がんになったら最後の手段米国立ガンセンター 近赤外線治療 方法しかない
近赤外線がん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す ――米国立

2016年11月15日 - 近赤外光線免疫治療法」と言い、米国立がん研究所(NCI:National Cancer Institute) の小林久隆・主任研究員が開発した。
がん患者を対象にする臨床試験も順調に進み、2 ~3年後の実用化を目指している。 がん治療法には、「外科手術」「 ...

D-0-41
ガンの治療 がんになったらお金がかかる がんになれば何もしない.方法もある
お金かけて ガン細胞が死滅すればいいが90%以上の人が長くて10年までに死んでいく ガンになって
何もしなくて10年生きた人もいる お金かけてガン治療するには医師がすすめるガン治療とは
     がん患者は病院がもうかる仕組み 多額の高額医療費が生まれる
 多額のお金を支払って命が助かる保障はごく数%セント10人に1人の割合
 
近赤外線がん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す ――米国立
 ①免疫細胞療法 ニボルマブ(抗PD-抗体)保険で請求される対象者 抗がん剤治療投与を終えた
 悪性黒色腫の患者のみ対象
 ②欧米で進むマイクロ波照射療法 マイクロ波915MHZの威力 即効性???
 ③ハイパーサーミア治療(高額医療)
 ④放射線治療(陽子線治療) 高い治療効果と少ない副作用は普及が急速に進みつつある先端治療
  陽子線と重粒子線治療との使い分け
 ⑤遺伝子治療/高濃度ビタミンC療法
 ⑥高活性化NK細胞療法(6回投与1クール¥78万以上)
 ⑦樹状細胞療法 DC2回 NK2回計4回 138万以上
 ⑧自家がんワクチン療法 3回検査 1クール152万以上
 ⑨がん遺伝子治療 12回投与 1クール291万以上
 ⑩超高濃度ビタミンC点滴療法 1回 ¥2500以上
 ⑪DBグルコース ガン細胞が成長を止める増殖阻止100% 抗がん剤食品
    マウス(動物)試験にての報告 P53誘導体DBグルコース  
 ⑫免疫サプリメント療法 キノコ 2週間分¥38880 バイオクイ-ン8日分¥38880
                 ハーブ  2週間分¥21600 バイオクイ-ンZ14日分¥18550
                 マルチイタミン&ミネラル1か月¥7020  ビタミンC400 1か月¥9060
 ⑬民間療法 医師からホスピス療法か自宅滞在療法しかないと宣告された最後の手段は 助かる可能性を信じて 近赤外光線の滞在治療 
 近赤外線でがん細胞に抗体液(ヨウ素)をがん細胞に食わせることでがん細胞は異常な発熱を発症することで
がん細胞を殺すというもの  がん細胞を発熱させる抗体液を煙のかえて吸い込む
がん細胞に近赤外光線を体全体に照射させることで がん細胞を冬眠させて 餓死させることができる その期間は180日
 日本では抗がん剤代用(電波振動子)テラヘルツ波 300μSV/h以上 ラドンホルミシス療法ともいわれ
   500μSV/h以上(電波振動子)テラヘルツ波を皮膚から照射するもの 体には一切無害
   末期ステージⅣ 医師から余命宣告 病院治療ができない 手の施しようがない患者に
   1日8時間以上 180日間 電波照射する  末期ステージⅣ 180日 滞在治療  通院可能
     日本では10個所の施設しかない メール 
ご相談メールお問い合わせ メール 余命宣告 ガン治療 ステージⅣ 医師から見放された患者 ホスピス支援治療 自宅療養しかないと選択され
     いきばをなくしたがん患者さん 残された日々 もっと生きたい もとに戻りたい人はご相談ください
          80日間という日々を体に全身近赤外光線というテラヘルツ振動子を与え続けることで生命が助かると信じたい人
           520-2431 滋賀県野洲市 木部930  近赤外光線研究 田中政好  特定非営利活動事業
 今後の治療は180日 がんを眠らせる方法 180日でがんは死滅する 180日冬眠させる方法あります   通常の生活ができます
 
近赤外光線350μSV/h室 生活する(ベット式)1日10時間
 
    近赤外光線350μSV/h室 生活する
 1日10時間
 
  ガン治療 ガン手術ができない 抗がん剤しか治療方法がない(延命治療方法)ガンは死んでも再発する??
 ガンを殺すための免疫力が低いからガンが生まれる 毎日ガンが細胞が生まれても免疫でガンは死んでいく
 免疫がおちるとガンが生まれる ガンを殺すための抗体が低いとガンになる がんは体の内臓から皮膚にまで
 生まれてくるガンは体温の低い人にがんは成長する 体温36.5度から免疫力がスタートする
  体温37.2度まで上がるとガン細胞は生まれない すなわち体温が36.5度以下ならガンが発生しやすい環境になる
  体温調整ができない人は体温が低い甲状腺と自律神経がよくない人である
  常時体温を上げることが出来るのが近赤外光線ドームにはいる事で体温を上げることです
  1日 朝1時間 夜1時間を毎日繰り返して実行することがガンになりにくい体づくりであるといえます
ガンにならない方法は体温を36.5度以上を維持することです ガンが一番いやがるのは放射線です
 強い放射線を浴びると眠たくなる 気持ちよく眠ることができるのです 体温+放射線がガンを眠らせるのです
 ガン細胞は180日間連続で冬眠すると栄養不足で餓死します ガン治療をガンを殺す(抗がん剤使用)のではなく
 冬眠させる治療方法が安全であり 体の不調 痛みも全くなくガンを死滅させる有効な治療法なのです
 その治療とは 体に近赤外光線ていいまして 放射線量320μSV/h程度 ガン細胞に180日間照射をしていきます
  開始日から180日間おこないますとガンは一度もおきることなく 冬眠で栄養不足で餓死します
 この治療方法は痛みもなく日常生活どころか勤労も普通にできます ガンが冬眠しているために痛みもまったくございません
  奇跡の治療方法といえます 
 近赤外光線の治療はアメリカ国際ガンセンターで行われています 日本には現在ございません
  すべて病院は抗がん剤治療と併用の放射線治療の保険適用しか行われていません
   近赤外光線の治療は保険適用外です 
  近赤外光線の治療を受けたい人は体の全身検査おこないます 費用無料
  ガン治療日数 部屋の区分で入院 1日 ¥12000-¥14000 2日-20日まで入院できます それ以外の費用はございません
   ガン細胞が睡眠してガン細胞が稼働しなくなりましたら退院していただきます
    その後は体に近赤外光線放射線を着用していただき 自宅で治療していただくか 勤労していただけます
    もちろん体には害はなく普通の生活を営んでいただけますのでご安心ください
   この近赤外光線の治療は病院で看取り看護していただくか ホスピスの緩和ケアーかを医師から告知されたガン患者さん
    病院ではこれ以上の治療はできないといわれた患者さんのみを受け入れております
   最後の生きていく方法   近赤外光線の治療といいます 
   520-2431 滋賀県野洲市木部930 KDD(株)医療事業 近赤外光線ガン治療 
     JR京都駅から野洲行き 25分 野洲駅北口降りる 送迎無料
                090-9711-7985 田中 入院治療のご説明をさせていただきますその後の入院になります
 治療内容  病院から余命宣告うけた人の主な病名
        膵臓ガン 血液のガン 肝臓ガン 肺ガン 大腸ガン 肛門ガン 胃癌 食道ガン 喉頭ガン
         皮膚ガン 乳ガン 子宮ガン 皮膚ガン 
          最後のガン治療と思ってください 今までステージⅣのガン患者の命85%助けています
   
 
 
ウランシート 350μsV/h
  
 
背中にもウランシート 350μsV/h

 
    前 後から放射線350μsV/hで
    がん細胞を眠らせますと食欲がでれば
    がんは大きくならない 命助けます 
    ステージ4 
 がん治療 病院にたよらない 免疫治療が1つの選択
入院  多額のお金を使い 薬 がん細胞 手術 再発 の繰り返し
なおればいいがほとんど死んでいく 薬の作用で免疫を下げて短命することも少なくない
免疫治療とは
免疫細胞を増強して癌を抑制する癌 治療の新たな選択肢「癌免疫細胞療法」
「がん」の治療は一般的に がん三大療法と呼ばれる「手術による外科療法」「放射線による療法」「化学療法剤による療法」の三つが通常の療法
、近年第四のがん治療法と言われる『免疫細胞療法
免疫治療 
体外で活性化、増殖させたTリンパ球などを再び体内に戻し、全身の体内のがん細胞を排除する  病院なので多額のお金がかかる
 金をつかわない治療は絶対ない がん治療は『お金の切れ目が命の切れ目 多額のお金を払えば命は伸びる これは間違いない
   
お金がないものは 死ぬしかない 誰も無料で命は救えない すべてがん治療は多額のお金を用意しないといけない
ン細胞は切り取ればいいじゃないか??切れば5年経過するまでに新しいガン細胞が生まれ増殖する 
 ガン細胞を放置しても 手術しても生存年数はほとんどかわらない例も少なくない 乳がんがその例 乳がん放置して
 
20年後生きた 手術したら15年死んだ  どちらの選択がいいのかは本人がきめること
 末期がんをみごとに克服された報告とは?? ラドン水 ヨウ素水 抗体液     高度医療機器販売 kDD(株)メール 
 ラドンガスの発生とラドン温泉そして体内接種の機序ホルミシス療法
●ラドンとは自然界にある86番目の元素
「放射性元素」のことです。・ラドン222 = ラドン   半減期 3.82日
 ・ラドン220 = トロン   半減期 55.6秒 ・ラドン129 = アクノチン半減期 3.92秒ラドン222以外は半減期が短く治療には不適です 
 ラジウム温泉のラドンン銭への変化とラドンの体内へ取りこまれるしくみラドンガス吸入による放射線ホルミシス効果と医療での可能性

ホルミシス療法

  活性酸素が現在の病気の原因の大きな部分を占めているという多くの研究発表がされています。
ホルミシス療法
 
     医療機器 ラドン吸入器
 放射性物質ラドンの吸入器

ラドン水の生成装置は200万以上 
ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度の
ラドンルームに10分間いたことになります
 
ラドンガスを人工的に発生させ.充満させる
ラドン生成発生装置(ラドン水の生成)

この子神の子不思議子
高濃度 ガスを発生させる
 連続永久放出
 608μSV/h以上 
 高濃度1500
μSV/h以上
この天然鉱石がないとラドン水の生成の
有効効力はない
 高濃度ほど効き目が早
 
 
    ラドン生成セラミック30μSV/h
      4500ppm
 
ラドンガスを吸い込む
この子神の子不思議子
高濃度 ガスを発生させる
 
 
「ラドンは放射性物質の一種です。装置は、200万円という高額なもの。
装置から発生するミスト状のラドンを口から吸い込み、血液を介して
全身に行き渡らせる。通常は、1日6回、1回10分を目安に吸入する
 ラドンを吸入することで免疫力が高まる、
天然鉱石の放射性物質を吸い込んでも一切害はないとのこと(人工鉱石はだめです)
 ラドンは岩盤や地下水から大気に放出される自然界の放射性物質である。これを水蒸気に付着させる形で吸入させ、
血液を介して全身に循環させようとするのがラドン吸入器ですラドンを吸入することで免疫力が高まり、
呼吸器疾患や肝障害や糖尿病への治癒効果が期待できる
 
「本来は医療施設に販売する専門機器です。個人が購入する場合、1台100万円近くかかるのではないか」
と医療関係者は語る。副作用の心配がないとされるラドン吸入器に信頼よせている
  

戻る