ガンはラジウム鉱石で治療する方法 ラジウム鉱石は 原産国  アフリカ ケニア.ドイツ  日本にはない
ラジウム鉱石は原子力爆弾をつくる原料なので輸入はできない 日本では実在しない
天然放射線治療法 安全性 ガンにならないために安全対策はラジウム鉱石を常時身につけること 遺伝性の発症する可能性
のある人には必要かもしれません 日本国にはない ドイツの宝石博覧会には出品がでていた日本円でgあたり¥3000
B-25-20      最後まであきらめない強い精神力が難病を救う  実行すれば体は健康に戻ります まずお試しください 奇跡がおこります               
末期ガン 医師が下した あと6ケ月の生命 救えないのか と思われる方はこんな方法がある
体には一定微弱な放射線をもつて生まれている ある日突然に難病にかかる
 それは基礎代謝が低下して免疫力が下がるといろんな病気を起しやす体になる
どうすればいいのか 体温は36.5度以上 血管硬い血流の悪い.(血圧は正常値を保てない)
どうすればいいのか 適度の運動 適切な食事方法だけでは健康は維持できない
生まれたとき時から両親のDNA細胞遺伝子が生まれる.大病であるガン.脳梗塞.糖尿.脳機能などはとくに親に似る
 大病にかからなくするのは 
 体には自然放射線を一定微弱な放射線をいつまでも維持できればいいのですが>>>
 (人工放射線は恐ろしい が自然放射線は安全である)

自然放射線は
体にもっともよい
微弱放射線 基礎代謝 免疫力におおきな意味をもつ 基礎代謝免疫低下で病気にかかりやすい細胞になっていく
年齢ととも免疫力と基礎代謝におちていくと 病気にかかりやすい体になる 薬の投与である
薬 薬は一時的に病気をおさえている 治療にはほど遠い 
基礎代謝 免疫力をつけないからには 永遠に病気は治らない 
病気は次から次えと病名をかえておこってくる進行悪化につながる .1つを治療すれば弱い内臓が表れてくる 薬は増えるばかり
 いっこうによくならない 大きな原因は1つにある体には一定微弱な放射線を保持すれば
細胞は元気に生まれ変わる
どうすればいいのか??①
 ラジウム鉱石(即効性に優れている) 自然放射線は怖くない 安全である(人工放射線は恐ろしい 原発だ)

 
がんには、様々な種類があります。それぞれのがんによって症状や検査、進行度、治療などが違います。
医師からの 突然の告知  あなたはがんです どうされますか・・ 病院入院
切除できないです  どうしますか 医師から放射線治療しますが 完全治療はできません
.数年後再発はありえます 放射線治療した後の経過をみましょう 3年後 5年後 8年後
大腸がんの軌跡 医師からあと2か月と宣告を受けた  大腸にガンがくっついていて
ポリープが5cm手術できない 管の外までくっついている
2016年9月に宣告あと2か月 そこで自宅でガン治療をはじめた すべて野菜が主 たんぱく質はほとんど食べない生活
ラジウム鉱石パットとラジウム鉱石を体につけて18か月以上 肛門から出血しながらガンと戦う 2017年12月に
肛門からがんが出てきた びっくりした 病院検査でガンが小さくなりエネルギーもない 腐ったガンの後である
それの画像がこれです 肛門排出したがん細胞なのだ 黒いのががん細胞である うんこにくっついて 血にそまり
出てきたのにはびっくりした 2017年12月18日の出来事である 患者さん 伊豆の方で年齢48歳男性
1年間自宅で治療していた こんな奇跡がおこった ラジウム鉱石パットとラジウム鉱石だけでガンを死滅させた
 ラジウム鉱石で作った
 ラジウム鉱石パットラジウム鉱石
 
  それの画像がこれです 肛門排出したがん細胞なのだ 黒いのががん細胞である うんこにくっついて
血にそまり出てきたのにはびっくりした
 
食道がん
 
胃がん
 
大腸がん
 
肝臓がん
 
卵巣がん

前立腺がん 
 
悪性リンパ腫
 
子宮内膜がん
 
腎細胞がん 
 
皮膚がん
 
悪性黒色腫 
 
白血病 
 精巣腫瘍  
肺がん縦 腫癌
 
  骨軟部腫癌 

脳腫癌 

胆嚢がん 

ラジウム鉱石シリコンパット(痛み治療用)
 サイズ丸20mm 5枚入り¥15000(税別)放射線171μSV/h
 サイズ丸15mm 8枚入り¥15000(税別)放射線207μSV/h
サイズ丸12mm 12枚入り¥15000(税別)放射線200μSV/h
サイズ丸10mm 15枚入り¥15000(税別)放射線201μSV/h
DNA細胞の修復をしながら 若い細胞に生まれ変えていきます
 痛みは10分程度で回復  
 バンドエイドなどで肌に直接はりつけてください
   お試しいただければ 10分で結果はでます
あたたかくなった 痛みがなくなったなぜなの??
  それは血液に反応し血流の加速度が早くなったためにです すべて血流の流れの遅さが原因だったのです  

   レアアースシリコンパットにラジウム鉱石を
    蒸着 放射線62.81μSV/h
    難病に効果がありますので
   痛みのところにあててください(末期ガンおすすめ)
     300mmX300mmX0.3mm 厚み0.3mm
レアアースシリコンパットにラジウム鉱石 NO.48000
1枚 特注につき 見積り価格になります
メール  まで 077-589-2354
お試しいただければ 5分で結果はでます
あたたかくなった 痛みがなくなったなぜなの??
  それは血液に反応し血流の加速度が早くなったために
   です すべて血流の流れの遅さが原因だったのです
 
 がん治療  放射線治療 抗がん剤 がん性 疼痛 髄膜がん種症 がん看護 臨床検査
外来科学治療  最新の治療 早期胃がん内視鏡切除
   がん手術  できなければ 放射線治療しかない
    がん細胞が肥大 拡大したら 手のうちようがない どうにもならない 医療の現実
    免疫が衰えてがんになったのだからいまさら病気なのに免疫力はつかないだろう
        がん細胞を死滅させるのには ラジウム鉱石しかない ラジウム鉱石は放射能5000ベクレルである
          体に1日1時間 2日ごとに 30回照射すれば癌は死滅する
                 お問い合わせメール  077-589-2354
 
ルームタイプ
H 2150mm L1100mm W 2200mm 開閉ドア770mm 
  レンタル 初回 15万~30万(往復運賃) 
 1ヶ月ごとに12万(10ヶ月継続)  

本体価格 250万 ラドン含有量5000ベクレル/m3
       280万ラドン含有量
10000ベクレル/m3
 350万ラドン含有量30000ベクレル/m3
     400万ラドン含有量50000ベクレル/m3
 
期がん(癌)の症状と治療と余命 末期がん・・・手術不可で病院では治療できない状態
 がん(癌)とは
  • 早期がん・・・1つの癌細胞が30回以上の分裂を繰り返した状態
  • 進行がん・・・早期がんから進行し他の臓器への転移が見つかった状態
  • 末期がん・・・手術不可で病院では治療できない状態
 
がんは、我が日本においてもついに死亡原因の1位となり、 全死亡者数の約三分の一を占める病となりました。
言い換えると3人に1人が
何がしかの「癌(がん)」で死ぬことになるわけです。さらに、がんによる死亡率は年々上昇する傾向であり、
この傾向は高齢者の人口比率増
、つまり高齢化に比例している統計が出ています。 がんは、若年層から老年層まで年齢を問わず罹る病気ですが、
日々の食品に含まれる発がん性物質の摂取や、喫煙などの日常の生活環境が要因となっている場合が多いことから、
今日では生活習慣病の一つとされています。
つまり、有る程度の範囲では がんの予防することが可能であり、 また努力によってがんの回復を自助する
ことさえも可能なのです。早期がんの手前には、「前がん状態」といわれる状態
があります。
これはそのままに放置してしまうと癌に変化する可能性が高い状態を指します。
前がん状態の代表には、胃潰瘍やポリープがあり、速やかな処置が必要です。
 がん(癌)の特徴
がんは他の病気と違うためにその治療が難しく、生命の危険を脅かします。 下記がそのがんの特徴です。
初期症状の自覚がほとんどなく無症状のことが多い
がん細胞は周囲の正常な組織を壊しながら増殖をしつづけるリンパ液や血液にのって他の臓器へ転移する
上記の特徴のうち最も厄介なのが、初期症状を自覚することが難しくことです。
これは、かなり進行してしまったがん(癌)ですら、 その症状が自覚し辛いことが多いため
、 自身で体の異変として症状が自覚された時点で末期がんへ進行してしまうのです。
 がん(癌)の正体
がん(癌)の正体は、一部の細胞が突然変異により、「腫瘍」になったものです。
このがん細胞を生み出す突然変異は細胞内のDNAコピーに異常を起こすことが原因で、
健康体の人間でも毎日3000~6000個のがん細胞が発生していることも解明されています

人間はこのがん細胞を生来の免疫システムで撃退しているために、 通常はがんが発病しないのです
しかし、なんらかの原因でがん細胞の発生が異常に増えた場合、 もしくは免疫システムが弱体化して
がん細胞を殺しきれなかった場合に、
体内でがん細胞が増殖することで、がん(癌)が発病するのです
通常ならば、 正常な細胞は新陳代謝によって古い細胞は新しい細胞と入れ替わるものですが、
がん(癌)細胞は死ぬことなく、増殖だけを続けるために、発生した臓器だけでなく、隣接する臓器や
血液、リンパ液へと転移し、 前進を蝕んでしまいます。
つまり、がんを治療するためには、 がん細胞を減らし、がん細胞の増殖を抑制する、
がん細胞の発生を抑えることが 全てのがん治療の根源的な目的となっています。

 がんの進行を止めるには 放射線しかありません

テラヘルツ波の電波を使い放射線を常時身体に照射すれば内臓体温が37.7度あがりますから癌は体温がたかくなると
活動ができなくなり休止し死滅します 放射線で末期ガンも止めましょう

お問い合わせ テラヘルツ振動子開発 KDD(株)077-589-2354  077-589-2354 無料 メール  まで