血液のガンである多発性骨髄腫に対する新たな治療薬 国内の患者数は2万人  自覚症状がない 血液検査からみつかる 薬はボルテゾミブ レナリドミド サリドマイド など
 特性にあわせて選択免疫機能を高める 免疫調節薬などつかわれています 最近はCAR-T細胞療法で準備も進んでいる
骨髄腫細胞 骨髄中で異常な形質細胞が増えること 主な症状  正常な血液が作れなくなる ( 貧血 免疫低下 出血など)
 骨をつくる細胞と壊す細胞のバランスが崩れる( 骨折 背中や腰の痛み 口が渇くなど)
 
異常なたんぱく質が大量につくられる (尿が減るなどの腎臓障害. 頭痛 目が見えにくくなる 免疫低下)  血液のガンである多発性骨髄腫は長く付きあ合う病気
D-0-96
 
血液のガンである多発性骨髄腫に対する治療
その1は ガンが誕生できないためには常時筋肉運動をおこない体温を37度付近に保つこと
体温の36度はガン細胞が活動しやすい環境であり免疫が始まるには36.5度以上で37度であらいる体内の免疫が一番いい状態である
それには 体の筋肉運動がはげしい人ほどガン細胞は発症しない ガンにならないためには近赤外光線がでている鉱石を体に身に着けておければ
体温はあがる 放射線量2000μsV/h もあればガン細胞は発症しない 体内ではガン細胞は生活できないからである  ガンにならないための予防とはメール
末期ガンでも近赤外光線がでている鉱石を体に与えることでガン細胞は冬眠するといわれている これも1つのガン治療の選択である
  近赤外光線がでている鉱石
 戻る