バドガシュタインの ラドンガスはこのように活用します ドーム ルームの中でラドンガスを発生させます
ドームの中は温熱スチームから暖かいラドンガスが大量にでますので 体全体皮膚から 口からラドンガスを吸い込むことができますでます
床はアルミシートで熱反射させます もちろん ドームの中は60度近い温熱がドームなのかにこもります サウナー とバドガシュタインのラドンガスで
家庭で岩盤浴治療ができます 体スッキリします ためしてください
ラドンガスの効能 糖尿病.じんま疹. 自律神経失調症.関節リューマチ関節炎.むち打ち症候群. 夜尿症.骨折後後遺  悩み対策  
打撲捻挫.椎間板ヘルニア.腹痛.痛風.高血圧症.痔核. 気管支炎.喘息. 胃腸疾患.各種神経痛. 湿疹 悩み対策
テラヘルツ振動子の応用治療法 お問い合わせ
ハイテク技術革新プロジェクト、バイオインフォマティクス   高度医療機器製造   
KDD.CO.LTD    520-2431 滋賀県野洲市木部930
B-25-14

 
    
オーストリアのハイルシュトレン ラドン治療坑道
バドガシュタイン鉱石とはオーストリアのザルツブルグ州バドガシュタイン産出の ラジウム鉱石です。
温泉鉱石として有名なラジウムを含有 ...
多くのホテルは共通の ラドン温泉源から湧き出る500万リットルの温泉を引いて、
ラドン温泉プール、ラドン温泉浴治療
鉱石を全体に壁面 屋根 土間に貼り付けて温熱治療室 洞窟 ドームが完成できます
  
バドガシュタインラジウム鉱石 ドームハウス(健康ランドの治療室を開業しませんか)
 体の健康 治療になります
 ガスタイナー バードガシュタイン地方の坑道内での温熱治療法の施設が実現できます
治療効果は抜群です
末期がん治療方法   末期がんをみごとに克服された報告とは??

オーストリアのハイルシュトレン ラドン治療坑道
バドガシュタイン鉱石とはオーストリアのザルツブルグ州バドガシュタイン産出の
ラジウム鉱石です。
温泉鉱石として有名なラジウムを含有 ... 多くのホテルは共通の ラドン温泉源から
湧き出る500万リットルの温泉を引いて、ラドン温泉プール、ラドン温泉浴治療
鉱石を全体に壁面 屋根 土間に貼り付けて温熱治療室 洞窟 ドームが完成できます
バドガシュタインラジウム鉱石 ドームハウス(健康ランドの治療室を開業しませんか)
 体の健康 治療になります
 ガスタイナー バードガシュタイン地方の坑道内での温熱治療法の施設が実現できます
ラドンガスの効能 糖尿病.じんま疹. 自律神経失調症.関節リューマチ関節炎.むち打ち症候群. 夜尿症.骨折後後遺 
 悩み対策  
打撲捻挫.椎間板ヘルニア.腹痛.痛風.高血圧症.痔核. 気管支炎.喘息. 胃腸疾患.各種神経痛. 湿疹 悩み 
 
 
バドガシュタイン鉱石 放射線量10μSV/h以上においては放射線量が高く貴重なものなので メールにて価格の見積もりをさせていただきます 
メール  
 
 
 
 
  
バドガシュタイン(ハイルシュトーレン坑道)バドガシュタイン鉱石
47.2μSv/h 重さ2.6kg ¥952774(税別)
 5.4μSV/h 374000(税別) 0.7μSV/h 5.1kg ¥112.500(税別)
バドガシュタイン鉱石の放射線量は全体ではでません 1つのポイントからでますから1kgが0.7μSV/h程度です
5kgでも¥12000(税別)程度で販売しています

47.2μSv/h 重さ2.6kg程度ですと3kgですと¥56000(税別)程度で販売しています
バドガシュタインの値段はけして高いものではないです よく判断してから購入しましょう  
 
バドガシュタイン鉱石 
放射線量5.0μSV/h-5.18μsV/h  
1kg
 ¥18000(税別) メール 
    
バドガシュタインラジウム鉱石を使います
   100度のお湯で加熱消毒してください
20回程度使用できます 
 
バドガシュタイン鉱石
ラウリス村)裁断した廃石
放射線量1.0μSV/h以下 
1kg
 ¥9800(税別) 
メール 
 
バドガシュタイン鉱石
ラウリス村)裁断した廃石
放射線量0.5μSV/h以下 
1kg ¥4800(税別) 
メール
 
 
ラドンを生み出す放射線量
3.53μSV/h   
バドガシュタイン飲用水 ができる 500mmLの口から鉱石が入ります高血圧が激減する 活性酸素抑制効果 
奇跡の水ができます (限定選別品)  
バドガシュタイン在庫リスト 2015年4月3日現在の在庫です
バドガシュタイン在庫リスト 2018年2月25日在庫です B-0-87
 
ペットボトルの口からバドガシュタイン鉱石が入ります
高血圧が激減する
活性酸素抑制効果
バドガシュタイン鉱石
サイズが10mmL~18mmLまでの選別品
1μSVh~5μsVhまで
 500g
¥13000(税別)メール 
 
ラジウム鉱石で
ラドン水を自宅で作り70日間飲用する
高血圧が激減する(容器の中に水を入れて24時間)ラドン飲用水ができる
バドガシュタイン鉱石
サイズが10mmL~18mmLまでの選別品
1μSVh~5μsVhまで
 500g
¥13000(税別)メール 
 
1kg
¥4800 (税別)0.46μSV/h
大 中 小の混ぜ合わせもの
     
 
 ドームの中に温熱スチームとバドガシュタイン鉱石
 
ラドンガスを発生させます 入浴1時間です
 
このようにセットします
 
後ろからは温熱をフアンで送ります
 
1時間タイマー 温度コントロール
 
ドーム状にします
 
このような状態で裸で寝ていただきます
 
うつぶせ枕
 
ドームの中の状態
 
ラドンガスを発生させます
 
 ラドンガスを発生させます
 
このような状態です
 
ドームの中は霧 でラドンガスいっぱいです
 
ラドンガスを体全体にあてて口から吸い込みますす
 
バドガシュタイン鉱石( ラウリス村)裁断した廃石
1kg
 ¥9800(税別) 見積もりさせていただきますメール 
   
ラウリス村の主な鉱山から輸入
バドガシュタイン鉱石( 裁断かけら 1kgあたり ¥9800(税別)
 
メール 
世界遺産保護のため発掘禁止 輸入禁止品
日本国ではハイストレーン鉱山
バドガシュタイン鉱石(ラウリス村)は
ラドンガスをより多く発生させる
一番いいものです 
   
 
メール 

電源ON  電気スチームポット100V
¥6800(税別) 
 
メール 
 
プラチナ94.5ネックレス採用
放射率396μSV/h  がん細胞死滅
 
プラチナ94.5ネックレス採用
放射率396μSV/h  がん細胞死滅
 
プラチナ94.5ネックレス採用
放射率396μSV/h  がん細胞死滅
  
アルミシート2mX1m 1枚つけています
 なぜガンが消えてしまったのか。ウラン鉱石(放射線) レアアース鉱石(マイナスイオンを発生させる鉱石)
バドガシュタイン鉱石は気化ガスを自然に発生させるためホルミシスの効果がある ガンなどの病的細胞組織の
表面はプラスイオン帯電物質です、
そこにある特定の
周波数を持つマイナスイオン電子波動を照射(ウラン鉱石を体にあてる)しますと、 ガン細胞が破壊的な共振作用を引き起こして自滅してしまいます。
マイナスイオン電子の大きさは原子核の1兆分の1センチ(10-12 cm)10-12乗の超微粒子で、これは自然界で最も小さな粒子です。
マイナスイオン電子波動によって病的細胞が次々と破壊されていきますと、 免疫力が一気に高くなり、そこから自然治癒力が働き
出していきまから病的な症状を治癒してくれる
人間の体は本来
NK細胞などの免疫力によってガンの発症を防止しているが、免疫力が弱まるとき、そこからガンが急成長していく。
そのため現代医学では
抗ガン剤や放射線を使ってガン細胞を殺そうとするが、それは同時に人体の免疫力も弱めてしまう。
マイナスイオン電子波動をガン細胞に作用させてガン細胞を自滅・自壊へと誘い、さらに免疫力を高めてガンと免疫力の力関係を一気に逆転させてしまう。
そこから先はその患者が持つ自然治癒力の領域の出来事であり、
手術をせず、抗ガン剤も放射線も全く使わずに、ガンを克服する
(ウラン鉱石)「無痛・即効性・累積効果」があり「副作用なし・原因直接療法・耐性菌ができない・生体内ウィルスを殺滅・ 体内免疫を急激に上昇させる
マイナスイオン電子波動の照射を受けると、まず気分がリラックスし、血液循環が良くなって、血液やリンパ液中の病的なものが浄化される。
そしてそこから自然治癒力が働き出していくからである。
そのほかDNA細胞が破壊され難病治療で効果がない方は
(ウラン鉱石)を体にあてる
ウランは体が被爆するという伝説もあるが放射量にて異なりウラン鉱石は
免疫力があがるために体にいいこともいえるウランがすべて悪いのは爆弾をつくる鉱石だから世界中輸出輸入が禁止され.ている
ウラン鉱石(レベル値の高い)のは日本ではまったくない 
良質なものはアフリカ合衆国 
ケニア産がもっともいい 

プラチナ94.5ネックレス採用
放射率396μSV/hメール 
 
ウラン天然ゴムパッキン10mm メール 
 
放射率359μSV/h 
  
放射率163μSV/h
 
プラチナ94.5ネックレス採用 
 
ウラン天然ゴムパッキン10mm
レアアーステラヘルツシールに貼る
 
ガン細胞の患部あてる
皮膚細胞から10cm深く放射線が照射されガン細胞はおとなしくなり破壊していく  
ウラン鉱石はすごい威力です 
 
  テラヘルツ振動子の応用治療法 お問い合わせ
 ハイテク技術革新プロジェクト、バイオインフォマティクス   高度医療機器製造   KDD.CO.LTD  
              520-2431 滋賀県野洲市木部930番地    
 メール   
ウラン鉱石とレアアース鉱石 テラヘルツ波の振動子活用は難病の医療に役立てることができる
 
ラドン温泉における療養治療の効能

  放射能泉浴には、その適応症として慢性関節リューマチ、筋肉リューマチ、神経痛、慢性胃腸カタル、慢性皮膚病等が挙げられている。
ラドンは、入浴時に皮膚を通じて一部が体内に侵入するものの、大部分は吸入により肺を経由して体内に取り込まれる。
温泉療法としては入浴に加えて、鉱泉の飲用療法や、高濃度ラドンの吸入療法が併用される場合が多い。
飲用療法では、鉱泉水中のラドン濃度が200-800マッヘ(=2740-10960Bq/リットル)程度必要であり、
吸入療法では空気中ラドン濃度が5-8マッヘ(=68500-109600Bq/立方メートル)程度必要であるとされている。
 高濃度ラドン吸入療法は、オーストリア及びドイツでは医療行為として認められており、
医者による総合的な治療計画に沿って、吸入量や期間等が決められている。特にオーストリアのBadgasteinでは、
元は金鉱であった坑道内の高ラドン濃度(50000Bq/立方メートル程度)を利用してラドン吸入療法が実施されており、世界的に有名である。

ラドン吸入療法の適応症として挙げられているのは激しい痛みを伴う慢性リューマチ疾患、慢性筋肉・腱・変形性関節症、
神経痛、慢性神経炎、慢性強直性脊椎症、脊椎症、脊椎関節症、運動器のスポーツ障害、末梢循環障害、難治性創傷、
歯周炎、内分泌腺障害(更年期障害、性器発育不全、脂肪沈着性発育不全、性的不能、不妊症等であり、きわめて多岐に及んでいる。

 これらの疾患に効果があると考えられる理由として、いくつかの説明がなされている。
まず、呼吸(一部は皮膚)から体内に入り血液に到達し、全身に運ばれたラドンが、
体液には溶けにくいもの
の脂肪にはよく溶けるため、脂肪組織あるいは血行のよい類脂質に富む器官に到達し、
内分泌腺、神経繊維等に選択的に吸収されて、α線による
電離作用により患部が刺激されると考えられるためである。
 もう一つの理由としては温泉浴や坑道内の温熱作用との複合作用が指摘されている。
これは、温熱による体内の新陳代謝による熱産生が末梢血管を拡張するため、皮膚・関節・腱・筋肉等の血行が促進され
、ラドンのみならず酸素、栄養素等の患部への到達量が増えると考えられるためである。
また,特にBadgastein地方では、高高度(海抜1500メートル程度)の地域であるため、気圧の低下により解糖系が変化しており,
血液中のジホスグリセリン酸が赤血球内に増え、赤血球の酸素親和性が減少して体組織が酸素を取り入れやすくなるという説明もなされている。
いずれにしても
ラドン吸入療法は、経験的・伝統的な民間療法であり、なぜ効能があるかについては充分な科学的根拠に乏しいのが実情である。
温泉での長期滞在による精神的な安定や規則正しい生活が、痛み等の緩解に寄与している可能性も見逃せない。
ラドンは自然起源の無色無臭の気体で希ガスの中で最も重い元素である。
安定同位体は存在せず、すべて放射性同位体である。融点は-71.15 °C、沸点は-61.85 °C
希ガス元素なので不活性であるが、フッ素との化合物が存在する。
水に対するラドンの溶解度は他の希ガス元素と比較して、キセノンの約2倍、クリプトンの約4倍、アルゴンの約8倍、
ネオンやヘリウムの約20倍である。有機溶剤やプラスチックに対するラドンの溶解度は水に対するそれよりも約50倍大きい。
最も半減期の長い 222Rn は を始まりとするウラン系列に属し、
起源は 238U(半減期4.468×109年) → 234U(2.455×105年) → 230Th(7.538×104年) → 226Ra(1600年) → 222Rn(3.8日)である。
222
Rn の壊変生成物は数十分の半減期で高エネルギーのα線3本及びβ線2本の放射線を出して 210Pb(約22年)に至る。
ラドンの同位体には特に名前が付いているものがある。222Rn を狭義にラドン、220Rn をトロン(thoron、記号 Tn)、219Rn をアクチノン(actinon、記号 An)と呼ぶ。
ラジウム、トリウム、アクチニウムの壊変によって得られることに由来し、それぞれ別の気体と考えられていた頃の名残である。
なお、222Rn は WHO の下部機関 IARC より発癌性があると (Type1) 勧告されており、土壌に含まれるラドンが地下室に蓄積することなど、危険性が指摘されている。
ラドンの上位核種であるウランは地下深部にあってマグマの上昇とともに地表にもたらされる。
マグマが比較的ゆっくりと固まると、花崗岩に見られるように長石、石英、雲母の結晶が大きく成長する。
その結果として、ウランなど他の元素成分は結晶間の隙間に追いやられる。
風化によって結晶間のウランが岩石から解き放たれ、河川上流など酸化環境で水に溶けやすいウラニル錯体として水によって運搬される。
水中ウランは扇状地や断層など河川水が地下水化しやすい還元環境で堆積層に濃集を繰り返し、ウラン、ラジウム、ラドンの濃度の高い地層が形成される。
放射線源(放射性同位体)として利用されていたが、現在は他のもの(コバルト、ストロンチウムなど)に置き換えられている。
地下水中のラドンの調査は、掘り返すことの困難な地下構造を知る上で重要である。
ラドンの拡散速度及び地下水の垂直流動速度に比較して、ラドン半減期の短さから地層単位で異なるラドン濃度を反映しやすい。
短いスケールとしての、水のトレーサーとしての利用がある。
地震の先行現象としての地下水ラドン濃度変化は、1970年代より数多く報告されているが、
その機構はまだ十分解明されてはいない。保健衛生面からは、ラドンは気体として呼吸器に取り込まれ、その娘核種が肺胞に付着することでウラン鉱山労働者などに
放射線障害を起こしやすい。公衆の発ガン性リスクとしては、石造りの家、地下室などの空気中ラドン濃度調査が重要である。
ラドンによる体内被曝量は、日本平均で年間0.4 mSv、世界平均で年間1.28 mSvと言われている温泉の含有成分としてラドンを含むものは放射能泉として分類される。
ラドンおよびそれ以後の各種放射性同位体が放つ放射線が健康に寄与するとの考え方
(ホルミシス効果)があり、
痛風、血圧降下、循環器障害の改善や悪性腫瘍の成長を阻害するなどと行った効能が信じられている。

ラドン温泉とは、ラドン222の濃度が74 Bq/L以上のものを指し、ラジウムが100 ng/L以上含まれるものである。
オーストリアや日本、ロシアをはじめ、世界中に、療養のために活用されるラドン温泉やラドン洞窟が存在する。
1940年にオーストリアのバートガシュタインのタウエルン山でラドン温泉が発見され、ラドン濃度と治療効果との関連性について研究、
臨床医学的に有効である病気には、強直性脊椎炎(ベヒテレフ病)、リュウマチ性慢性多発性関節炎、変形性関節症、喘息、アトピー性皮膚炎などが挙げられ、
ラドン (222Rn) 放射能レベルが300 - 3000 Bq/Lと高い世界の全ての温泉では、適応症のリストが経験的に同じようなものになるとされる。
バートガシュタインのラドン温泉ではラドン222の濃度が110 Bq/L以上で放射能療養泉と呼ばぶ
また、バートガシュタインの近郊には、ガシュタイン療養トンネルがあり、「トンネル療法」が実践されている。

治療方式は、電動トロッコでトンネル内に入り、約2.5 km奥にある4か所の治療ステーションで一定時間ベッドに臥床する。ラドン濃度は166,500 Bq/m2で、
トンネル内温度は37 - 41.5 °C、湿度は70 - 95 %である。
標高は1,888 - 2,238 m。