抗がん剤投与 しますか 麻薬:オキノームにしますか 後遺症のこりますか・・・
 ガン細胞を封じ込める戦い いいこともあるだろうがデメリットもある
 同じ抗がん剤投与の方法 外部からガン細胞に放射線500μsv/h以上の電波振動子をつかって
 体に連続的に照射する方法がある(体に無害です)
 ガンになったらガン細胞は一生死滅しません 毎日活性酸素が生まれ活性酸素が体内にたまりますと
 ガン細胞が発生しやすくなり免疫力が破壊します 免疫力がいちじるしく低下しますと細胞が老化
 し細胞の修復できなくガンが発生します
 だから毎日元気な細胞を維持することが大切なことなのです どうすればいいか 
 ごく微弱な放射線を体にあびると 体に振動子が生まれますと活性酸素がたまりにくくなります
D-0-42
 
 「がん患者は、がんではなく“がん治療”で苦しむ」
「がんの9割に抗がん剤は無意味
が んの外科手術をしないほうが寿命が伸びる
なぜ病院・医者は、無意味だと知っていて も、抗がん剤投与や手術をするのか?」
人間ドックやがん検診
 がん治療は入院 退院の繰り返すことで死んでいく日本の医者は平気でウソをつく
 現在の日本の病院では、医師たちは、おどろくようなウソを平気でいいます。
 まず、
「現在の治療水準では、抗ガン剤、放射線、手術がベストです」といいます。
 そして、100%、医者は患者を抗ガン剤漬け、放射線漬け、手術漬けにしていきます
日本は抗ガン剤20倍、手術17倍肺ガンも同じ.日本では、ほぼ100%抗ガン剤を盛られ、
放射線をあてられ、手術で切られます。
 ところが、
カナダでは、もっとも多い治療法は『何もしない』
ガン治療は何もしないこと ???
有害な治療で治る効果がないことがはっきりわかっているからです
自然治療がいいのです
 【がん】 日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡しています
がん発生のメカニズム 
●細胞が分裂するときの「コピーミス」で「がん」がはじまる
私たちの体は約60兆個の細胞でできており、
細胞は絶えず分裂することによって新しく生まれ変わってい ます。
細胞分裂は、細胞の設計図である遺伝子をもとにコピーされることで起こりますが、発がん物質などの影響で
遺伝子が突然変異し、「コピーミス」が起こ ることがあります。このコピーミスが「がん」のはじまりです。
ただし、コピーミスが起きても、すぐにがんになるわけではありません。健康な人でも1日約5,000個の
コピーミスが起こっているといわれています。
通 常、コピーミスで生まれた異常な細胞は、体内の免疫細胞の標的となり、攻撃されて死滅します。
ところが、免疫細胞の攻撃を逃れて生き残る細胞がいて、「がん細胞」となります。
それらが異常な分裂・増殖をくり返し、10~20年かけて「がん」の状態になります。
 がん
●がんは全身のどこにでも発生します.がんは、全身のあらゆる場所に発生する可能性があります。
胃や肺、肝臓などの内臓はもちろん、血液や骨、皮膚などにできるがんもあります。
がんの名前は一般的に、「胃がん」や「肺がん」などのように、最初にできた部位の名前をとってつけられます。
なかには「脳腫瘍」や「白血病」など、「が ん」という言葉がつかないものもありますが、脳腫瘍は脳にできる
がん、白血病は血液のがんで、いずれもがんの仲間です。
 本では、ガンになると、抗がん剤、放射線での治療、最悪は手術で切ることが多い。 海外を見渡せば
「何もしない」「様子をみる」 というのが一般的。
抗がん剤。。。何度も言いますが癌を縮小させることはできても消滅はしません。
治らないのに副作用が大きくリスクが大きすぎます
 髪の毛は抜ける、激しい嘔吐下痢、凄まじい副作用の数々
そして、なによりも危険なのは、一番大切な免疫をぶっ壊してしまう毒を体中に流し込んでいるという事
 がん患者は、がんではなく“がん治療”で苦しむ」 「がんの9割に抗がん剤は無意味」 「が んの外科手術をしないほうが寿命が伸びる
なぜ病院・医者は、無意味だと知っていて も、抗がん剤投与や手術をするのか?」 「人間ドックやがん検診で
余命と同じような意味で、癌の治療を評価するのに「5年生存率」が使われます。
5年生存率とは、癌の治療の5年後にどれくらい存命しているかの割合を示しています。
例えば、5年生存率が10%ならば、10人の人が癌の治療をして、その後5年が経過した時に
生きているのが、1人ということになります。ステージが進むごとに5年生存率が低くなっていきます
がんになったら命の助かる方法は1つある  外部放射線による抗がん剤(投与)
体の外部から上半身ガン細胞に放射線500μsv/h以上の電波振動子をつかって
体に連続的に照射する方法がある(体に無害です)これならガン細胞は活動を停止(冬眠)にはいる
180日という長い間栄養がなくなり餓死する 夢のようなお話しだろうが それを実現している
ご相談はメール 末期がん相談 最善の努力はガン患者さんが決断 運命で命かることを信じましょう
私は営利目的ではなく 気のどくな方の命をたすけてあげましょうというボランテア相談をおこなっています
医師から見放された重病人の命を助けてあげたいためにご指導を差しのべています
病院ではないため お金がなくても助けてあげたい気持ちでいっぱいです ご縁があれば命助けます
ステージⅣの方 医師 病院から見放されれ余命宣告を受けられた方のご支援です
病院生活 がんで手の打ちようがないと告げられた方にはガンを撲滅させる方法をご指導させていただきます
がんを眠らせる方法 180日でがんは死滅する 180日冬眠させる方法あります(命助けます)  
 
ウランシート 350μsV/h
  
背中にもウランシート 350μsV/h  

     前 後から放射線350μsV/hで
    がん細胞を眠らせますと食欲がでれば
    がんは大きくならない 命助けます  
    がん細胞を眠らすとがん細胞は死滅します
 180日間放射線350μsV/h 連続照射
 免疫細胞は元気になりがん細胞は冬眠します
 この方法はウラン鉱石がないとできません
 ウラン鉱石は日本にはない ケニア 北朝鮮
 アフガニスタン 戦争の武器に使います
 ので輸入ができません
 ウランは被爆するほど効果がある
 反面 体の細胞を修復する効果もあります
 ウラン鉱石はDNA細胞をつよくしますので
 病気の治療 健康維持にも期待できます
 ウラン鉱石は被爆しません 核兵器をつくる
 原料なのです
 
残念ですが日本にはウランはないです
あれば 末期がんでも命は助かります 
    ラドン水の生成装置           高度医療機器製造 kDD(株)メール  
  ラドン温湿浴施設(放射線ホルミシス ラドンルームの製造 難病治療  手術不能のガン治療.難病の技術研究開発)  
        KDD(株)滋賀県野洲市木部930    077-589-2354   JR京都駅から新快速25分  メール 
 ラドンガスの発生とラドン温泉そして体内接種の機序ホルミシス療法
●ラドンとは自然界にある86番目の元素
「放射性元素」のことです。・ラドン222 = ラドン   半減期 3.82日
・ラドン220 = トロン   半減期 55.6秒 ・ラドン129 = アクノチン半減期 3.92秒ラドン222以外は半減期が短く治療には不適です  
 ジウム温泉のラドンン銭への変化とラドンの体内へ取りこまれるしくみラドンガス吸入による放射線ホルミシス効果と医療での可能性

ホルミシス療法

活性酸素が現在の病気の原因の大きな部分を占めているという多くの研究発表がされています。
ホルミシス療法 

     医療機器 ラドン吸入器
  放射性物質ラドンの吸入器

ラドン水の生成装置は200万以上 
ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度の
ラドンルームに10分間いたことになります 

ラドンガスを人工的に発生させ.充満させる
ラドン生成発生装置(ラドン水の生成)
 
  ラドンは放射性物質の一種です。装置は、200万円という高額なもの。装置から発生するミスト状のラドンを口から吸い込み、血液を介して
全身に行き渡らせる。通常は、1日6回、1回10分を目安に吸入する
 ラドンを吸入することで免疫力が高まる、天然鉱石の放射性物質を吸い込んでも一切害はないとのこと
(人工放射線鉱は有害)

 
ラドンは岩盤や地下水から大気に放出される自然界の放射性物質である。これを水蒸気に付着させる形で吸入させ、
血液を介して全身に循環させようとするのがラドン吸入器ですラドンを吸入することで免疫力が高まり、
呼吸器疾患や肝障害や糖尿病への治癒効果が期待できる
「本来は医療施設に販売する専門機器です。個人が購入する場合、1台100万円近くかかるのではないか」
と医療関係者は語る。副作用の心配がないとされるラドン吸入器に信頼よせている

    ラドン生成セラミック30μSV/h
      
4500ppm 
●活性酸素消去酵素の活性 
●癌抑制遺伝子P53の活性 
●DNAの修復 
●免疫バランスの向上
●細胞膜流動性の向上 
●ホルモンの増加 
●血中コレステロールの減少
●過酸化脂質の減少など様々な効果が明らかになりました。
 ラドン浴によるホルミシス効果について、世界中で数千の論文が発表されています 
腹水はこうすべき
細い管をお腹に刺して直接腹水を抜くことは短命になる
 してはいけない
腹水を抜くとくせになる よくない
腹水がたまる時の症状
        おなかが張る 呼吸困難 息切れ 食欲不振 不快感 消化不良 便秘 下腹部が痛む 体重増加 疲労 吐き気 足のむくみ
進行期、もしくは末期の肝臓がんの症状に腹水(ふくすい)があります。お腹の中に水が漏れだすもので、
お腹が張ったり体重が増加したりします
 
腹水にガーゼをあてて  サランラップで体を巻きつけて汗を出して腹水を止めます
<肝臓がんで腹水がたまる理由>

肝臓がんと腹水 
腹水とは、お腹の臓器と臓器の隙間である「腹腔」の中にたまる水のことです。
ただの水ではなく患者さんの血管やリンパから染み出したもので、タンパク質や電解質といった栄養分が含まれています。
健康な人でも、常に数十ミリリットルの腹水はたまっており、主に腸が動く際に潤滑油のような役割を果たしています。
通常は再び吸収されて一定の量を維持しているのですが、病気など何らかの原因によって吸収される分よりたまる分の
ほうが多くなると、腹腔内臓器や肺などが圧迫されて苦しい症状が出てきます。
肝臓がんの腹水の場合、もっとも多いのは血中の「アルブミン」というタンパク質が少なくなることで起こるものです。
アルブミンは肝臓で作られ、血中の水分を一定に保つ作用があるのですが、肝機能が低下することによって
吸収する力が弱まり、腹水がたまりやすくなります。
もう1つは、がんが肝臓の門脈という血管を圧迫することで、血中の水分の流れが妨げられることです。
これによっても腹水の吸収が悪くなり、大量にたまることにつながります。

<肝臓がんで腹水がたまった時の治療法>
腹水がたまると、腹部膨満感息苦しさ体重増加尿量の減少などが見られるようになります。
多い場合には数リットルもたまることがあり、放置すると細菌が繁殖して腹膜炎につながる恐れもあります。
ただし腹水にはもともと血中に含まれていた栄養素が含まれているため、一気に抜くと体力の低下やショック状態を
引き起こしかねません。ですから慎重に様子を見ながら、利尿剤を使うなどして少しずつ抜くことが大切です。

薬でも改善されない場合は、細い管をお腹に刺して直接腹水を抜く方法が行われることもあります。

ただし,原因が肝機能の低下にあるため、腹水を抜いてもまた溜ってしまうことが多く、症状緩和のための
対症療法と
いう側面が強くなります。実際、腹水がたまるということは肝臓がんの病期もかなり進んでいることが一般的です。

注意 
直接腹水を抜く方法を繰り返すことで効果がなくなり命の危険性が高くなります

民間療法 腹水を取り除く方法  すぎな+そば粉+ガーゼをつかい皮膚から水分を取り出す方法
 
すぎな
   
 
ミキサーで粉砕+水 混ぜます

保存冷凍 

ガーゼにしみ込ませます 
     

〈おもながんの特徴〉

※「女性のがん」については、こちらをご覧ください。

大腸がん

男女ともに近年、急増しているがんです。増加の背景には食生活の欧米化が考えられ、今後も増加すると予測されています。
男女ともに 40歳以降から増え始め、高齢になるほどリスクが高まります。進行すると、血便のほか、
便秘や下痢をくり返すなどの症状が現れますが、初期には自覚症状は ほとんどありません。

胃がん

塩分やピロリ菌が最大の危険因子とされ、塩分の濃い味を好む食習慣から日本人に多くみられます。
現在50歳以上の日本人の多くはピ ロリ菌に感染しているといわれており、注意が必要ですが、
近年はピロリ菌の新たな感染が減ってきています。早期の胃がんは無症状のことが多く、進行すると 胃痛や胸焼けなどが見られることもあります。

肺がん

男女ともに死亡数の多いがんで、発見が遅くなるほど死亡率が高くなります。最大の危険因子は喫煙で、
喫煙者が肺がんになるリスクは 非喫煙者と比べて5~20倍ともいわれています。早期には自覚症状がほとんどなく、
あっても咳や痰などかぜに似ているため受診するケースが少なく、健診な どで見つかることが多くあります。

肝臓がん

多くは慢性肝炎から肝硬変へと進み、肝臓がんを発症します。日本人の肝臓がんのほとんどはB型および
C型のウイルス性肝炎によるものですが、アルコール性肝障害や非アルコール性脂肪肝炎(NASH)から肝臓がんになることもあります。

前立腺がん

男性特有の生殖器である前立腺に発生するがんです。50歳前後から増え始め、年齢を重ねるほど
発症リスクが高まります。初期にはほとんど自覚症状がなく、進行すると尿が出にくい、尿の回数が増える、
排尿後の残尿感などの症状が現れます。

乳がん

日本人女性がかかるがんのなかで最も多いがんで、乳房の乳腺組織にできます。20歳代から徐々に増え始め、
40歳代後半から50歳 代にピークを迎えますが、30歳代に急激に増加します。がんが5mm~1cmくらいの
大きさになると、しこりとして触れたり、乳頭からの異常分泌、乳頭や 乳輪がただれるなどの自覚症状があります。

子宮がん

子宮の奥(子宮体部)にできる「子宮体がん」と、子宮の入り口(頸部)にできる「子宮頸がん」があります。
子宮体がんは40歳代以 降、閉経前後に多く見られますが、最近は30歳代での発症も増えています。
一方、子宮頸がんは、20~30歳代に急増しています。いずれのがんも初期には 自覚症状がほとんどありません。

 

 

戻る