ガンの治療 難病治療は放射線ラドンホルミシスルームに入浴  自宅療法でがんは餓死する 奇跡の誕生
ガンの治療にはお金がかかる お金がないとがん治療はできない 死んでいくしかない世の中   
がんになれば誰も助けてくれない多額のお金が必要なのです 
健康保険の使える範囲内での治療しかない 入院費用 検査費用 高額な薬代金など 
高額な医療費を永久に払い続けることが必要
ガンになれば5年ごとに検査 再発90%以上 死ぬまで医療費が必要 
 
ラドンホルミシス治療方法でガン細胞を冬眠し餓死さすには100万がかかります
 

ガンの治療にはお金がかかることを知っておいてください 
 命助けます
E-0-63
会社概要    KDD(株) 大阪市   通販法   今までの納品先
放射線ラドンホルミシスルームの開発  医療事業  滋賀県野洲市木部930 077-589-2354  FAX 077-589-4892
 
オーストリアのハイルシュトレン ラドン治療坑道 難病の治療 
自宅でラドンルームで免疫療法をする 高温70度 湿度70%以上 
 延命治療を待つよりがんを眠らせる180日でがんは餓死する がんには刃物はいらない
手術はいらない がん細胞にテラヘルツ振動子を与え眠りに誘い込むと栄養が取れず死んでいく 
がんの細胞エネルギーのない細胞滓だけが残る 自宅で最強の治療方法である
がん細胞は抗がん剤では100%死なない必ず30%強い生命力のあるがん細胞は残る 
5年前には再発80%する
 なぜ 知らないのか だれもしたことがないだけである 
このこ神の子 ふしぎな子
鉱石がないからできないだけです さらに電波 
テラヘルツ振動子を鉱石に記憶させる技術がないからできない
その方法は世界で1人しか知らない独自開発 公開は一切しない なぜなら100%信じないでも奇跡は起きる
医師から見放された末期ステージⅣ 人間の領域をこした神技
世界でただ1人 命助けられる奇跡がおきる
 
       遠赤温熱ドーム
 
 遠赤温熱ドーム
 
120分タイマー 高温レベル
 
放射線量
 248μSV/h-280μSV/h
 
  このこ神の子 ふしぎな子鉱石 治療をする
放射線量
 248μSV/h-280μSV/h
 
     放射線量 
248μSV/h-280μSV/h
 
     放射線量
 248μSV/h-280μSV/h
 
  放射線量
 248μSV/h-280μSV/h
 
  遠赤外線ヒーター
 
   テラヘルツレアアースシート
    放射線量 37.6μSV/h
 
  遠赤外線ヒーター
   上カバーホルミシスシート
     放射線量11.82μSV/h
 
   上カバーホルミシスシート
   放射線量11.82μSV/h
  遠赤ダイエットサウナ  
  ラドンホルミシスガスを生成して
  ラドンの煙をだします


 高濃度のラドン用寝袋にガスを入れていきます 
日常生活 常に放射線をあてておくこと 

天然鉱石 樹脂シート 300mmX300mm
内臓疾患 がん治療に効果 病気で破壊した 細胞を新しく作ることができるから治療ができる
鉱石天然放射線シートは放射線量が高いほど効果がでます 
内臓疾患を改善していきますので あらいる末期がん
 糖尿病 頻尿 脳梗塞などの治療に役立てます 
病気の症状によって部位にあてて細胞の治療を自然に行います 
糖尿病は一生治らない 治療できないことはないです 新しい治療方法を発見できました
 
天然鉱石放射線量229.8μSV/h以上必要です
 
胃の裏側の膵臓に
テラヘルツ波の振動子を常時照射すること
 
腰バンドをつけて樹脂シートを止める
 
   
幅65×奥行き160(収納時20)×高さ50 ホワイトタイプ. グレータイプ 
プラス  +放射線ホルミシス繊維で体全身に照射する     
DNAを破壊する活性酸素をやってけます
 だから美容と健康が維持できるのです
ただ温熱だけでは皮膚の表面温度があたたまるだけで体の芯まではあたたまりにくいので 
ホカホカは短時間でなくなるのです 
テラヘルツ波は体の芯の10cm深く浸透熱をいれますからいつまでも体はポカポカです
   ラドン水の生成装置           高度医療機器製造 kDD(株)kdd002@kdd1.com 
  ラドンガスの発生とラドン温泉そして体内接種の機序ホルミシス療法
●ラドンとは自然界にある86番目の元素
「放射性元素」のことです。・ラドン222 = ラドン   半減期 3.82日
・ラドン220 = トロン   半減期 55.6秒 ・ラドン129 = アクノチン半減期 3.92秒ラドン222以外は半減期が短く治療には不適です 
  ラジウム温泉のラドンン銭への変化とラドンの体内へ取りこまれるしくみラドンガス吸入による放射線ホルミシス効果と医療での可能性

ホルミシス療法

 活性酸素が現在の病気の原因の大きな部分を占めているという多くの研究発表がされています。
ホルミシス療法
 
     医療機器 ラドン吸入器
  放射性物質ラドンの吸入器

ラドン水の生成装置は200万以上 
ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度のラドンルームに10分間いたことになります
 
ラドンガスを人工的に発生させ.充満させる
ラドン生成発生装置(ラドン水の生成)
 
この子神の子不思議子
高濃度 ガスを発生させる
 連続永久放出
 608μSV/h以上 
 高濃度1500μSV/h以上
  「ラドンは放射性物質の一種です。装置は、200万円という高額なもの。装置から発生するミスト状のラドンを口から吸い込み、血液を介して
全身に行き渡らせる。通常は、1日6回、1回10分を目安に吸入する
 ラドンを吸入することで免疫力が高まる、
天然鉱石の放射性物質を吸い込んでも一切害はないとのこと(人工放射線鉱は有害)
 ラドンは岩盤や地下水から大気に放出される自然界の放射性物質である。これを水蒸気に付着させる形で吸入させ、血液を介して
  全身に循環させようとするのがラドン吸入器ですラドンを吸入することで免疫力が高まり、呼吸器疾患や肝障害や糖尿病への
  治癒効果が期待できる 
「本来は医療施設に販売する専門機器です。個人が購入する場合、1台100万円近くかかるのではないか」
と医療関係者は語る。副作用の心配がないとされるラドン吸入器に信頼よせている
 
    ラドン生成セラミック30μSV/h
      4500ppm
  
ラドンガスを吸い込む
   ●活性酸素消去酵素の活性 ●癌抑制遺伝子P53の活性 ●DNAの修復 ●免疫バランスの向上
●細胞膜流動性の向上 ●ホルモンの増加 ●血中コレステロールの減少
●過酸化脂質の減少など様々な効果が明らかになりました。ラドン浴によるホルミシス効果について、世界中で数千の論文が発表されています
 自宅でガンの治療 難病治療は放射線ラドンホルミシスルームに入浴 
 高濃度ホルミシスラドン吸入装置とラドン用寝袋によるガン治療 .内蔵 皮膚 体の炎症 アトピー 膠原病などの治療方法
 ラドンガスを肺に吸引し細胞の免疫を高めることで 破壊 弱っている細胞の治療をおこないます 短期間で効能 症状改善がおこなうことができます
この治療方法はホルミシスラドンルームに入浴できない人 が自宅で体の破壊されている 傷ついた細胞を修復するものです
寝袋にはこの濃度の体に無害なラドンホルミシス放射線20μSV/h近いものを体全身に照射します
睡眠されている時間にホルミシス放射線で元気なDNA細胞を作りますので 翌朝が体が軽い 元気 体が快調になり 目ざめも良くなります
まるで魔法のホルミシスルームなのなのです 
この治療方法は難病 医師から余命宣告 病院では治らない 治療方法がない方には
短期間で治療ができる 奇跡 神の手  このホームページをご覧いただけた人は 奇跡のめぐりあわせであると思って下さい 
難病であと数ヶ月の命のかたに最後のチャンス
 出会いを祈って下さい 奇跡はあなた自身でおこしましょう まず疑いを捨て 古い固執した観念を捨てて 生まれた純粋な気持ちが生命をすくいます
 疑いかけたら病気は治療できない 世の中には未だ知られていないことが あります 疑う気持ちから離れ純粋な心があれば命を救うでしょう
 世の中には知らざる世界があります この治療方法は末期がん 膠原病 ALS 皮膚 医師の手から離れ神の手で奇跡が誕生したといってもいいでしょう
  
医師から治療方法がないと宣告された方のみ施設にご案内させていただきます(病院で治るものは受け入れしません)
腹水はこうすべき””細い管をお腹に刺して直接腹水を抜くことは短命になる してはいけない      
腹水を抜くと
くせになる 短命 よくない
進行期、もしくは末期の肝臓がんの症状に腹水(ふくすい)があります。
お腹の中に水が漏れだすものでお腹が張ったり体重が増加したりします
 
腹水にガーゼをあてて  サランラップで体を巻きつけて汗を出して腹水を止めます
 肝臓がんで腹水がたまる理由

肝臓がんと腹水 腹水とは、お腹の臓器と臓器の隙間である「腹腔」の中にたまる水のことです。

ただの水ではなく患者さんの血管やリンパから染み出したもので、タンパク質や電解質といった栄養分が含まれています。

健康な人でも、常に数十ミリリットルの腹水はたまっており、主に腸が動く際に潤滑油のような役割を果たしています。

通常は再び吸収されて一定の量を維持しているのですが、病気など何らかの原因によって吸収される分よりたまる分の
ほうが多くなると、腹腔内臓器や肺などが圧迫されて苦しい症状が出てきます。

肝臓がんの腹水の場合、もっとも多いのは血中の「アルブミン」というタンパク質が少なくなることで起こるものです。

アルブミンは肝臓で作られ、血中の水分を一定に保つ作用があるのですが、肝機能が低下することによって
吸収する力が弱まり、腹水がたまりやすくなります。

もう1つは、がんが肝臓の門脈という血管を圧迫することで、血中の水分の流れが妨げられることです。
これによっても腹水の吸収が悪くなり、大量にたまることにつながります。

肝臓がんで腹水がたまった時の治療法

 腹水がたまると、腹部膨満感息苦しさ体重増加尿量の減少などが見られるようになります。

多い場合には数リットルもたまることがあり、放置すると細菌が繁殖して腹膜炎につながる恐れもあります。

ただし腹水にはもともと血中に含まれていた栄養素が含まれているため、一気に抜くと体力の低下やショック状態を
引き起こしかねません。ですから慎重に様子を見ながら、利尿剤を使うなどして少しずつ抜くことが大切です。

薬でも改善されない場合は、細い管をお腹に刺して直接腹水を抜く方法が行われることもあります。

ただし原因が肝機能の低下にあるため、腹水を抜いてもまた溜ってしまうことが多く、症状緩和のための
対症療法と
いう側面が強くなります。実際、腹水がたまるということは肝臓がんの病期もかなり進んでいることが一般的です。

  注意 直接腹水を抜く方法を繰り返すことで効果がなくなり命の危険性が高くなります
民間療法 腹水を取り除く方法すぎな+そば粉+ガーゼをつかい皮膚から水分を取り出す方法
 
すぎな
   
 
ミキサーで粉砕+水 混ぜます

保存冷凍 

   
ガーゼにしみ込ませます 
E-0-63

戻る