ガン治療は何もしないこと ???
有害な治療で治る効果がないことがはっきりわかっているからです
自然治療がいいのです
 日本の医者は平気でウソをつく
 現在の日本の病院では、医師たちは、おどろくようなウソを平気でいいます。
 まず、
「現在の治療水準では、抗ガン剤、放射線、手術がベストです」といいます。
 そして、100%、医者は患者を抗ガン剤漬け、放射線漬け、手術漬けにしていきます
日本は抗ガン剤20倍、手術17倍
肺ガンも同じ.日本では、ほぼ100%抗ガン剤を盛られ、放射線をあてられ、手術で切られます。
 ところが、
カナダでは、もっとも多い治療法は『何もしない』
D-0-39                                                                                                                                                             

 日本では、ガンになると、抗がん剤、放射線での治療、最悪は手術で切ることが多い。
海外を見渡せば、日本のガン治療が異常であることが解る。
「何もしない」「様子をみる」というのが一般的。
先進国でもガンが見つかっても何もしないという選択肢はごく当たり前の主要な選択肢なのです。
なぜなら、それは有害な治療で治る効果がないことがはっきりわかっているからです
それどころか、「ガンはうかつに治療するな」はごく一般的選択肢のひとつです。
とくに前立腺癌はとくにほおって置いても害がないから
何もしない、何もする必要がないという見方が主要選択肢なのです。
前立腺癌を放置したからと言ってどうなるでしょうか?
実はどうもならないことが海外ではわかっているからです。
普通に最後まで生活できるのです。
 50代以降では40%以上の男性が解剖してみると気づいていなかっただけで前立腺癌だったのです。
前立腺に限らず、
文明人なら体のどこかにガンがあるのが当たり前のこと。 
ところが放置しても何も起きません。そのまんま寿命までも何も起きないのです。
だから慌てる必要も何もする必要がないというのは常識です。
 日本の常識のほうが海外から見ればおかしな異常な猟奇治療を繰り返しており、仰天するような異常なことをやっています。
手術はするわ、それに抗ガン剤も打たれるわと効いたら海外の医者はエッッーと仰天するでしょう。
 カナダでは、抗ガン剤と手術を両方するのはたったの3%であり、三大治療全部やるのはもっと少ないはずです
そもそも3つとも全部やると言うことが海外の常識からすれば、仰天なのです。
海外では有害な治療のフェードアウトが進んでいるからです。
 日本ではどうでしょうか?いろんな有名人がガン宣言で治療したとたんにまたかというように亡くなっています
その壮絶な苦しみのウラで巨額の利益を上げてホクホクの利益確定をした連中がいるがいることは間違いありません。
●日本の医者は平気でウソをつく
 現在の日本の病院では、医師たちは、おどろくようなウソを平気でいいます。
 まず、「現在の治療水準では、抗ガン剤、放射線、手術がベストです」といいます。
 そして、100%、医者は患者を抗ガン剤漬け、放射線漬け、手術漬けにしていきます。 
試みに聞いてごらんなさい。
 「センセイ、もしあなたがガンだったら、自分に抗ガン剤打ちます?」。 
顔面蒼白になって絶句するのは、まちかいないでしょう。
 じつは正解は「まったく治療しない」こと。スウェーデンでの報告です。
早期前立腺ガンの患者223人を『まったく治療せず』10年間、経過を経過をみた。
その間に124人が死亡しました。
 しかし、ガン死だったのは、わずか19人(8.5%)。よって、研究者たちは「手術による前立腺全摘は標準的治療とはいえない」
と結論付けています。 
日本では男性諸兄は前立腺ガンで病院を訪ねると例外なく切られる、あるいは放射線を浴びせられる。
 しかし、スウェーデンの医者たちは、これら治療を「必要ない」という。
 だから、スウェーデンの前立腺ガン治療は「何もしない」で様子をみるだけ。
 この事実を知っていたら、だれが地獄のような苦しい、痛い思いをして、日本の病院で治療を受けるでしょう。
 しかし、このような国際的なガン治療の常識は医者はぜったい教えてくれません。メシの食い上げになるからだ。
日本は抗ガン剤20倍、手術17倍
  肺ガンも同じ.日本では、ほぼ100%抗ガン剤を盛られ、放射線をあてられ、手術で切られます。
 ところが、カナダでは、もっとも多い治療法は『何もしない』なのだ
 なんと「無治療」22%。最近の研究では「何もしない患者が、もっとも治りやすいことがわかってきたという。何というパラドックス………
「手術」はたったの6%.日 本は.17倍)抗ガン剤はなんと5%(日本は20倍).「抗ガン剤」と「手術」は3%(日本は.33倍)……!
 日本では、国際的レベルにくらべて、抗ガン剤は20倍、手術は17倍も多い。メチャクチャに抗ガン剤を与え、メチャクチャに手術で切りまくっているのです。
それが、 どうして国際的標準といえるのでしょうか?
 然治療 ラドンホルミシス治療法 自然鉱石+テラヘルツ波で治療する ガン細胞を切り取ると再発する がん細胞は冬眠させると180日で餓死する
 ラドン吸入器 取り扱い説明書  がん克服  難病の治療
       がん治療にはラドン療法 低線量の放射線治療で病気を克服
 ラドン吸入器は未来の医療機器である
 潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)の悪化 効果的な治療法とはラドン療法
 ラドンとは.放射性物質の一種であるα線を放出する.これを体内に取り込めば細胞活動を活発化される働きがあるという
 ラドンの特徴は水に付着すること.湯気に付着してラドンを吸い込めば体によいとされています.
 もともとラドンルームというものがあって ラドンガスを人工的に発生させ.充満するラドンを体内に取り込り込んでいた。
この改良型が高濃度ラドンルームですラドン療法は民間療法で、がん.リユウマチ.神経疾患.膠原病などに効果があるとされている
ラドンルームに入ると13ヶ月でしようが見事に消えたが重症な患者や忙しい人は高濃度のラドンルームに通えないそこでラドン吸入器を考えた
 ラドンホルミシス療法はDNA細胞を修復させるために 難病も克服できる 医師から見放されても治療はできる
 
ラドン含有量
4000ベクレル/m3以上
内寸H1990mm L2305mm
床パネルW603mmL2305mm
 
低ホルシス放射線量 264.1μSV/h
ラドンパネル(テラヘルツ加工)
374mmX677mmX6枚
374mmX848mmX2枚

室内のラドン量の目安測定
 
  ホルミシス 専用のウオータージヤグに水道水を入れて.高濃度のラドン水を作るそれを吸入器にセットして、ミストにして吸入する
 頻度は症状にて異なりますが、1日数回 10分づつ吸入することが、一般的です
 ラドン水の生成装置は200万以上 ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度のラドンルームに10分間いたことになります
 10分間吸入した際の被爆量は、約0.014ミリシーベルト 胸部X線撮影で、1回当たり0.06ミリシーベルトです
 この治療法で被爆は問題ないレベルです ラドン治療は標準的な治療ではないので、自己責任が必要
 潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)に効果があるとか言えば.臨床試験がないので何もいえません
 多量では有害だけれど、少量なら有益な現象をホルミシスと言います放射線もその性質あると言うことを示すデーターはあります
 宇宙ステーションに一日入ると約1ミリシーベルト被爆する宇宙飛行士の古川聡さんは167日もいましたが いまでも元気です 病気していません
 潰瘍性大腸炎とは主に大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の非特異性炎症性疾患
  ラドン水の生成装置   ラドンルームに1時間入浴したのと同じレベルのラドンガスを吸引することが出来る 高度医療機器製造 kDD(株)メール 
  ラドンガスの発生とラドン温泉そして体内接種の機序ホルミシス療法
●ラドンとは自然界にある86番目の元素
「放射性元素」のことです。・ラドン222 = ラドン   半減期 3.82日
・ラドン220 = トロン   半減期 55.6秒 ・ラドン129 = アクノチン半減期 3.92秒ラドン222以外は半減期が短く治療には不適です 
 ラジウム温泉のラドンン銭への変化とラドンの体内へ取りこまれるしくみラドンガス吸入による放射線ホルミシス効果と医療での可能性

ホルミシス療法

 活性酸素が現在の病気の原因の大きな部分を占めているという多くの研究発表がされています。
ホルミシス療法
 
     医療機器 ラドン吸入器

  放射性物質ラドンの吸入器

ラドン水の生成装置は200万以上 
ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度の
ラドンルームに10分間いたことになります
 
ラドンガスを人工的に発生させ.充満させる
ラドン生成発生装置(ラドン水の生成)

この子神の子不思議子
高濃度 ガスを発生させる
 連続永久放出
 608μSV/h以上 
 高濃度1500
μSV/h以上 
 「ラドンは放射性物質の一種です。装置は、200万円という高額なもの。装置から発生するミスト状のラドンを口から吸い込み、血液を介して
全身に行き渡らせる。通常は、1日6回、1回10分を目安に吸入する
 ラドンを吸入することで免疫力が高まる、
天然鉱石の放射性物質を吸い込んでも一切害はないとのこと(人工放射線鉱は有害)
 ラドンは岩盤や地下水から大気に放出される自然界の放射性物質である。これを水蒸気に付着させる形で吸入させ、血液を介して
  全身に循環させようとするのがラドン吸入器ですラドンを吸入することで免疫力が高まり、呼吸器疾患や肝障害や糖尿病への
  治癒効果が期待できる 
「本来は医療施設に販売する専門機器です。個人が購入する場合、1台100万円近くかかるのではないか」
と医療関係者は語る。副作用の心配がないとされるラドン吸入器に信頼よせている
 
    ラドン生成セラミック30μSV/h
      4500ppm
 
ラドンガスを吸い込む 
  ●活性酸素消去酵素の活性 ●癌抑制遺伝子P53の活性 ●DNAの修復 ●免疫バランスの向上
●細胞膜流動性の向上 ●ホルモンの増加 ●血中コレステロールの減少
●過酸化脂質の減少など様々な効果が明らかになりました。ラドン浴によるホルミシス効果について、世界中で数千の論文が発表されています
D-0-39

戻る