黄色靭帯骨化症   メール 
黄色靱帯骨化症とはこの靱帯が通常の何倍もの厚さになり、なおかつ骨の様に硬くなり(靱帯の骨化)、徐々に脊髄を圧迫してくる病気です

症状
徐々に下半身がしびれてきたり、歩行が困難になってきます。時には道で転倒するなどの比較的軽い外傷にもかかわらず、
外傷後に急激に両下肢麻痺などの極めて重い症状が出現することもあります。また、全く無症状で偶然画像検査にてみつかることもあります。
D-0-77
   
   
 保存的療法としては、ビタミンB剤や筋弛緩剤が用いられます 経過観察中に症状が明らかに進行している場合には、手術的療法の適応となります。
 手術はいや 薬もいや な難ぎな人には自然治療方法があります 試してください 放射線 近遠赤外線治療(テラヘルツ波振動子)
主にガン治療に効果 黄色靱帯骨化症にも効果が期待できます 難病もすべて細胞の老化による免疫の衰えからです
 放射線量2000μsV/hを体にあてることで  難病も即座に修復させることができる実例もあります 試してみてください
 会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2-7-1708    通販法   今までの納品先
      ホルミシスラドンルーム施設製造 滋賀県野洲市木部930  077-589-2354 
 
ウランシート 350μsV/h
 
   
  
 背中にもウランシート 350μsV/h
 
     前 後から放射線350μsV/hで
    がん細胞を眠らせますと食欲がでれば
    がんは大きくならない 命助けます
ステージ4メール 
 ステージIV
がんがはじめにできた
原発部位を超えて、離れた
他の臓器へ転移している 
  

戻る