すい臓がんの85%が見つかった時には手遅れで、生存率は2%以下
「発見したタンパク質と、抗体の性質を組み合わせれば、簡単にすい臓がんの検査ができる

B-78-70

 がんの初期段階からすべての患者において血中レベルが高くなる ・がんである場合のみ変化が見られる
という条件を満たしたタンパク質を発見した。
もう一つの閃き  奇跡は誕生する 最先端のがん治療はラドンホルミシス温湿度ルーム治療方法
自然鉱石を使い体に一切害のない放射線ラドンホルミス療法 ホルミスルームに毎日8時間 7日間連続以上滞在することでがん細胞を眠らせることで 痛みもなくなり 食欲もでます 体全体は軽いと思える気分最適になれる
しかし、安心ではない そのまま何もしなければ前の状態に戻る放射線ラドンホルミス療法の後はラドンホルミス吸引が必要です。 
放射線をわずか吸い込むことでがん細胞に眠りをあたえることで長期冬眠するとがん細胞は栄養不足で餓死をする
180日必要体全体ガンの転移していても がん細胞を眠らせばがん細胞は死んでいく 「インターネットを使えば何だってできます。 
 
末期がん治療方法
末期がんをみごとに克服された報告とは?? 
 お問い合わせ メール
 
放射線ラドンホルミス療法
ラドン含有量4000ベクレル/m3以上
内寸H1990mm L2305mm
床パネルW603mmL2305mm
 
低ホルシス放射線量 264.1μSV/h
ラドンパネル(テラヘルツ加工)
374mmX677mmX6枚
374mmX848mmX2枚
  ラジウム温泉のラドンン銭への変化とラドンの体内へ取りこまれるしくみラドンガス吸入による
放射線ホルミシス効果と医療での可能性

ホルミシス療法
ラドン水の生成装置   高度医療機器製造 KDD(株) メール

 
   
 

抗体には一種類の特定のタンパク質にだけ反応するという性質がある。  
発見したタンパク質と、抗体の性質を組み合わせれば、簡単にすい臓がんの検査ができるのでは?
すい臓がんをたったの3セント(3円)、時間にして5分で判定できるというもの。
従来の方法と比べると168倍速く、26,000分の1以下の費用ででき、400倍の精度がある
この検査によってがんが早期に発見されれば、患者には100%に近い生存率がある。
そして今後2〜5年で、すい臓がん患者の生存率は現在の5.5%から100%近くに引き上げられる可能性がある。
それだけではない。この検査法は、それぞれのタンパク質に適した抗体を用いれば、すい臓がんだけでなく、
他のがんやHIVなど様々な疾患の発見にも応用が可能だ。
「インターネットを使えば何だってできます。」価値あるアイデアを共有して評価されるのに、
学位をたくさん持った教授である必要はない。
とても中立的な場所です。見た目や年齢、性別に関わらず、アイデアだけが重視されます。