がん治療 放射線治療と自然放射線ラドンホルミシス療法がある 選択は??  
放射物質を体内に取り込むことができれば ガン細胞は熱をだし死滅する
病院は放射線治療 の後遺症  がん細胞は死滅するのか>>抗がん剤による治療 その被害は残る
病院は信頼度100%とされてきた ガンは治療できず患者は死んでいく お金で命を引き延ばすでも死ぬ  高額な医療負担 
お金がなければノーマルの抗癌剤  お金しだいで.命は伸びるがガンで死んでいく いわいるガンになればすべて死んでいく 
長生きするには病院で高額医療費を払い続けるしかない   
E-0-04
 がん治療法には、「外科手術」「放射線療法」「化学療法」の3つがあるが、
外科手術は患者の身体への負担が大きく、他の2つは副作用がある。転移・再発防止などにも課題があった
これに対し、開発した新しい治療法はがん細胞の死滅率が極めて高く、ほとんどのがんに適用できる
やっかいな転移がんにも有効だ。副作用がなく、必要な設備や薬品は安価なので、医療費の削減にも大いに貢献しそうだ
オバマ大統領が2012年の一般教書演説でこの治療法の発見を取り上げ、
「米国の偉大な研究成果」として世界に誇ったことを覚えている方も多いだろう。
その後順調に研究開発は進み、NCIで20年越しの研究が大詰めを迎えている 放射物質を体内に取り込むことができれば ガン細胞は熱をだし死滅する
   
   
   
   自然放射線ラドンホルミシス療法 は後遺症 は一切ない がん細胞を冬眠させることで
 栄養不足で餓死をさせる方法  信頼性はほとんどない なぜなら自然放射線1mシーベルトの施設がない もし存在したら命は助けられる 
がん細胞は自然鉱石の放射線とくにテラヘルツ振動子は気持ちよく体温37.5度はガンの眠り薬に値する
 
ガン細胞死滅 1.5L 放射物質を体内に取り込む
放射線物質 ガン治療ヨウ素水
を製造 
 すごく効果がございます 元気がない 食べない時に使います  ガンを死滅
 メール 支援します 
 
放射線物質 ガン治療ヨウ素水 メール 支援します 
 放射線物質を体内に投与する  内用療法放射線物質をがん周辺に送り込み.その
放射線でガンを倒す 飲んだり 吸引する ガンの患部に近赤外光線を直接照射することでガンを破壊させる
放射線物質にはヨウ素がたくさん含まれています 難病の膵臓 内経内分腫瘍をに効果がある メール 
 膵臓癌になれば100%ほど助からないですガンになれば10年経過すればほとんど死ぬということですね
 そこで近赤外光線免疫療をご案内します 近赤外光線免疫ルームで安眠していただきます   
 がん放射線物質を体内投与でガンにならないようにする方法
その1 体に無害な放射線を常時身に付ける放射線量は450μSV/h以上 
ラジウム鉱石 北朝鮮 南アフリカ  ケニア産しか存在しないもの 
 放射線量 537μSV/h 首にかけて生活をする(体に無害)
 体内にたまる活性酸素は瞬時に消すためまず疲れない 病気がしなくなる 毎日元気に過ごせる
被爆するというのは戦争につかう道具 爆弾になるから戦後言われてきました 危険のための伝説 メール    
 
放射線物質 ヨウ素を
吸引すると体内から放射線が出る 

放射線物質 ヨウ素水 入れます
ウラン鉱石2000μSV/h使用
(放射線量30μsV/h以上) 
煙状態で吸い込みます
1日3回程度でOK    
 
ガン細胞死滅 1.5L
放射線物質 ガン治療ヨウ素水
を製造 
 すごく効果がございます
元気がない 食べない時に使います
 メール 
支援します  
 
放射線物質 ヨウ素水を製造する
2000μSV/h で製造する液体


外部測定(放射線量19.55μsV/h以上  
 
容器の外部測定
(放射線量20.89μsV/h以上) 
ラドン水の生成装置   高度医療機器製造 kDD(株)メール   
体の衰え翌朝克服 快調の毎日すごせます 健康なDNA細胞を再生させます 疲れません 
   ホルミシス療法
ラドンガスの発生とラドン温泉そして体内接種の機序
●ラドンとは自然界にある86番目の元素
「放射性元素」のことです。・ラドン222 = ラドン   半減期 3.82日
・ラドン220 = トロン   半減期 55.6秒 ・ラドン129 = アクノチン半減期 3.92秒ラドン222以外は半減期が短く治療には不適です
 ラジウム温泉のラドンン銭への変化とラドンの体内へ取りこまれるしくみラドンガス吸入による放射線ホルミシス効果と医療での可能性

ホルミシス療法

  活性酸素が現在の病気の原因の大きな部分を占めているという多くの研究発表がされています。
ホルミシス療法
 自然放射線ラドンホルミシス療法 1日6時間-10時間 40日 180日間 ホルミシス療法をするとがんのカス 死骸は残るが ガンは生き返らない
 
自然放射線ラドンホルミシス

パネルの放射線量を測定 
300-500μSV/h
 ラジウム温泉のラドンン銭への変化とラドンの体内へ取りこまれるしくみラドンガス吸入による
放射線ホルミシス効果と医療での可能性

ホルミシス療法


     医療機器 ラドン吸入器 
  放射性物質ラドンの吸入器
ラドン水の生成装置は200万以上 
ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度のラドンルームに
10分間いたことになります 

ラドンガスを人工的に発生させ.
充満させるラドン生成発生装置(ラドン水の生成) 
自宅でがん治療   自然放射線ラドンホルミシスシート 体に巻き付ける  自宅でラドンガスを吸い込むこと
がんを眠らせる方法 180日でがんは死滅する 180日冬眠させる方法あります
  
背中にも
      ラジウムシート 350μsV/h                   
 ラジウムシート 350μsV/h
前 後から放射線350μsV/hでがん細胞を眠らせますと食欲がでれば
がんは大きくならない 命助けます
    がん細胞を眠らすとがん細胞は死滅します
180日間放射線350μsV/h 連続照射 免疫細胞は元気になりがん細胞は冬眠します
この方法はラジウム鉱石がないとできません ラジウム鉱石は日本にはない ケニア 北朝鮮 アフガニスタン 戦争の武器に使います ので輸入ができません
ラジウム鉱石は被爆するほど効果がある 反面 体の細胞を修復する効果もあります
ラジウム鉱石はDNA細胞をつよくしますので病気の治療 健康維持にも期待できます
ラジウム鉱石は被爆しません 核兵器をつくる 原料なのです
残念ですが日本にはラジウム鉱石はないです
あれば 末期がんでも命は助かります 
 腹水はこうすべき””細い管をお腹に刺して直接腹水を抜くことは短命になる してはいけない  腹水を抜くとくせになる よくない  
進行期、もしくは末期の肝臓がんの症状に腹水(ふくすい)があります。お腹の中に水が漏れだすもので、  お腹が張ったり体重が増加したりします
 
腹水にガーゼをあてて  サランラップで体を巻きつけて汗を出して腹水を止めます
 肝臓がんで腹水がたまる理由

肝臓がんと腹水 
腹水とは、お腹の臓器と臓器の隙間である「腹腔」の中にたまる水のことです。

ただの水ではなく患者さんの血管やリンパから染み出したもので、タンパク質や電解質といった栄養分が含まれています。

健康な人でも、常に数十ミリリットルの腹水はたまっており、主に腸が動く際に潤滑油のような役割を果たしています。

通常は再び吸収されて一定の量を維持しているのですが、病気など何らかの原因によって吸収される分よりたまる分の
ほうが多くなると、腹腔内臓器や肺などが圧迫されて苦しい症状が出てきます。
肝臓がんの腹水の場合、もっとも多いのは血中の「アルブミン」というタンパク質が少なくなることで起こるものです。
アルブミンは肝臓で作られ、血中の水分を一定に保つ作用があるのですが、
肝機能が低下することによって吸収する力が弱まり、腹水がたまりやすくなります。

もう1つは、がんが肝臓の門脈という血管を圧迫することで、血中の水分の流れが妨げられることです。
これによっても腹水の吸収が悪くなり、大量にたまることにつながります。

肝臓がんで腹水がたまった時の治療法

腹水がたまると、腹部膨満感息苦しさ体重増加尿量の減少などが見られるようになります。

多い場合には数リットルもたまることがあり、放置すると細菌が繁殖して腹膜炎につながる恐れもあります。

ただし腹水にはもともと血中に含まれていた栄養素が含まれているため、一気に抜くと体力の低下やショック状態を
引き起こしかねません。ですから慎重に様子を見ながら、利尿剤を使うなどして少しずつ抜くことが大切です。

薬でも改善されない場合は、細い管をお腹に刺して直接腹水を抜く方法が行われることもあります。

ただし原因が肝機能の低下にあるため、腹水を抜いてもまた溜ってしまうことが多く、症状緩和のための
対症療法と
いう側面が強くなります。実際、腹水がたまるということは肝臓がんの病期もかなり進んでいることが一般的です。

注意 直接腹水を抜く方法を繰り返すことで効果がなくなり命の危険性が高くなります
民間療法 腹水を取り除く方法  すぎな+そば粉+ガーゼをつかい皮膚から水分を取り出す方法
 
すぎな
 
  
ミキサーで粉砕+水 混ぜます

保存冷凍  

会社概要   KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2番7-1708  通販法   今までの納品先
高度 医療事業   滋賀県野洲市木部930  077-589-2354  FAX 077-589-4892 


戻る