下着にて体内細胞改善 免疫力を作り出します メール
 
       電波測定  放射率 連続4.0μSV/h 
  体内細胞 10cm深く照射します 血流改善 DNA細胞修復
B-3-28 
 テラヘルツの樹脂シリコンパット   整形外科 接骨院 リハビリ  痛みを抑えて細胞を修復するのにとても有効です
                          皮膚にテラヘルツ分光を与えることで
 DNAが修復されてる働きをします  細胞を若くする働きをしていきます
                                             テラヘルツシールは特に有効的 
           テラヘルツ波(量子波)が癌細胞増殖抑制の本体遠赤外線の内、ある波長領域が癌細胞の増殖を抑制する
                           この波長領域こそがDNAを修復する21世紀のエネルギーであるテラヘルツ波である
 
 量子医学の研究所の発表によりますと
テラヘルツ波(量子波)が癌細胞増殖抑制の本体遠赤外線の内、
ある波長領域が癌細胞の増殖を抑制する
、この波長領域こそが
DNAを修復する21世紀のエネルギーであるテラヘルツ波である
  テラヘルツ波とは、3から1000μmの波長を持つ10の12j乗の振動波を持つ赤外線領域の量子波
自然界や宇宙界に存在する生命と物質は、すべてテラヘルツ波という生命振動波を放射しています。
人体もテラヘルツ波を放射していますがその中でも
赤ちゃんが最もその放射量が多く、平均放射率も高いのです
年を経るにつれて生命力が衰えてきますと、その人が放射する
テラヘルツ波の放射量や平均放射率が低下していきます
病気の内蔵器官や体力が落ちた身体もテラヘルツ波の平均放射率や放射量が低下します。
 DNAを破壊する活性酸素
遺伝記号と呼ばれているDNAが損傷されると生存に必要な機構がこわれ細胞が病気になります
ヒトの身体には損傷されたDNAを修復する回路があります。遠赤外線の内、どの波長領域が
癌細胞に直接影響を与えるのか
、テラヘルツ波が強くその効果に関与していることが判明しましたと報告されています
 テラヘルツ波を放射する物質の応用
 技術開発者の田中政好はテラヘルツ波を活用することで様々な物質の通過が可能であることに注目
テラヘルツ波の領域を使ったテラヘルツ波を放射する物質の応用をすることに成功しました
この技術は世界的に類を見ない新エネルギーの革新といえます
物質の応用とは
人体の分子との共振作用により、細胞の新陳代謝の促進効果があり、
遠赤外線以上に波長が長いので、細胞や体内酵素、DNA、その他の有機高分子の振動が活性化されるため、血行の促進
、冷え・こりの軽減、健康維持、老化予防などに効果があります
宇宙観測では、宇宙から届くテラヘルツ波を観測する巨大望遠鏡。医学では、テラヘルツ波を全身に透過させることで
ガン細胞の位置を特定する実験に成功。羽田空港では、パッシブテラヘルツ全身検査システムがあり
、人体に無害なシステムで海外から不法に持ち込まれる麻薬などを画像化するシステムが導入されています。
 テラヘルツ波の領域を使ったテラヘルツ波を放射する物質の応用をすることに成功した
ある.ゆる物質(繊維 液体 紙 鉱石.食物など)テラヘルツ波(THz波)を分光照射することで物質変化がおこる その能力は4倍以上であり
しかも人体に安全である
テラヘルツ波(THz波)をある.ゆる物質に分光照射でき効果的なものは世界的に類を見ない技術は新エネルギーの革新といえます
テラヘルツ波を放射する物質の応用の技術開発者 田中政好はテラヘルツ波を活用する技術特許 平成23年11月20日を申請
 テラヘルツ波(THz波)は、1秒間に1兆回(=テラ)の分子振動をし透過波長でありテラヘルツ波は、様々な物質の通過が可能で、
人体に安全でありながら、細胞を傷つけることなく活性化・水に敏感に反応(人体は7割前後が水)吸収
する働きがあります
 遠赤外線は物質の表面を構成している分子の振動に吸収される為、熱の伝導であり内部までは浸透しません。
テラヘルツ波は波長が大きく、電波のように物質への通過浸透性・透過性に優れ、全身に効果が期待できます。
 自然界で最もテラヘルツ波の放射が多いのは赤ちゃんです!
 赤ちゃん
赤ちゃんは放射量が多い上に、平均放射率も高いといわれています。しかし、年齢を経て生命力が衰えてくると、
放射量と平均放射率は低下します
。また、ふちょうに陥っている内臓も、放射量・率は共に低下します。
 植物や動物についても人体と同様で、健康的なものはテラヘルツ波の放射量・平均放射率は共に高く、不健康なものは低くなります
また、食品なども鮮度が高い物は、放射量・率は共に高いことがわかっています。