「末期ガン」とは「治療の方法がほぼ無い、又は通常のガン治療をしたら身体の体力を奪って死期を近づけてしまう状態」であり、
つまりは「これ以上の治療はできない」と専門医に言い渡された状況を言いますラジウム ラドン岩盤浴の施設案内
日本国 温泉地の  花巻温泉 人形峠 のレベル値100倍以上の放射線量で自然治療できる
B-27-33  ガン細胞は42度で死滅する 体内体温を36.5度近く随時維持すればガン細胞の活動を阻止できるのではなかろうか
      ガンに侵される人の体温は低体温の方が多く高体温のかたは意外とガンにならない なぜなのか?
      ガン患者は主に遺伝子が関わっている  どうすべきか。>> 放射能に助けていただく方法を選択してみてはどうだろう
            ガンは放射能  強い 放射線量 ウラン鉱石  バドがシュタイン鉱石 レアアース鉱石
                 セシウム 要素は含まれていません ご安心ください
 
      ケニア ウラン 鉱石
 放射線量
1000ベクレル~5000ベクレル
放射能 ウラン鉱石による治療(末期ガンならウランしかない)

岐阜中津川 ウラン鉱石 放射線量 17μSV/h  
ウラン鉱石の中では上質で数値は高いものです 
ケニア ウラン 鉱石とは比べられない数値の低さ
末期ガン 手術できない 医師に見放されあとわずかな命 ガン細胞を凍結し破壊させるには
 ウラン 鉱石 放射線量1000ベクレル~5000ベクレル でなければ治療できる
ウラン 鉱石放射線量
1000ベクレル~5000ベクレルを体に身につけることで.ガンは死滅する
日本国にはないウラン鉱石(原産国 アフリカ ケニア )

バドガシュタイン
  ラオスの資源  45μSV/h 

        レアアース鉱石 80μSV/h 
 
オーストリア
 日本国 温泉地の  花巻温泉 人形峠 のレベル値100倍以上の放射線量で治療
同じ値のものを
 手術のできないところにガン細胞がある 切除できない そんな方 ガンが体中に転移している方
  透析を受けている方 破壊された細胞 機能性がなくなっている細胞を修復することで 元気な体の細胞をつくりましょう
    オーストリア岩盤浴 汗をだして老廃物を排出してくださいガン細胞の死滅42度 テラヘルツの光線の活用です
DNA 細胞の修復にバドガスタインの湯気を吸うと、脳梗塞や肺がとても良くなります。
この鉱石から放出されているラドン光線は、温めて身体にあてると、とても気持いいです
自宅のお風呂にいれてラドン温浴をしてみてください 
風邪 リユマチ 神経痛 喘息.アトピーなどの治療  痛みの緩和 炎症の鎮上静化 免疫力の強化  
 体験ができます 難病の方 1時間 間隔で ラジウム治療ができます     ラドン治療方法
             施設利用料金 1時間 
¥1500~¥2000程度です 1日 最大2回 20回程度でいい結果が期待できます
              ウラン鉱石がないので日本に現在1箇所 この施設は経営者が末期ガンなので建築されました
        180日で末期ガンを克服 今はガン細胞はすべて消えてお顔の色は健康顔そのものです
 難病人も少しづつ克服されて元気な姿になられるために  口コミで噂が増えて遠方から宿泊をかねて来られています
            電気代だけの費用で 低料金でラジウム ラドン岩盤浴ができますメール
これ以上の治療はできない」と専門医に言い渡されたら 抗ガン剤 末期ガンの痛みは、モルヒネなどの強いお薬を使う
             放射能 ウラン鉱石によるラジウム ラドン治療方法しかない
 
施設利用料金 1時間 ¥1500~¥2000程度です

        ウラン鉱石を 計測 びっくり??
    
 ガン細胞を死滅させます ウラン鉱石
 
睡眠していただきます
 
ラドンガスを床に充満させて
ラドンガスを吸い込みます
  
   温度 湿度   ラドンガス量も計測します

   パネルの放射線量を測定
 
 ラドンガス 測定器 
ドン温浴で 治療ができます
材料販売
 ウラン レアアース バドガシュタイン
  発熱ヒーター
 
施工は各自でしてください
ご指導します
自宅 健康ランド 岩盤浴施設 病院 接骨院 など 
治療施設が安くてでき

 バドガシュタイン電気スチーム100V ¥6800(税別)
メール  
        
 
バドガシュタイン鉱石をいれる
  
      タイマー電源ON

       高濃度のラドンガス ゆで玉子ができる
温度40度~80度 湿度70%以上
 
     ラドンガスを吸い込む
 
水を入れる
 
   バドガシュタイン鉱石 中サイズ1kg¥6800(税別)
    鉱石がラドンガスを発生させます
 
人体を透過する放射線治療方法
 
高血圧が激減する
④活性酸素抑制効果
バドガシュタイン鉱石
サイズが30mm以下で選別品
 1kg4,571円(税別)
メール
   
 
ドイツ展示会場 見学
 
ドイツ展示会場 見学
 
ドイツ展示会場 見学 ケニア産

   ドイツ  25g 498μsV/h 
ケニア産
ドイツ展示会場
 
ドイツ     15g 468μsV/h
ケニア産
ドイツ展示会場

ドイツ 17g 390μsV/h ケニア産
ドイツ展示会場

ドイツ 22g 392μSV/h
ケニア産
ドイツ展示会場

ドイツ 15g 344μsV/h  
ケニア産
ドイツ展示会場

ドイツ 24g 550μsV/h 
ケニア産
ドイツ展示会場
   
   
破壊しているガン細胞 破壊している すい臓細胞 肝臓細胞 胃細胞 
腸細胞など 体全体の破壊している細胞を生まれさせる

放射率0.92μSV/h

永久に電波を自然に放出します(電気 電池不要です)
 レアアーステラヘルツ分光振動子上下シーツで全身裸で寝ていただき 破壊しているDNA細胞を修復 ガン細胞にも攻撃します
   皮膚より10cm深い内蔵体温があがるために ガン細胞は活動を停止し冬眠状態に追い込みます
     この方法はDNA細胞をを修復することができるために 痛み 炎症を抑え 眠くする振動電波が脳に刺激を与えます
              毎日睡眠してください 顔色もよくなり元気体になっていただけます
血液中の酸化アルブミンを減少させ活性酸素を抑制する効果
活性酸素は血管が錆つかせ、血管が硬くしてしまい、動脈硬化を引き起こす要因となります。また糖尿病や高脂血症、肝臓の機能低下、がんといった生活習慣病や
、白髪、しわ、しみなどの老化の原因ともいわれています。活性酸素をコントロールすることは、酸化ストレスによる体の不調に効果が期待できるとともに、
白髪、しわ、しみなどの老化の原因を抑制することにつながるかもしれません。
             末期ガンでも絶対あきらめないこと 奇跡がおこります 信じてください 肌をきれいにして 健康体にします
                体のなかの体温があがるために体がポカポカしますと安心できます 36.7度以上になりましょう
 

テラヘルツ振動子のテラヘルツレアアースシーツ  体全体を永久照射します
破壊しているDNA細胞の修復して新しい細胞を誕生させる役目をします
放射線でガンを眠らせる
        常時体温36.7度保持するシート
敷シートカバ- 103cmX200cm 厚み0.6mm
 TRS-
B-2000¥45,714(税別)送料無料

微弱な放射線量を体全体に照射します
全身裸で睡眠すると奇跡がおこります
 
 5分で睡眠
放射線でガンを眠らせる

        常時体温36.7度保持するシート
テラヘルツ振動子のテラヘルツレアアースシーツ  体全体を永久照射します
破壊しているDNA細胞の修復して新しい細胞を誕生させる役目をします
掛けシートカバー 新製品150cmX200cm 厚み0.3mm TRS-A-4000
¥49,523
(税別)送料無料メール  
原反4m使用
  ガン細胞の拡大阻止は体温を下げないこと 常時36.5度以上保持することで
体の血行が悪い方 装置後 5分で体温があがる微量放射線服
   テラヘルツ波振動子ベスト 世界初の開発 電池 電源不要 なくても体はぽかぽか 
  
重さ250g 軽いです
テラヘルツ波振動子
   布地にレアアースを練りこんだ
    前掛 背中掛 両面
¥48000
(税別)送料無料
 メール 
テラヘルツ振動子シート全面付帯
肩幅38m 丈64cm 胸幅42cm 胸丈45cm
  背中幅 46cm
重さ250g 軽いです 
 
         放射率 2.6 μSV/h 
 
婦人用ベストS M L
テラヘルツ波振動子
   布地にレアアースを練りこんだ  前掛 背中掛 両面

No.68000
(税別)送料無料メール 
テラヘルツ振動子シート全面付帯

ベストを常時着用することで体温が36.5度以上になるからガン細胞の活動は停止する 
 末期ガン痛みを抑える
テラヘルツレアアースシール (電波使用)
 テラヘルツレアアースクリーム
   ガン治療用 痛みを抑えたい人(電波使用)
 
丸直経5cm 1枚(2個)¥1000(税別)
 
含有量50%
 (50日分)80g ¥27800(税別)
  速攻性を求める人 痛みを抑えたい人
                        末期ガンは免疫で克服できる 放射線量のパワーで治療する
                                    閲覧 記事
 ガン組織をつくってしまう(転移巣)ガンの治療には、ガン細胞の増殖(分裂)を遅くするための薬を抗ガン剤として利用します。
手術で取り除くと同時に、抗がん剤によって再発を防ぐ、というのはこのような意味です。
最近ではどのようなガンであっても、早期の発見であれば完全治癒も可能になっていますが、発見が遅かった場合や、
進行の早い若い患者さんは、残念ながら「末期ガン」と診断され、余命を言い渡されることとなります。
できる治療と言えば、痛みを緩和するためや、ガン細胞の増殖をなるべく抑えるための投薬治療程度です。
ガンが全身に転移していたり、患者さんに手術に耐えうる体力が残っていなかったりする場合、投薬以外の治療方法が残っていません。
投薬による副作用にも苦しみながら、直る見込みのない状況で、余命を過ごさなければならないのです。
自分だったら、あと少しの残された時間、何をして生きたいと思うでしょうか。
家族が居る方であれば、できるなら最期の時を家族に看取ってもらいたい、最期まで家族に見守られていたい、と思われるでしょうか。
逆に、苦しんでいる、弱っている自分の姿を見られたくは無い、と思われるかもしれません。
末期ガンの痛みは、モルヒネなどの強いお薬を使っても完全に抑えることができないほど辛いものです
家族が苦しんでいる様子を看病する方にとっても、とても辛い時間であると思います。
ガンと名の付く本を書店で買いあさり、何とか解決の道は無いものかと試行錯誤されるでしょう。
ですが、そのような方法が現状で存在しない限り、
何よりも患者さんの痛みを取り去り、穏やかな気持ちで最期を迎えることができるための方法を探すべきでなのか。
  はじめの診察では「胃ガン」と言われたのに、末期の段階になると「全身に転移」という言葉を良く聞きます。
これは、もともとガンができた場所(原発巣)からリンパ液や血液の流れによって、体中の様々な部位に運ばれ、
新たなガン組織をつくってしまう(転移巣)ことを言います。

体の中の組織には全て、血管がはりめぐらされており、転移前のガンであれば大きな塊だったとしても、外科手術で
取り除くことができます。しかしながら他の部分へ転移していくと、病院側とガン組織とのいたちごっこになってしまうのです。
転移してしまったガン組織は、大きくなるまでどのような方法を用いて発見することができません。そのため
、たとえ転移の危惧があったとしても、見付かる大きさになるまで「転移」とは言えないのです。
とえ原発巣を全て取り除いたとしても、ガン細胞が100%取り除かれているとは限りませんとても小さな細胞のため
どれだけ注意しても残ってしまう可能性があるためです。もともと原発巣があった場所で、取り残されたガン細胞が再び
増殖しガンを発症することを再発と言います、再発の場合、たいてい転移も同時に考えられます
。このように、
手術で完全に切除したつもりでも残ってしまう可能性があるために、ガンの治療には、ガン細胞の増殖(分裂)を
遅くするための薬を抗ガン剤として利用します。
手術で取り除くと同時に、抗がん剤によって再発を防ぐ、というのはこのような意味です。
 末期ガン患者さんのために「緩和ケア病棟(ホスピス)」という施設があります。
病院とは異なりますが、望めばどのような治療を受けることも可能です。
個室の病室がほとんどで、ご家族が泊まりこむこともでき、トイレやシャワーが各部屋についているため、
アパートのような感覚で生活をすることができます。
患者さん本人は、もう既に眠り続けている状況かもしれません。
痛みに耐えるだけならば、お薬を使ってでも、痛みを感じないようにしてあげたい、と、ご家族は思われることでしょう。
眠り続ける患者さんと同じ空間で、家族の話し声や笑い声が聞こえているのであれば、患者さんにとっては、
自宅に居るのと変わらないのではないでしょうか。
急変時には専門スタッフが来てくれるのですから、自宅にいるよりも安心かもしれません。
愛する家族の最期を看取ることが、幸せだとは限りません。
患者さん本人にとっても、ご家族にとっても、とても苦しい場面であることに変わりは無いのですから。
末期ガンの宣告を受けた際、患者さんに告知するかどうかはそれぞれの家庭によって異なるかと思いますが
告知によって酷く落ち込んでしまい、生きる気力を失ってしまうような状況でないのであれば、告知をするべきではないかと思います。
もしかすると患者さんには、残された数ヶ月という短い期間の中で、「やりたいこと」があるかもしれません。
そしてその思い出が、残されたご家族がそれからを生きていくために、大切な思い出となるかもしれません。
余命を知らずに最期を迎えるのは、酷かもしれないのです。
もちろん人それぞれではありますが、「どうしたいか」をしっかりと話し合うことが、とても大切であると思います。
 、またご家族によっては、「最期は自宅の畳の上で」と希望される方もいらっしゃるかと思います。
ホスピスを利用すれば、滞在中だけでなく、亡くなられた後の処置もスムースにおこなっていただけるので、
ご家族の負担は少しでも緩和されると思われますが、「自宅で看取った」ことが、何らかのかたちで自身を納得させる結果に
なるのであれば、自宅での終末ケアも考えてみられると良いと思います。
「自宅での介護ができなかった」と、ご家族がのちのち自らを責めるようなことになってしまっては本末転倒です。
もちろん、素人であるご家族にできることは限られています。ですが、専門医にすらできない、ご家族にしかできないことも
あるのは確かです。お薬で眠っていても、ご家族の声は届いているのだと思います。
患者さんに対するご家族の思いは、伝わっているのだと思います。
在宅ケアを望まれる方のために、在宅でのホスピスケアというサービスも行われています。
患者さんだけでなく、介護する側のご家族にとっても、「末期ガン」による精神的な不安や疲労は大変大きなものですので
、その不安に対するカウンセリングからはじまり、さまざまな医療器具の設置、痛みの緩和治療などを、ご家族に代わって行ってくれます。

患者さんによっては、ご家族よりも他人への方が要望を言いやすい、という場合もあります。