患者さんのため 病院は抗がん剤どんどん使ってくださいね
(儲かります経営安定医療補助制度)1ヶ月で退院してください 
 
   
 ハイパーサーミア(がん温熱治療)
日本で5箇所程度100%自己負担
 ビタミンC治療法「一般的)   放射線ホルミシス療法(自然鉱石)100%自己負担
ラドン吸入器治療 
医師が選んだがん治療のスーパードクターで神の技 がん治療手術がかなうのは ごくわずかな限られた人
多額のお金が必要 一般人にはまったく無関係のことだろう 
がん治療は『お金の切れ目が命の切れ目
スーパードクターで神の技 がん治療手術ができなくてもガンを眠らせ死滅させる方法は1つある
ラドン温湿治療オーストリアのハイルシュトレン ラドン治療坑道 である 
C-0-46      がんは平均100万円、入院費用1日1.6万円
 国立がん研究センターがん対策情報センターの調査によれば、「年齢階級別がん罹患率」は30~40代では女性が男性よりやや高く、
50代に入って男女ともに急増。そして60代以降は女性より男性が顕著に高くなるという結果が出ている。それにもかかわらず、
がんの治療費については「かなり高額」な印象こそあるが、正確な金額をイメージできる人は多くない。
老後のがんのリスクに賢く備えるには、どう手を打つべきなのか?
「一般的ながんの治療費は平均100万円ほど。
早期に発見して健康保険が適用される標準治療だけで済めば、
自己負担額は50万円程度で収まることも少なくありません。
しかし、それはあくまでも
手術・入院前後の費用のこと。実際には手術が成功して無事に退院できても、
再発予防や定期検査などで通院を続けなければならず、長期的にがんと付き合っていかざるをえないケースが多いです」
 「もし再発や転移を繰り返せば、数年にわたって抗がん剤などの治療を続けることになり、自己負担の総額が数百万円単位に膨れ上がることもあります。
さらに再発のリスクを減らすため、
退院後も数年間は通院してホルモン治療などを続けていかねばなりません。
がん治療は予後のQOL(生活の質)に関わる費用も含めて、中長期的な資金計画が必要になるんです。
年金から食費を削って抗がん剤治療を受けている高齢者も実際にいるほどで、
保険のきかない高額な先進治療を受ける場合
、『お金の切れ目が命の切れ目』ということも十分ありえます」
 がん治療 病院にたよらない 免疫治療が1つの選択
入院  多額のお金を使い 薬 がん細胞 手術 再発 の繰り返し
なおればいいがほとんど死んでいく 薬の作用で免疫を下げて短命することも少なくない
免疫治療とは
免疫細胞を増強して癌を抑制する癌 治療の新たな選択肢「癌免疫細胞療法」
「がん」の治療は一般的に がん三大療法と呼ばれる「手術による外科療法」「放射線による療法」「化学療法剤による療法」の三つが通常の療法
、近年第四のがん治療法と言われる『免疫細胞療法
免疫治療 
体外で活性化、増殖させたTリンパ球などを再び体内に戻し、全身の体内のがん細胞を排除する  病院なので多額のお金がかかる
 お金をつかわない治療は絶対ない がん治療は『お金の切れ目が命の切れ目 多額のお金を払えば命は伸びる これは間違いない
   
お金がないものは 死ぬしかない 誰も無料で命は救えない すべてがん治療は多額のお金を用意しないといけない
 ガン細胞は切り取ればいいじゃないか??切れば5年経過するまでに新しいガン細胞が生まれ増殖する 
 ガン細胞を放置しても 手術しても生存年数はほとんどかわらない例も少なくない 乳がんがその例 乳がん放置して
 
20年後生きた 手術したら15年死んだ  どちらの選択がいいのかは本人がきめること 
 このような治療方法が開発された ガン細胞を180日冬眠していただく治療法を発見 世界初 第一人者が日本にいた
 
田中政好である(電波おやじ)テラヘルツ振動子をつかってガンを眠らすことに成功した人物である
  180日も冬眠すれば 栄養不足でガンのエネルギーをなくし餓死することができる がん細胞の形は残るがガン細胞の活動はなくなる
  このような方法をつかえば 多額の治療費用をがいらない ガン細胞を眠らせる化学装置とは 体に無害である天然放射線療法である
  
ホルミシスラドン入浴 テラヘルツ療法  ホルミシス テラヘルツルームに入る 室内温度42度 湿度75% 
バドガシュタインのホルミシスラドンルームである
  1日10時間 7日間使用することで がん細胞は眠りに入りガン細胞は活動をしなくなるため 痛みも消え 食欲も戻る
 今までの元気な姿に戻れます その後は
がん細胞が活動しないようにホルミシスラドン(ウラン鉱石)煙 口に吸引すれば肺に入り元気な生活がおくれます
   
そのまま何もしないとがん細胞は眠りからさめて  2倍の栄養をとり始め活動を行う がん細胞は又増繁殖します
 放射線ホルミシス ラドンルームの製造  難病治療  手術不能のガン治療.難病の技術研究開発 
  ステージ4  医師から余命宣告されガンから7日間で克服のスタートが始まりました 
信じますか これが運命の分かれ道です      
 癌の進行度はステージという言葉で表されますステージには1~4があり、数字が上がるにつれて、進行していきます。
  癌におけるステージというのは、体の内部にどれくらい癌が広がっているのかを示す目安となるものです。
  命というのは、死期に向かう患者さんの症状には共通点があるので、そこから医師が経験に基づいて予測した
  生存期間のことをいうのです。ですので、一概にステージ4だからと言っても、余命があとどれくらいなのかを
  はっきりと決まるわけではありません。参考程度となります。しかし、末期症状であれば、当てはまる確率が高くなります

  医師は薬を与え指導します
 ガン治療は切除以外生命は救えない
 高濃度ラドン温湿浴 4万ベクレル ラドン222
放射線ホルミシス療法 は抗癌剤などの化学療法 手術や高線量放射線照射などといつたらあらゆる
標準治療とも合い.副作用軽減作用.主作用増強作用があります 
放射線ホルミシス療法は性別などの個人による効果の差がありません 放射線療法は誰にでも効果がでます
ラドン温湿浴施設(放射線ホルミシス ラドンルームの製造  難病治療  手術不能のガン治療.難病の技術研究開発)  
 
                         KDD(株)滋賀県野洲市木部930 
 077-589-2354 
             モデルルーム JR京都駅から新快速25分   メール メール
 ホルミシスは最先端の統合療法です 放射線ホルミシス研究の先端を行く日本
 ラドンルーム治療法 放射線ホルミシス ラドン温湿浴 バドガシュタイン並のラドン濃度を実現 
  ラドンミスト発生装置 吸入装置 難病治療  手術不能のガン治療 
 DVD映像でご覧ください
 がん」という病気の大きな原因は、強いストレスから来る免疫力の低下です
最新の西洋医学「高活性化NK細胞療法」と、東洋医学「自律神経免疫療法」を組み合わせた、三大治療(標準治療)だけでは
克服できないのがガン、肝臓、大腸、骨、肺、脳、食道、腹膜、リンパ節など全身に転移しており、手術、抗癌剤、
放射線療法いずれも効果がなく、すなわち三大治療(標準治療)では治療限界を超えてしまった人
痛み止めの坐薬をやめる 痛みがないですか 
ないです ガンは眠りました 
活動を一時停止したのです
.まるで奇跡がおきました それがホルミシスラドン温湿ルームなのです 
体全身に強い免疫力を浸透させることで 破壊 低下した細胞を元気なDNA細胞を瞬時に修復を開始
末期がんステージ4の方はホルミシスラドン温湿ルーム 
1日連続3時間以上を5回 7日 105時間以上で
歩行 散歩するまで回復が期待していただけます

もちろん食事は3日目45時間以上で克服でできるでしょう 
施設では数10人の体験していただいた
実名の自筆報告で結果を公開しています 閲覧できます(体験者の連絡報告可能です)

弊社はホルミシスラドン温湿ルームの研究施設として 医師から見放された難病 永久に
治療できない人の免疫力を高める事ができる施設を製造しております
無料にて各個人の判断のもとに
ホルミシスラドン温湿ルームを開放させていただいていますので
 医師から見放された難病 永久に治療できない人を優先にご利用いただけます
お問い合わせはメールのみになっています
メール 施設利用許可は弊社から
連絡させていただきます 専門相談員のため電話での応対はさせていただけません
 ご了承ください 連絡が必要な方は携帯番号は忘れずメールにて記載下さい
実例 抗癌剤を打つ寸前
  ガン専門病院からガン治療はできませんと宣告され ガンがおとなしい時期をみて 自宅に帰る許可をします
  と3日以内に救急に運ばれすぐ点滴を打たれて....意識がもどることなく他界していきます
  ガンは眠らせればいいのです 活動しなくなれば体重は増えます  ガンが眠りやすい環境をつくれば がんは冬眠して栄養がなくなり
  180日でほとんど餓死します 内臓体温が37度以上なれば 末期がんで転移しても 眠たくなる電波波長と振動でガンは眠ります
  その体験をしていただければ 3日程度で痛みがなくなり 体のだるさも消え 食欲がでます  からご安心ください 
それを実現するのが世界で1台の放射線ホルミシス ラドンルームなんです
 これが人生生涯の分かれ道なのです
 このネットをごらんいただいたのは 運命の出会いなのです 探す努力には神が救いあたえたものと信じてください
 医師から宣告をうけ あとわずかな命 奇跡がおきました これが人生の分かれ道です命は大切にしましょう
 日本では、ガンになると、抗がん剤、放射線での治療、最悪は手術で切ることが多い。海外を見渡せば、日本のガン治療が異常であることが解る。「何もしない」「様子をみる」というのが一般的。先進国でもガンが見つかっても何もしないという選択肢はごく当たり前の主要な選択肢なのです。なぜなら、それは有害な治療で治る効果がないことがはっきりわかっているからです。
それどころか、「ガンはうかつに治療するな」はごく一般的選択肢のひとつです。とくに前立腺癌はとくにほおって置いても害がないから、何もしない、何もする必要がないという見方が主要選択肢なのです。前立腺癌を放置したからと言ってどうなるでしょうか?実はどうもならないことが海外ではわかっているからです。普通に最後まで生活できるのです。
 50代以降では40%以上の男性が解剖してみると気づいていなかっただけで前立腺癌だったのです。前立腺に限らず、文明人なら体のどこかにガンがあるのが当たり前のこと。
 ところが放置しても何も起きません。そのまんま寿命までも何も起きないのです。だから慌てる必要も何もする必要がないというのは常識です。
 日本の常識のほうが海外から見ればおかしな異常な猟奇治療を繰り返しており、仰天するような異常なことをやっています。手術はするわ、それに抗ガン剤も打たれるわと効いたら海外の医者はエッッーと仰天するでしょう。
 
カナダでは、抗ガン剤と手術を両方するのはたったの3%であり、三大治療全部やるのはもっと少ないはずです
そもそも3つとも全部やると言うことが海外の常識からすれば、仰天なのです。海外では有害な治療のフェードアウトが進んでいるからです。
 日
本ではどうでしょうか?いろんな有名人がガン宣言で治療したとたんにまたかというように亡くなっています
その壮絶な苦しみのウラで巨額の利益を上げてホクホクの利益確定をした連中がいるがいることは間違いありません。
●日本の医者は平気でウソをつく
 現在の日本の病院では、医師たちは、おどろくようなウソを平気でいいます。
 まず、
「現在の治療水準では、抗ガン剤、放射線、手術がベストです」といいます。
 そして、100%、医者は患者を抗ガン剤漬け、放射線漬け、手術漬けにしていきます。 試みに聞いてごらんなさい。
 「センセイ、もしあなたがガンだったら、自分に抗ガン剤打ちます?」。 顔面蒼白になって絶句するのは、まちかいないでしょう。
 じつは正解は「まったく治療しない」こと。スウェーデンでの報告です。早期前立腺ガンの患者223人を『まったく治療せず』10年間、経過を経過をみた。その間に124人が死亡しました。
 しかし、ガン死だったのは、わずか19人(8.5%)。よって、研究者たちは「手術による前立腺全摘は標準的治療とはいえない」
と結論付けています。
 日本では男性諸兄は
前立腺ガンで病院を訪ねると例外なく切られる、あるいは放射線を浴びせられる。
 しかし、スウェーデンの医者たちは、これら治療を「必要ない」という。
 だから、
スウェーデンの前立腺ガン治療は「何もしない」で様子をみるだけ。
 この事実を知っていたら、だれが地獄のような苦しい、痛い思いをして、日本の病院で治療を受けるでしょう。
 しかし、こ
のような国際的なガン治療の常識は医者はぜったい教えてくれません。メシの食い上げになるからだ。
日本は抗ガン剤20倍、手術17倍
  肺ガンも同じ.日本では、ほぼ100%抗ガン剤を盛られ、放射線をあてられ、手術で切られます。
 ところが、カ
ナダでは、もっとも多い治療法は『何もしない』なのだ
 なんと「無治療」22%。最近の研究では「何もしない患者が、もっとも治りやすいことがわかってきたという。何というパラドックス………「手術」は、 たったの6%.日本は.17倍)抗ガン剤はなんと5%(日本は20倍).「抗ガン剤」と「手術」は3%(日本は.33倍)……!
 日本では、国際的レベルにくらべて、抗ガン剤は20倍、手術は17倍も多い。メチャクチャに抗ガン剤を与え、メチャクチャに手術で切りまくっているのです。それが、どうして国際的標準といえるのでしょうか?
C-0-46   末期がん治療方法 末期がんをみごとに克服された報告とは?? 
           ガンを冬眠し餓死さすには50万-100万がかかります ガンの治療にはお金がかかることを知っておいてください
   ホルミシスラドン温湿ルームに入浴するには低料金 その後 がん細胞を眠らせガンエネルギーが低下しても
     がん細胞が7日前後に目を覚まし2倍の栄養をとる 増殖活動がおこるので
 ガン細胞を永眠させるのには 強いテラヘルツエネルギ振動子(鉱石が必要)が1000μSV/h-500μSV/h 必要です

  
入り口(開閉スライド式)
W715mm H1400mm
外壁 合板18mm ランドコアー(両面プリント)
オート照明センサー. 酸素吸引ガス 火災報知機

ラドン含有量4000ベクレル/m3以上
内寸H1990mm L2305mm
床パネルW603mmL2305mm

ルーム外寸 
H2135mmW1015mm L2430mm
本体重量300kg

ラドン ホルミシスガス発生装置

  
 放射線量1200μSV/hの高濃度の吸引
   にて 体内DNA細胞修復させます
 
室内のラドン量の目安測定

   
低ホルシス放射線量 264.1μSV/h
ラドンパネル(テラヘルツ加工)
374mmX677mmX6枚
374mmX848mmX2枚
 
  
 バドガシュタイン200kg以上
    高濃度ホルミシス 20μsV~45μSV
      温熱ガスでホルミシスを発生させる

 
 温度 湿度 空気濃度タイマー 
    ヒーターリモコン
がん細胞 参考例
胸腺腫、胸腺がんは胸腺の表層に悪性(がん)細胞が生じる病気 胸腺腫、胸腺がんを疑う症状としては、咳や胸痛があります。
  • 持続する咳。胸部痛。呼吸困難。 胸腺腫と胸腺がんは、時として症状がない場合があります。
  • がんは、定期的な胸部X線検査において発見されることがあります。次の徴候は、胸腺腫、
  • 胸腺がんやその他の状況によって引き起こされることがあります。次のような問題が起こった場合は、医師の診断を受けてください
 筋無力症や他の自己免疫疾患に関係し胸腺がんを疑う症状としては、咳や胸痛があり胸腺がんを発見するために、胸腺の検査
胸部X線検査:胸部に簡単なX線照射を行い、胸部とその内部構造のX線像を調べます。X線とは体内を通過してフィルム上まで達し、
体内を撮影することができるエネルギービームの一種です。
 胸腺腫と胸腺がんは、通常、病状と病期を診断し、治療します
胸腺は胸骨の裏に位置する小さな臓器で、リンパ系の一部分 胸腺はリンパ球と呼ばれる白血球をつくっており、
リンパ球は感染から体を守ります胸腺腫と胸腺がんは、胸腺の表層細胞にはほとんど腫瘍がありません。胸腺腫の腫瘍細胞は、
胸腺の正常な細胞に似ていますが、ゆっくりと増殖し胸腺の外にはめったに移転しません。これに対し、
胸腺がんの腫瘍細胞は
胸腺の正常細胞と異なり、
急速に増殖し、がんが発見されるときには通常、体の他の部位にまで移転しています。胸腺がんは、
胸腺腫よりも治療が困難です。免疫系が正常組織や臓器を攻撃することにより起こります胸腺腫の患者さんが自己免疫疾患を
持っている場合もよくあります
重症筋..無力症
自己免疫性赤芽球癆。低ガンマグロブリン血症。多発性筋炎。エリテマトーデス 関節リウマチ 甲状腺炎 シューグレン症候群
ホリミシスとアンチエイジング
ラドンルームに入ると皆肌がつるつるになり若返り現象が起きます テラヘルツ振動子のレアアースは特に有効です
効果治療としてはウラン鉱石を体に常時身につけることで.DNA細胞を修復させる 水素水飲用と炭酸ミストは活性酸素を体から除去させます
 手術不能の場合  ホルミシスは最先端の統合療法です 放射線ホルミシス研究の先端を行く日本
ラドンルーム治療法 放射線ホルミシス ラドン温湿浴 
バドガシュタイン並のラドン濃度を実現 
ラドンミスト発生装置 吸入装置 
低線量放射線による損傷は修復が可能である  鍵は活性酸素を抑制する 抗酸化酵素である
がんの3大発生原因の1つは活性酸素  DNA遺伝子細胞を傷つける  修復には水素水が非常によいとされている
毎日 水素水をつくり1日200CC以上飲用すると効果的である.体内に抗酸化酵素を発生させることで
がんをふせごうとします。年齢加齢にて抗酸化酵素を十分に除去できなくなるとDNA細胞を傷つけますとP53遺伝子がDNAを修復できなくなります
重要なのが体に活性酸素を貯めないこと 毎日水素水を飲用して老化細胞をふせぎDNA細胞を修復しましょう
低線量放射線は免疫を強化します だからDNA修復にはラドン治療がいいのです
ラドンのアルファ線なのです 50ミリシーベルトから500ミリシーベルトが有効範囲と言えます
オーストラリアのバドガシュタインのラドン坑道は湿度70%から100% 
濃度4万4000ベクレル/m2のラドンを効果的に吸引しています
ラドンによる肺がん発生リスクは現在ではございません危険ということにしておけば安全である
100みりシーベルト以下の放射線による発ガンリスクは非常に低い 飲酒.タバコによるリスクは1.6倍にもなります
どんな微量でも放射線は危険としているのですがまったく根拠が証明できないまま人体についての影響ついてはよくわからい
万全を期して危険であると予防的な防衛基準なのです

オーストリアのハイルシュトレン ラドン治療坑道 難病の治療
ラドン吸入器 取り扱い説明書  がん克服  難病の治療
       がん治療には
ラドン療法 低線量の放射線治療で病気を克服
ラドン吸入器は未来の医療機器である
潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)の悪化 効果的な治療法とはラドン療法
 ラドンとは.放射性物質の一種であるα線を放出する.これを体内に取り込めば細胞活動を活発化される働きがあるという
 ラドンの特徴は水に付着すること.湯気に付着してラドンを吸い込めば体によいとされています.
 もともとラドンルームというものがあって 
ラドンガスを人工的に発生させ.充満するラドンを体内に取り込り込んでいた。
この改良型が
高濃度ラドンルームですラドン療法は民間療法で、がん.リユウマチ.神経疾患.膠原病などに効果があるとされている
ラドンルームに入ると13ヶ月でしようが見事に消えたが重症な患者や忙しい人は高濃度のラドンルームに通えないそこでラドン吸入器を考えた
 
ラドン含有量
4000ベクレル/m3以上
内寸H1990mm L2305mm
床パネルW603mmL2305mm

低ホルシス放射線量 264.1μSV/h
ラドンパネル(テラヘルツ加工)
374mmX677mmX6枚
374mmX848mmX2枚

室内のラドン量の目安測定
 ホルミシス 専用のウオータージヤグに水道水を入れて.高濃度のラドン水を作るそれを吸入器にセットして、ミストにして吸入する
 頻度は症状にて異なりますが、1日数回 10分づつ吸入することが、一般的です
 ラドン水の生成装置は200万以上 ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度のラドンルームに10分間いたことになります
 10分間吸入した際の被爆量は、約0.014ミリシーベルト 胸部X線撮影で、1回当たり0.06ミリシーベルトです
 この治療法で被爆は問題ないレベルです ラドン治療は標準的な治療ではないので、自己責任が必要
 潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)に効果があるとか言えば.臨床試験がないので何もいえません
 多量では有害だけれど、少量なら有益な現象をホルミシスと言います放射線もその性質あると言うことを示すデーターはあります
 宇宙ステーションに一日入ると約1ミリシーベルト被爆する宇宙飛行士の古川聡さんは167日もいましたが いまでも元気です 病気していません
           潰瘍性大腸炎とは主に大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の非特異性炎症性疾患
 C-0-46                   ラドン水の生成装置           高度医療機器製造 kDD(株) メール
 ラドンガスの発生とラドン温泉そして体内接種の機序ホルミシス療法
●ラドンとは自然界にある86番目の元素
「放射性元素」のことです。・ラドン222 = ラドン   半減期 3.82日
・ラドン220 = トロン   半減期 55.6秒 ・ラドン129 = アクノチン半減期 3.92秒ラドン222以外は半減期が短く治療には不適です 
 ラジウム温泉のラドンン銭への変化とラドンの体内へ取りこまれるしくみラドンガス吸入による放射線ホルミシス効果と医療での可能性

ホルミシス療法

活性酸素が現在の病気の原因の大きな部分を占めているという多くの研究発表がされています。
ホルミシス療法
 
     医療機器 ラドン吸入器
  放射性物質ラドンの吸入器

ラドン水の生成装置は200万以上 
ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度の
ラドンルームに10分間いたことになります

ラドンガスを人工的に発生させ.充満させる
ラドン生成発生装置(ラドン水の生成)

この子神の子不思議子
高濃度 ガスを発生させる
 連続永久放出
 608μSV/h以上 
 高濃度1500μSV/h以上
  「ラドンは放射性物質の一種です。装置は、200万円という高額なもの。装置から発生するミスト状のラドンを口から吸い込み、血液を介して
全身に行き渡らせる。通常は、1日6回、1回10分を目安に吸入する
 ラドンを吸入することで免疫力が高まる、
天然鉱石の放射性物質を吸い込んでも一切害はないとのこと(人工放射線鉱は有害)
 ラドンは岩盤や地下水から大気に放出される自然界の放射性物質である。これを水蒸気に付着させる形で吸入させ、血液を介して
  全身に循環させようとするのがラドン吸入器ですラドンを吸入することで免疫力が高まり、呼吸器疾患や肝障害や糖尿病への
  治癒効果が期待できる 
「本来は医療施設に販売する専門機器です。個人が購入する場合、1台100万円近くかかるのではないか」
と医療関係者は語る。副作用の心配がないとされるラドン吸入器に信頼よせている

    ラドン生成セラミック30μSV/h
      4500ppm
 
ラドンガスを吸い込む
  ●活性酸素消去酵素の活性 ●癌抑制遺伝子P53の活性 ●DNAの修復 ●免疫バランスの向上
●細胞膜流動性の向上 ●ホルモンの増加 ●血中コレステロールの減少
●過酸化脂質の減少など様々な効果が明らかになりました。ラドン浴によるホルミシス効果について、世界中で数千の論文が発表されています