子宮体がん(子宮内膜がん)

子宮体がん

 子宮は妊娠した時に胎児を育てる部分と分娩の時に産道の一部となる部分に分けることができ、
それぞれを
子宮体部、子宮頸部といいます。子宮体部に発生するがんが子宮体がんで、
最近我が国の成人女性に増えてきているがんのひとつです。そのほとんどは、子宮体部の
内側にあり卵巣から分泌される卵胞ホルモンの作用をうけて月経をおこす
子宮内膜という組織から
発生し、子宮内膜がんとも呼ばれています。

B-78-53

子宮体がん説明図

どのような方が子宮体がんになりやすい?

 多くの子宮体がんの発生には、卵胞ホルモン(エストロゲン)という女性ホルモンが深く関わっています
卵胞ホルモンには子宮内膜の発育を促す作用がありますので、卵胞ホルモンの値が高い方では
子宮内膜増殖症という前段階を経て子宮体がん(子宮内膜がん)が発生することが知られています。
出産したことがない、肥満、月経不順(無排卵性月経周期)がある、卵胞ホルモン製剤だけの
ホルモン療法を受けている方などがこれにあたります。一方、このような卵胞ホルモンの刺激と関連なく
生じるものもあります。このようなタイプの子宮体がんはがん関連遺伝子の異常に伴って発生するとされ、
比較的高齢者に多くみられます。そのほかにも高血圧、糖尿病、近親者に乳がん・
大腸がんを患った方がいることなども危険因子として知られています

治療方法
 
治療の主体は手術です。病気の進み具合にもよりますが基本的には子宮、卵巣・卵管、リンパ節を摘出するのが一般的です
手術により再発危険因子がみつかったり、あるいは診断した時点で手術による病巣の完全摘出が困難な場合には、
抗がん剤治療(化学療法)や放射線治療などが行われます。若年婦人で子宮を温存し妊孕能を維持して治療する
ことを希望される方には、ホルモン剤を使って治療することも可能です。ただし、ホルモン治療の適応となるのは、
初期の子宮体がんで、しかも一部のタイプのものに限られるので注意が必要です。
子宮体がん(子宮内膜がん)は決して治りにくいがんではありません。病気が子宮にとどまっている範囲で
治療すれば80%以上の方は治ることが期待できます
。胃がんや大腸がんの検査のように、検査の前に絶食にしたり、
下剤を飲んで腸の中をきれいにしておくような処置も必要ありません。子宮は外からすぐ手が届くところにありますから、
診断に極めて有用な細胞検査や組織検査が比較的簡単に受けられるというわけです。医学がどんなに進歩しても
、いまだにがんを克服するには早期発見・早期治療が重要なのは変わりありません
週刊誌に掲載された総理が使用しているラドン吸入器
 放射線ホルミシス ラドンルームの製造  難病治療  手術不能のガン治療.難病の技術研究開発   
 高濃度ラドン温湿浴 4万ベクレル ラドン222 
 放射線ホルミシス療法 は抗癌剤などの化学療法 手術や高線量放射線照射などといつたらあらゆる
標準治療とも合い.副作用軽減作用.主作用増強作用があります 
放射線ホルミシス療法は性別などの個人による効果の差がありません 放射線療法は誰にでも効果がでます
ラドン温湿浴  1時間後の効果を実感していただけます   電話FAXでの予約必要応対はしておりません
 メールのみ予約可能
 メール  KDD(株)滋賀県野洲市木部930 
電話 FAXでの問い合わせは受付していません
   JR京都駅から新快速25分 送迎無料(予約以外できません)完全予約制
 メールで返事します
 ホルミシスは最先端の統合療法です 放射線ホルミシス研究の先端を行く日本
ラドンルーム治療法 放射線ホルミシス ラドン温湿浴 バドガシュタイン並のラドン濃度を実現 
ラドンミスト発生装置 吸入装置 難病治療  手術不能のガン治療 
 DVD映像でご覧ください
 
  
入り口(開閉スライド式)
W715mm H1400mm
外壁 合板18mm ランドコアー(両面プリント)
 オート照明センサー. 酸素吸引ガス 火災報知機
  
 
ラドン含有量4000ベクレル/m3以上
内寸H1990mm L2305mm
床パネルW603mmL2305mm
 
ルーム外寸 
H2135mmW1015mm L2430mm
本体重量300kg 
 
ラドン ホルミシスガス発生装置
         
 
  
 放射線量1200μSV/hの高濃度の吸引
   にて 体内DNA細胞修復させます
 
室内のラドン量の目安測定
 
   
低ホルシス放射線量 264.1μSV/h
ラドンパネル(テラヘルツ加工)
374mmX677mmX6枚
374mmX848mmX2枚
 
  
 バドガシュタイン200kg以上
    高濃度ホルミシス 20μsV~45μSV
      温熱ガスでホルミシスを発生させる
 
 
 温度 湿度 空気濃度タイマー 
    ヒーターリモコン
リモコンの使い方
  がん細胞 参考例
 胸腺腫、胸腺がんは胸腺の表層に悪性(がん)細胞が生じる病気 胸腺腫、胸腺がんを疑う症状としては、咳や胸痛があります。
  • 持続する咳。胸部痛。呼吸困難。 胸腺腫と胸腺がんは、時として症状がない場合があります。
  • がんは、定期的な胸部X線検査において発見されることがあります。次の徴候は、胸腺腫、
  • 胸腺がんやその他の状況によって引き起こされることがあります。次のような問題が起こった場合は、医師の診断を受けてください:
 筋無力症や他の自己免疫疾患に関係し胸腺がんを疑う症状としては、咳や胸痛があり胸腺がんを発見するために、胸腺の検査
胸部X線検査:胸部に簡単なX線照射を行い、胸部とその内部構造のX線像を調べます。X線とは体内を通過してフィルム上まで達し、体内を撮影することができるエネルギービームの一種です。
 胸腺腫と胸腺がんは、通常、病状と病期を診断し、治療します
胸腺は胸骨の裏に位置する小さな臓器で、リンパ系の一部分 胸腺はリンパ球と呼ばれる白血球をつくっており、
リンパ球は感染から体を守ります
胸腺腫と胸腺がんは、胸腺の表層細胞にはほとんど腫瘍がありません。胸腺腫の腫瘍細胞は、胸腺の正常な細胞に似ていますが、ゆっくりと増殖し胸腺の外にはめったに移転しません。これに対し、
胸腺がんの腫瘍細胞は、胸腺の正常細胞と異なり、急速に増殖し、がんが発見されるときには通常、体の他の部位にまで移転しています。胸腺がんは、胸腺腫よりも治療が困難です。免疫系が正常組織や臓器を攻撃することにより起こります胸腺腫の患者さんが自己免疫疾患を持っている場合もよくあります重症筋..無力症
自己免疫性赤芽球癆。低ガンマグロブリン血症。多発性筋炎。エリテマトーデス 関節リウマチ 甲状腺炎 シューグレン症候群
 ホリミシスとアンチエイジング
ラドンルームに入ると皆肌がつるつるになり若返り現象が起きます テラヘルツ振動子のレアアースは特に有効です
効果治療としてはウラン鉱石を体に常時身につけることで.DNA細胞を修復させる 水素水飲用と 
炭酸ミストは活性酸素を体から除去させます
 手術不能の場合  ホルミシスは最先端の統合療法です 放射線ホルミシス研究の先端を行く日本
ラドンルーム治療法 放射線ホルミシス ラドン温湿浴 
バドガシュタイン並のラドン濃度を実現 
ラドンミスト発生装置 吸入装置 
低線量放射線による損傷は修復が可能である  鍵は活性酸素を抑制する 抗酸化酵素である
がんの3大発生原因の1つは活性酸素  DNA遺伝子細胞を傷つける 
 修復には水素水が非常によいとされている
毎日 水素水をつくり1日200CC以上飲用すると効果的である.体内に抗酸化酵素を発生させることで
がんをふせごうとします。年齢加齢にて抗酸化酵素を十分に除去できなくなるとDNA細胞を傷つけますとP53遺伝子がDNAを修復できなくなります
重要なのが体に活性酸素を貯めないこと 毎日水素水を飲用して老化細胞をふせぎDNA細胞を修復しましょう
低線量放射線は免疫を強化します だからDNA修復にはラドン治療がいいのです
ラドンのアルファ線なのです 50ミリシーベルトから500ミリシーベルトが有効範囲と言えます
オーストラリアのバドガシュタインのラドン坑道は湿度70%から100% 
濃度4万4000ベクレル/m2
ラドンを効果的に吸引しています
ラドンによる肺がん発生リスクは現在ではございません危険ということにしておけば安全である
100みりシーベルト以下の放射線による発ガンリスクは非常に低い 飲酒.タバコによるリスクは1.6倍にもなります
どんな微量でも放射線は危険としているのですがまったく根拠が証明できないまま人体についての影響ついてはよくわからい
万全を期して危険であると予防的な防衛基準なのです
A-56-31 
 オーストリアのハイルシュトレン ラドン治療坑道
 ラドン吸入器 取り扱い説明書  総理 総理 公邸に持ち込みラドン吸入 認めたラドン吸入器は手放せない
       がん治療には
ラドン療法をやってみてはどうだろう 低線量の放射線治療
 週刊新潮 2013.3.28 記事内容 
持病が悪化か 安倍首相がすがる「ラドン吸入器」 1日6回、1回10分 ...
持病を抱える首相が、いま頼っているのが「ラドン吸入器」という特殊な健康装置。2年前 、昭恵夫人が九州の医大教授からすすめられ、
使うようになった。3月下旬に私邸から 公邸に引っ越す首相は、公邸にも
「ラドン吸入器」を持ち込む..ラドン水の生成装置は200万円以上とのこと.
潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)の悪化 効果的な治療法とはラドン療法
 ラドンとは.放射性物質の一種であるα線を放出する.これを体内に取り込めば細胞活動を活発化される働きがあるという
ラドンの特徴は水に付着すること.湯気に付着してラドンを吸い込めば体によいとされています.
もともとラドンルームというものがあって 
ラドンガスを人工的に発生させ.充満するラドンを体内に取り込り込んで
いた。この改良型が
高濃度ラドンルームですラドン療法は民間療法で、がん.リユウマチ.神経疾患.膠原病などに効果があるとされている
ラドンルームに入ると13ヶ月でしようが見事に消えたが重症な患者や忙しい人は高濃度のラドンルームに通えないそこでラドン吸入器を考えた
 
ラドン含有量
4000ベクレル/m3以上
内寸H1990mm L2305mm
床パネルW603mmL2305mm
 
低ホルシス放射線量 264.1μSV/h
ラドンパネル(テラヘルツ加工)
374mmX677mmX6枚
374mmX848mmX2枚
 
室内のラドン量の目安測定
 ホルミシス 専用のウオータージヤグに水道水を入れて.高濃度のラドン水を作るそれを吸入器にセットして、ミストにして吸入する
頻度は症状にて異なりますが、1日数回 10分づつ吸入することが、一般的です
ラドン水の生成装置は200万円以上 ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度のラドンルームに10分間いたことになります
10分間吸入した際の被爆量は、約0.014ミリシーベルト 胸部X線撮影で、1回当たり0.06ミリシーベルトです
この治療法で被爆は問題ないレベルです ラドン治療は標準的な治療ではないので、自己責任が必要
潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)に効果があるとか言えば.臨床試験がないので何もいえません
多量では有害だけれど、少量なら有益な現象をホルミシスと言います放射線もその性質あると言うことを示すデーターはあります
宇宙ステーションに一日入ると約1ミリシーベルト被爆する宇宙飛行士の古川聡さんは167日もいましたが いまでも元気です 病気していません

 潰瘍性大腸炎とは主に大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の非特異性炎症性疾患
               ラドン水の生成装置           高度医療機器販売 kDD(株) メール
 ラドンガスの発生とラドン温泉そして体内接種の機序ホルミシス療法
●ラドンとは自然界にある86番目の元素
「放射性元素」のことです。・ラドン222 = ラドン   半減期 3.82日
・ラドン220 = トロン   半減期 55.6秒 ・ラドン129 = アクノチン半減期 3.92秒ラドン222以外は半減期が短く治療には不適です 
 ラジウム温泉のラドンン銭への変化とラドンの体内へ取りこまれるしくみラドンガス吸入による放射線ホルミシス効果と医療での可能性

ホルミシス療法

 活性酸素が現在の病気の原因の大きな部分を占めているという多くの研究発表がされています。
ホルミシス療法
 
     医療機器 ラドン吸入器
  放射性物質ラドンの吸入器

ラドン水の生成装置は200万以上 
ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度の
ラドンルームに10分間いたことになります
 
ラドンガスを人工的に発生させ.充満させる
ラドン生成発生装置(ラドン水の生成)
 
この子神の子不思議子
高濃度 ガスを発生させる
 連続永久放出
 608μSV/h以上 
 高濃度1500μSV/h以上
この天然鉱石がないとラドン水の生成の
有効効力はない

 
高濃度ほど効き目が早い
  「ラドンは放射性物質の一種です。装置は、200万円という高額なもの。装置から発生するミスト状のラドンを口から吸い込み、血液を介して
全身に行き渡らせる。通常は、1日6回、1回10分を目安に吸入する
 ラドンを吸入することで免疫力が高まる、
天然鉱石の放射性物質を吸い込んでも一切害はないとのこと(人工鉱石はだめです)
 ラドンは岩盤や地下水から大気に放出される自然界の放射性物質である。これを水蒸気に付着させる形で吸入させ、血液を介して
  全身に循環させようとするのがラドン吸入器ですラドンを吸入することで免疫力が高まり、呼吸器疾患や肝障害や糖尿病への
  治癒効果が期待できる 
「本来は医療施設に販売する専門機器です。個人が購入する場合、1台100万円近くかかるのではないか」
と医療関係者は語る。副作用の心配がないとされるラドン吸入器に信頼よせている
 
    ラドン生成セラミック30μSV/h
      4500ppm
 
ラドンガスを吸い込む
 
  ●活性酸素消去酵素の活性 ●癌抑制遺伝子P53の活性 ●DNAの修復 ●免疫バランスの向上
●細胞膜流動性の向上 ●ホルモンの増加 ●血中コレステロールの減少
●過酸化脂質の減少など様々な効果が明らかになりました。ラドン浴によるホルミシス効果について、世界中で数千の論文が発表されています