肺がん 胸腺腫、 自宅療養  ラドン水の生成水で末期がんの克服 高濃度ラドン温湿浴 4万ベクレル ラドン222  
ラドンを吸入することで免疫力が高まる、ラジウム温泉のラドンン銭への変化とラドンの体内へ取りこまれるしくみ
ラドンガス吸入による放射線ホルミシス効果と医療での可能性が大きい
がん細胞 参考例 がん克服末期がん治療方法末期がんをみごとに克服された報告とは?? 

内臓体温37度維持すればがんは死滅する
 その方法が見つかった
ラドン含有量
4000ベクレル/m3以上を10時間体に転写 DNA細胞にスイッチONできるラドンルームにはいること
B-25-28            胸腺腫、胸腺がんは胸腺の表層に悪性(がん)細胞が生じる病気 胸腺腫、胸腺がんを疑う症状としては、咳や胸痛があります

                                 
 
  • 持続する咳。胸部痛。呼吸困難。 胸腺腫と胸腺がんは、時として症状がない場合があります。
  • がんは、定期的な胸部X線検査において発見されることがあります。次の徴候は、胸腺腫、
  • 胸腺がんやその他の状況によって引き起こされることがあります。次のような問題が起こった場合は、医師の診断を受けてください:
  • 筋無力症や他の自己免疫疾患に関係し胸腺がんを疑う症状としては、咳や胸痛があり胸腺がんを発見するために、胸腺の検査
    胸部X線検査:胸部に簡単なX線照射を行い、胸部とその内部構造のX線像を調べます。X線とは体内を通過してフィルム上まで達し、
  • 体内を撮影することができるエネルギービームの一種です。胸腺腫と胸腺がんは、通常、病状と病期を診断し、治療します
    胸腺は胸骨の裏に位置する小さな臓器で、リンパ系の一部分 胸腺はリンパ球と呼ばれる白血球をつくっており、リンパ球は感染から体を守ります
    胸腺腫と胸腺がんは、胸腺の表層細胞にはほとんど腫瘍がありません。胸腺腫の腫瘍細胞は、胸腺の正常な細胞に似ていますが、
  • ゆっくりと増殖し胸腺の外にはめったに移転しません。これに対し、胸腺がんの腫瘍細胞は、胸腺の正常細胞と異なり、
  • 急速に増殖し、がんが発見されるときには通常、体の他の部位にまで移転しています。胸腺がんは、胸腺腫よりも治療が困難です。
  • 免疫系が正常組織や臓器を攻撃することにより起こります胸腺腫の患者さんが自己免疫疾患を持っている場合もよくあります重症筋..無力症
    自己免疫性赤芽球癆。低ガンマグロブリン血症。多発性筋炎。エリテマトーデス 関節リウマチ 甲状腺炎 シューグレン症候群
   
 
   末期がん死滅 治療 奇跡の治療  近赤外光線の処置方法 ガン細胞を眠らさせる治療とは・・・ 放射線治療
肺炎になると主に肺に有害な菌が発症していることがほとんど 肺炎菌はなかなか死なない
 肺炎菌が拡大すると命の危険になる 菌を殺す薬を投与するも効果が薄い場合には 
 肺患部全体に近赤外光線という放射線を連続で照射する方法もあります 以外にいい結果もでています 
 
自宅療養
 
自宅療養
 
肺がん 自宅療養
 外出  家庭では 近赤外光線は常時身につけること 180日必要   ガンが栄養不足で餓死する治療なんです
嘘みたいなように思われますが意外と効果がありガン患者さん多数助けてきました 
問い合わせ メール 近赤外光線開発事業
 
内側 放射線量186.4μSV/h
 
     内側 放射線量186.4μSV/h 

  裏側 ウラン原石350g使用 
 
 表面 放射線量186.4μSV/h
   
 
ウランシート 350μsV/h
 
 背中にもウランシート 350μsV/h
 
前 後から放射線350μsV/hで
がん細胞を眠らせますと食欲がでれば
がんは大きくならない 命助けます
   
がん 自宅療養には効果がございます 
がん細胞を眠らすとがん細胞は死滅します
 180日間放射線350μsV/h 連続照射
 免疫細胞は元気になりがん細胞は冬眠します
 この方法はウラン鉱石がないとできません
 ウラン鉱石は日本にはない ケニア 北朝鮮
 アフガニスタン 戦争の武器に使いますので輸入ができません
 ウランは被爆するほど効果がある
 反面 体の細胞を修復する効果もあります
 ウラン鉱石はDNA細胞をつよくしますので
 病気の治療 健康維持にも期待できます
 ウラン鉱石は被爆しません 核兵器をつくる
 原料なのです

 残念ですが日本にはウランはないです
あれば 末期がんでも命は助かります
ラドンガスの発生とラドン温泉そして体内接種の機序 
ラドンガスを肺に吸い込んで余命3ヶ月の末期がん治療を克服された方は今も元気 奇跡をおこしましょう 信じない人100%
 
 放射線物質を体内に投与する  内用療法放射線物質をがん周辺に送り込み.その
放射線でガンを倒す 飲んだり 吸引する ガンの患部に近赤外光線を直接照射することでガンを破壊させる
放射線物質にはヨウ素がたくさん含まれています 難病の膵臓 内経内分腫瘍をに効果がある メール 
 
  膵臓癌になれば100%ほど助からないですガンになれば10年経過すればほとんど死ぬということですね
 そこで
近赤外光線免疫療をご案内します 近赤外光線免疫ルームで安眠していただきます   
がん放射線物質を体内投与でガンにならないようにする方法
その1 
体に無害な放射線を常時身に付ける放射線量は450μSV/h以上 
ウランニウム鉱石 北朝鮮 南アフリカ  ケニア産しか存在しないもの 
 放射線量 537μSV/h 首にかけて生活をする(体に無害)
 体内にたまる活性酸素は瞬時に消すため
まず疲れない 病気がしなくなる 毎日元気に過ごせる
被爆するというのは戦争につかう道具 爆弾になるから戦後言われてきました 危険のための伝説 メール    

     放射線物質 ヨウ素を
 
吸引すると体内から放射線が出る  

   
放射線物質 ヨウ素水
 
(放射線量30μsV/h以上) 
  煙状態で吸い込みます
1日3回程度でOK
  

 放射線物質 
ガン治療ヨウ素水

メール 支援します   
 
 放射線物質 ヨウ素水を製造する
   2000μSV/h で製造する液体


 外部測定(放射線量19.55μsV/h以上
   
 
    容器の外部測定
   (放射線量20.89μsV/h以上)
ラドン水の生成装置   高度医療機器製造 KDD(株)メール   
体の衰え翌朝克服 快調の毎日すごせます 健康なDNA細胞を再生させます 疲れません 
 ラドンガスの発生とラドン温泉そして体内接種の機序ホルミシス療法
●ラドンとは自然界にある86番目の元素
「放射性元素」のことです。・ラドン222 = ラドン   半減期 3.82日
・ラドン220 = トロン   半減期 55.6秒 ・ラドン129 = アクノチン半減期 3.92秒ラドン222以外は半減期が短く治療には不適です
 ラジウム温泉のラドンン銭への変化とラドンの体内へ取りこまれるしくみラドンガス吸入による放射線ホルミシス効果と医療での可能性

ホルミシス療法

  活性酸素が現在の病気の原因の大きな部分を占めているという多くの研究発表がされています。
ホルミシス療法
 
     医療機器 ラドン吸入器
 放射性物質ラドンの吸入器

ラドン水の生成装置は200万以上 
ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度のラドンルームに10分間いたことになります

ラドンガスを人工的に発生させ.充満させる
ラドン生成発生装置(ラドン水の生成)
 
 
この子神の子不思議子
高濃度 ガスを発生させる
 連続永久放出
 608μSV/h以上 
 高濃度1500μSV/h以上
この天然鉱石がないとラドン水の生成の
有効効力はない
 高濃度ほど効き目が早い
「ラドンは放射性物質の一種です。装置は、200万円という高額なもの。装置から発生するミスト状のラドンを口から吸い込み、血液を介して
全身に行き渡らせる。通常は、1日6回、1回10分を目安に吸入する
 ラドンを吸入することで免疫力が高まる、
天然鉱石の放射性物質を吸い込んでも一切害はないとのこと(人工鉱石はだめです)
 ラドンは岩盤や地下水から大気に放出される自然界の放射性物質である。これを水蒸気に付着させる形で吸入させ、血液を介して
  全身に循環させようとするのがラドン吸入器ですラドンを吸入することで免疫力が高まり、呼吸器疾患や肝障害や糖尿病への
  治癒効果が期待できる 
「本来は医療施設に販売する専門機器です。個人が購入する場合、1台100万円近くかかるのではないか」
と医療関係者は語る。副作用の心配がないとされるラドン吸入器に信頼よせている
 

    ラドン生成セラミック30μSV/h
      4500ppm 
 
ラドンガスを吸い込む
この子神の子不思議子
高濃度 ガスを発生させる
 
●活性酸素消去酵素の活性 ●癌抑制遺伝子P53の活性 ●DNAの修復 ●免疫バランスの向上
●細胞膜流動性の向上 ●ホルモンの増加 ●血中コレステロールの減少
●過酸化脂質の減少など様々な効果が明らかになりました。ラドン浴によるホルミシス効果について、世界中で数千の論文が発表されています
 
   ラドン温湿浴 放射線ホルミシス療法   活性酸素を抑制 する抗酸化酵素
  X線全身照射することでSOD. GPX .活性されますとDNA細胞が修復されます.さらに低線量放射線は免疫を強化する治療効果が生まれます 

  体の傷ついた老化細胞を修復すると体は元気な細胞に戻ります 難病による破壊された細胞をきれいな細胞にします
  医師から見放された末期がん 膠原病 慢性皮膚炎 大人の喘息など あらいる病気の改善ができます
  
 それが世界ではじめてのホルミシス温湿ルームで免疫療法が奇跡を起こします癌は免疫のもつれた病気・
  腸がん 胃がん 食道がん 盲腸がん 膵臓がん 胆管がん 胆のうがん 肝臓がん 肺がん 乳がん 卵巣がん 子宮がん
  口腔がん 咽頭がん 舌がん 甲状腺がん 腎臓がん 膀胱がん 尿管がん 前立腺がん 脳腫瘍 メラノーマ 平滑筋肉腫その他の肉腫

  放射線ホルミシス ラドンルームの製造  難病治療  手術不能のガン治療.難病の技術研究開発 
 末期がん 医師から宣告 末期がん治療手術できない 体にガンが転移している ガンの日本一 外科医 名医
 放射線ホルミシス療法 は抗癌剤などの化学療法 手術や高線量放射線照射などといつたらあらゆる
 標準治療とも合い.副作用軽減作用.主作用増強作用があります 
 放射線ホルミシス療法は性別などの個人による効果の差がありません 放射線療法は誰にでも効果がでます
 ホルミシスは最先端の統合療法です 放射線ホルミシス研究の先端を行く日本
 ラドンルーム治療法 放射線ホルミシス ラドン温湿浴 バドガシュタイン並のラドン濃度を実現 
 ラドンミスト発生装置 吸入装置 難病治療  手術不能のガン治療 
 DVD映像でご覧ください
会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2番7-1708     通販法   今までの納品先
高度医療開発事業   滋賀県野洲市木部930  077-589-2354 FAX 077-589-4892
 
  入り口(開閉スライド式)
W715mm H1400mm
外壁 合板18mm ランドコアー(両面プリント)
 オート照明センサー. 酸素吸引ガス 火災報知機

ラドン含有量
4000ベクレル/m3以上
内寸H1990mm L2305mm 
床パネルW603mmL2305mm
  

ルーム外寸 
H2135mmW1015mm L2430mm
本体重量300kg 
 
 
ラドン ホルミシスガス発生装置
 
  
 放射線量1200μSV/hの高濃度の吸引
   にて 体内DNA細胞修復させます
 
 
室内のラドン量の目安測定 
 
医療機器 ラドン吸入器
ウラン鉱石は2個つかいます

 末期ガン場合には1200μSV/h 以上
自宅治療 がん細胞を眠らせます
ケニア ウクライナー アメリカ ロシア 
などにある  
日本にはない  
 
   
低ホルシス放射線量 264.1μSV/h
ラドンパネル(テラヘルツ加工)
374mmX677mmX6枚
374mmX848mmX2枚
  
バドガシュタイン200kg以上
高濃度ホルミシス 20μsV~45μSV
温熱ガスでホルミシスを発生させる

温度 湿度 空気濃度タイマー 
ヒーターリモコン
 
 
 がん細胞 参考例 がん克服末期がん治療方法末期がんをみごとに克服された報告とは??
ホリミシスとアンチエイジング
ラドンルームに入ると皆肌がつるつるになり若返り現象が起きます テラヘルツ振動子のレアアースは特に有効です
効果治療としてはウラン鉱石を体に常時身につけることで.DNA細胞を修復させる 水素水飲用と 炭酸ミストは活性酸素を体から除去させます
ラドンミスト発生装置 吸入装置 
低線量放射線による損傷は修復が可能である  鍵は活性酸素を抑制する 抗酸化酵素である
がんの3大発生原因の1つは活性酸素  DNA遺伝子細胞を傷つける 
修復には水素水が非常によいとされている
毎日 水素水をつくり1日200CC以上飲用すると効果的である.体内に抗酸化酵素を発生させることで
がんをふせごうとします
年齢加齢にて抗酸化酵素を十分に除去できなくなるとDNA細胞を傷つけますとP53遺伝子がDNAを修復できなくなります
重要なのが体に活性酸素を貯めないこと 毎日水素水を飲用して老化細胞をふせぎDNA細胞を修復しましょう
低線量放射線は免疫を強化します だからDNA修復にはラドン治療がいいのです
ラドンのアルファ線なのです 50ミリシーベルトから500ミリシーベルトが有効範囲と言えます
オーストラリアのバドガシュタインのラドン坑道は湿度70%から100% 
濃度4万4000ベクレル/m2
ラドンを効果的に吸引しています
ラドンによる肺がん発生リスクは現在ではございません危険ということにしておけば安全である
100みりシーベルト以下の放射線による発ガンリスクは非常に低い 飲酒.タバコによるリスクは1.6倍にもなります
どんな微量でも放射線は危険としているのですがまったく根拠が証明できないまま人体についての影響ついてはよくわからい
万全を期して危険であると予防的な防衛基準なのです手術不能の場合  ホルミシスは最先端の統合療法です 
放射線ホルミシス研究の先端を行く日本ラドンルーム治療法 
放射線ホルミシス ラドン温湿浴 
バドガシュタイン並のラドン濃度を実現  オーストリアのハイルシュトレン ラドン治療坑道