電磁波吸収体は、
電磁波の吸収が可能なマグネット粉末(酸化非鉄)とゴム樹脂を一定比率で混合して圧出ゴムシートタイプに製作したもの。
不要電磁波発生部分または外部から入って来る不要電磁波の影響を受けてはならない部分に付着することによって
不要電磁波を吸収してくれます
B-106-14           電磁波吸収体

シールド及び製品テスト方法
 
 
会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2-7-1708    通販法   今までの納品先
             電磁波繊維シールド事業   滋賀県野洲市木部930  077-589-2354 FAX 077-589-4892
通貨レート自動計算はこちら 主要通貨レートはこちら 為替計算機
国際郵便サービス(海外への発送)  国別引受条件早見表
 国際 010-81-50-1102-4906  FAX 010-50-1107-5569
外国への配送も行っております  インボイス証明はメール、FAXさせて頂きます
英語
english
韓国語
korean
中国語
chinese
フランス語
Francais
お振込み口座 SHIGA-BANK
A transfer account
スペイン語
Espanol
イタリア語
L'italiano
ポルトガル語
Portugues
ドイツ語
Deutsch
日本貿易機構(ジェトロ) http://www.jetro.go.jp/indexj.html
韓国の場合住所はハングル文字、英語でお願いします
english 英語 korean 韓国 chinese 中国 Francais フランス語
Espanol スペイン語 L'italiano イタリア語 Portugues ポルトガル語 Deutsch ドイツ語
 ↓スカイプのダウンロードはロゴマークをクリックしてください。
Windows用3.5.0.214 バージョン スカイプネット(カメラ付)も設置してます。スカイプ名masachi6 です
世界各国通話は(インターネット回線利用にて無料です)まず登録をしてください

スカイプ名kdd002です(デスク2) kdd002@kdd1.com(海外通信、国内通信)
スカイプ名kdd001です(デスク1)     (国内通販)

電磁波の吸収が可能なマグネット粉末(酸化非鉄)とゴム樹脂を一定比率で混合して圧出ゴムシートタイプに製作したもの。不要電磁波発生部分または外部から入って来る不要電磁波の影響を受けてはならない部分に付着することによって不要電磁波を吸収してくれます。

メールにてお問い合わせ

電磁波の吸収が可能な磁性粉末(Metal系、フェライト系)とゴム樹脂を一定比率で混合して圧出、射出、折衷形態で製作し、不要電磁波発生部分または外部器機から入って来る不要電磁波の影響を受けてはならない部分に付着することで不要電磁波を減少させてくれる。使用しやすくした側面に両面テープを付着するか、若干の性能を向上させるために反射板(Cu、Alなど各種金属薄板)を付着した形態でも製造が可能である。

製品の仕様は顧客が希望する規格と主動作周波数に合うように材料及び厚さを設計して製造する。




軟性だから形象加工/取り扱いが容易である(トムソン、ハーフ加工)
顧客の要求に応じて薄型化が可能である(≧0.10 mm)
TAPE/金属薄板などと接合して使用すれば性能を向上させることができる。
ロール形態への生産が可能であるため生産性が良くロス率も低い。

電磁波吸収体に入射される不要電磁波のエネルギーを熱エネルギーへと変換させて不要電磁波を相殺させる。


* 吸収体の粒子構造
Metal

Metal Flake


シートの粒子配列形態

 
成型方法 製造機能規格 特徴
カレンダー(Calender) - 厚さ:0.1~10mm、幅:<800mm
- 長さ:顧客要請への対応が可能
* 加工性及び生産性が容易
圧出(Extrusion) - 厚さ:0.2~10mm、幅:<350mm
- 長さ:顧客要請への対応が可能
* 小型規格の制作が容易
* 圧出金型タイプ
* 正確な規格生産品
射出(Injection) 円筒状/BAR型
⇒顧客要請への対応が可能
* 正確な規格生産品
* 射出金型タイプ

電磁波の吸収が可能なマグネット粉末(酸化非鉄)とゴム樹脂を一定比率で混合して圧出ゴムシートタイプに製作したもの。不要電磁波発生部分または外部から入って来る不要電磁波の影響を受けてはならない部分に付着することによって不要電磁波を吸収してくれます。

メールにてお問い合わせ
No. 項目 規格値 測定値
1 難燃性 UL 94V - 0 94V - 0
2 磁気特性(1Khz)
μi = 13 ±2 μi = 13 ±2
3 密度 D = 3.6 ±0.2 (g/cm2) D = 3.6 ±0.2 (g/cm2)
4 硬度 H = 90 ±5゜(A) 91
5 引張強度(Tb)   50 ±30 (kg/cm2)
6 伸び率(Eb)   15 ±10 (%)
7 信頼性   試験前 強度 試験後 強度
耐湿実験 90 90
耐熱実験 90 92
Heat-cycle 90 92
8 材料定数 vector network analyzer :HP 8722D
電波吸収能 Computer program USE
反射損失 Toroidal Sample実装測定
(端っこにsample/short順に付着)
比重 比重計MODEL : ED- 120T
硬度 硬度測定機MODEL : GS - 706
引張強度 万能材料試験機MODEL : UTM - R300
恒温恒湿 恒温恒湿槽MODEL : C - CTH1
信頼性 DRY OVEN MODEL : C - 012

厚さに伴う反射損失
周波数別材料定数
0.3GHz 0.8GHz 1.8GHz 2.4GHz 5.6GHz 12GHz 18GHz
材料
定数
ε1 22.8 22.8 22.5 22.2 21.3 19.7 18.6
ε11 0.7 1.0 1.7 1.8 2.9 4.2 4.4
μ1 8.5 5.1 2.5 1.9 0.6 0.5 0.8
μ11 3.1 4.3 3.5 3.0 1.4 0.3 0.02
材料定数グラフ
電磁波吸収能グラフ
厚さにともなう反射損失
周波数別材料定数
0.2GHz 0.8GHz 1.8GHz 2.4GHz 5.6GHz 12GHz 18GHz
材料
定数
ε1 23.3 23.3 23.1 22.9 22.8 22.8 22.7
ε11 1.7 1.4 1.2 1.1 0.9 1.0 1.1
μ1 9.6 8.7 6.3 5.7 2.6 0.9 0.4
μ11 2.2 3.0 3.9 3.8 3.5 2.3 1.5
材料定数グラフ
電磁波吸収能グラフ

電磁波の吸収が可能なマグネット粉末(酸化非鉄)とゴム樹脂を一定比率で混合して圧出ゴムシートタイプに製作したもの。不要電磁波発生部分または外部から入って来る不要電磁波の影響を受けてはならない部分に付着することによって不要電磁波を吸収してくれます。

メールにてお問い合わせ

 電磁波吸収体はマットサイズ ヨコ200mm タテ300mm   納期14日   最小単位    20枚
 1枚¥2200(税別)kdd002@kdd1.com
0.8GHz帯 吸収体の種類
SRA01-020 SRA01-040 SRA01-060 SRA01-080 SRA01-100 SRA01-150 SRA01-200
0.2mm 0.4mm 0.6mm 0.8mm 1.0mm 1.5mm 2.0mm
吸収能
(dB/cm)
0.14 0.27 0.41 0.55 0.68 1.03 1.37
減衰能
(dB)
0.24 0.52 0.72 0.97 1.21 1.85 2.54
適用対象製品類 : Cellular phone, GSM etc

1.8GHz帯 吸収体の種類
SRA101-020 SRA101-040 SRA1018-060 SRA101-080 SRA101-100 SRA101-150 SRA101-200
0.2mm 0.4mm 0.6mm 0.8mm 1.0mm 1.5mm 2.0mm
吸収能
(dB/cm)
0.36 0.71 1.07 1.42 1.78 2.66 3.55
減衰能
(dB)
0.48 0.96 1.45 1.97 2.50 3.99 5.80
適用対象製品類 : PCS phone, DMS etc

2.4 GHz帯 吸収体の種類
SRA101-020 SRA101-040 SRA101-060 SRA101-080 SRA101-100 SRA01-150 SRA01-200
0.2mm 0.4mm 0.6mm 0.8mm 1.0mm 1.5mm 2.0mm
吸収能
(dB/cm)
0.41 0.86 1.28 1.71 2.15 3.23 4.32
減衰能
(dB)
0.52 1.04 1.57 2.14 2.72 4.40 6.43
減衰能 : IMT-2000, LNB, Wireless LAN(BLUE-tooth), Mircrowave oven, RF 1D WCDMA, AMPS, IMT-2000: 2 GHzホア GPS: 1.57GHz

*上記の測定値は標準値でありユーザーの要求にしたがって特性と吸収体の厚さ調整が可能です。
0.8GHz帯 吸収体の種類 (Cellular phone, GSM)
SRA101-020 SRA101-040 SRA101-060 SRA101-080 SRA101-100 SRA101-150 SRA101-200
0.2mm 0.4mm 0.6mm 0.8mm 1.0mm 1.5mm 2.0mm
吸収能
(dB/cm)
0.09 0.17 0.25 0.33 0.41 0.61 0.81
減衰能
(dB)
0.20 0.32 0.48 0.65 0.82 1.27 1.75
適用対象製品類: Cellular phone, GSM etc

1.8GHz帯 吸収体の種類
SRA101-020 SRA101-040 SRA101-060 SRA101-080 SRA101-100 SRA101-150 SRA101-200
0.2mm 0.4mm 0.6mm 0.8mm 1.0mm 1.5mm 2.0mm
吸収能
(dB/cm)
0.26 0.54 0.79 1.06 1.32 1.98 2.63
減衰能
(dB)
0.66 1.06 1.63 2.23 2.89 4.95 8.03
適用対象製品類: PCS phone, DMS etc

2.4 GHz帯 吸収体の種類
SRA101-020 SRA101-040 SRA101-060 SRA101-080 SRA101-100 SRA101-150 SRA101-200
0.2mm 0.4mm 0.6mm 0.8mm 1.0mm 1.5mm 2.0mm
吸収能
(dB/)
0.34 0.66 0.98 1.30 1.63 2.47 3.28
減衰能
(dB)
0.79 1.28 1.97 2.73 3.59 6.49 11.60
適用対象製品類: IMT-2000, LNB, Wireless LAN(BLUE-tooth), Mircrowave oven, RF 1D

*上記の測定値は標準値でありユーザーの要求にしたがって特性と吸収体の厚さ調整が可能です。

電磁波の吸収が可能なマグネット粉末(酸化非鉄)とゴム樹脂を一定比率で混合して圧出ゴムシートタイプに製作したもの。不要電磁波発生部分または外部から入って来る不要電磁波の影響を受けてはならない部分に付着することによって不要電磁波を吸収してくれます。

メールにてお問い合わせ
加工性

吸収体シートをトムソン加工、ハーフ加工することが可能なので使いやすいです。
吸収体サイズの設定

電磁波被害部分または電磁波発生部分にいろいろな形、大きさで実際にテストした後、吸収体の大きさを設定するのが一番経済的で效果的です。


吸収領域

吸収体の種類
種類 吸収方法 使用周波数 吸収材料の例
磁性体粉末混合型 磁性損失 KHz~MHz 磁性体混合体
導電体粉末混合型 渦電流損失 MHz~GHz カーボン粉混合体
誘電体粉末混合型 誘電損失 MHz~GHz 誘電体混合体
λ/4 型 導電損失 GHz 導電纎維. ITO膜
磁性損失 磁性体
誘電損失 誘電体



戻る