末期ガン 放射線40G 抗がん剤(デモダール)処方 数か月しても何の効果も見当たらない
セカンド・オピニオンは、複数の治療法があり判断に迷う場合に適しています。例えば、がんと宣告されてしまった場合、
手術、放射線治療、化学療法(投薬)などの、様々な治療法が考えられると思います。
主治医が手術が望ましいという考えを持っているようだが、
自分や家族としては手術以外の方法が気になる……
主治医以外の先生の意見も聞いて検討してみたいと思った場合、セカンド・オピニオンを受けることができます。
セカンド・オピニオンは、あくまで相談して意見を求める場です

セカンド・オピニオンの受け方・探し方
より納得のいく治療を受けるため、主治医以外の医師に意見を聞くことができ「セカンド・オピニオン」という制度があります。
遠慮せず上手に活用して、病気の治療や緩和に役立てましょう。

                                                                                                             執筆者:竹本 国夫
D-0-49

セカンド・オピニオンの基礎知識

セカンドオピニオン
上手に活用して、納得のいく治療を受けたいですね

少し前から定着してきた「セカンド・オピニオン」。通常の診療と何が違うのでしょうか?
セカンド・オピニオンを一言で言うと、診察結果や治療法について主治医以外の意見をもらう行為のことです。
意見をもらうだけですから、そこで実際の治療を受けることはできません。
基本的に、治療は元の病院に戻って受けることになります。

セカンド・オピニオンは、複数の治療法があり判断に迷う場合に適しています。
例えば、がんと宣告されてしまった場合、手術、放射線治療、化学療法(投薬)などの、様々な治療法が考えられると思います。
主治医が手術が望ましいという考えを持っているようだが、自分や家族としては手術以外の方法が気になる……
主治医以外の先生の意見も聞いて検討してみたいと思った場合、セカンド・オピニオンを受けることができます。
セカンド・オピニオンは、あくまで相談して意見を求める場ですので、そこで改めて検査をすることはありません。
したがって、最初に受診した医療機関での検査結果を持っていく必要があります。
たまに何も持たずに行く方がいるようですが、それでは印象論の話しかできませんので、時間とお金の無駄になりかねません。
「主治医に失礼なのではないか……」と心配する患者さんが多いようですが、今の医師は、「セカンド・オピニオンのために、
必要な検査データが一式欲しいのですが」と言えば、ちゃんと協力的に対応をしてくれます。
レントゲンなどのコピーのために書類を書いたり、コピーに1週間くらい時間がかかる場合がありますので、医師の事務手続きは多少必要になるかもしれませんが、
患者さんが納得しないままで治療をすることに比べれば、ずっと前向きなプロセスです。
仮に主治医の診察や方針に疑問を持っていて、主治医のことがどうしても信頼できない場合でも、「自分にとって大事な決断なので、
いろいろな意見を聞いてみたい」と伝えるなど、医師を責めない言い方をすれば問題ないでしょう。

万が一、セカンド・オピニオンを受けるといって嫌がる医師や、書類を渋る医師がいたとしたら、自分の診断に自信がない場合も考えられます。
その場合は、思い切って病院を変える決断も必要かもしれません。
セカンド・オピニオンの費用費用は保険診療ではなく、自費扱いとなります。たとえば、病院が設定している治療費が1万円だった場合、通常は保険適用で3割負担ですか
ら3000円の支払いで済みますが、自費負担の場合は1万円全て、自分での支払となります。
費用の設定も病院によってまちまちです。全体傾向として30分1~2万円前後が多いようですが、中には数万円の費用が設定されている病院もあります。
少し高額でもセカンド・オピニオンを受けるメリットセカンド・オピニオンの最大のメリットは、一人の医師に自分のための十分な時間を取ってもらい、
説明がじっくり受けられることだと思います。
通常の診療だと長くても10分ということが多い大学病院でも、30分から1時間、じっくり相談に乗ってもらえます。考え方のロジックについては、
通常の短い診療時間ではなかなか聞けませんので、医師に長時間相談に乗ってもらえるのは大変なメリットといえます。
セカンド・オピニオンを実施しているのは、大学病院か、それに準じる専門病院がほとんどです。大学にもよりますが、
大学の中でも中堅以上の選ばれた医師のみが対応することが多いのも特徴です。
セカンド・オピニオンが受けられる病院の探し方なお、セカンド・オピニオンは義務ではなく患者向けサービスの一環なので、
実施している大学でも、すべての診療科が行っているとは限りません。
あくまで通常の診療が最優先ですので、対応できる人員が限られている場合には、実施できないことも多いのです。
セカンド・オピニオンは、東京都ですと、東大、東京医科歯科大、慶応大、慈恵医大など10以上の病院が実施しています。
実施している病院の探し方ですが、実施科目が変動していることもあり、なかなかいい方法がありません。
現実的には知り合いの口コミ情報などに頼るのも一つの方法ですが、当てがない場合はインターネットの検索エンジンを使って、
「病名 セカンド・オピニオン」などと探すのがいいでしょう。病名には、主治医が診断した病名を入れます。
たとえば、「乳がん セカンド・オピニオン」で検索すると、「乳がん情報ネット」の施設一覧が表示されます。
  会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2番7-1708    通販法   今までの納品先
 
高度 医療事業   滋賀県野洲市木部930  077-589-2354  FAX 077-589-4892 
    
 ガン治療は抗がん剤(放射線の点滴液) 痛みは麻薬が定番 体に受けるダメージははかりしれない苦痛
 ハイパーサーミヤ療法 ビタミンC治療など民間療法はありますが すべてがん治療は 延命治療であって
 ガンがすべて消えることのできるがん治療法はないのです がんになればがんでないひとよりも短命
 それも年齢が若いほど短命である どうすればガンをなくするのか 方法は1つ
 ガンを眠らせるしかも180日間(冬眠させること)栄養不足でガンは死滅します
 どうすれば がん細胞を眠らせられるか
 体に抗がん剤を使えばガンは攻撃 細胞とガンとの戦いになり つらい抗がん剤治療をします
 体に抵抗なくガン細胞を眠らせるための
自然鉱石放射線を180日間体の皮膚にあてて.がん細胞を眠らせる
 方法が余命宣告されても命を助けられることができます 体に害は一切なくもっとも安全な治療方法なので す

 自然鉱石放射線を180日間体の皮膚にあてて.がん細胞を眠らせる
 末期ガン場合には1200μSV/h 以上
 自宅治療 がん細胞を眠らせます ケニア ウクライナー アメリカ ロシア 北朝鮮などにある 
 
日本にはなにもない
 セカンド・オピニオン  自宅療法( 看取り医師治療) ホスピス医療施設の看護
      ガン患者さんが残り少ない命を安らかに眠る 痛み 苦しみも少なくのこりわずかな人生を悔いなくめとる最後の看護です
   そこで 助けられるならどんな方法でも命をたすけてほしい そんなガン患者さんの願いをかなうことに進む治療が
 近赤外光線テラヘルツ振動子治療です 病院でできないことを がん患者を助ける最後の治療なのです
    近赤外光線を体に180日常時照射することで がん細胞を眠らせる 180日後にはがん細胞が餓死する 夢のような話なんです
 余命宣告されても命を助けられることができました 病院入院患者 自宅治療患者
  余命宣告1か月の方でも180日経過後 元気になられ普通のように生活されています
  かかりつけの医師も誤診とおもわれるほどビックリ奇跡がおこっています
 抗がん剤(放射線の点滴液) 痛みは麻薬をしていた方のほとんどがガンと闘い克服 ガン細胞全滅 
 感動されえいます 奇跡です 信じられない人100%でしょう でも事実なんです
 今余命宣告をうけられている人でも 1つの奇跡を求めてください 病院でこれ以上治療ができない
 ガン患者さん 信じられるならご連絡いただければ 今後の治療方法をカウンセリングさせていただきます
 ご相談は常時多忙のためメールでしかお答えできません 
メール 
 (ご相談は医師から治療方法がないと告知された方のみの相談のみさせていただきます) 
ステージⅣの方のみです 命をたすけるためのご協力をさせていただきます 施設(宿泊 個室  免疫治療ルーム.風呂 洗濯.食事)
 
放射線物質 ガン治療ヨウ素水
メール 支援します
ガンだけではない 脳機能を正常に戻せば病気は治る 以外に奇跡がおこる 治療ルーム施設ございます
   がん放射線物質を体内投与で病気にならないようにする方法 奇跡がおこる
その1 体に無害な放射線を常時身に付ける放射線量は450μSV/h以上 
ウランニウム鉱石 北朝鮮 南アフリカ  ケニア産しか存在しないもの  奇跡がおきます 難病も奇跡で治療します

 放射線量 537μSV/h 首にかけて生活をする(体に無害)
 体内にたまる活性酸素は瞬時に消すためまず疲れない 病気がしなくなる 毎日元気に過ごせる
被爆するというのは戦争につかう道具 爆弾になるから戦後言われてきました 危険のための伝説 メール
 今後の治療は180日 がんを眠らせる方法 180日でがんは死滅する 180日冬眠させる方法あります   通常の生活ができます
    最後の治療施設でがん細胞を眠らすことをおこないます
  近赤外光線テラヘルツ振動ルーム  520-2431 滋賀県野洲市木部930 メール 予約制  1日¥14000 施設使用料金 宿泊 個室 4人使用可能
     定額使用料金 サウナー 入浴 洗濯 乾燥 冷蔵庫 冷凍庫 すべて 無料  食事持ち込み出来ます
 
ウランシート 350μsV/h
 
 背中にもウランシート 350μsV/h

 
前 後から放射線350μsV/hで
    がん細胞を眠らせますと食欲がでれば
    がんは大きくならない 命助けます 
     ステージ4ステージIV
がんがはじめにできた原発部位を超えて
、離れた他の臓器へ転移している
  がん細胞を眠らすとがん細胞は死滅します 180日間放射線350μsV/h 連続照射 
免疫細胞は元気になりがん細胞は冬眠します この方法はウラン鉱石がないとできません
 ウラン鉱石は日本にはない ケニア 北朝鮮 アフガニスタン 戦争の武器に使います ので輸入ができません ウランは被爆するほど効果がある
 反面 体の細胞を修復する効果もあります ウラン鉱石はDNA細胞をつよくしますので
 病気の治療 健康維持にも期待できます ウラン鉱石は被爆しません 核兵器をつくる 原料なのです
 
残念ですが日本にはウランはないですあれば 末期がんでも命は助かります